2021.08.29基礎知識

初心者でも始めやすい!仮想通貨での6つの稼ぎ方

「仮想通貨ってどうやって利益を出してるの?」
そんな疑問を抱いている仮想通貨取引初心者の方は多いでしょう。

仮想通貨で利益を出す取引方法を調べてもさまざまな種類があり、どの方法を選択すれば利益を出しやすいのか分からないという方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、仮想通貨初心者の方でも始めやすい仮想通貨での稼ぎ方をご紹介していきます。

 

\国内取引量NO.1の取引所「ビットフライヤー」を使ってみる/
bitFlyer

 

初心者が仮想通貨で稼ぐ6つの方法

仮想通貨で稼ぐ方法はたくさんありますが、その中には初心者には難しいものもあります。
その一方で、初心者でも仮想通貨で稼ぎやすい方法もあるのです。

そこでここからは、初心者向けに仮想通貨の稼ぎ方をご紹介していきます。

 

1.現物取引


現物取引とは、取引の中で最もシンプルな取引方法
です。

現物取引の場合は自分が取引所に振り込んだ投資資金を使って、自分が選んだ仮想通貨を購入し、価格が上がった時に売り抜くという方法です。
買った時よりも売った時の方が価格が高くなっていれば、その差額分を値上がり益として獲得することができます。

例えば、1万円で仮想通貨を購入した後、価格が2倍になった場合には購入した通貨は2万円の価値になるので、1万円分の利益が発生したということになります。
逆に価格が半分になった時には購入した通貨は5000円になり、5000円の損失となります。

最も単純な方法なので初心者でも分かりやすいですし、少ないリスクで取引をする方法だと言えます。
その上、仮想通貨は価格の変動が激しいので、現物取引でも充分に取引を行うことができるでしょう。

現物取引を行う場合には、どれくらいの期間仮想通貨を保有するのかによって投資方法が異なります。
そのため、それぞれのメリット・デメリットを理解して、自分がどれくらい仮想通貨を保有して取引をした方がよいかを考えておきましょう。

 

\セキュリティが高くて安心な取引所「Houbi」で口座開設/
フォビジャパン

 

中・長期保有する現物取引

初心者の方は、購入した仮想通貨を数週間~数か月程度保有する中・長期保有がおすすめと言われています。

仮想通貨は常に価格が変動していますが、その値動きは大きく、一気に高騰する時もあればいきなり暴落することもあります。
ただ、仮想通貨は長期的に見ると価格が高騰しているので、一時的に価格が下がったとしても上昇する可能性は高いのです。

そのため、中・長期保有することによって、取引方法に詳しくない仮想通貨初心者でも、利益を出しやすくなります。

 

短期保有する現物取引

数時間~数分でポジションを決済する短期取引は、相場を見極める力が必要になるので、知識や経験が豊富な上級者向けの方法です。

仮想通貨の値動きに詳しくなければできませんし、チャートを常に見て瞬時に正しい判断を行うことが求められますが、取引がうまくいけば短期間で大きな利益を出すことができます。

仮想通貨の取引に慣れてきて、より効率のよい取引をしたいと思った時にチャレンジしたい方法です。

 

\人気NO.1の取引所「コインチェック」なら初心者でも安心/
コインチェック

 

2.レバレッジを使った取引

仮想通貨の取引でも、FXや株式投資で用いられているようなレバレッジを使った取引が可能となっています。
レバレッジとはてこの原理のことを指しており、自分が入金している資金の数倍の金額を扱って取引をすることができるという方法です。

仮想通貨の場合も他の投資と同じように、より大きな金額を使って取引をした方が価格が高騰した時に大きな利益を獲得することができます。
しかし、大金を用意して仮想通貨に投資をするのはなかなか難しいですよね。
そういう方でも、少額の運用資金を使ってより大きな取引を行うことができるので、メリットが大きいです。

 

