2022.06.27取引所

【初心者におすすめ】仮想通貨の取引におすすめの日本の取引所

仮想通貨の取引を行うことができる取引所はたくさんあります。
そのため、初心者の方だと「どの業者を使ったらいいか分からない」という方は多いのではないでしょうか?

実際に仮想通貨の取引を行うのであれば、誰もがより利益の出しやすく使いやすい業者を利用したいと考えることでしょう。

では、仮想通貨初心者はどこを選べばいいのでしょうか?
そこで今回は、仮想通貨初心者の方向けに、取引所の選び方とおすすめしたい取引所をご紹介していきます。

 

目次

そもそも取引所とは?

取引所とは、ユーザー間でお互いに取引を成立させる方法のことを指します。
成行注文と指値注文という2つの方法を利用して、自分が行いたい取引を実現することができますし、より手数料の設定が安くなっているので、販売所に比べると利益を出しやすいと言われています。

ただ、取引所はユーザー間の取引となるので、必ずしも自分が行いたいタイミングで取引ができるとは限りません。
そのため、より取引が成立しやすい業者を選ぶことによって、取引を有利に進めることができると言えます。

 

➡仮想通貨の販売所と取引所の違い|メリット・デメリットを解説

 

取引所を選ぶポイント

取引所は国内にも海外にもたくさんの業者があり、どれを選べばいいのか分からないという方は多いでしょう。
そこで今回は、取引所を選ぶ時にチェックしたいポイントをご紹介していきます。

 

取引所を選ぶ時にチェックしたいポイント

取り扱っている仮想通貨の種類
・仮想通貨の取引量
・仮想通貨の取引にかかる手数料
・安心して預けられる信頼性
・ツールの使いやすさ

 

このポイントをチェックした上で、自分に合った取引所はどこなのか、検討してみてくださいね。

 

取り扱っている仮想通貨の種類

 

仮想通貨の種類は、現在約2100種類もあると言われています。
しかし、そのすべてが取引所で扱われているわけではありません。

どの仮想通貨でも基軸となっているビットコインはどの取引所でも使うことができますが、アルトコインは取引所によって取り扱われている種類が異なります。
そのため、自分が取引したい通貨がある場合、その通貨がどの取引所で扱われているのかを調べておく必要があります。

仮想通貨によってその特徴も価格の動き方も異なるので、事前に調べてから取引を始めるようにしましょう。

 

👇世界的に最も人気の高いアルトコイン「イーサリアム」の詳細はコチラ

 

仮想通貨の取引量

仮想通貨の取引所では、取引量を見ることが重要です。

ユーザーの取引量が少ないと、なかなか取引を成立させることができません。
そのため、取引量が多い取引所の方が自由に取引を行うことができるのです。

 

取引量が取引に影響する理由

取引所では、購入したい人と売買したい人をマッチさせることによって、取引を行います。
取引量が少ない取引所を利用していると、お互いの望んだ価格で取引をすることができないことがあります。
取引する銘柄によっても変わるので、事前に取引量は確認しておいた方がよいでしょう。

 

また、取引量はその取引所の信頼度を表します。
取引量が多いということは、それだけ多くの方がその取引所を選んで投資しているということなので、安心して取引を行うことができるでしょう。

 

仮想通貨の取引にかかる手数料

販売所はもちろんですが、取引所でも手数料がかかります。
このかかる手数料を「スプレッド」と呼びます。

スプレッドは取引ごとにかかるので、取引の回数が多くなればなるほど負担額が大きくなります。
そのため、スプレッドが狭い取引所を使う方がより利益を出しやすくなります

また、スプレッド以外にも入出金の手数料がかかる業者もあるので、取引にかかる手数料がどれくらいなのかを事前に確認し、計算してから取引をスタートすることをおすすめします。

 

安心して資産を預けられる信頼性

条件がよい取引所でも、その信頼性が低い業者であれば自分の大切な資産を預けることを不安に感じるでしょう。
実際に最近仮想通貨が人気となっているので取引所も多くなってきており、中には詐欺のような実態となっているところもあるようです。

そのため、その企業の信頼性をチェックしておくことも大切です。
金融庁は日本の取引所には取引審査を行っています。
審査を通っていれば、ある一定の信頼度は担保されていると言えるでしょう。

