2022.06.26取引所

人気の仮想通貨取引所「コインチェック」の口座開設方法

仮想通貨の取引をするためには、取引所で口座を開設しなければいけません。

仮想通貨での取引を始めようと思っている方の中には、「どこの仮想通貨取引所を利用すればいいの?」「仮想通貨取引所ってどうやって口座開設をするの?」という疑問を持っている方もいるでしょう。

そのような方におすすめなのが「コインチェック(Coincheck)」です。
コインチェックは多くの方に利用されている人気の仮想通貨取引所で、初心者でも簡単に口座開設を行ってスムーズに取引をスタートすることができます。

そこで今回は、コインチェックの口座開設方法について詳しく見ていきましょう。

 

国内の取引所
「コインチェック」の口座開設をする!"
「コインチェック」の口座開設をする

 

コインチェック(Coincheck)とは?

 

コインチェック(Coincheck)とは、2012年に設立された仮想通貨取引所のことです。

すでに日本最多と言われる1500種類以上のアルトコインの取り扱いを行っており、自分の好きなコインの取り扱いができるという点で人気となっています。
また、日本の金融庁からの認可を受けて運営を行っているため、その信頼性もかなり高いです。

口座開設方法や取引の方法も簡単なので、初心者の方でも簡単に仮想通貨の取引を行うことができるという点で魅力があると言われています。

\仮想通貨の利益は確定申告が必要です。仮想通通貨の税金計算でお困りの方は是非専門家にご相談ください/

税金計算にお困りの方
「税理士ドットコム」を使ってみる!"
「税理士ドットコム」に登録する

コインチェックの特徴

コインチェックは日本最大級の取引所なので、他社とは違う特徴が多数あります。

 

コインチェックの特徴

・国内取引所の中でも取り扱い通貨数が多い
・運営の信憑性が高い
・取引しやすい環境が整っている
・口座開設をすぐに行うことができる
・レンディングサービスも用意されている

 

コインチェックが他の取引所と違う点についてご紹介していきます。

 

国内の取引所
「コインチェック」の口座開設をする!"
「コインチェック」の口座開設をする

 

 

国内最大級の取り扱い通貨数

最初にできたビットコイン以外の仮想通貨のことをアルトコインと呼びます。
このアルトコインは現在5,000種類以上あると言われており、仮想通貨取引所ごとに取引できる通貨の種類や量はことなります。

現在、コインチェックではビットコインやイーサリアムなどの知名度の高い仮想通貨はもちろんですが、まだ知名度の低いアルトコインも豊富に扱っています。

最近注目されてきている「エンジンコイン」「ネム」などの取り扱いもあり、17種類の仮想通貨の取引を行うことができるので、豊富な選択肢の中から自分に合ったものを選びたいという投資家の方はコインチェックを利用することをおすすめします。

ただ、自分が扱いたいと思っている通貨がコインチェックで取り扱っていないというケースも考えられるので、事前に確認しておきましょう。

 

▶【2021年上場】エンジンコイン(ENJ)の特徴と魅力を徹底解説

 

運営の信憑性が高い

仮想通貨は形がないので、運営している企業の信頼性がないと安心して取引をすることができません。
実際に過去にはコインチェックから顧客の大切な資産がハッキングされて盗まれるという事件も起こっており、心配している方も多いでしょう。

しかし、コインチェックはハッキング事件があった後、東証一部上場企業であるマネックスグループの傘下となり、その運営体制を大幅に見直されています。
そのため、事件後はセキュリティ面も大幅に強化されており、安心して利用できると判断する投資家が増えてきています。

現在は二段階認証とコールドウォレットが用意されているため、ハッキングによって資産が盗まれる可能性は著しく低いということができます。

 

▶仮想通貨ネム(XEM)とアップデート版「シンボル(XYM)」の違いとは

 

取引しやすい環境が整っている

コインチェックはよりシンプルで直感的に操作することができるシステムとなっています。
そのため、まだ仮想通貨の取引を行ったことがないという方でも安心して利用することができるでしょう。

