2021.09.16通貨名

リップル(XRP)って何?新しい決済手段になる仮想通貨に着目!

リップル(XRP)とは、2012年に発行された仮想通貨です。
初めての仮想通貨であるビットコインが公開されたのが2010年なので、たくさんある仮想通貨の中でも比較的古参のものということができるでしょう。

2021年9月16日時点では、知名度の高いコインに続き時価総額6位につけていますし、以前は「ビットコイン」「イーサリアム」という2大巨頭に続いて3位を保持していたので、昔から安定した人気を保っているコインということが分かります。

そんなリップル(XRP)は送金・決済に特化したコインと言われており、今後世界的に普及していくのではないかと言われています。
では、リップル(XRP)と他の仮想通貨はどのような点が異なるのでしょうか?

他の仮想通貨と比較しながら、それぞれの魅力について見ていきたいと思います。

 

\国内取引量NO.1の取引所「ビットフライヤー」を使ってみる/
bitFlyer

 

リップル(XRP)とは?

 

リップルのことを仮想通貨と思っている方は多くいると思いますが、実際にはリップルという言葉はサンフランシスコにある「リップル社」が新たに発行した送金・決済システムのことを指しています。

その中で使われている「XRP」という通貨が、仮想通貨のこととなります。
ただ、リップルの方が呼びやすいので、愛称として使われているのです。

リップル(XRP)が最初公開された時には、1XRP=1円以下とほとんど価値がつかないものとなっていました。
しかし、2017年後半頃から一気に価格は高騰し始め、2017年前半には1XRP=3円程度だったものが年末には400円という価格にまで上がりました。

その後、暴落したため現在は価格が落ち着いているのですが、それでも2021年9月16日時点では1XRP=122円という価格になっています。

 

リップル(XRP)の特徴

 

リップル(XRP)はどのような点が他の仮想通貨と異なるのでしょうか?

その違いを考えながら、リップル(XRP)の特徴やメリットについて見ていきましょう。

 

国際送金が圧倒的に早い

 

リップル(XRP)は、送金・決済に特化して作られた仮想通貨です。
そのため、やはりその早さは他の仮想通貨と比べると、圧倒的なスピード感となっています。
特に海外送金に特化しているので、有益だと言われています。

これまでの国際送金は、高額な手数料がかかり送金時間も長くかかってしまうことがデメリットとなっていました。
それに対して、リップル(XRP)を利用すれば数十円の手数料を払うだけで4秒というスピードで海外送金を行うことができます。

リップル(XRP)が注目を集めている理由は、この機能が最も注目されているからだと言えるでしょう。

 

 

 

\セキュリティが高くて安心な取引所「Houbi」で口座開設/
フォビジャパン

 

ブロックチェーンを使用していない

 

通常、仮想通貨の場合はブロックチェーンを利用して取引を行います。

しかし、リップル(XRP)はブロックチェーンを利用しておらず、「XRP Ledger」という独自のシステムを活用しています。
そのため、仮想通貨特有のマイニングもありません。

仮想通貨は誰でもマイニングを行い、その分の報酬を得ることができますが、リップル(XRP)の場合はリップル社が認めた「バリデータ(Validator)」という企業だけがその取引を記録することが可能となっています。

通常の仮想通貨の場合はマイニングによって電気代などのコストが大きくかかる可能性がありますが、リップル(XRP)の場合は「XRP ledger」を利用すれば格安で高速の送金ができるようになります。

 

▶ブロックチェーンについて知りたい!