 

実際に起こった仮想通貨の流出事件

悪質な取引所でなくても、資産が流出してしまうこともあります。
実際に、国内の取引所でも資産が流出して問題になったことがありました。

〇2018年:コインチェック…580億円の仮想通貨が外部の不正アクセスにより流出。
〇2019年:ビットポイント…35億円の仮想通貨が外部の不正アクセスにより流出。

このようなことが起こる可能性もあるため、どのようなセキュリティシステムが用意されているのかを確認した方がよいでしょう。

 

また、登録者が多い業者の場合、多くの人がその取引所で取引をしているということになるので、信頼性は高いと判断することもできます。
さまざまな面からその信頼度を見て、安心できる業者を選びましょう

 

ツールの使いやすさ

仮想通貨の取引所は、それぞれ取引ツールを作っています。
そのツールには、取引所の創意工夫が詰まっています

仮想通貨初心者の場合、よりシンプルな作りになっているツールを使えば、簡単に安全な取引を行うことができるので、安心して取引に集中することができます
そのため、ツールの使いやすさもチェックしておいた方がよいでしょう。

 

初心者は国内取引所がおすすめと言われる理由

仮想通貨の取引所には、国内のものと海外のものがあります。
どちらで開設をするか迷っている方も多くいるとは思いますが、初めての方には国内取引所の方がおすすめだと言われています。

 

国内仮想通貨取引所がおすすめな理由

・海外取引所は詐欺やハッキングが多い
・海外取引所は金融庁からの警告を受けている

・詐欺コインが多くある
・入出金の手続きが面倒

 

その理由は海外の仮想通貨取引所には、現時点ではさまざまな問題点があるからです。
もちろん安全な海外の取引所もありますが、初心者の方の場合は国内の取引所を使った方が安心でしょう。

そこでここからは、海外の取引所を利用するデメリットと国内取引所の魅力について見ていきましょう。

 

海外取引所は詐欺やハッキングが多い

海外の取引所のリスクとして挙げられるのが、詐欺やハッキングです。
仮想通貨は実態がないので、取引所に資産を預けている状態でハッキングの被害に遭ってしまうと、資産がなくなってしまいます。

 

海外取引所で起こった事件

海外では、2016年に人気のある取引所「Bitfinex」がハッキングされてしまい、約70億円分ものビットコインが流出するという事件が起こっています。
それだけではなく、毎年さまざまな仮想通貨取引所から資産の流出が発表されています。

大手であってもこのようなリスクがありますし、海外の取引所はその信頼性を自分で判断することも難しいので、初心者の場合は避けておいた方がよいと言えるでしょう。

また、日本国内でも海外取引所を利用した詐欺が横行しています。
海外の仮想通貨取引所を利用して行う投資だと言われて資金を預けると、その資金の大半が盗まれていて結果的にはほとんどの資産が残らなかったという方もいるようです。

このようなことから、海外取引所の利用には注意が必要だと言えます。

 

▶仮想通貨取引所へのハッキング手口とは?対策方法も解説!

 

国内の取引所でもリスクがないわけではない

もちろん国内の取引所だからといって、必ずしもハッキングの被害がないとは言い切れません。
実際に人気の高い仮想通貨取引所である「コインチェック」では、2018年にハッキングにより約580億円分のネムが流出したことが発表されています。

しかし、この事件によって金融庁は国内の取引所への規制を厳しくしており、安心して取引ができる状態が整ってきていると言われています。

 

国内で実施されている規制

・日本国内で仮想通貨の取引を行う業者は、金融庁に登録しなければいけない
・ウォレットを持つ者は身分証明書などを提出する必要がある

 

そのことから、国内の取引所の方が安心して利用することができるでしょう。

 

海外取引所は金融庁からの警告を受けている

一気に人気を加速させた仮想通貨が登場した当初は、法律の制定が間に合っておらず、さまざまな詐欺被害が発生しました。
そのため、日本でも徐々に仮想通貨関連の仮想通貨が制定されてきています。

日本では2020年4月に金融商品取引法および資産決済に関する法律が改正されており、日本で仮想通貨交換業登録をしていない業者に対しては、厳しく警告を発しています。
実際に大手の海外取引所に対しても、日本人の登録や利用を禁止する命令を下しています。

