2022.11.17通貨名

【仮想通貨】エイダコイン(ADA)とは?将来性と魅力とに迫ってみた

カルダノのエイダコインは、2017年に仮想通貨市場に登場した、まだ新しい仮想通貨です。
取引所では、ADAと記載されることが多くなっています。

カルダノと言えば、2019年9月から一気に高騰し始め、3年間の間に40倍以上の価格となっており、急激な伸び率に一気に注目を集めています。

そして現在2022年5月4日時点では時価総額では9位107.27円となっています。

しかし、仮想通貨初心者の方の中には
「カルダノってどんな通貨なの?」
「そんな価値が一気に上がるほど凄いコインなの?」
と不思議に思っている方もいるでしょう。

そこで今回は、カルダノのエイダコイン(ADA)の仕組みや魅力について詳しく解説していきます。

 

ビットフライヤーの口座開設方法

まだビットフライヤーの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「ビットフライヤー」の口座開設をする!"
「ビットフライヤー」の口座開設をする

詳細はビットフライヤーの取引所開設をご覧ください

 

 

目次

カルダノのエイダコイン(ADA)とは?

カルダノのエイダコイン(ADA)とは、2017年に登場した仮想通貨で、元々イーサリアムを開発したと言われているチャールズ・ホスキンソン氏が新たに提唱した理論をもとに作られた仮想通貨です。
チャールズ・ホスキンソン氏がCEOを務めている企業、ブロックチェーンの開発をする企業、スタートアップやベンチャーへの投資を行っているカルダノ財団が3社合同で開発したのがカルダノのエイダコイン(ADA)です。

元々は創設者のチャールズ氏が大阪に在住していた時に、日本版のイーサリアムを作ろうと思い付いたところから始まっており、それが世界規模へと拡大していき、今のカルダノのエイダコイン(ADA)の形となりました。

カルダノのエイダコイン(ADA)は2021年9月8日時点では、「ビットコイン」「イーサリアム」と言った知名度の高いコインに並び、時価総額3位となっている人気の高い仮想通貨です。
2021年8月25日から日本で初めてのカルダノのエイダコイン(ADA)の取り扱いが始まり、現在最も日本で注目を集めているコインだと言っても過言ではないでしょう。

 

 

 

 

 

カルダノのエイダコイン(ADA)の特徴

 

では、カルダノのエイダコイン(ADA)とはどのようなコインなのでしょうか?

 

エイダコイン(ADA)の特徴
・オンラインカジノで利用することを想定された通貨
・イーサリアムキラーとなる可能性が高い
・スマートコントラクト「Plutus」
・承認アルゴリズム「ウロボロス」
・カルダノ専用ウォレット「ダイダロス」

 

ではここからは、その特徴を見ていきましょう。

 

オンラインカジノで利用することを想定された通貨

エイダコインが作られたのは、オンラインカジノである「カルダノ」で使用するためでした。
従来のオンラインカジノは、中央集権型となっているので、運営側が自由に操作をすることができ、不透明な状態を利用して運営が儲かる仕組みにしているのではないかと考えるユーザーも多くいました。

しかし、ブロックチェーンを利用して通貨を作れば、オンラインカジノの取引履歴をすべて透明化することができます。
そのことによって、全員が健全な環境でゲームをできるようにすることが魅力だと言われています。

現在はオンラインカジノだけではなく、さまざまな場面で利用することができると期待されています。

 

イーサリアムキラーとなる可能性が高い

エイダコインは、ブロックチェーンを2段階に分けることによって、取引の処理速度を速めています。
そのことにより、1秒間に100万件以上の取引の処理を行うことができるのです。

これまでさまざまなサービスのベースとなるブロックチェーンの多くは、イーサリアムが利用されてきました。
しかし、イーサリアムはPowを使っているので、1秒間に15件ほどしか処理することができません。

その上、多くの人が利用しているので徐々にガス代が高くなっており、使いづらいと感じるユーザーも出てきています。
このような環境となっているからこそ、新たに登場したエイダコインがイーサリアムにとって代わる時代がくるのではないかとも考えられているようです。

 

スマートコントラクト「Plutus」

カルダノのエイダコイン(ADA)では、イーサリアムと同じようにスマートコントラクトが利用されています。
スマートコントラクトを使えば、複雑な契約も仲介人を通すことなく素早く行うことができるので使用用途が多いですし、普及しやすい便利なコインとなっていると言えるでしょう。

