イーサリアムとの違いは?
2021.12.14通貨名

イーサリアムクラシックとは?イーサリアムとの違いも解説!

イーサリアムクラシックとは、イーサリアムから派生した仮想通貨です。

2021年に入ってから急激に値上がりしたため、多くのトレーダーからの注目を集めています。

しかし、イーサリアムクラシックの取引は怖いと考えている方も多いかもしれません。

今回は、イーサリアムクラシックの特徴や将来性について詳しく解説していきます。イーサリアムとの違いについても詳しく解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

イーサリアムとの違いは?

イーサリアムとの違いは?

イーサリアムクラシックは、DAOハッキングの論争の中で誕生したイーサリアムとは異なるコンセプトを持っています。

イーサリアムクラシックの基本的なコンセプトはイーサリアムに似ていますが、イーサリアムクラシックとの違いは、最大発行枚数が約2億1,000万枚から2億3,000万枚であることと、ハッキングに特化するためにスケーラビリティが制限されていることです。イーサリアムクラシックは、モノのインターネット分野での利用が期待されており、今後注目される仮想通貨の一つです。

しかし、いわゆる51%攻撃で合計3回もハッキングされており、セキュリティ上の欠陥が目立っているのは確かです。投資を考えている方は、安全性や構造、値動きなどをしっかりと理解してください。

イーサリアムクラシックの源「The DAO事件」

イーサリアムクラシックは、ハッキングや不正流出などのDAO事件を受けて誕生しました。

DAOは、各個人が決定権を持ち、管理者や代表者のいない組織です。DAOは、環境にいる全員が情報を共有し、共通の目的のために動く組織です。

DAOは、約50億円相当のETHの不正流出を食い止めるために、取引を無効にする「ハードフォーク」方式を採用することを決定しました。ハードフォークは、ハッキングされた事実を消すための方法です。

約9割のメンバーがこの解決策を受け入れたと言われています。DAOのメンバーの中には、「コードは表面的なもの」という考えを持っている人もいました。つまり、コードがルールの源であるべきだということです。

そのため、コードを削除したり、トランザクションを無効にしたりするハッカーの手法に反対するメンバーもいます。しかし、ハードフォークでは約90%の確率で有利になっています。

その結果、「DAOは誰もが選択できる分散型の組織なのに、中央集権型の組織として決定した」と感じたメンバーもいたようです。この「DAO事件」の結果、イーサリアムからイーサリアムクラシックが派生しました。

\仮想通貨取引ならビットフライヤー/
bitFlyer

イーサリアムクラシックの特徴2つ

イーサリアムクラシックの特徴

ここでは、イーサリアムクラシックの特徴を2つ解説します。

loTとブロックチェーンの技術をミックス

1つ目の特徴は、IoTとブロックチェーン技術を組み合わせたシステム機能です。

IoTとはInternet of Thingsの略です。IoTとは、インターネットを利用してモノを使いやすくする技術となっています。

IoTは高いセキュリティが特徴ですが、これはイーサリアムクラシックの方針にも沿ったものです。

サイドチェーンを利用

2つ目は、サイドチェーンの利用です。

サイドチェーンとは、メインのブロックチェーンとは別のブロックチェーンのことです。サイドチェーンを使うことで、メインのブロックチェーンとは異なる様々な機能を使うことができ、応用の幅が広がります。

イーサリアムクラシックは、スマートコントラクトやモノのインターネットとともに、サイドチェーンの利用を組み合わせることで、より多くの価値を生み出すことを目指しています。

\国内大手ならコインチェック/
コインチェック

イーサリアムクラシックの価格推移

イーサリアムクラシックの価格推移について解説します。

イーサリアムクラシックが誕生した2016年7月から11月にかけて、価格は100円から200円の間で変動していました。仮想通貨バブルといわれる2018年1月には、5,000円強まで上昇しました。

しかし、これは一時的な増加であったため、価格は徐々に下がり、長期間にわたって低価格を維持しました。しかし、2020年末に始まった仮想通貨市場では、急激に価格が上昇し、5月上旬には15,000円前後に達します。その後のビットコインの下落により、2021年5月20日には6,800円前後まで下がりました。

このように、価格の変動が激しいので、慎重に投資することが大切です。

イーサリアムクラシックのこれから

新しい取引所での取り扱い

イーサリアムクラシックの将来に大きな影響を与える要因として、新しい取引所での取引開始があります。

イーサリアムクラシックが新しい取引所で利用できるようになれば、取引量や流動性が増加します。また、新しい取引所は街中で話題になりやすく、注目を集めればイーサリアムクラシックの価格が上昇する可能性もあります。

そのため、新しい取引所でイーサリアムクラシックが取引されれば、価格が上昇する可能性があります。

新事業の発足

イーサリアムクラシックの将来に影響を与えそうな要因として、イーサリアムクラシック関連の新会社の立ち上げがあります。前述したように、イーサリアムクラシックはサイドチェーンフレームワークを採用しているため、今後、新たな企業と連携していく可能性があります。

そうなれば、イーサリアムクラシックが注目され、価格が上昇する可能性があります。新しい産業がこれまで以上に価値を高めることは珍しいことではありません。

イーサリアムクラシックの将来性に注目しつつ、イーサリアムクラシックに関連する新規事業の立ち上げにも注目してみるといいだろう。

51%攻撃のリスク

イーサリアムクラシックの将来性に大きな影響を与える可能性のある要因として、サイバー攻撃の脅威があります。

イーサリアムクラシックは、これまでに3回のサイバー攻撃を受けており、そのうち51%の攻撃が発生しています。

51%攻撃とは、何者かがネットワークの半分を支配し、不正な取引を行うことです。イーサリアムクラシックはセキュリティ上のリスクがあり、今後の展開次第では淘汰される可能性があるとの見方もある。

イーサリアムクラシックでの取引を検討されている方は、サイバー攻撃にも注意が必要です。

ビットコインの値動き

イーサリアムクラシックの今後に大きな影響を与えそうな要因として、ビットコインの動向があります。

イーサリアムクラシックは、ビットコインの値動きと若干の相関関係があるので、ビットコインが値上がりすれば、イーサリアムクラシックも値上がりします。例えば、2021年5月のイーサリアムクラシックの価格下落には、ビットコインの下落が影響しているという説があります。

ビットコインは2020年から2021年にかけて価値が4倍になり、イーサリアムクラシックも上昇します。さらに、イーサリアムクラシックは2021年2月14日に1800円前後に達しましたが、ビットコイン価格の下落に伴って下落し、2月23日に1300円前後になりました。そのため、イーサリアムクラシックはビットコインの動向に敏感であると考えられます。

イーサリアムクラシックの将来を評価する際には、ビットコインの動向を注視することが重要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?イーサリアムクラシックは、他にはない個性的なスタイルが特徴の仮想通貨です。

今後の将来性を考えても、十分に購入する価値はあるといえるでしょう。

イーサリアムを購入するためにおすすめな取引所はbitFlyerです。ぜひこの機会に登録をご検討下さい。

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事