 

海外取引所に出された警告

2021年9月:海外仮想通貨取引所であるFTXが日本からの新規登録を停止。
2021年6月:人気の高い海外仮想通貨取引所であるバイナンスに対して、金融庁が警告を発表。

 

日本の金融庁が許可していない取引所で取引を行い、何かしらのトラブルがあったとしても対処してもらえるとは限りません。
そのため、国内で認可を受けている取引所の方が安心だと言えるでしょう。

 

詐欺コインが多くある

海外の取引所を利用するメリットの1つに、取引できる銘柄が多いことが挙げられます。
たくさんの銘柄から自分が保有する銘柄を選ぶことができるので、魅力的に感じるところもあるでしょう。

しかし、その中には詐欺コインが混ざっている可能性があります。
詐欺コインとは、顧客から不正に資産を調達するために作られた仮想通貨のことを指します。

 

詐欺コインを使った詐欺の手口

詐欺コインは「必ず値上がりする」「高い配当がもらえる」と言われて販売されています。
しかし、実際にはその大半を運営者が保有しており、ある程度の資産が集まったら売却されることによって価値を落とします。
そのため、資産を奪われてしまうのです。

その他にもさまざまな手口による詐欺コインがあります。
このようなコインは有名な海外の取引所でも扱われていることもあるので、注意が必要です。

 

不安に感じる方は、規制が厳しい国内取引所の方がよいでしょう。
国内の取引所は取引銘柄は少ないですが、その分信憑性の高い仮想通貨を取引することができます。

 

👇仮想通貨を使った詐欺の手口と対処方法はコチラ

 

 

入出金の手続きが面倒

海外の仮想通貨取引所の場合、日本円には対応していません。
そのため、まずは国内の仮想通貨取引所で仮想通貨を購入し、その仮想通貨で自分のほしい通貨を購入する必要があります。
このような手続きをしなければいけないことから、海外の取引所は面倒に感じる方が多いようです。

その上、自分が持っている仮想通貨もボラティリティが高いため、価値の変動が大きいです。
その状態で仮想通貨を使って仮想通貨を購入すると、その時の市場によって購入できる量が大きく変わります。

自分に最適なタイミングをしっかりと検討して仮想通貨を購入する必要があるのですが、価格変動が大きい通貨の場合は1秒単位でも大幅に変わるので、思った以上に損失を出してしまったというケースもあるようです。

また、国内の仮想通貨取引所から海外の取引所に送金する際には、少なからず送金手数料がかかります。
これがもったいないと感じる人もいるようです。

国内の取引所を使う場合であれば、手数料の心配をする必要がないので、より単純な手続きで安心して取引を行うことができるでしょう。

 

国内の仮想通貨取引所を選ぶ前に知りたい注意点

仮想通貨の取引所は、それぞれ異なる特徴があります。
しかし、どの取引所を使うか決める前に、知っておきたい注意点がいくつかあります。

 

国内の仮想通貨取引所を利用する際の注意点
・取引所によって通貨の価格が異なる
・取引所と販売所では手数料が異なる
・仮想通貨の取引所は複数持っておいた方がよい
・2段階認証は事前に行っておく

 

そこでここからは、国内の仮想通貨取引所を利用する際の注意点について見ていきましょう。

 

取引所によって通貨の価格が異なる

仮想通貨の取引価格は、取引所によって異なります。
そこまで大きく価格が変わるということはありませんが、利益を出したいのであれば少しでも安い金額で購入した方がよいでしょう。

仮想通貨を購入する時には、事前に複数の取引所で価格を比較して、より手数料が安いところを探すことをおすすめします。

 

取引所と販売所では手数料が異なる

仮想通貨取引所の形態には、「取引所」と「販売所」の2つが用意されています。

 

取引所:取引所を利用しているユーザー同士がマッチングすれば取引が成立する。手数料が抑えられるが、マッチングするタイミングは分からない。
販売所:業者が直接ユーザーに対して仮想通貨を販売する方法。買いたい数量を入力すればすぐに購入できるのが魅力だが、手数料が高く設定されていることが多い。

 

国内で人気のある仮想通貨取引所は、「取引所」と「販売所」の両方の系統を導入しているケースが多いです。
しかし、それぞれ取り扱っている銘柄や、手数料などが異なる設定となっています。

