2022.01.27通貨名

仮想通貨「IOST」とは?将来性と特徴を検証

IOSTとは、独自のアルゴリズム「PoB」を採用している仮想通貨です。

現在は若干下落気味で、2022年3月30日現在約4.14円で取引されています。

今回は、IOSTの特徴や今後の見通しについて、詳しく解説していきます。

アイオーエスティー(IOST)とは?

IOSTは、先進的な合意形成アルゴリズム「Proof of Believability」に基づく分散型ブロックチェーンネットワークです。

高速処理と分散化を実現するPoBコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

海外でも使用されているコインですが、日本で最初にコインチェックに掲載されたのは、このコインです。さらに、2021年12月現在、コインチェックは日本で唯一のIOST搭載取引所であり、その様々な特徴から注目され続けています。

 

\初めての方でもアプリで簡単!「ビットポイント」で取引を始める/
ビットポイント

IOSTの特徴5つ

IOSTの特徴は、大きく5つあります。

  1. スマートコントラクト
  2. 送金スピード
  3. PoBを採用
  4. スケーラビリティ問題を解決
  5. ノードの負担が軽い

それぞれの特徴を、詳しく解説していきます。

スマートコントラクトを開発できる

IOSTの特徴のひとつは、スマートコントラクトをJavaScriptで開発できることです。

JavaScriptは、多くのエンジニアが使用できる重要な言語です。このJavaScriptで開発できるため、参入障壁はかなり低くなっています。

このように参入障壁を低くすることで、IOSTは開発者の受け入れ態勢を整えることを目指しています。

送金スピードが速い

Money, Finance, Mortgage, Loan, Real-Estate, Business

転送速度の速さも、IOSTの特徴です。

まず、ビットコインのような有名な仮想通貨は速度が

かなり遅いため、決済や送金などのサービスには適していません。

決済サービスに使うのであれば、クレジットカードと同じように10秒以内に処理する必要があります。

しかし、例えばビットコインの場合、決済に数分かかることもあります。一方、IOSTは理論上、1秒間に8,000件の取引を処理でき、これはクレジットカードの2倍の速度です。

その結果、IOSTは決済や送金などのサービスで人気のある仮想通貨となりました。

独自PoBを採用している

IOSTでは、PoBと呼ばれる独自のアルゴリズムを用いています。PoBは分散化を実現できるコンセンサスアルゴリズムです。

ビットコインなどの通貨はPoWと呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを採用していますが、取引量が増えると速度が低下したり、手数料が増えたりすることがあります。一方、PoBはこの問題を解消し、高速な処理速度での取引を可能にします。

スケーラビリティ問題を解決

IOSTでは、分散型経済の安全保障としてPoBを利用することができます。EDS技術により、拡張性の問題を解決しました。

EDSは、システムの活動を完全に分配することができ、ネットワーク運用の認証を加速させることができます。

ノードの負担が軽い

また、IOSTの特徴として、ノードの搭載が容易であることが挙げられます。ノードとは、仮想通貨交換ネットワークに参加するコンピュータ端末のことです。

従来の仮想通貨の場合、ノードになるには過去のブロックをすべて保存する必要があり、ノードとして参加する際の負担が大きくなっていました。しかし、IOSTでは、最新のブロックしか保存できない仕組みを採用しているため、ノードの負担を軽減し、参加ノード数を増やすことができます。

仮想通貨の複雑な税金計算もクリプタクトで即解決!!

IOSTの価格推移

2020年は価格が下がる傾向にありましたが、2021年は急上昇しています。その後、2021年5月に価格が下落したが、2021年7月に再び上昇を開始した。

2020年まで価格が下落したのは、日本で通貨が使えず、価値が下がったからです。しかし、2020年9月にコインチェックがコインの取引と取引所への上場を開始し、価格の上昇につながった。

コインチェック以外の取引所で取引されていてもここまでの価格上昇はなかったと思われ、日本で最も人気のある取引所の一つであるコインチェックで取引されているからこそ、ここまでの価格上昇につながったと思われます。

また、今話題のDeFiとの接点が多く、セキュリティにも配慮しているため

、今後もlOSTの価格は上昇し続けると言えます。

4月中旬には8円台に乗せ、その後下落したが、9月には再び8円台まで上昇しました。9月には再び8円台まで上昇したが、それ以降はやや下落傾向変わっています。

ただし、今後の値動きによっては10円程度まで上昇する可能性もあると言われていますので、今後の値動きに注目しましょう。

 

IOSTのこれから

ここでは、IOSTの今後の将来性について、詳しく解説していきます。

認知度アップ

IOSTは世界的に認知されるようになり、価格も上がっています。

日本で注目されるようになったのは、2020年にIOSTがコインチェックのリストに掲載されたことが大きな要因です。以前から多くの海外投資家がIOSTを注視していましたが、日本を含むアジアの株式市場の上昇により、より多くの投資家がIOSTを意識するようになりました。

また、インドネシアの取引所でもIOSTの取り扱いが始まっており、IOSTの重要性は徐々に高まってきていると言えます。

DeFi参加する市場の増加

DeFiは、現在世界的に注目されている分散型金融の概念です。

IOSTは2019年からDeFに参加しており、IOSTのブロックチェーン技術やコンセンサスアルゴリズムはDeFと高い親和性を持っています。特にブロックチェーン技術は、企業や金融資産の安全性を保証する重要な技術であり、IOSTが積極的に導入されている理由でもあります。

