2021.10.20通貨名

【仮想通貨】国内初のIEO銘柄「パレットトークン(PLT)」とは

2021年7月28日に、国内で初めてのIEO銘柄である「パレットトークン(PLT)」の取引がスタートしました。
国内初ということで注目を集め、一気に時価総額が伸びて現在には発売当初から10倍になっています。

しかし、あまり仮想通貨に詳しくない方からすれば、パレットトークン(PLT)がここまで人気になっている理由がどこにあるのか分からないという方も多いでしょう。

そこで今回は、現在注目を集めている「パレットトークン(PLT)」についてご紹介していきます。

 

国内の取引所
「コインチェック」を使ってみる!"
「コインチェック」に登録する

パレットトークン(PLT)とは?

パレットトークン(PLT)とは、国内で初めて作られたIEO銘柄です。

日本から世界へ発信しているアニメ・マンガ・音楽などをデジタルで楽しむことができるという「Pallet」というプラットフォームが作成しているウォレットのことです。

さまざまなクロスチェーンに対応していて相互運用が可能なので、今後より注目が集まる仮想通貨だと話題になっています。

パレットトークン(PLT)は2021年7月にお申込みを開始したのですが、すぐに注目を浴びて90円台まで高騰しています。
上場前と比べると10倍以上の価格の伸びを記録しているため、その後も注目している投資家は多くなっています。

 

▶仮想通貨とは?どんな投資方法?初心者向けに徹底解説

 

IEO銘柄とはどういう意味?

IEOとは、Initial Exchange Offeringの略称で、企業から取引所への依頼で資金調達を支援して作られているコインのことを指します。
基本的な仮想通貨はICOという手段で作られており、こちらは取引所を介さずに直接資金調達を行っています。

ICOの場合は資金調達による詐欺が行われるというリスクがあると言われていましたが、IEOの場合はその懸念がないため信頼性が高いと考えられています。

 

パレットトークン(PLT)の魅力

パレットトークン(PLT)とは、まだ新しい仮想通貨です。
しかし、その分これまでのコインにはない特徴を備えており、今後の需要の高まりや価格の高騰が予想されています。

そこでここからは、パレットトークン(PLT)の魅力について詳しく見ていきましょう。

 

Palletでお得に利用できる

Palletとは、世界初のオンラインビジネス統合型のプラットフォームのことです。
デバイス1つあれば「いつでもどこでもビジネスができる」というコンセプトでリリースされており、音楽や画像・文字などを自由に販売することができると言われています。

値段も自由に設定できますし、登録だけで販売することができるので、手軽に副業を行うことができると注目を集めているサービスです。

パレットトークン(PLT)は、このPalletというプラットフォームの基軸通貨となっており、Palletでの報酬の支払いや購入等に使うことができる通貨となっています。

また、今後Palletがより魅力的なサービスになればなるほど、パレットトークン(PLT)の価値も高まっていくので注目されています。

 

 

クロスチェーンに対応している

最近はたくさんのブロックチェーンが使われているため、他のブロックチェーンとも自由に取引ができるアプリケーションが増えてきています。

新しく発行されたPalletの基軸通貨であるパレットトークン(PLT)もクロスチェーン技術が用いられており、より利便性の高いプラットフォームとなることが期待されています。

 

▶ブロックチェーンについて知りたい!

 

ユーザーの利用のハードルが低い

これまでにもたくさんの仮想通貨が発行されていますが、現在あるコインの問題点は「利用方法が分かりづらい」という点です。

仮想通貨の取引に関するワードは難しいものが多く、あまり理解できずに取引をしているという方も多いでしょう。
また、なかなかその仕組みが分からないから仮想通貨を購入できないという方もいるようです。

しかし、パレットトークン(PLT)の場合はユーザーが取引する際に必要となるガス代は無料となっているので、ユーザーが難しいことを考えなくても利用できる仕組みとなっています。

 

手数料が安定している

Dappsの場合、何かアクションを起こす度にガス代が要求されるため、手数料がかなりかかることもあります。

しかし、Palletはエンターテインメントに特化したサービスを行っているので、手数料が安定しています。
そのため、大きな負担を抱えることなく利用することが可能です。