そのため、自分が使いたい販売方法でどれくらいの取引ができる環境が用意されているのか、しっかりとチェックしておきましょう。
また、取引所の方が銘柄が少なくなっているので、注意が必要です。

 

仮想通貨の取引所は複数持っておいた方がよい

仮想通貨の取引所を選ぶ時には、どれか1つを選択しようと考える方が多いでしょう。
しかし、取引所は複数持っておいた方がよいと言われています。

その理由は、取引所によって用意されている環境は大きく異なるからです。
自分が使いたい銘柄や行いたい取引方法によって取引所を使い分けることによって、より効率よく利益を出すことができるでしょう。

口座開設にはそこまで時間も手間もかからないので、気になったものは口座開設をしておくことをおすすめします。

 

2段階認証は事前に行っておく

仮想通貨の取引所を選ぶ場合、セキュリティ対策がしっかりされている業者かどうかしっかりとチェックすることが重要と言われています。
もちろん取引所側がきちんと対策をすることが重要ですが、個人で対策をすることも必要です。

自分の口座は自分で守らなければいけないので、口座開設を行った後はすぐ二段階認証をしておくようにしましょう。
また、二段階認証以外にもさまざまなセキュリティ対策を用意している業者は多くあります。

必ずその対策は行っておくようにしましょう。

 

 

仮想通貨初心者のおすすめ取引所8選

では、仮想通貨の取引所の中で、どの業者を選んだらいいのでしょうか?

 
 国内取引所 主な特徴 
Coincheck(コインチェック)
取扱通貨数が最も多い 
bitFlyer(ビットフライヤー)  ビットコインの取引量が国内NO. 1

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

GMOコイン アルトコインのレバレッジ取引が可能 
DMM  ビットコイン  両建て取引が可能
BITPOINT(ビットポイント) ジャスミーの取引ができる 
Houbi Japan(フォビ ジャパン)  世界最高水準のセキュリティシステム搭載
DeCurret(ディーカレット) 仮想通貨を電子マネーにチャージできる 
LINE BITMAX(ラインビットマックス) LINEPayと連携することができる

 

初めての取引をする方におすすめの取引所をご紹介していきます。

 

おすすめ取引所1:コインチェック(Coincheck)

コインチェック

 

コインチェックの特徴

・17種類の仮想通貨を取り扱っている
・最小500円から取引ができる
・仮想通貨レンディングを行っている
・コインチェックでんきなどの多方面のサービスを展開している
・レバレッジ取引はできない

 

コインチェックの魅力は、その信頼性と取り扱い通貨の豊富さと言えるでしょう。

コインチェックは、東証プライム市場上場企業である「マネックスグループ」が運営している仮想通貨取引所です。
過去に仮想通貨の流通が事件となりましたが、そこからよりセキュリティの強化に力を入れており、安心して取引できる環境が整えられています。

その上、国内最大級の取り扱い通貨数となっています。
そのため、自分が行いたい取引を実現することができるでしょう。

また、取引手数料や入金手数料も無料となっているので、よりお得な感覚で取引を実現することができる点も人気の理由です。

 

👇コインチェックの口座開設方法はコチラ

 

17種類の仮想通貨がある

コインチェックでは、国内最大級の取り扱い通貨数となる17種類の仮想通貨の取引が可能となっています。
ビットコインやイーサリアム、リップルなどの人気の高い仮想通貨はもちろんですが、ライトコインやビットコインキャッシュなど幅広く扱っている点が特徴です。

そのため、自分の好きな通貨を自由に取引できる点が魅力と言えるでしょう。

 

最小500円から取引ができる

コインチェックが人気の理由の1つに、最低入金額の低さがあります。
コインチェックでは、500円から取り組むことができるので、初めて仮想通貨の取引に挑戦するという方でも安心です。

少額から始めたい方にはおすすめと言えるでしょう。

 

仮想通貨レンディングを行っている

コインチェックでは、レンディングサービスをが行われています。
レンディングとは、自分が保有している仮想通貨をコインチェックに貸し出すことによって、一定の利子を受け取るという方法です。