利用者が多い分、使い方に関するレビューや記事も多数見られるので、分からない時には調べたりすでに利用している人のまねをするだけで誰でもすぐに取引を行うことができるでしょう。

 

口座開設がすぐに行うことができる

仮想通貨の取引をするためには、まずは取引所で口座開設をする必要があります。
その際に口座開設の手間がかなりかかってしまうと、途中であきらめる人が出てきてしまったり、仮想通貨の取引をしたいという熱が下がってしまう可能性もあります。

コインチェックの場合は誰でも簡単に口座開設をすることができる仕組みとなっており、アカウント作成はメールアドレスのみで行うことができるので、すぐに始められて安心という評判が多くありました。

国内の取引所
「コインチェック」の口座開設をする!"
「コインチェック」の口座開設をする

 

レンディングサービスも用意されている

コインチェックでは、仮想通貨の取引だけではなく、レンディングサービスを利用することができます。

 

レンディングサービスとは

自分が持っている仮想通貨をコインチェックに貸し出すことによって、対価として利息を受け取るという方法。
自分で取引をすることなく、利息分を手に入れることができる。
ただ、一定期間は資産がロックされるので、その期間に自分で取引を行うことはできない。

 

 

仮想通貨の取引を行いたいけれども、なかなか取引する時間がないという方や取引方法が分からないから不安という方は多くいるでしょう。
そのような方でも、レンディングサービスであれば貸し出しをしているだけで利息を得ることができるため、安心して取引ができると言われています。

長期的に仮想通貨の取引をしようと思っている方は、ぜひ検討してほしい手法の1つです。
また、仮想通貨レンディングを行うことができる取引所はまだあまり多くないので、レンディングサービスを使いたいと思っている方はコインチェックの使用をおすすめします。

 

👇仮想通貨レンディングについて詳しい解説はコチラ

 

コインチェックを利用するメリット

コインチェックを利用するメリットは、たくさんあります。

 

コインチェックの特徴

・豊富な銘柄がそろっている
・セキュリティ面が厳しくなっている
・アプリが使いやすい

そこでここからは、コインチェックを利用する魅力について見ていきましょう。

 

豊富な銘柄がそろっている

コインチェックの1番の魅力と言えば、やはり豊富な仮想通貨の取引ができるという点です。

他の仮想通貨取引所に比べて、アルトコインの取扱いの数が圧倒的に多いので、メジャーなコインからマイナーなコインまで多くの仮想通貨を利用して積極的に取引を行うことができます。

より多くの銘柄から選択したいと考えている方は、コインチェックを選ぶといいでしょう。

 

セキュリティ面が厳しくなっている

以前、コインチェックは資金流出のトラブルがあったため、入金するのが不安だと感じる方もいるようです。
しかし、あの事件以来はセキュリティもかなり厳しくされており、誰ででも安全かつ確実に利用することができるようになっています。

このことを考えると、大切な資産を安全に守ることができるという点は大きな魅力と言えるでしょう。
その上、最近は二段階認証も用意されています。
これを必ずやっておくことによって、より安全に自分の資産を守ることができるでしょう。

 

アプリが使いやすい

コインチェックでは、より利用しやすいアプリが用意されており、その点が人気の理由となっています。

初心者の方でも見やすく取引しやすい仕様となっているので、誰でも簡単にモバイルアプリを利用することができるでしょう。
初心者から上級者まで誰でも利用しやすいプラットフォームとなっているので、より効率的な取引をすることが可能です。

 

手数料が安い

仮想通貨の取引を行う際には、さまざまな手数料が発生します。
それは取引所によって大きく異なるのですが、コインチェックは他社に比べて手数料が安くなっていると言われています。

法定通貨と比較しても、ATMや金融機関の支店等を用意する必要がないので、かなり格安になっています。
海外送金することを考えても、より安い手数料で取引をすることができるため、安心して利用することができるでしょう。