「Plutus」を利用することによって、イーサリアムのスマートコントラクトよりもセキュリティーが高く、安心して使える通貨となっています。
契約だけではなく、個人情報も記録してくれるので、その用途は多彩でしょう。

 

 

承認アルゴリズム「ウロボロス」

 

ウロボロスとは、カルダノのエイダコイン(ADA)で利用されている承認アルゴリズムです。

承認アルゴリズムにはPoW(プルーフ・オブ・ワーク)とPoS(プルーフ・オブ・ステーク)の2種類があります。
多くの仮想通貨が、現在PoWを利用しています。
有名なビットコインにもこの承認アルゴリズムが使用されています。

しかし、PoWを使っているとブロックチェーンを承認する時に取引処理が多くなり、電力を大量に消費しなければいけないというデメリットが挙げられていました。

そこで新しく登場したのがPoSです。
PoSは承認作業に参加する参加者が限定されており、多くの通貨を持つノードしか承認作業を行わなければいけないので、電力を節約することが可能となっています。

PoSはカルダノのエイダコイン(ADA)でも利用されていますが、イーサリアムでも使われている機能です。

 

MEXCの口座開設方法

まだMEXCの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

海外の取引所
「MEXC取引所」の口座開設をする!"
「MEXC取引所」の口座開設をする

詳細はMEXCの取引所開設をご覧ください

 

 

カルダノ専用ウォレット「ダイダロス」

仮想通貨の取引を行うためには、何かしらのウォレットを用意する必要があります。
大半の仮想通貨が、複数の通貨に対応しているウォレットを使用しているでしょう。

しかし、カルダノのエイダコイン(ADA)は専用のウォレット「ダイダロス」を用意しています。
ダイダロスを使うことによって、ブロックチェーンのネットワークに参加することによって、報酬がもらえる仕組みが用意されているので、よりお得に利用することができると言われています。

また、ダイダロスを使えば「Catalyst Fund3」という投票システムへの参加が可能となっています。
一定の条件をクリアすれば、カルダノのエイダコイン(ADA)の運用方法に関する投票に参加することができるので、有権者として関わることができるようになります。

このような仕組みは他の仮想通貨にはないので、特徴的だと言えるでしょう。

 

コインチェックの口座開設方法

まだコインチェックの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「コインチェック」の口座開設をする!"
「コインチェック」の口座開設をする

詳細はコインチェックの取引所開設をご覧ください

 

 

カルダノのエイダコイン(ADA)は怪しい?噂の原因

カルダノのエイダコイン(ADA)は今では人気が高くて時価総額3位につけているコインですが、以前は詐欺コインだといううわさも多く出回っていました。

 

エイダコインの悪い噂の要因
・プレセールの単価が高かった
・MLMでプロモーションが行われた
・公開予定が半年以上遅れた
・取り扱っている仮想通貨業者が少ない

 

その噂は本当なのでしょうか?
噂の原因について考えてみましょう。

 

プレセールの単価が高かった

 

カルダノのエイダコイン(ADA)は、最初に日本のみでプレセールという形で先行販売が行われていました。
その時の価格は、最低単価が1000ドル(約11万円)程度となっていました。

この単価はプレセールにしてはかなり高い金額ということができます。

仮想通貨の中には、さまざまな詐欺コインもたくさん出回っていますが、その詐欺の手口の中にはプレセール時に高い価格で売り、プレセールが終わった後にその売り上げをもって逃げるという事態が多くありました。

このように、詐欺コインと同じやり方だったため、疑われたのだと考えられます。

 

税金計算なら
「クリプタクト」を開設する!"
「仮想通貨税金計算サービスクリプタクト」を開設する

MLMでプロモーションが行われた

カルダノのエイダコイン(ADA)の日本でのプロモーションは、一部がMLM(マルチ商法)で行われていました。

マルチ商法とは、誰かに紹介して購入してもらうと、その紹介者にも一定の収入が入るという仕組みです。
それが稼げると判断したアフィリエイターが一気に参入し、カルダノのエイダコイン(ADA)のプロモーションを行っていました。

アフィリエイターは稼ぐために販促を行っているため、より多くの方が購入してくれるように「必ず稼げるから大丈夫」といった誇大広告を行っていた方も多くみられました。

日本にはさまざまなマルチ商法があり、その中には詐欺案件も多くあります。
そのため、「マルチ商法は危ない」「マルチは詐欺」といったイメージを持っている方が多くいたため、カルダノのエイダコイン(ADA)も詐欺コインなのではないかといううわさが広まった上にそれを信じる方が多く出たのだと考えられます。

