2022.06.09取引所

【仮想通貨】GMOコインの取引所の口座開設方法

運営会社:GMOコイン株式会社

設立日:2016年10月

住所:〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス(SHIBUYA FUKURAS)

事業内容:暗号資産交換業、取引サービス、暗号資産関連店頭デリバティブ取引サービスの提供

代表取締役社長:石村 富隆

資本金:37.58億円

取り扱い通貨:16種類

最大レバレッジ:2倍

スマホアプリ:あり

入出金・送金手数料:無料

取引所取引手数料:Maker-0.01%、Taker0.05%

取り扱い通貨:20通貨(BTC,ETH,BCH,LTC,XRP,XEM,XLM,BAT,OMG,XTZ,QTUM,ENJ,DOT,ATOM,XYM,ADA,MKR,DAI,LINK,MONA)

最低取引額(BTC):販売所0.00001BTC、取引所0.0001BTC

 

GMOコインは、GMOクリック証券などのネット証券会社を運営ている東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」が運営している取引所です。

2017年には、金融庁の暗号資産交換業者、2020年には第種金融商品取引業者として登録され、初心者から上級者まで安心して取引できます。

 

販売所では18種類、取引所では11種類の通貨を扱い、、ビットコインだけでなく取り扱いのある5つのアルトコインのレバレッジ取引に対応しています。
 
国内の取引所
「GMOコイン」を使ってみる!"
「GMOコイン」に登録する

口座開設方法

GMOコインの公式サイトにて口座開設をします。

Facebookやgoogleなどのアカウントを使えばより簡単に開設できます。

Facebookなどのアカウントがなければメールアドレスを入力します。

メールが届いた後そのメールに記載されているリンクからパスワード、電話番号を入力し、コードを送信して認証をします。

 

次に、ログインができるようになるため氏名・生年月日・性別・郵便番号・国籍の個人情報を入力し、本人確認書類を提出します。

かんたん本人確認と画像アップロードの2つの本人確認法がありますが、かんたん本人確認であれば運転免許証・個人番号カード・在留カードなどの本人確認書類1点と顔を撮影して最短10分で審査が完了します。

GMOコイン 取引所のメリット

安心できる信頼性

GMOインターネットグループでは、プライム市場上場しており、GMOあおぞらネット銀行やGMOクリック証券など金融関連の事業を幅広く展開しているため、金融系のノウハウがあり信用できます。

2016年の設立から1度もハッキングされず、三井住友海上火災保険などの有名企業と連携して24時間ハッキングから攻撃を監視しています。

 

また、顧客資産の分割管理をし、ネットワークから隔離された安全な場所に保管するコールドウォレット管理、秘密鍵を利用したマルチシグ対応、2段階認証を利用するなどセキュリティ対策は万全と言えます。

 

さらに、オリコン顧客満足度調査では暗号資産取引所(現物取引)において18社の中で1位を獲得しました。

6項目ある評価でも5項目で1位となりました。

 

様々な取引ができる

APIに対応しており、自動売買が可能で取引所での現物とレバレッジ取引に対応しています。

また、APIは取引板の状況チェックと最新レートの把握も可能で、取引の効率が良くなります。

 

さらに、レンディングも可能でGMOが自動的に計算してくれます。

 

そのほか、ステーキングではテゾスのみの対応で年率3~6%の報酬を得られます。

つみたて暗号資産というサービスもあり、最小1,000円から設定でき、毎月自動的に購入ができます。

国内の取引所
「GMOコイン」を使ってみる!"
「GMOコイン」に登録する

手数料もスプレッドも良心的

取引所を利用する際にスプレッドも含め必要になるほとんど全ての手数料が無料に設定されており、短期売買にもおすすめです。

また、Takerのみが成行注文での取引が可能です。

 

送金は24時間365日対応でスムーズ

即時入金の場合、楽天銀行、みずほ銀行、りそな銀行から可能です。

出金・送金手数料が無料で、送金の場合は24時間365日対応していますが、出金の場合17~18時の間は受付できませんので注意しましょう。

また、送金の場合所要時間は30分程度でスムーズに行えますが、一度送付先を決定したら変更できないため、送付先を間違えないように注意しましょう。

短期間かつ短時間で口座開設完了

国内取引所でも、口座開設に平均1週間〜2週間かかるところがほとんどです。

しかし、GMOコインなら最短で10分で開設完了できます。

 