 

少額からの取引が可能

コインチェックの最小入金額は、500円となっています。
そのため、少額から始めたいと考えている方にとっては、使いやすい取引所だといえるでしょう。

初心者の方で、少しずつ金額を増やしたいと考えている方にはコインチェックがおすすめです。

 

 

コインチェックの取り扱い銘柄

コインチェックには様々な仮想通貨を購入することができます。

購入できる銘柄は下記になります。

 

コインチェックの取扱銘柄

 

このように、他の取引所では取り扱っていないアルトコインも豊富に上場させているため、幅広い銘柄の取引を行うことができる点も特徴です。
コインチェックに上場する前には、さまざまな審査が行われているため、この仮想通貨に関しては安心して取引できるといえるでしょう。

 

国内の取引所
「コインチェック」の口座開設をする!"
「コインチェック」の口座開設をする

 

コインチェックを使う際に注意するべきポイント

コインチェックは便利なサービスですが、より安全に収益を出すためには、利用する際に注意が必要です。

 

コインチェックの注意点

・すべての資産を使わない
・レバレッジ取引は慣れてから行う

 

では、コインチェックを使って仮想通貨の取引をする際に注意すべき点はどのような点でしょうか?

 

すべての資産を使わない

コインチェックは信頼度も高く、多くの方に利用されている仮想通貨取引所です。
その上、最近は仮想通貨業界が大きく盛り上がっており、今後の発展にも期待が高まっています。

しかし、すべての資産をコインチェックに預けて仮想通貨の取引を始めようという考え方はリスクが高いです。

実際にコインチェックでも他の取引所でもハッキング被害が起きていることがあります。
また、仮想通貨はまだボラティリティが高く、一気に大きな損失を出してしまう可能性もありますので、注意しておきましょう。

投資する金額に関しては、自分の生活費用とは別で考え、余剰資金を投資することをおすすめします。

 

▶仮想通貨初心者が取引をする時に注意しておきたい6つのポイント

 

レバレッジ取引は慣れてから

コインチェックでは、レバレッジを使った取引を行うことができます。
レバレッジを使えば、自分が持っている資産以上の金額を活用して取引をすることができるため、より効率的に稼ぐことができるでしょう。

しかし、仮想通貨の取引に慣れていない方の場合、一気に大きな損失を抱えてしまう可能性も十分にあります。
そのため、仮想通貨のレバレッジ取引は慣れてから行うことをおすすめします。

 

国内の取引所
「コインチェック」の口座開設をする!"
「コインチェック」の口座開設をする

 

コインチェックで用意されているさまざまなサービス

コインチェックのメイン事業は、仮想通貨の取引所です。
しかし、それ以外にもさまざまなサービスを展開しているようです。

 

Coincheckが行っているサービス

・Coincheckでんき:電気料金の支払いができる
・Coincheckガス:ガス代金の支払いができる(都市ガスユーザーのみ)
・Coincheck NFT:仮想通貨を使ってNFTの交換ができる

 

そこでここからは、コインチェックの取引所以外のサービスについてご紹介していきましょう。
中には、利用することによって仮想通貨の還元が受けられるものもあるため、ぜひチェックしてみてくださいね。

国内の取引所
「コインチェック」の口座開設をする!"
「コインチェック」の口座開設をする

 

Coincheckでんき

Coincheckでんきとは、家庭で使う代を支払うことができるサービスです。
支払い方法は、「現金払い」と「ビットコイン払い」の2つが用意されており、好きな方で支払うことができます。

コインチェックの魅力は、支払い額が安くなるという点です。
支払いの割引は、支払い方法によって変わります。

 

Coincheckの割引

・現金払い:料金の最大7%をビットコインで還元
・ビットコイン払い:料金の最大7%が割引される

 

現金払いで行った場合、普段通り電気料金を支払っただけでビットコインを受け取ることができます。
この点が大きな魅力だといえるでしょう。

全国で対応しているため、より効率よくビットコインを貯めたいと考えている方は検討してみることをおすすめします。

 

