2021.08.28基礎知識

仮想通貨の販売所と取引所の違い|メリット・デメリットを解説

仮想通貨の取引を行う場所は、販売所と取引所の2つがあります。
どちらでも仮想通貨の購入ができるので、仮想通貨初心者の場合はどちらも使ったらいいのか分からないという方は多いでしょう。

販売所と取引所では特徴が異なるので、きちんと理解をせずに取引をしてしまうと損をしてしまうこともあるので注意が必要です。

そこで今回は、仮想通貨の販売所と取引所の違いとそれぞれのメリット・デメリットをご紹介していきます。

 

\国内取引量NO.1の取引所「ビットフライヤー」を使ってみる/
bitFlyer

 

仮想通貨の取引所と販売所は違う

仮想通貨の取引ができるのは、取引所と販売所の2つです。

どちらも同じと思っている方は多いですが、取引所と販売所では取引方法が全く異なります。
仮想通貨の販売所とは業者が定めた金額を支払って仮想通貨を購入する場所で、仮想通貨の販売所とは登録しているユーザーと交換をするという方法となっています。
その上、仮想通貨の取引所と販売所では手数料も異なるので、チェックしておきましょう。

人によっては、「取引所を使った方がいい」「販売所じゃないとダメだ」などさまざまな意見がありますが、それぞれにメリットがありますので、その違いを理解して自分で判断することが大切です。

 

仮想通貨の販売所の特徴

仮想通貨の販売所とは、登録している業者から提示されている金額で仮想通貨を購入することができます。

では、販売所のメリット・デメリットはどのような点でしょうか?

 

販売所のメリット1:価格が明確で分かりやすい

販売所は、ユーザーに対して常に価格を提示してくれています。
そのため、仮想通貨を購入したいユーザーは自分のその時購入したい量を指定するだけでかかる金額をすぐ知ることができます。

初心者の方はどのように仮想通貨を購入したらいいか分からないと思っている方もいると思いますが、販売所であれば手続きは簡単で、そのような心配をする必要もないので、安心して取引を始めることができるでしょう。

 

\セキュリティが高くて安心な取引所「Houbi」で口座開設/
フォビジャパン

 

 

販売所のメリット2:注文がすばやい

販売所では常に仮想通貨が準備されているので、注文が通らないという心配はありません
そのため、自分が取引をしたいと思ったタイミングで自分が必要とする分の仮想通貨を購入することができます。

品切れになることもないので、相場が荒れている時でも安定して取引を行うことが可能となっています。

 

販売所のデメリット1:手数料が高い

販売所は取引所と比べると、高い手数料がかかってしまいます
販売の時にかかる手数料はスプレッドであり、売値と買値の差額を支払わなければいけません。

販売所で取引を行う場合は、もともとの金額よりも高い価格設定となっており、売る時には実際の価格よりも安い設定となっています。
そのため、手数料が負担になり稼ぎづらく感じることもあるでしょう。

手数料は1回あたりの取引ではあまり大きく感じないかもしれませんが、回数を重ねると大きな金額になってしまうことがあります。

 

\人気NO.1の取引所「コインチェック」なら初心者でも安心/
コインチェック

 

販売所がおすすめの人とは?

販売所の利用がおすすめなのは、仮想通貨の取引を始めたばかりの初心者の方です。
販売所であれば、自分がチャートを見てほしいと思ったタイミングで必ず購入することができますし、金額も分かりやすいので、自分が想定した取引を実現しやすくなっています。

手数料が高い点が気になる方もいると思いますが、最初は多少手数料がかかっても取引しやすい環境の方がおすすめです。

 

販売所を選ぶ時のポイント

販売所での取引は、スプレッドがかかってしまいます。
しかし、その手数料がより狭くなっている方がより取引を有利に進めることができます

手数料は業者によって異なるので、事前にチェックしておくことをおすすめします。

 

\少額から取引をしたい方には「ディーカレット」がおすすめ/

 

 

仮想通貨の取引所の特徴

仮想通貨の取引所とは、登録しているユーザー同士が取引を行うことができる場所です。

ここからは、仮想通貨の取引所のメリット・デメリットを見ていきましょう。

 

取引所のメリット1:手数料が安い

仮想通貨を取引所で取引をする1番のメリットは、手数料が安いという点です。

販売所は比較的高い手数料がかかることが多いので、販売所と比べるとより利益を出しやすい環境であると言えます。
そのため、仮想通貨の取引を行う方の中には、取引所を使うべきだという方も多くいます。

 

\口座開設時にお得なDMM Bitcoinなら取引を始めやすい/

 

取引所のメリット2:自分で価格を設定できる

仮想通貨の販売所では、「成行注文」と「指値注文」の2つの方法が選択できます。

成行注文とは、自分で値段を指定することなく今ある注文のうち、最も現在の価格に近いものと取引が成立するという方法です。
指値注文とは、自分で購入したい金額を指定しておき、その価格になった時に注文が通るという方法です。

指値注文を行えば、自分で販売価格を決めて取引をすることができるので、自分がやりたい取引を実現することが可能となっています。

 

取引所をおすすめしたい方とは?

取引所の利用がおすすめなのは、より安い手数料で効率よく取引をしたい方です。
販売所に比べて取引所の方が手数料を抑えることができますし、自分が指定した価格での取引も実現することができるので、より利益を増やすことができるでしょう。

しかし、取引所では必ずしも自分が思った取引が成立するわけではないので、その時の板の情報を正確に見て判断する必要があります。
そのため、仮想通貨の取引の上級者向けと言えるでしょう。

初心者の方は、慣れてから取引所を利用することをおすすめします。

 

取引所のデメリット1:自分の思い通りに取引できない時もある

販売所の場合、ユーザーが行っている取引量が少ないと、自分が行いたい金額で取引をすることができません
そのため、不便に感じることもあるでしょう。

また、銘柄もすべてそろっているわけではないので、初心者の方には難しく感じる人もいるようです。

 

\今話題のビットフライヤーで取引を始める/
bitFlyer

 

取引所を選ぶポイント

取引所を選ぶ時には、流通量が最も重要です。

仮想通貨は価格の変動が大きく、短時間で何度も大きな価格変動が起こることは多いので、流通量が少ないと自分が思ったタイミングで取引をすることが難しくなってしまいます。
逆に取引量が多いところを選べば、より安い手数料で自分の思い通りの取引を行い、利益を出すことが可能でしょう。

取引所の流通量を見るためには、取引所の出来高をチェックすることをおすすめします。
より知名度の高い取引所を利用すれば、取引をしやすい環境が整っているので、人気の取引所を利用するといいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?仮想通貨の取引を行うことができるのは、「取引所」と「販売所」の2ヵ所です。
それぞれに特徴があり、取引方法や得られるメリットが違うので、理解した上で自分が使いやすい方を選択しましょう。

仮想通貨初心者の方は、まずは販売所で取引をスタートすることをおすすめします。

 

\今だけ!DMM Bitcoinでお得に仮想通貨取引を始める/

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事