主に長期保有を考えている方が使っているシステムで、保有している間に利益を出すことが可能となっています。
初心者の場合、どのようなタイミングで取引を行ったらいいか分からないという方もいると思いますが、レンディングサービスを利用すれば手軽に利益を出せるので、魅力的だということができるでしょう。

 

コインチェックでんきを展開している

コインチェックでは、新たに「コインチェックでんき」というサービスをスタートさせています。
コインチェックでんきとは、コインチェックが提携している電力会社と契約することによって、毎月の電気料金の一部がビットコインとして口座に付与されるという仕組みです。

ただ生活しているだけでビットコインを保有することができるので、魅力的だと感じる方も多いようです。
このような新たなサービスをどんどん展開していることから、今後の発展にも期待が高まっています。

 

レバレッジ取引ができない

魅力的なサービスの多いコインチェックですが、唯一のデメリットとして挙げられるのが、「レバレッジ取引」ができない点です。
レバレッジを使えば、一度の取引で大きく稼ぐことができるので魅力だと感じる方もいるでしょう。

しかし、仮想通貨は元々ボラティリティが高いので、わざわざレバレッジを使わなくてもタイミングを見極めれば利益を出すことができます。
また、長期的な視点で投資をしている方の場合、レバレッジを使うことはないので、自分の取引スタイルに合わせて行うようにするといいでしょう。

 

国内の取引所
「コインチェック」の口座を開設する!"
「コインチェック」の口座を開設する

 

おすすめ取引所2:ビットフライヤー(bitFlyer)

ビットフライヤー

ビットフライヤーとは、2014年1月に設立された仮想通貨取引所となります。
より多くの方がビットフライヤーを使って投資していることから見ても、信頼度は充分に高いと言えるでしょう。

 

ビットフライヤーの特徴

・仮想通貨FXが可能
・1円から積立ができる
・ログインボーナスをもらえる
・Tポイントでの取引ができる
・アルトコインは販売所のみの取り扱いとなっている

 

 

👇ビットフライヤーの口座開設方法はコチラ

 

仮想通貨FXが人気

ビットフライヤーには、「bitFlyer Lightning」というシステムがあります。
このbitFlyer Lightningでは、仮想通貨FXを行うことができます。

レバレッジサイズは2倍と小さめですが、レバレッジを使うことによって現物取引よりも効率よく利益を出すことが可能です。
この取引の中では、「TradingView」という有名なチャートサービスを使うことができるので、より正確な分析をして利益を出すことができる環境だと言えるでしょう。

 

1円から積立ができる

ビットフライヤーでは、毎月一定の金額を積み立てて投資をする方法があります。
その最低金額は1円からとなっているので、気軽に行うことができるでしょう。

まだ価格が安定していないからこそ、定期的に積立を行うことによって、分散投資をしてリスクヘッジを行うことが可能となります。
そのため、ビットフライヤーを使う場合には検討した方がよいでしょう。

 

ログインボーナスをもらえる

ビットフライヤーでは、ログインボーナスが用意されています。
そのため、ビットフライヤーのマイページにログインするだけで一定のビットコインをもらうことができるのです。

少額ではありますが、毎日お得に取引をすることができるので、魅力的だと言えるでしょう。

 

Tポイントでの取引が可能

ビットフライヤーでは、現金以外にもTポイントを使って取引を行うことができる点が特徴と言われています。
Tポイントは100ポイントから使うことができ、ビットコインへの交換をすることができます。

普段買い物して溜まったポイントを使えるので、初心者の方でも安心して取引ができるでしょう。
また、ビットコイン決済を行うと、Tポイントを貯めることができる点も魅力的です

 

アルトコインは販売所のみの取り扱いとなっている

ビットフライヤーでは、複数の銘柄が取り扱われています。
しかし、イーサリアム以外のアルトコインは、販売所のみでしか取り扱われていません。

取引所でアルトコインを取引したいと考えている方の場合、他の仮想通貨取引所を選んだ方がよいかもしれません。

 

 

 

国内の取引所
「ビットフライヤー」の口座を開設する!"
「ビットフライヤー」の口座を開設する

 

おすすめ取引所3:GMOコイン

GMOコインとは、東証一部上場企業である「GMOインターネットグループ」が運営している仮想通貨取引所です。

GMOグループは「GMOクリック証券」という証券会社を長年運営しており、セキュリティ面の信頼性は抜群に高いと言われています。

 