アプリが有能

webブラウザだけでも完成度が高いのですが、GMOコイン仮想通貨ウォレットとビットレ君の2つのアプリもリリースしています。

仮想通貨ウォレットでは販売所・取引所の暗号資産の売買だけでなく、暗号資産のFXの取引も可能で、初心者向けに簡単な操作ができたり、高機能チャートを使うこともできます。

国内の取引所
「GMOコイン」を使ってみる!"
「GMOコイン」に登録する

GMOコインのデメリット

少額投資はおすすめできない

最低入金額は1回につき1,000円が設定されていますが、最低出金額が1回につき1万円から設定されているため少額での投資には向きません。

ただ、急激な値動き変動のリスクを抑えるための措置でもあります。

国内の取引所
「GMOコイン」を使ってみる!"
「GMOコイン」に登録する

スプレッドが広がる可能性も

GMOコインはスプレッドが元々広く、販売所での取引の際に価格の値動きが激しい場合、よりスプレッドが広がりやすくなる可能性があります。

長期保有には向きますが、短期売買には手数料が多く取られてしまう可能性があります。

スプレッドを抑えて取引したいのであれば取引所の利用をおすすめします。

 

事実上 追証が存在する

公式サイトには追証が存在しないとされていますが、証拠金の額を上回る損失が出た場合にはその超過分を不足金として支払うため事実上追証が存在すると言えます。

 

買い規制・売り規制が入る

買いたい時に買えず、売りたい時に売れないという規制が入ります。

どこの取引所でもありえることではありますが、買いたい時はチャンスを逃すだけかもしれませんが、売るに売れない時は大きな損失を出してしまう可能性があります。

 

もちろん、他の仮想通貨取引所に口座を持ち、売買の規制があった場合他の取引所で売買することでアービトラージもできますし、リスクを回避できます。

 

メンテナンスが多い

一部でメンテナンスが多い・長いと言われています。

毎週水曜日15時〜16時に定期メンテナンスを行うため、深夜のメンテナンスを行う他の取引所と比べると使いづらいかもしれません。

ただ、メンテナンスについてはお知らせで緊急以外は把握することができます。

 

お知らせメールが多く迷惑

GMOコインに登録するとメールが届き、一部のユーザーからメールの数が多すぎると言われています。

また、そのメール配信は停止することができず迷惑という事態になっています。

さらに、重要な内容のメールも含まれてくるためタチが悪いと言っても過言ではないでしょう。

常にメールの整理をしないとメールが多くなり、重要な情報も掴めないままトラブルになる可能性もあります。

 

暗号資産FXの最大保有建玉・注文数量が少ない

ビットコインFXは保有建玉上限が250BTC、最大注文数量は25BTC/回、注文間隔制限は10秒間と、多額の資金で大型のトレードをするには向いていません。

現物取引にも最大注文数の制限があり、ビットコイン5BTC/回、イーサリアム100ETH/回、ビットコインキャッシュ100BCH/回、ライトコイン500LTC/回となっています。

 

 

国内の取引所
「GMOコイン」を使ってみる!"
「GMOコイン」に登録する

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事

著者プロフィール

criptkei
大学在学中にカナダに海外留学を経て、その後税理士法人で勤務しながら大学院に進学。
2020年に自ら代表を務める法人会社を設立する3人の子供を持つパパブロガー。

仮想通貨歴
2017年に仮想通貨の投資に参加。
仮想通貨の売買するだけではなくブロックチェーンの素晴らしさを広めたくなり2021年9月にブログを開設しました。
仮想通貨について15以上取引所を開設し、100種類以上の通貨を売買を継続中。仮想通貨、NFT、DeFi、DAO、GameFi、web3.0などブロックチェーンに関わる分野を色々調べて仮想通貨ブログを運営しています