その上、レバレッジを使った取引の場合は、価格が下落している時に売りの注文を行えるようになる点も魅力でしょう。

売り注文とは、後で買い戻すことを条件に今手元にない資金を売るという方法です。
例えば、仮想通貨の価格が100万円の時に売り注文を入れて、その後200万円に高騰した時にポジションを決済すれば、その差額分を利益として獲得することができるのです。

そのため、価格が下落している時にはぜひ行いたい手法です。

ただ、レバレッジを使っている時に価格が暴落してしまうと、大きな損失に繋がってしまうので、注意しておきましょう。

 

\レバレッジを使った取引ならDMM Bitcoin/

 

 

3.仮想通貨での積み立て投資

仮想通貨のことを常に気にしている時間がないという方やなかなか勉強する余裕がないという方は、積み立て投資がおすすめです。
事前に設定した金額分の仮想通貨を毎月自動で購入してくれるので、忙しい方でも手軽に行うことができます。

仮想通貨は取引をされ始めた2010年から現在まで価格が高騰し続けているので、リスクをできるだけ抑えつつ利益を出すことができるでしょう。

ただ、価格が安い時にその金額分の仮想通貨をまとめて購入した方が効率のよい取引はできるので、自分でベストなタイミングを見極めて投資したいという方には向きません。
自分でやる自信がない方や忙しい方におすすめの方法です。

また、仮想通貨の積み立てサービスを提供しているCoincheckでは、その時の価格に合わせて購入する量を決めるドルコスト平均法という手法が使われています。
そのため、より価格が安い時により多く自動で購入してくれるので、安心して任せることができます。

 

4.ポイントを仮想通貨に交換する

最近、お買い物などで貯めることができるポイントを仮想通貨に交換することができるサービスも出てきています。
その代表的なポイントサイトが「Tポイント」です。

日常のお買い物の時に自然と貯まっていくポイントを仮想通貨に交換することができるので、自分の資金を使うことなく取引を始めることができ、初心者でも気軽に利益を出すことができると言われています。

仮想通貨の取引をやってみたいけれども、投資資金が用意できないという方や投資することが不安と思う場合には、ポイントから始めてみることをおすすめします。

 

\少額から取引をしたい方には「ディーカレット」がおすすめ/

 

5.レンディング

レンディングとは、自分が保有している仮想通貨を取引所に貸し出すことを指します。
取引所に貸し出しているだけで、年間約5%程度の利益を受け取ることができるので、長期的に保有しようと思っている方はただ持っているよりも貸し出した方がお得になるでしょう。

ただ、レンディングをしている期間は自分の購入した仮想通貨を売買することができません。
そのため、価格が大きく高騰して売りたいと思っても、それをすることができないという点はデメリットと言えるでしょう。

また、貸し出している取引所が倒産してしまった場合、仮想通貨は戻ってこないので、安心できる取引所を見極める必要があります。

 

6.草コインに投資する

草コインとは、まだ取引量が少なくてあまり投資家に知られていない仮想通貨のことを指します。

まだあまり投資されていない草コインは、より安い価格で購入することができる上に、今後大きく高騰する可能性を秘めています。
今知名度が大きいビットコインも、10000ドルでピザ2枚しか購入できないほどの価値しかなかったのにも関わらず、現在は1BTC=約530万円という高額の仮想通貨となっています。

もし販売され始めた時にビットコインを購入していたとすれば、今かなり多くの資産を得ることができていることが分かります。
ビットコインのように、草コインも今後価格が高騰することが予想されるので、一攫千金を狙いたい方におすすめの方法です。

ただ、草コインは全く価格が上昇しなかったり、詐欺コインである場合もありますので、なくなっても気にならないくらいの少額から投資をすることをおすすめします。

 

まとめ

いかがでしたか?仮想通貨の取引で稼ぐ方法はたくさんあり、それぞれにメリット・デメリットがあります。
自分に合った方法を選ぶことで、より大きく稼ぐことができるでしょう。

仮想通貨の取引が初心者という方は、今回紹介した方法から始めてみることをおすすめします。

 

\今だけ!DMM Bitcoinでお得に仮想通貨取引を始める/

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事