GMOコインの特徴

・セキュリティ対策が万全
・アルトコインのレバレッジ取引が可能

 

👇GMOコインの口座開設方法はコチラ

 

セキュリティ対策が万全

GMOコインは、国内の取引所の中で最もセキュリティ対策が万全だと言われています。
GMOコインはGMOクリック証券というサービスを昔から展開しており、昔からセキュリティに関する実績と信頼を培っています。
そのため、GMOコインも安心して利用することができると言えるでしょう。

その上、GMOコインはサイバー攻撃に備えて火災保険などと提携しています。
資本金も十分にあるので、セキュリティの不安を感じることはないでしょう。

 

手数料が無料

GMOコインが初心者におすすめの理由としては、取引手数料や入出金や送金にかかる手数料がすべて無料となっている点です。
手数料がかからない分、自分の行った取引で得た利益をすべて獲得することができるので、より大きな利益を手元に残すことができるでしょう。

 

アルトコインのレバレッジ取引が可能

国内の取引所の中には、レバレッジ取引はビットコインでしかできないというケースも多いようです。
しかし、GMOコインでは5種類のアルトコインのレバレッジ取引が可能になっています。

アルトコインはビットコインに比べてかなりボラティリティが高いので、レバレッジ取引を行うことによってより効率よく資産を稼ぐことが可能となっています。

その上、GMOコインでは12種類の仮想通貨のレバレッジ取引にも対応しており、最大レバレッジは4倍となっています。
より大きな利益を狙った取引を行いたいという方にもおすすめです。

ただ、レバレッジ取引に関しては手数料がかかるため、注意しておきましょう。

 

GMOコインのレバレッジ手数料

GMOコインのレバレッジ手数料は取引日の終値から計算した評価価額に対し、建玉ごとに0.04%/日かかります。

①買建玉レバレッジ手数料=買建数量×買値(終値)×0.04%
②売建玉レバレッジ手数料=売建数量×売値(終値)×0.04%

 

 

 

国内の取引所
「GMOコイン」の口座を開設する!"
「GMOコイン」の口座を開設する

 

 

おすすめ取引所4:DMM Bitcoin



DMMビットコインは2016年11月日に設立された企業であり、DMMグループを親会社に持っているのが特徴となっています。
CMもよく流れているので、知っている方も多いでしょう。

 

DMMビットコインの特徴

・両建てでの取引が可能
・アプリが使いやすい
・取り扱っている通貨が豊富
・少額から取引ができる

 

 

両建てでの取引が可能

DMMBitcoinでは暗号通貨では珍しい両建て取引が可能となっております。
両建てを行うことによって、リスクヘッジを行いながらより大きな利益を狙うことも可能となっています。

仮想通貨等の取引の上級者の方にとっては、かなり魅力的なシステムだといえるでしょう。

 

アプリが使いやすい

DMMビットコインを利用している方の中には、DMMビットコインのアプリはかなり使いやすいと感じている方が多くいるようです。
DMMビットコインを運営しているDMMグループは、これまでにもさまざまなネット証券のサービスを展開しており、ユーザーがどのようなシステムを求めているのかという点を理解しています。
そのため、初心者でも簡単に取引を行うことができる仕組みを整えることができていると言えるでしょう。

実際にDMMビットコインのスマホアプリではワンタッチで現物・レバレッジ両方の注文をすることができ、わざわざブラウザで開かなくてもよいという点は魅力的だと言えるでしょう。

 

取り扱っている通貨が豊富

DMMビットコインの取り扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップル、ネム、イーサリアムクラッシュ、モナコイン、ステラ、クオンタム、バット、オーエムジーなどがあります。

全部で12通貨を取り扱われておりレバレッジ取引が可能となっています。
これだけ豊富な通貨が用意されていれば、自分が扱いたいと考えているものも手軽に使うことができるでしょう。

 

少額から取引が可能

DMMビットコインの最小注文単位は、「0.0001BTC」となっています。
つまり、1BTCが100万円になっている場合、約100円から取引をすることが可能なのです。

初めて仮想通貨の取引を行う場合、不安に感じるという方もいると思いますが、これだけ少額からできるのであれば安心してチャレンジすることができるでしょう。

 