 

公開予定が半年以上遅れた

カルダノのエイダコイン(ADA)はもともと公開される予定だった時期から、実際に公開された日時が半年以上遅れてしまいました。

このような事態はよくあることなのですが、他の疑われる要因が重なったことによって、より怪しまれる原因となってしまったようです。

 

取り扱っている仮想通貨業者が少ない

エイダコイン(ADA)が危険だと言われた理由の1つに、取扱業者の少なさがあります。
現在、国内の取引所ではビットポイントしかエイダコイン(ADA)を取り扱っていません。

日本の取引所はこれまでのさまざまなトラブルから上場を敬遠するというところが多くなっています。
そのため、あまりなじみがなく不安を感じる方もいるようです。

しかし、エイダコイン(ADA)は海外ではかなり人気の高い仮想通貨で、日本人も海外の取引所を使って取引を行っているという方もいます。
そのため、今後国内の取引所での取り扱いが増えれば、今以上に知名度が上がっていくことが予想されます。

 

ビットポイントの口座開設方法

まだビットポイントの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「ビットポイント」の口座開設をする!"
「ビットポイント」の口座開設をする

詳細はビットポイントの取引所開設をご覧ください

 

 

カルダノのエイダコインの将来性

現時点でカルダノのエイダコイン(ADA)は今後、大幅に上昇する可能性が十分にあると言われています。
では、どうして将来性があると考えられているのでしょうか?

 

エイダコインの将来性
・開発が進められている
・取扱いを行っている取引所が増加する
・提携する企業が増えている
・ステーキング報酬が注目されている
・BLISS署名が実装されている
・専用ウォレットのセキュリティ機能が高い
・AdaPayを導入する店舗が増加する
・さまざまな分野で注目される「NB Realchain」
・著名人が購入している
・共同設立者・佐々木氏のプロモーション
・日本でのカジノ法案可決で高騰の可能性

 

ここからは、カルダノのエイダコイン(ADA)が今後高騰すると言われる理由について見ていきましょう。

 

開発が進められている

現在のカルダノやエイダコイン(ADA)は、まだまだシステムとしても通貨としても開発途中です。
カルダノの場合は開発当初時にどのようなことを実装していくのかを示したロードマップが発表されています。

 

・Byron(バイロン)
・Shelley(シェリー)
・Goguen(ゴーグエン)
・Basho(バショウ)
・Voltaire(ボルテール)

 

以上のような3段階のロードマップが示されており、2021年10月時点では3番目のGoguenまでが終了しています。

現時点ではエイダコイン(ADA)の取り扱いは限定された取引所だけとなっていますが、今後の開発ではATMで使えるような実装が行われたり、デビットカードでの支払いが可能となると言われています。

現実世界でエイダコイン(ADA)を使えるようになることによって認知度が高まり、より多くの方がエイダコイン(ADA)を利用することになると考えられるため、価格の大幅な高騰が期待できるでしょう。

 

取扱いを行っている取引所が増加する

現時点では、エイダコイン(ADA)を取り扱っている国内取引所はBITPOINT(ビットポイント)のみとなっています。

ビットポイントが取り扱いを始めたのは2021年8月のことで、取引ができるようになってから一気にエイダコイン(ADA)の人気も高くなってきています。
実際に現在のエイダコイン(ADA)の時価総額を見てみると、ビットコインやイーサリアム、テザーなどの知名度の高い仮想通貨に並んで、6位となっています。

これだけ人気が高まってくれば、今後は取り扱う取引所も多くなることが予想されますし、たくさんの取引所で利用できるようになるとより多くの投資家が参入する可能性が高いので、大幅な価格上昇が期待できます。

 

現時点ではビットポイントのみが対応しておりますので、エイダコイン(ADA)の取引を行いたい方はビットポイントで口座開設を行いましょう。

 

 

提携する企業が増えている

カルダノはたくさんの企業と提携しています。

ビットコインやイーサリアムも同様に多くの企業と一緒に提携をするごとに、価格が高騰しています。
そのことから考えると、カルダノが多くの企業と提携するごとにエイダコイン(ADA)の価格が上がる可能性は高いといえるでしょう。

現在はニューバランスやMOX社などの知名度の高い企業と提携するだけではなく、エチオピア政府や東京工業大学といった機関との提携も行われているので、より注目度が高まることが予想されます。

 

 