 

国内の取引所
「コインチェック」を使ってみる!"
「コインチェック」に登録する

 

 

 

パレットトークン(PLT)の価格の変動

パレットトークン(PLT)は、最近発行されたばかりの通貨です。
そのため、今後どのような価格変動が起きるのか疑問に思う方は多いでしょう。

そこでここからは、まずパレットトークン(PLT)のこれまでの価格変動について見ていきましょう。

 

2021年7月:販売当初より10倍以上の高騰を記録

パレットトークン(PLT)が初めて販売されたのは、2021年7月29日です。
国内で最も大手と言われているコインチェックに上場しています。

発売後すぐに国内初のIEOであったこともあり、90円台にまで価格が高騰しました。
発売前は数円台だったため、価格は10倍以上になったと言えます。

 

2021年8月:60円まで下落

パレットトークン(PLT)は発売当初、滑り出しがよくて一気に注目を集めましたが、その後は一気に価格が急落しています。
実際に暴落により、8月初旬ごろには60円台まで価格が下がっています。

ただ、8月後半ごろからNFT関連の仮想通貨がどれも一気に高騰し始めたので、8月下旬には83円までの回復を見せています。

 

2021年9月:価格が安定して60~70円台

9月に入ると、比較的市場は安定し始め、60~70円を推移するようになります。

最初の高騰に比べると少し価格は落ち着いていますが、公開前に比べるとかなり高い数値になっていることがいえます。

 

パレットトークン(PLT)の今後の展望

パレットトークン(PLT)は日本初のIEO銘柄です。
そのため、今後きちんと価格が高騰していくのか不安に思う投資家がいるのも当然です。

そこでここからは、パレットトークン(PLT)が今後どのような変動を見せる可能性があるのか見ていきましょう。

 

IEOはハイリスクハイリターン

海外のIEO銘柄の事例を見てみると、長期的に見て利益を獲得できる銘柄はあまり多くありません。
実際に大きな利益を出すことができたトークンもありましたが、下落率が80~90%となっていたトークンも少なくありません。

そのため、IEOはハイリスクハイリターンだということがいえます。

 

今後のPalletの成長が鍵

パレットトークン(PLT)はPalletというプラットフォームの基軸通貨です。
そのため、Palletが今後どれだけ成長するのかがパレットトークン(PLT)の価格高騰のカギになってきます。

Palletは新しいサービスではありますが、今後多くの人に注目される可能性があると言われているので、今後のPalletの成長に期待が寄せられています。

 

国内の取引所
「コインチェック」を使ってみる!"
「コインチェック」に登録する

 

パレットトークンが今後上がると言われる理由

パレットトークン(PLT)はCoincheckへの上場を果たしてから、一気に価格を高騰させている仮想通貨です。
この流れは止まることを知らず、今後も大幅に高騰することが予想されています。

では、パレットトークン(PLT)はどうしてこれほどまでに上がると言われているのでしょうか?
ここからはパレットトークン(PLT)の高騰の要因となるであろう出来事についてみていきましょう。

 

NFTの人気に影響を受ける

パレットトークン(PLT)は現在人気が高まってきているNFTがより注目されることによって、価格が高騰することが考えられます。

パレットトークン(PLT)ではNFTの取引を行うこともできるため、より多くのNFTサービスが台頭し、それに伴ってユーザーが増えることによって人気が高まってくると言えるでしょう。

現状、日本ではまだまだNFTの認知度はそこまで高くなく、実際に取引をしている人は少ないです。
その分、より注目を集めた時には一気にその需要が高まり、将来性や安心感を加味してパレットトークン(PLT)を選ぶ方は多いと予想している投資家は多数いるようです。

 

▶「open sea」って何?最近流行りのNFTマーケットの特徴・使い方

 

取引所への上場が重要

パレットトークン(PLT)は現在、コインチェックでしか取引をすることができません。
ただ、コインチェック以外の仮想通貨取引所での取引ができるような動きも行われています。

そのため、パレットトークン(PLT)が国内外の他の取引所でも利用できるようになると、より多くのユーザーが自由に取引をすることができるようになるため、一気に価格が高騰することが考えられます。