Coincheckガス

コインチェックでは、電気代だけではなく、ご家庭のガス代を支払うことができるサービスも用意されています。
Coincheckでんきと同じように2つのプランが用意されており、それによって料金が割引される点が魅力です。

 

Coincheckガスの割引

・現金払い:料金の3%がビットコインで還元される
・ビットコイン払い:料金の3%が割引になる

 

よりお得にビットコインを手に入れたいという方は、Coincheckガスを使った方がよいでしょう。

ただ、Coincheckガスが使えるのは、都市ガスを利用している方のみとなっています。
現時点では、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県のみしか対象とならないので、注意しておきましょう。

 

Coincheck NFT

コインチェックでは、NFTの取引ができるマーケットプレイスも用意しています。

NFTマーケットプレイスは、2021年頃から人気が高まってきている分野です。
しかし、スケーラビリティ問題によって手数料が高騰している点が問題だと言われていました。

Coincheck NFTでは、コインチェックの口座を持っている方であればNFTの出品や購入、保管が簡単にできる仕組みとなっています。
その上、ガス代は無料となっているので、気軽に利用することができるでしょう。

徐々にラインナップが増えてきているので、NFTの取引がしたいと思っている方は、コインチェックを選ぶことをおすすめします。

 

IEO

IEOとは「Initial Exchange Offering」の略称です。
IEO自体はさまざまな場面で実施されてきていましたが、コインチェックでは2021年夏に実施されたのが初めてです。

 

IEOとは

企業が仮想通貨を使ってプロジェクト推進のための資金調達を行う方法のこと。
プロジェクトで利用するトークンを仮想通貨取引所が先行販売することによって、資金を集める。
一般に取引される前の価格で購入することができるので、公開価格よりも安く手に入れることができる。
IEOには人気が高まることが多いため、倍率が上がって手に入らないこともある。

 

国内で初めてIEOの取引が実施されたのは、パレットというブロックチェーンで使われる「パレットトークン」です。
この時には多くの投資家が集まり、申し込み倍数が24.11倍まで高まりました。

 

パレットトークンは2021年にスタートした仮想通貨。
パレットはNFTのプラットフォームとなっていて、漫画やアニメ、音楽などのコンテンツに特化している。
2021年以降、NFTの人気が高まったことにより、注目が集まっている。

 

👇パレットトークンの詳細はコチラ

 

コインチェック(Coincheck)の口座開設方法

 

ではここからは、コインチェック(Coincheck)の口座開設方法の手順を見ていきます。
開設までの手順は、以下の通りです。

 

コインチェックの口座開設手順

1.コインチェックの公式サイトにアクセス
2.公式サイトから会員登録スタート
3.メールアドレスを入力
4.メールアドレスを確認
5.メールのリンクをクリック

 

口座開設方法が分からないという初心者の方は、この流れを見ながら行ってみてくださいね。

 

1.コインチェック(Coincheck)の公式サイトにアクセス

まずはコインチェック(Coincheck)の公式サイトにアクセスします。

 

国内の取引所
「コインチェック」の口座開設をする!"
「コインチェック」の口座開設をする

 

2.公式サイトから会員登録スタート

 

コインチェック(Coincheck)の公式サイトにアクセスすると、トップページに緑色の「会員登録」というボタンがあります。

このボタンをクリックして、会員登録をスタートします。

 

3.メールアドレスを入力

 

「会員登録」のボタンをクリックすると、上記の画面が表示されます。

そのため、画面に従って入力を行いましょう。

 

表示される内容

・メールアドレス
・パスワード

 

この2つを入力したら、「私はロボットではありません」と書かれているところにチェックを入れます。

その後、利用規約とプライバシーポリシーをチェックして、オレンジ色の「会員登録」のボタンをクリックします。

 

4.メールアドレスを確認

 