ステーキング報酬が注目されている

エイダコイン(ADA)が現在注目されている一因として、ステーキング報酬がもらえるという点があります。
ステーキング報酬というのは、取引所に自分の持っているエイダコイン(ADA)を預けることにより、利息として報酬を得るという方法です。

仮想通貨の取引を行いたいけれども、なかなか取引をする時間がなかったりやり方が分からないと感じている方も多くいるでしょう。
そのような方でもエイダコイン(ADA)の場合はステーキングによって報酬をもらうことができるので、安心して取引をすることができると言われています。

今後もステーキング報酬への注目は高まることが予測されるため、より効率的に利益を得たい方にもエイダコイン(ADA)はおすすめでしょう。

 

 

BLISS署名が実装されている

エイダコイン(ADA)には、BLISS署名が実装されています。
現在、仮想通貨は現存するコンピュータよりもはるかに優れた装備となっている量子コンピュータの開発によって、ハッキングされるというリスクがあります。

しかし、エイダコインは量子耐性としてBLISS署名を採用していることから、今後もハッキングされる危険性が比較的低いと言われているコインです。
だからこそ、安心して購入できると判断する方は多いでしょう。

セキュリティ対策が行われているコインを探している方は最適です。

 

 

専用ウォレットのセキュリティ機能が高い

エイダコイン(ADA)では、専用のウォレットである「Daedalus(ダイダロス)」を使うことができます。
このDaedalus(ダイダロス)は、セキュリティ機能が高いと言われています。

そのため、エイダコイン(ADA)を購入した後も安心して保有し続けることができるという点がメリットでしょう。

 

 

AdaPayを導入する店舗が増加する

エイダコイン(ADA)の発行を行っているカルダノ財団は、「COTI」をてがけている企業と一緒にAdaPayを開発してリリースしています。
このAdaPayとは、エイダコイン(ADA)を使って商品やサービスを購入することができる決済手段です。

AdaPayはCOTIPayを導入している店舗であれば利用することが可能となっています。
すでに日本国内でも、2019年からAdaPayが利用できる店舗が増えていることから、今後よりAdaPayでの決済が可能となれば、それに伴ってエイダコイン(ADA)の普及率も上がると考えられています。

 

さまざまな分野で注目される「NB Realchain」

エイダコイン(ADA)の発行を行っているカルダノ財団は、シューズメーカーである「NewBalance」と提携して「NB Realchain」というシステムを開発しています。
このシステムは、ブロックチェーンを使ってその商品の正誤を判別することができるものです。

例えば、NewBalanceで靴を購入した時に、アプリ等で手軽にそのシューズの所有者であることをブロックチェーン上に記載します。
そうすると、そのシューズが正規店から購入したものであることを証明することができるというものです。

この仕組みによって、消費者が本物に近い形で作られた偽物のシューズを手にする可能性を圧倒的に減らすことができるのです。
このシステムは小売業だけではなく、医療や金融などの業界でも注目されており、今後さまざまなところで導入されることが予想されています。

実際に使う業界が増えれば、エイダコイン(ADA)の価格が高騰する可能性も高いと言われています。

 

著名人が購入している

近年は、著名人が仮想通貨を購入した際にその事実を公表するということが多くあります。
そうすると、公表されたコインが大幅に価格を伸ばすというケースもあります。

実際に、エイダコイン(ADA)もアメリカのロックバンド「KISS」のメンバーであるジーン・シモンズ氏が30万ドル相当を購入したことを公表すると、一気にエイダコイン(ADA)が話題となって大幅に価格を伸ばしました。

今後、他の著名人もエイダコイン(ADA)を購入してそのことを公表する方が現れる可能性も高いと言えます。
そうなると、今以上に価格が高まることが予想されます。

 

共同設立者・佐々木氏のプロモーション

カルダノ財団の共同設立者となっている佐々木氏は、Instagramで多くのフォロワーを獲得しており、SNSを使ったエイダコイン(ADA)のプロモーションを多数行っています。

その中でも注目度が高いのが、「佐々木鬼ごっこ」です。
佐々木鬼ごっことは、地球上で佐々木氏を見つけることができれば、50万円相当の仮想通貨をもらうことができるというゲームです。

このような変わったプロモーションによって、佐々木氏は若者にも認知されています。
佐々木氏が今後もさまざまなプロモーションを行うことによって、エイダコイン(ADA)の知名度も高まり、人気のコインとなっていく可能性は十分にあると言えるでしょう。

 

▷佐々木氏のInstagramはコチラ

 

