ライトコイン(LTC)とは?
2021.12.15通貨名

最古のアルトコイン「ライトコイン(LTC)」とは?将来性も解説!

ライトコイン(LTC)とは、仮想通貨の代表格「ビットコイン(BTC)」の技術を応用したアルトコインです。アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨全般を指す語ですが、アルトコインはビットコインにある欠点を補う通貨となっています。そのため、元となるコンセプトはビットコインと変わりません。

ライトコインは、ビットコインにある「決済能力の低さ」を補うアルトコインとして開発されました。スピーディーな決済が可能であるため、ここ数年で人気が更に高まっています。

今回は、そんなライトコインの特徴や今後の将来性について解説していきます。

ライトコイン(LTC)とは?

ライトコイン(LTC)とは?

ライトコイン(LTC)は、アルトコインの中でも最も古い通貨です。

ライトコインは、ビットコインの欠点を補うために開発された、決済能力の高さが特徴の通貨となっています。そのため、根本的な仕組みはビットコインと変わりません。

ライトコインは、イノベーションのために開発者チームによって日々研究されており、通貨の将来性は非常に有望です。

ライトコインの3つの特徴

\信頼度が高い仮想通貨所はHoubi/
フォビジャパン
元Googleエンジニアが開発

元Googleエンジニアが開発

ライトコインは、元GoogleのエンジニアであるCharlie Lee氏によって作られた仮想通貨です。

ビットコインのソースコードをもとに、2011年の非常に早い段階で開発されました。ビットコインのシステム上の問題(スケーラビリティやトランザクションの問題)を解決するための機能を提供するために開発されています。

ライトコインは、少額の支払いに適したデザインで、日常生活で使いやすく、発行限度額はビットコインの4倍の8,400万単位です。

スケーラビリティ問題への対策

ライトコインは、仮想通貨のスケーラビリティの問題を解決することを目的としたアルトコインとも呼ばれています。

ビットコインのブロックチェーンでは、書き込めるブロックのサイズが限られているため、転送に遅延が生じるなど、スケーラビリティが課題となっています。ビットコインは約10分ごとにブロックチェーンへの書き込みを行いますが、取引数が増えると10分ごとに1ブロック以上の書き込みができなくなり、取引や送金の遅延が発生します。

ライトコインは、このスケーリングの問題をSegwitというシステムで解決しています。

Segwitとは、Segregated Witnessの略語です。基本的には、「トランザクションデータ(取引の量)」と「署名データ(誰が誰に贈るか)」を記録します。

Segwitは、1つのブロックに複数の取引データを追加することができ、ブロックチェーンのスケーラビリティの問題による送金の遅延を回避することができます。ライトコインは、いち早くSegwitを採用した仮想通貨として有名です。

トランザクションの承認が速い

ライトコインのもう一つの特徴は、取引の承認時間が短いことです。

コインが誕生した当時、ブロックの平均承認時間は2分30秒で、これはビットコインの速度の10分の1に相当します。これは、ライトコインがビットコインの約4倍の速さで取引の承認を完了できることを意味しています。

また、ブロック作成のスピードが速いため、マイニングの難易度が低く、ライトコインがビットコインと比較されることが多いのもそのためです。また、ビットコインよりも小規模な取引が早く完了するため、小規模な支払いにも利用されています。

\仮想通貨取引ならビットフライヤー/
bitFlyer

ライトコインの価格推移

ライトコインの価格は2019年後半、2020年末に急上昇しました。2019年後半の上昇は半減期によるもので、価格が5倍ほど上昇しています。

ここでは、2020年末の価格上昇について見ていきましょう。

ペイパルの参入

2020年末の値上げは、10月末に米国の大手決済サービスであるペイパルが仮想通貨市場に参入することを発表したことを受けたものです。

ペイパルは、ライトコインを含む仮想通貨を決済手段として利用できるサービスの開始を発表しました。また、決済手段だけでなく、取引を行ったり保存したりするウォレット機能も提供される予定です。

ペイパルと同じ分野で事業を展開する米国の大手企業Squareも、約53億円相当のビットコインを購入したことを発表しています。

米国の大手企業が仮想通貨をバックアップしていたことが明らかになり、仮想通貨市場は大きく盛り上がりました。

その結果、仮想通貨全体の人気が高まり、ライトコインの価格も大きく上昇したのです。

ライトコインのこれから

サービスの普及

サービスが普及すればライトコイン価格は上昇する可能性があります。

ライトコインは、決済手段に特化した仮想通貨で、決済スピードの面でビットコインを補完するものです。

つまり、ペイパルなど、ライトコインの利点を認識する企業が増えてくるということです。ライトコインが決済サービスとして企業間で広く利用されていることは、ライトコインの価値が認識されていることを印象づけます。

ライトコインの将来性に魅力を感じたり、決済・送金手段として利用したいと考え、購入する人が増えています。

そのため、ライトコインの価格は今よりもさらに上昇する可能性が高いです。

 

ハードフォーク

ライトコインの価格は、ハードフォークの影響により上昇する可能性があります。

ハードフォークとは、ブロックサイズの拡大など、大規模な技術革新のことです。ハードフォークへの期待が高まると、買いたいと思う人が増え、価格が上昇することが多くなります。

ハードフォークが発生すると、通貨はそれまでとは違うものになるのです。

例えば、仮想通貨の一つであるビットコインキャッシュは、もともとビットコインのハードフォークによって誕生した仮想通貨でした。

ハードフォークの品質が高ければ、それが評価され、さらに価格が上昇するでしょう。

ビットコインの値動き

ライトコインの価格は、ビットコインの価格にも影響され、変動することがあります。

一般に、アルトコインは、ビットコイン価格の変動の影響を受けやすいと言われています。特にビットコインと性質が似ているライトコインは、ビットコインの値動きと高い相関があるのです。

ビットコインの価格が上昇すればライトコインも上昇し、ビットコインの価格が下落すればライトコインも下落する可能性が高くなります。

ビットコインも大きな可能性を秘めた通貨であるため、ライトコイン価格もビットコイン価格に連動して上昇する可能性は高いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ライトコインはボラティリティが高いため、タイミングを残さなければ利益を出すことが可能です。

とはいえ、タイミングを逃してしまうと損失を生んでしまいます。ライトコインの購入にはリスクが伴うので、まずは少額から初めて見ることがおすすめです。また、長期保有を考えている方は積み立てで少しずつ購入するほうが良いかもしれません。

ライトコインは、コインチェック・DMMビットコインで購入することができるので、ぜひこの機会に登録してみてくださいね。

\DMMコインでお得に仮想通貨取引を始める/


調査員おすすめ記事

よく読まれている記事