実際にパレットトークン(PLT)が初めてコインチェックに上場した際には、大きな注目を集めて一気に価格が高騰しました。

このことから、今後パレットトークン(PLT)の上場がどこで起こるのか、いつ行われるのかのニュースをこまめにチェックしておくことが重要でしょう。

 

メインネット稼働

パレットトークン(PLT)は8月17日よりメインネットの稼働をスタートしています。

メインネットとは、独立したブロックチェーンのことを指しています。
事前にエンジニアなどの限られた人だけが利用できるテストネットが行われ、挙動のチェック等が実施されます。

その後、何の問題もないと判断されれば、仮想通貨市場にメインネットのローンチが行われます。
このことにより、パレットトークン(PLT)は他の仮想通貨の影響を受けずに独自の運営を行うことができる状態になったといえます。

 

 

国内の取引所
「コインチェック」を使ってみる!"
「コインチェック」に登録する

 

公式ウォレットがリリース

パレットトークン(PLT)は8月27日に公式ウォレットアプリのリリースが行われています。

通常、仮想通貨の取引をする場合には取引所を利用し、専用のウォレットを自分で開設する必要がありますが、公式のウォレットサービスが用意されていることによって、より安心して取引できる環境が整ってきているといえます。

また、今後はNFT取引所のクロスチェーン機能を搭載することもアナウンスされています。
異なるブロックチェーン同士をつなぐことができるようになれば、たくさんあるDEFIサービスを便利に使うことができるでしょう。

 

レンディングサービスが開始

2021年9月16日にはパレットトークン(PLT)のレンディングサービスがスタートしました。

レンディングサービスとは、仮想通貨取引所に対して自分が持っている仮想通貨を貸し出すというものです。
貸し出している期間は利息を受け取ることができるので、保有した状態でありながらも利益を出すことができるという点が大きな魅力と言われています。

このようなサービスがあることは、仮想通貨取引所側にもメリットがあります。
取引所は流動性が高くなければ、顧客が満足するサービスを提供することはできないので、長期的に保有する意向を持っている顧客からレンディングによって預かることで、より良い状態で運営を行うことができるのです。

レンディングサービスの場合、取引所側が利率を設定するため、急に利率が大きく変わるという可能性はありますが、高利率となっていることが多いため、その点はメリットが高いといえます。

レンディングを行っている間は資産がロックされるので、自分のタイミングで売買することはできなくなります。
ただ、パレットトークン(PLT)自体が今後に期待が高まっている仮想通貨ですし、長期的に見てメリットがあると判断する投資家もいるので、レンディングサービスで利息を受け取りながら価格の高騰を待つという方法も有効だといえます。

 

▶仮想通貨レンディングって何?その魅力や注意点をすべて解説します

 

まとめ

いかがでしたか?パレットトークン(PLT)はPalletの基軸通貨であり、国内初のIEO銘柄です。
その上、初めて公開されてからすぐに10倍以上の価格高騰が起こっており、どれだけ注目を集めているサービスなのかが分かります。

IEO銘柄はハイリスクハイリターンな部分もありますが、Palletのサービスが充実することによって大きく伸びる可能性もありますので、今後の動向から目が離せない仮想通貨と言えるでしょう。

 

【初心者向け】人気の仮想通貨取引「コインチェック」の口座開設方法

 

国内の取引所
「コインチェック」を使ってみる!"
「コインチェック」に登録する

 

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事

著者プロフィール

criptkei
大学在学中にカナダに海外留学を経て、その後税理士法人で勤務しながら大学院に進学。
2020年に自ら代表を務める法人会社を設立する3人の子供を持つパパブロガー。

仮想通貨歴
2017年に仮想通貨の投資に参加。
仮想通貨の売買するだけではなくブロックチェーンの素晴らしさを広めたくなり2021年9月にブログを開設しました。
仮想通貨について15以上取引所を開設し、100種類以上の通貨を売買を継続中。仮想通貨、NFT、DeFi、DAO、GameFi、web3.0などブロックチェーンに関わる分野を色々調べて仮想通貨ブログを運営しています