日本でのカジノ法案可決で高騰の可能性

エイダコイン(ADA)はもともと、オンラインカジノの通貨として開発されたコインと言われています。
そのため、日本でもカジノ法案が可決され、誰もがオンラインカジノを楽しめるようになれば、よりエイダコイン(ADA)の需要が高まることが予想されています。

元々エイダコイン(ADA)のプレセールは日本で行われたこともあり、日本人からの注目度は高いコインだと言えるので、より利用用途が増えれば購入者も増加することが考えられます。

 

カルダノのロードマップ

カルダノには、5段階のロードマップが用意されています。
各開発は順を追って配信されており、現在も開発の途中となっています。

 

カルダノのロードマップ
・Byron(バイロン):基礎
・Shelley(シェリー): 分散化
・Goguen(ゴーグエン): スマートコントラクト
・Basho(バショウ): スケーリング
・Voltaire(ボルテール): ガバナンス

そこでここからは、この5段階について詳しく見ていきましょう。

 

Byron(バイロン):基礎

バイロンが始まったのは、カルダノ財団が設立された2年後の2017年9月です。
バイロン期は技術開発が始まった時期となっていますが、この時点からグローバルなコミュニティへと成長を遂げており、時価総額が高くなって世界レベルの仮想通貨として認められました。

この時点ですでに「ダイダロスウォレット」「ヨロイウォレット」「ヨロイモバイルウォレット」の3つが提供されています。

 

Shelley(シェリー): 分散化

シェリー期とは、ネットワークの成熟を目指した時期です。
2020年7月あたりから、シェリー期へと移行されました。

この時期に分散化されたネットワークの下地が作られ、新しいアプリケーションが形となりました。

 

Goguen(ゴーグエン): スマートコントラクト

ゴーグエン期とは、2021年3月から始まりました。
プル―タスの構築が目標とされており、有用性をさらに拡大することとなっています。

この時期にカルダノの機能性は大きく進化したと言われています。

 

Basho(バショウ): スケーリング

バショウ期は、2022年1月11日から始まりました。
バショウ期の最も重要な開発は、サイドチェーンの導入と言われています。

これまで以上に規模の拡大とアプリケーションの導入サポートを強化するために、パフォーマンスの改善に注力することを目指しています。
現在行われているバショウ期でしっかりと発展していけば、より使いやすいサービスになるでしょう。

 

Voltaire(ボルテール): ガバナンス

ボルテールは今後実施される予定の開発です。
長期にわたる維持と改良を分散化した形で行う機能をめざしています。

まだ詳細は分かりませんが、より使いやすい形に改良されることが予想されます。

 

 

エイダコイン(ADA)の価格に影響を与えた出来事

今後のエイダコイン(ADA)の価格変動は、これまでの価格変動から予測することができます。

 

エイダコインの価格に影響を与えた出来事
・ビットポイントへの上場
・GMOコインに上場した
・アメリカでの対応停止が発表された
・大型アップデート完了

そこでここからは、エイダコインの価格に影響を与えたニュースについて具体的に見ていきましょう。

 

ビットポイントへの上場

エイダコイン(ADA)は、2021年8月にビットポイントに上場しています。
エイダコイン(ADA)が国内取引所に上場したのは、これが初めてです。
このことにより、エイダコイン(ADA)の価格は大きく高騰を見せました。

ビットポイントがエイダコイン(ADA)の上場を決めた理由は、国内外で人気が高いことを認知したからです。
エイダコイン(ADA)は過去にマルチ商法のような方法で販売を行ったり、公開が遅れたりしたことから信憑性がないのではないかという見方もありました。
そのため、国内の取引所は敬遠しているような状態が続いていました。

しかし、ビットポイントがプロジェクトに関してしっかりと精査をした結果、その価値が高いことが分かり、上場に至ったということです。
カルダノのプロジェクトがSDGsの観点から見ても秀でているという点も、評価を押し上げる結果となったようです。

 

GMOコインに上場した

2022年1月に国内取引所の1つであるGMOコインにエイダコイン(ADA)が上場しました。
国内初の上場を果たしたビットポイント以来、国内での上場はなかったので、2例目となっています。

今回2つ目の仮想通貨取引所に上場を果たしたことによって、国内の投資家からのエイダコイン(ADA)への信頼は高まっていると言えます。
現在、日本ではカジノ法案の設立が話題となっているため、そのことにより今以上にエイダコイン(ADA)への注目が高まることが考えられます。

 