 

1000億枚がすでに発行されている

 

ビットコインは発行上限が約2100万枚と事前に定められており、その数に向けてマイニングが行われるという仕組みとなっています。
しかし、リップルは発行上限が1000憶枚と他の仮想通貨に比べてかなり多く、2005年時点でそのすべてが発行されています。

これだけ多くのリップル(XRP)が発行されている理由としては、今後世界的に普及することが想定されているからだと言えます。
ただ、現時点では発行されている大半のリップル(XRP)がリップル社と創業者が保有しており、市場に流されている数は少ない状態です。

また、ビットコインはすべての上限枚数を一気に発行しないことにより、少しずつ市場に流通をさせていくという方法をとっていますが、リップル(XRP)の場合は利用されるたびに少しずつ消滅するという仕組みになっているので、今後徐々に希少価値が高まり、価格が高くなっていくことが予想されます。

 

▶【仮想通貨】ビットコインとは?ビットコインのメリット・デメリットを解説

 

中央集権の通貨となっている

 

仮想通貨とは、現在通常使われている「円」や「ドル」といった通貨のように中央集権者が存在しており、そこで管理を行っています。
この考え方は、世界初の仮想通貨であるビットコインがこのシステムを導入したからだと言えます。

しかし、リップル(XRP)は仮想通貨では珍しく、リップル社だけが仮想通貨を発行し、意思決定を行っています。
そのため、より意思決定のスピードが早くなるのでより早く発展していくことが可能となっています。

 

▶仮想通貨とは?どんな投資方法?初心者向けに徹底解説

 

\人気NO.1の取引所「コインチェック」なら初心者でも安心/
コインチェック

 

世界中の金融機関と提携している

 

リップル社は「RippleNet」という国際送金のネットワークを提供しています。
この中には40カ国以上の国にある300社以上の金融機関が参加しています。

これだけの金融機関が「RippleNet」に参加している理由として、より早く手数料が安い海外送金方法は金融機関にとって魅力が高いからです。
その上、リップルという法人が管理している通貨ということで、非中央集権型の仮想通貨よりも安心感が高いんでしょう。

日本の金融機関の中でも、「みずほ銀行」や「SBIホールディングス」といった銀行が提携していますし、Googleベンチャーズから出資を受けている点も信頼性が高いと言えます。

 

実用化が進んでいる

 

先ほどリップル社が提供している「RippleNet」に多くの金融機関が参加しているという旨を解説しましたが、それと同時にリップル(XRP)はさまざまな企業が実用化を進めています。

実用化が進むと共により世界に普及することが期待され、より価格が上昇していく傾向にあります。

そのため、今後より多くの企業がリップルの導入を進めていけば、今よりも大きく価格を伸ばす可能性があるでしょう。

 

 

\少額から取引をしたい方には「ディーカレット」がおすすめ/

 

取引所が基軸通貨として採用

 

仮想通貨を売買することができる取引所の中には、近年リップル(XRP)を基軸通貨として取り扱うところも出てきています。

2018年には代表的な取引所である「Binance」が基軸通貨にすることを発表して多くの投資家を驚かせました。
また、2020年には大手のBitPayもリップル(XRP)の採用を発表しています。

今後も多くの取引所がリップル(RXP)を基軸通貨として扱うことが予想されるため、それによりリップル(XRP)の価格が高騰する可能性があると言えるでしょう。

 

▶バイナンス(Binance)って日本でも使える?登録方法を徹底解説!

 

リップルのこれまでの価格の推移

では、リップルはこれまでのどのような価格の推移を見せていたのでしょうか?

 

2018年:一気に暴騰を見せる

リップルが一気に世界中からの注目を集める暴騰を見せたのが、2018年です。
この時には1日に25%以上の高騰を見せ、それに伴って多くの投資家にリップルの名前を知らしめました。

この理由としては、リップルラボの幹部が近々リップルを使ったサービスを開始することを示唆したことが要因と言われています。

2021年:再度大幅高騰を見せる

リップルは2018年に大幅な高騰を見せましたが、その後はまた一気に価格が下がり、2020年までずっと落ち着いた価格帯をさまよっていました。

しかし、2021年に入ってから価格が一気に12倍にもなる高騰を見せました。
これは2021年初頭に仮想通貨業界全体がDEFIやDEX、NFTによって注目を集めたことが要因と考えられます。

 

▶仮想通貨NFTって何?今後の世の中を大きく変える仕組みを解説

 