 

国内の取引所
「DMMビットコイン」の口座開設をする!"
「DMMビットコイン」の口座開設をする

 

おすすめ取引所5:BITPOINT(ビットポイント)

ビットポイントとは、2016年にビットポイントジャパンが設立した仮想通貨取引所です。
取扱通貨はビットコインやイーサリアム、リップルなどの10種類の仮想通貨となっています。

 

ビットポイントの特徴

・各種手数料が無料になっている
・500円以下から取引ができる
・国内で唯一ジャスミーの取引が可能
・DEPcoinの購入ができる

 

👇ビットポイントの評判はコチラをチェック

 

各種手数料が無料

ビットポイントの1番の魅力は、各種手数料が無料になっている点です。
取引手数料はもちろんですが、入出金手数料や口座管理料も無料となっているので、どのような取引をする方でもよりコストを抑えて取引をすることができるので、魅力的だと言われています。

 

500円以下から投資ができる

また、ビットポイントは500円以下から投資をすることができるので、初心者でも仮想通貨の取引を始めやすい取引所になっているといえるでしょう。
スマホでも簡単に取引ができるので、手軽に始めたい方におすすめです。

 

国内で唯一ジャスミーの取引が可能

ジャスミーとは、個人情報の分散を目指す仮想通貨です。
日本でつくられた仮想通貨ですが、現在はビットポイントでしか利用することができません。

そのため、ジャスミーを利用したいと考えている方は、ビットポイントの利用が必須となるでしょう。

 

DEPcoinの購入ができる

DEPcoinとは、シンガポールで作成されたNFTトークンです。
PlayMiningというプラットフォームで使うことができるトークンとなっています。

東南アジアを中心に230万人以上のユーザーを誇るゲームなので、トークンが購入できるという点は大きなメリットと言えるでしょう。

 

 

国内の取引所
「ビットポイント」の口座を開設する!"
「ビットポイント」の口座を開設する

 

おすすめ取引所6:Houbi Japan(フォビ ジャパン)

Houbi Japan(フォビ ジャパン)とは、世界170もの地域にサービスの提供をしている大手の暗号資産取引所です。

 

見出しタイトル

・170か国のユーザーが利用している
・セキュリティシステムの精度が高い
・少額からお得に取引ができる

 

ではここからは、Houbi Japanの特徴について見ていきましょう。

 

170か国のユーザーが利用している

Huobi Japanは、Huobi GROUPの日本法人のことを指します。
Huobi GRUPは、世界的に見ても大きな取引所で、世界170カ国にユーザーを抱えています。

利用者も多く、24時間での取引量が5000億円を超えることもあるようです。
より適正な価格で取引をしたいと考えている方にとっては、最適な取引所だといえるでしょう

 

セキュリティシステムの精度が高い

Houbi Japan(フォビ ジャパン)の1番の魅力として挙げられるのは、圧倒的なセキュリティシステムの高さです。
仮想通貨の取引を行う際にはハッキング等で資産がなくなってしまうことを心配する方も多いでしょう。

しかし、Houbi Japan(フォビ ジャパン)は世界最高水準のセキュリティシステムが用意されているので、初めて取引を行う方でも安心して利用することができると評判が高いです。

 

少額からお得に取引ができる

最低金額が2円となっているので少額から始めることができます。
その上、Huobi JapanではHTという専用のフォビトークンが用意されており、これを利用することでランクを上げることもできます。

ランクが上がれば、よりお得に取引を行うこともできるので、長期的な利用の魅力が高いと言われています。

 

Huobi Japan(フォビジャパン)の口座開設方法を簡単に解説!

 

国内の取引所
「フォビジャパン」の口座を開設する!"
「フォビジャパン」の口座を開設する

 

おすすめ取引所7:DeCurret(ディーカレット)

DeCurret(ディーカレット)とは、2018年1月に株式会社ディーカレットが設立した取引所です。

 

ディーカレットの特徴

・大手企業と提携していて信頼性が高い
・電子マネーのチャージができる

 

👇ディーカレットの評判はコチラでチェック!