GMOコインの口座開設方法

まだGMOコインの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「GMOコイン」の口座開設をする!"
「GMOコイン」の口座開設をする

詳細はGMOコインの取引所開設をご覧ください

アメリカでの対応停止が発表された

2021年11月に、仮想通貨のプラットフォームである「etoro」はアメリカでのエイダコイン(ADA)の対応停止をすることを発表しています。

理由に関しては具体的なことは言わず、規制環境による事業関連の考慮によるものと発表されているため、その真相は分かりません。
ただ、他のプラットフォームでもこのようにエイダコイン(ADA)のポジションが開けなくなってしまうと、投資をする方が減ってしまう可能性があるため、注意しておく必要があるでしょう。

 

大型アップデート完了

2021年9月には、カルダノの大型アップデートである「アロンゾ」の実装が完了しました。
アロンゾは開発フェーズのうち、3段階目になるところなので、かなり注目が集まりました。

このアップデートにより、DeFiやNFTの開発や提供ができるようになったため、今後より便利に活用することができるプラットフォームになったと言えます。
まだまだここからも大型アップデートを備えているため、これからどのように変化していくのかという点に期待が高まっています。

 

 

エイダコイン(ADA)に投資する際に注意すべきこと

エイダコイン(ADA)に投資をする場合には、リスクを下げるための対策を行っておくことが必要となります。

 

エイダコインに投資する際に注意すべきこと
・分散投資を行う
・余剰資金で取引を行う

そこでここからは、初めてエイダコイン(ADA)に投資をする方向けに、注意点をご紹介していきます。

 

分散投資を行う

エイダコイン(ADA)は注目度の高い仮想通貨です。
しかし、まだまだ発展段階なので、ロードマップ通りに開発が進んでいくかどうかはわかりませんし、どれだけ投資家が注目し続けるかどうかも不明です。
そのため、エイダコイン(ADA)だけに着目して投資を行っていると、何かトラブルがあったり価格が暴落した場合に大きな負債を抱える可能性があります。

エイダコイン(ADA)に投資をする場合には、他の通貨にも分散して保有し、万が一の際のリスクヘッジを行っておくようにしましょう。

 

余剰資金で取引を行う

先ほどもお伝えしたように、エイダコイン(ADA)はまだ安定性のない仮想通貨です。
そのため、自分の生活費を投資したり、借金をして多くの資金をつぎこんでしまうと、思わぬ損失を出してしまう可能性があります。

すぐに価格が変動することを頭に入れて、余剰資金のみで取引をするようにしましょう。

 

BINANCEの口座開設方法

まだBINANCEの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

海外の取引所
「BINANCE取引所」の口座開設をする!"
「BINANCE取引所」の口座開設をする

詳細はBINANCEの取引所開設をご覧ください

 

 

カルダノのエイダコイン(ADA)は魅力的なコイン

このようにカルダノのエイダコイン(ADA)は詐欺コインだと疑われていた時期もありますが、現在の価格相場の高騰と高い性能、人気の度合いを見てみると、詐欺コインではないことは一目瞭然です。

多くの方がカルダノのエイダコイン(ADA)に価値を感じており、今後より普及すると考えているからこそ、ここ3年で大きな価格高騰が起こっているのだということができます。

ビットコインやイーサリアムのような知名度の高いコインではなく、今後に期待できるコインを保有したいと考えている方には、カルダノのエイダコイン(ADA)がおすすめです。

 

 

Bybitの口座開設方法

まだBybitの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

海外の取引所
「Bybit」の口座開設をする!"
「Bybit」の口座開設をする

詳細はBybitの取引所開設をご覧ください

 

 

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事

著者プロフィール

NEXT FINANCIAL INNOVATION株式会社 代表取締役 菊山 敬太郎
大学在学中にカナダに海外留学を経て、その後税理士法人で勤務しながら大学院で法学研究科を卒業後、経済情報研究科にも進学し経済を学ぶ。
税理士事務所で勤務と同時に2020年6月に資金調達及びメディア運営の法人会社を設立する。

仮想通貨歴
2017年に仮想通貨の投資に参加。
仮想通貨の売買するだけではなくブロックチェーンの素晴らしさを広めたくなり2021年9月にブログを開設しました。
仮想通貨について15以上取引所を開設し、100種類以上の通貨を売買を継続中。仮想通貨、NFT、DeFi、DAO、GameFi、web3.0などブロックチェーンに関わる分野を色々調べて仮想通貨ブログを運営しています