ただ、同年5月に入ってから中国が仮想通貨に対する厳しい法規制をスタートさせたことから、60%以上もの価格の下落が発生しました。

2021年7月末からはまた価格が上昇する兆しを見せています。
2018年当時ほどの価格の戻りはまだありませんが、今後のリップルの普及によってはあの時以上の価格の高騰を見ることができるでしょう。

 

\取扱銘柄が豊富で自由に選べるのはビットポイント/
ビットポイント

 

リップルの今後の価格の動向の予想

現在、リップルは下降トレンドが続いている状況です。
しかし、将来性には注目が集まっており、今後の価格動向を見守っている投資家は多いでしょう。

では、今後のリップルの価格の動向はどのようになると予測されているのでしょうか?
リップルの価格に変動を与えると考えられる出来事について見ていきましょう。

 

訴訟の結果がどうなるのかに注目

リップルは2020年10月にアメリカ証券取引委員会(SEC)から訴訟を起こされています。
この理由としては、リップル社が仮想通貨であるリップルを未登録証券として違法に販売をしたということです。

この訴訟により、それまで順調に伸びていたリップルの価格は下降トレンドとなり、訴訟が終わらない今はまだその状況を見守っているという状態です。

この訴訟にリップル社が勝てばまた一気に価格が上昇してくる可能性も高いといえます。
しかし、アメリカ証券取引委員会が勝ってしまうと、世界中が混乱してしまう可能性があります。

この訴訟の争点としては「仮想通貨であるリップルは有価証券に該当するのか」という点なので、この結果によって仮想通貨業界が大幅に変わることも考えられます。

この訴訟が解決するのは早くても2022年初頭と言われていますが、この結果がリップルの勝利で終わった場合、仮想通貨全体が高騰することもあるので、訴訟の結果に注目しておくことが重要でしょう。

 

国際送金として利用されることが考えられる

リップルは仮想通貨のネットワークを通して仮想通貨の送金を行うことができる仕組みとなっています。
その上、すでに世界各国のさまざまな金融機関と提携しています。

まだまだ金融機関とリップルの関係は整備途中ではありますが、リップルを送金する仕組みが整えばより高速で短期間での取引が可能となるため、リップルの需要が一気に高まることが考えられます。

実際にロンドンを拠点としている経済政策のシンクタンクである「OMFIT」のレポートによると、リップルは世界最大の国際送金ネットワークSWIFTの代替えとして地位を確立するといわれています。
そのことから、今後のリップルに対して世界中の投資家が期待をしていることが分かります。

 

▶仮想通貨の普及率は?世界各国の仮想通貨の現状に迫る

 

リップル社のIPOが実施される

IPOとは株式投資の中でよく行われる手法で、株を投資家に売り出して証券取引所に上場し、取引ができるようにすることを指します。
企業はIPOを行うことによって、投資家から株を買ってもらうことができるため、まとまった資金を獲得することができるのです。

2019年頃からリップル社はIPOをするのではないかといううわさが流れていました。
しかし、現時点でもまだIPOは実施されていません。

今はリップル社は訴訟問題に追われているので、この問題が解決すればIPOを行う可能性は高いといえるでしょう。
IPOが行われるとより多くの投資家がリップルの仮想通貨を求めることが予想されるので、それに伴って大幅に価格が上昇することが考えられます。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?リップル(XRP)は海外送金をより高速で安く行うことができるということで、多くの金融機関が今後の普及に期待を寄せている仮想通貨です。

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨とは多少異なる仕組みとなっていますが、その分信頼性や利便性が高く使いやすいと考えられているため、今後徐々に需要が高まりそれに伴って価格が高騰していくことが予想されます。

リップル(XRP)に価値を感じている方や他の仮想通貨の取引をしている方は、保有しておくことをおすすめします。

 

▶仮想通貨の取引にはチャートが重要!初心者向けでも分かるチャートの見方

 

\口座開設時にお得なDMM Bitcoinなら取引を始めやすい/

 

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事