また、セキュリティが保証されることで、これまで以上に多くの市場参加者がDeFに参加し、IOSTの価値を高める相乗効果も期待できます。

また、IOSTは今後DeFiに積極的に参加することを表明しており、グローバルに注目される存在となっています。

プロジェクトの進行

IOSTは、他の仮想通貨に比べて安全性の高いブロックチェーン技術と、一般のエンジニアでも使いやすいJavaScript言語を採用していることから、幅広いプロジェクトで利用されています。

IOSTの技術は、上記のような金融商品や資産などのプロジェクトに活用されています。また、IOSTは関与しているプロジェクトの進捗状況を定期的に報告しています。したがって、IOSTの価格は、IOSTが幅広いプロジェクトで使用されていることが証明されているため、引用されていると考えることができます。

IOSTで使われているブロックチェーン技術の仕組みについてのワークショップも開催しており、IOSTの有用性は急速に広がっています。

 

IOSTの価格を変動させる出来事

IOSTは現在すでに注目を集めている仮想通貨の1つです。
しかし、今後今以上に価格が高まる可能性があると言われています。

では、IOSTはこれからどのような出来事が起これば、価格が高まっていくのでしょうか?

 

多くのエンジニアが参入する

IOSTの特徴の1つに、JavaScriptでスマートコントラクトを開発することができる点が挙げられます。

JavaScriptとは、エンジニアの中では最も知名度が高く、多くの方が利用している言語です。
そのため、多くのエンジニアが気軽にプログラミングを行うことができるようになっています。

他のプロジェクトの場合、専門的な言語が分からなければ参入することができないという点がデメリットと言われています。
そのことを考えると、たくさんの方が参入しやすい状態が整えられていると言えます。

多くのエンジニアが気軽にプログラムを構築することができれば、企業の参入障壁もかなり下がります。
企業が参入すると一気にIOSTの価値が高まることが予想されます。

 

IOSTを取り扱う取引所が増える

IOSTは、現在国内の取引所の場合、コインチェックしか取り扱っていません。
そのため、多くの取引所が取引を始めると、今以上に価格が伸びる可能性が高いと言われています。

もちろん海外の取引所を開設すれば、日本人であっても取引することができます。
しかし、自分が普段使っている取引所のものの方が安心して取引できるので、多くの取引所への上場が期待されています。

最近は多くの取引所でさまざまな仮想通貨が上場しているため、これからに期待が高まります。

 

医療分野での実証実験が広がる

IOSTはすでに医療分野で実証実験を行っています。
その内容は、ブロックチェーンを使って正確な医療記録を残すことです。

このシステムが確立されると、何かの拍子にカルテがなくなるといったリスクもなくなりますし、医療研究にも役立つと言われています。
現在はまだ実証実験の段階ですが、これが社会的に浸透すればIOSTの価値は高まると考えられています。

病院で取り入れられれば、今以上に知名度も上がるので、今後の採用に注目が集まっています。

著名人の投資

最近はIOSTの知名度も上がってきており、著名人も多く投資しています。
その中には、自分が投資したことをSNS等でファンに伝えるという方もいます。

実際に話題となったのが、格闘家でもあり実業家でもある「朝倉未来」さんです。
朝倉未来さんはIOSTに対して投資を行っており、資産が億を超えたことをSNSで公表しています。

このように著名人がIOSTへの投資を知らせることによって、IOSTの知名度は今以上に上がっていくことが考えられますし、それを見て投資をするという方も増えることが予想されます。

 

エアドロップが行われる

IOSTのエアドロップが行われることも、IOSTの価格を高める1つの要因だと言えます。
エアドロップとは、仮想通貨やトークンをユーザーに無料で配布するというイベントのことです。

仮想通貨のプロジェクトの中には、エアドロップを行うことによって知名度を高めるということもあります。
実際にIOSTもすでに何度かエアドロップを行っており、そのタイミングでは必ず価格を上昇させています。

これからもエアドロップが行われる可能性は高いので、早めにIOSTを保有しておいた方がよいでしょう。

 

ビットコインの価格が上昇する

IOSTのようなアルトコインの価格は、ビットコインが軸になっていると考えられています。
そのため、ビットコインの価格が上がればIOSTの価格も高騰することが予想されます。

ビットコインの価格については、アメリカの大手金融機関であるゴールドマンサックスがあと5年程度の間に10万ドルに到達すると言われています。
2022年5月時点の価格が約3万ドルになっているため、かなり強気の設定と言えます。

ただ、本当にこれ位の高騰を見せた場合、ビットコインの価格も同じように高まることが予想できるでしょう。

 

企業との提携

IOSTは2021年9月にブロックチェーンの開発を行っているHashpaletteと戦略的パートナーシップを締結しています。
そのことにより、今以上に技術革新をすることを目指しています。

技術の進展によってより多くの業界で利用されるようになれば、知名度も上がりますし、人気も高まります。
そのことでIOSTの価格が上昇することも考えられます。

 

 

 

まとめ

IOSTは、日本国内の取引所である「コインチェック」に上場したことで認知度が一気に上昇しました。それに伴って、価格も大きく上昇しています。

IOSTは大幅な下落の可能性もあるため、購入にはリスクが伴います。それに注意した上で投資をするようにしてください。

コインチェックの登録がまだお済みでない方は、ぜひこの機会に登録をご検討下さい。

\国内取引量NO.1の取引所「ビットフライヤー」を使ってみる/
bitFlyer

 

 

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事