会員登録のボタンを押すと、自分が登録したメールアドレス宛にメールが送信されます。
記載されているメールアドレスが間違っていないかをチェックして、届いたメールを確認しましょう。

もしメールが届いていない場合には、この画面から「メールをもう一度送る」を押して再送信を行います。

 

5.メールのリンクをクリック

 

コインチェックから届いたメールを開くと、上記の画像のような画面が表示されます。

メール内のURLをクリックすると、メールアドレスの確認が完了します。

 

国内の取引所
「コインチェック」の口座開設をする!"
「コインチェック」の口座開設をする

 

コインチェック(Coincheck)の本人確認

コインチェック(Coincheck)の会員登録が終わったら、次は本人確認を行います。

 

コインチェックの本人確認の手順

1.本人確認をスタート
2.電話番号認証を行う
3.重要事項の承諾を行う
4.本人確認書類を提出する

 

本人確認ができていないと、コインチェック(Coincheck)の利用ができないので、すぐに行っておきましょう。

 

1.本人確認をスタートする

先ほどのメールに届いたURLを表示すると、上の画像のような画面が表示されます。

緑色の「本人確認書類を提出する」というボタンをクリックします。

 

2.電話番号認証を行う

 

まず初めに、電話番号の認証を行う必要があります。
表示された画面に電話番号を入力し、水色の「SMSを送信する」というボタンを押します。

すぐに登録した電話番号のSMSに認証コードが送付されるので、その番号を入力すると、このような画面が表示されます。

 

 

電話番号は2段階認証が必要なので、緑色の「設定する」をクリックします。

 

 

スマホの認証アプリを使っての認証となりますので、スマホを使って二段階認証を実施しましょう。

 

国内の取引所
「コインチェック」の口座開設をする!"
「コインチェック」の口座開設をする

 

3.重要事項の承諾

コインチェック(Coincheck)を利用するためには、コインチェック側で用意された重要事項にすべて承諾することが必要となります。

 

項目数は多いですが、この内容を閲覧してチェックを入れ、緑色の「各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用する」をクリックしましょう。

 

 

4.本人確認書類を提出する

 

ここからは本人確認書類の提出を行います。

本人確認書類の提出には、コインチェックアプリを利用します。
水色のボタンを押すと、アプリのQRコードを表示することができるので、こちらを利用しましょう。

 

本人確認できる書類は、限定されています。

国内の取引所
「コインチェック」の口座開設をする!"
「コインチェック」の口座開設をする

 

本人確認が行える書類

・運転免許証
・パスポート
・在留カード
・特別永住者証明書
・運転経歴証明書
・住民基本台帳カード
・個人番号カード

 

この中から自分に必要な書類を選択して、本人確認を行いましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?コインチェック(Coincheck)は人気の高い仮想通貨取引所ですし、口座開設方法も簡単なので初心者でもスムーズに利用することができます。

本人確認まで行わなければ利用することができないので、事前に必要な書類を準備しておくことをおすすめします。

 

▶初心者でも始めやすい!仮想通貨での6つの稼ぎ方

 

 

国内の取引所
「コインチェック」の口座開設をする!"
「コインチェック」の口座開設をする

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事

著者プロフィール

NEXT FINANCIAL INNOVATION株式会社 代表取締役 菊山 敬太郎
大学在学中にカナダに海外留学を経て、その後税理士法人で勤務しながら大学院で法学研究科を卒業後、経済情報研究科にも進学し経済を学ぶ。
税理士事務所で勤務と同時に2020年6月に資金調達及びメディア運営の法人会社を設立する。

仮想通貨歴
2017年に仮想通貨の投資に参加。
仮想通貨の売買するだけではなくブロックチェーンの素晴らしさを広めたくなり2021年9月にブログを開設しました。
仮想通貨について15以上取引所を開設し、100種類以上の通貨を売買を継続中。仮想通貨、NFT、DeFi、DAO、GameFi、web3.0などブロックチェーンに関わる分野を色々調べて仮想通貨ブログを運営しています