 

大手企業と提携していて信頼性が高い

海外の取引所を利用する場合、信頼性があるのか不安に感じる方もいるでしょう。
そのような方でも、ディーカレットは安心して取引ができると言われています。

その理由は、日本の大手企業とも提携しているという点です。
ディーカレットはKDDI株式会社や株式会社ゆうちょ銀行、株式会社三井住友銀行など、大手企業から出資を受けています。

誰でも知っている企業と提携していることから、数ある仮想通貨取引所の中でも信頼性が高いと考えられています。

 

電子マネーのチャージができる

DeCurret(ディーカレット)の1番のメリットとしては、暗号資産を使って普段使っている電子マネーをチャージすることができるという点です。
楽天Edyやnanaco、auPayなどの多くの電子マネーと提携しているため、投資としての仮想通貨だけではなく法定通貨と同じように現実世界で利用することができる点も大きな魅力と言えるでしょう。

その上、チャージ単位は日本円で約30円程度から行うことができるため、使いやすいと感じる方も多くいるようです。

 

\少額から取引をしたい方には「ディーカレット」がおすすめ/

おすすめ取引所8:LINE BITMAX

LINE BITMAXとは、多くの方が利用しているSNSツールであるLINEを運営しているLINE株式会社が提供している仮想通貨取引所です。

 

LINE BITMAXの特徴

・仮想通貨レンディングに対応している
・LINEPayとの連携ができる
・独自の仮想通貨も出している
・1円単位から取引ができる

 

 

仮想通貨レンディングに対応している

LINE BITMAXでは、仮想通貨レンディングにも対応しています。
そのため、豊富な方法で取引を行いたいという投資家を多くとりこんでいます。

一般的なレンディングの場合、一定期間が必要になるケースも多いですが、LINE BITMAXでは最短1日のレンディングも行うことができます。
そのことにより、とても便利に利用することができると言われています。

 

LINEPayとの連携ができる

LINE BITMAXはLINE Payと連携することができます。
そのため、換金する手数料をお得にすることができますし、仮想通貨で得た利益を日常生活で気軽に使うことができる点も魅力的でしょう。

 

独自の仮想通貨も出している

LINEでは、独自の暗号通貨も出しています。
それが「LINK」です。

LINKはすでにLINEPayオンライン加盟店で、法定通貨と同じように取引ができるようになっているので、使いやすいと言われています。
日本の取引所だけではなく、韓国の取引所でも上場しているため、今後アジア圏に広がっていくことが予想されています。

👇リンクについて詳しく知りたい方はコチラ

 

1円単位から取引ができる

LINE BITMAXでは、どの仮想通貨も1円単位から取引ができる仕組みとなっています。
そのため、少額から取引をしたいと考えている方にも最適でしょう。

より手軽に仮想通貨の取引を始めたいと思っている方におすすめの仮想通貨取引所と言えます。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?仮想通貨の取引所は多数あり、どれを選んだらいいか分からないという初心者の方は多いでしょう。

取引所はそれぞれ特徴がありますし、人によって使いやすさも異なります。
そのため、人気や信頼度が高い業者の中から、自分が使いやすいと思う業者を探してみることをおすすめします。

今回は国内の仮想通貨の取引所を8つご紹介していますので、まずはこの中から1つ選択して取引を始めてみましょう。


\仮想通貨の利益は確定申告が必要です。仮想通通貨の税金計算でお困りの方は是非専門家にご相談ください/

税金計算にお困りの方
「税理士ドットコム」を使ってみる!"
「税理士ドットコム」に登録する

 

 

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事

著者プロフィール

NEXT FINANCIAL INNOVATION株式会社 代表取締役 菊山 敬太郎
大学在学中にカナダに海外留学を経て、その後税理士法人で勤務しながら大学院で法学研究科を卒業後、経済情報研究科にも進学し経済を学ぶ。
税理士事務所で勤務と同時に2020年6月に資金調達及びメディア運営の法人会社を設立する。

仮想通貨歴
2017年に仮想通貨の投資に参加。
仮想通貨の売買するだけではなくブロックチェーンの素晴らしさを広めたくなり2021年9月にブログを開設しました。
仮想通貨について15以上取引所を開設し、100種類以上の通貨を売買を継続中。仮想通貨、NFT、DeFi、DAO、GameFi、web3.0などブロックチェーンに関わる分野を色々調べて仮想通貨ブログを運営しています