2022.09.05取引所

ビットバンクを徹底解説|メリット・口座開設の手順をご紹介!

ビットバンクは、2014年に設立された国内仮想通貨取引所です。
日本の金融庁からの許可も受けており、サービスも充実しているため、安心して使えると感じている方も多くいます。

そこで今回は、ビットバンクのメリットや口座開設方法について詳しくご紹介していきます。
ぜひ参考にして、ビットバンクでの取引を検討してみてくださいね。

 

ビットバンクのメリット

ではまずは、ビットバンクを利用するメリットについて見ていきましょう。

 

ビットバンクのメリット

・取引高が多くて安定した取引ができる
・セキュリティ対策が万全で安心して利用できる
・入出金のスピードが速い
・スマホからでも取引をすることができる
・レンディングサービスも用意されている
・メイカー注文では手数料がプラス

 

他社とくらべて上回っているところもあるので、ぜひ参考にして自分のやりたい取引ができる場所かどうかチェックしてみてくださいね。

 

取引高が多くて安定した取引ができる

ビットバンクは、業界トップクラスの取引高を誇っています。
つまり、より多くの方がたくさんの取引を行っているということを指します。
そのため、取引相手を簡単に見つけることができ、よりスムーズな取引が可能となっています。

 

取引高が高いことによるメリット
・取引の価格が安定しやすい
・自分が取引したい価格で約定できる可能性が高い
・多くのユーザーが信頼して取引をしているという安心感がある

自分が思ったような取引を実現するためには必要な要素なので、この点を考えても魅力的な業者だといえるでしょう。

 

セキュリティ対策が万全で安心して利用できる

仮想通貨の取引を行う中では、セキュリティ面に不安を感じる方もいるでしょう。
実際に資産が流出したというケースもあるため、入金しても大丈夫なのかと思う方もいるようです。

しかし、ビットバンクはこれまで資金流出が起きたことはありません。
その上、ハッキング被害に遭わないようにインターネットにつながっていない「コールドウォレット」で保管されています。

 

コールドウォレットとは、インターネットから完全に切り離されたウォレットのこと。
コールドウォレットを使っていると、ハッキングなどの不正アクセスによって資産が流出する心配はありません。
そのため、ハッキングによるトラブルを防ぐことができるでしょう。

また、二段階認証も採用されているため、不正アクセスされる心配もなく安心して利用することができるでしょう。

 

国内の取引所
「ビットバンク」を使ってみる!"
「ビットバンク」に登録する

 

入出金のスピードが速い

仮想通貨の取引を行うにあたって、入出金のスピードを重視している方も多くいます。
仮想通貨はボラティリティが高く、短時間で大きく価格が変動してしまうこともあります。
そのため、すぐに入金できないと大きく稼げないというタイミングもあります。

仮想通貨取引所はたくさんありますが、その中には入金の反映が翌日以降になってしまうこともあるようです。
しかし、ビットバンクは24時間365日いつでも送金に対応している「モアタイムシステムズ」を採用しているため、自分のタイミングでやりたい取引を行うことが可能となっています。

 

モアタイムシステムズとは、日本の銀行間で即時決済や送金を行うことができるサービスのことです。
平日だけではなく、土日祝でも稼働されているので、安心して利用できると考えられています。
現在は、1100以上の機関が参加しているようです。

 

この仕組みを便利に感じているユーザーは多くいるようです。

 

スマホからでも取引を行うことができる

ビットバンクでは、専用のスマホアプリがリリースされているので、手軽に取引を行うことができます。
その上、専用アプリの中では多くの投資家が利用している「TradingView」を使うことも可能です。

チャートをうまく使うことによって、本格的な分析を行って取引を行うことができます。
いつでもどこでもしっかりと取引をしたいと考えている方は、ビットバンクがおすすめでしょう。

 

レンディングサービスも用意されている

ビットバンクは、レンディングサービスにも対応しています。

 

レンディングサービスの特徴
・自分の保有している仮想通貨を貸し出す制度
・1年間貸し出すだけで年間利率3%がもらえる
・ビットバンクで取り扱っているすべての銘柄が対象

 

初めて仮想通貨の取引を行う方の場合、どのように取引を行って利益を出したらいいのか分からないと感じる方もいるでしょう。
しかし、レンディングサービスであれば、取引を行うことができない方はもちろんですが、取引を行う時間がない方でも気軽に利益を出すことができます。

長期保有を考えている方は、レンディングサービスがおすすめです。

 

メイカー注文では手数料がもらえる

仮想通貨の取引では、取引手数料がかかります。
取引手数料は、メイカー手数料とテイカー手数料で異なります。

 

メイカーとテイカー
・メイカー:ユーザーが注文した後、約定されずにオーダーブックに注文が並べられる
・テイカー:オーダーブックからすぐに注文が約定される

 

ビットバンクの場合の取引手数料は、以下の通りです。

 

メイカー手数料:-0.02%
テイカー手数料:0.12%

 

このように、メイカー取引の場合は報酬がもらえるという仕組みになっているところはほとんどありません。
そのため、かなりお得に取引できると感じる方もいるようです。

 

ビットバンクの取扱い銘柄

ビットバンクの取引銘柄
  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. MATIC(ポリゴン)
  4. XRP(リップル)
  5. DOT(ポルカドット)
  6. DOGE(ドージ)
  7. LTC(ライトコイン)
  8. BCH(ビットコインキャッシュ)
  9. MONA(モナコイン)
  10. XLM(ステラルーメン)
  11. QTUM(クアンタム)
  12. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  13. OMG(オーエムジー)
  14. XYM(ジム)
  15. LINK(チェーンリンク)
  16. MKR(メイカー)
  17. BOBA(ボバネットワーク)
  18. ENJ(エンジン)

 

ビットバンクの口座開設方法

ではここからは、ビットバンクの口座開設手順について見ていきましょう。

必要な手続きは、口座開設手続きと本人確認です。
間違いのないように、順を追って確認していきましょう。

 

口座開設方法

まずは、口座開設の手続きを行います。
必要なステップは以下の通りです。

 

ビットバンクの口座開設手順

・公式サイトから登録を始める
・メール認証を行う
・基本情報の入力を行う

 

手続きは簡単なので、ぜひ行ってみてくださいね。

 

公式サイトから登録を始める

まずはビットバンクの公式サイトにアクセスします。
新規口座開設のボタンが用意されているため、そこをクリックして登録手続きを始めましょう。

この段階で入力が必要なのは、メールアドレスのみです。

メール認証を行う

メールアドレスの登録を行ったら、運営側からメールが届きます。
そのメールの中には、認証用のURLが記載されています。

そうすると、ビットバンクのページが表示されます。
そこでパスワードの設定が必要となるので、自分が使いたいワードを入力しておきましょう。


基本情報の入力を行う

次に、基本情報の入力を行います。
入力が必要なのは、以下の通りです。

 

入力する必要のある個人情報
名前・国籍・住所・取引の目的・職業・年収・自己資産・利用する動機・取引の経験・電話番号

 

この内容を入力したら、内容に間違いがないか確認して登録を行いましょう。

 

本人確認

個人情報の入力が終わったら、本人確認を行う必要があります。
本人確認の方法は、スマホでの方法と郵送の2つが用意されています。

 

スマホで本人確認:スマートフォンアプリで書類を撮影して審査を行う方法
郵送で本人確認:本人確認書類をアップロードして、審査完了後にハガキを受領することで完了する方法

 

どちらか好きな方を選んで取引を行うようにしましょう。

本人確認書類で利用できるのは、以下の書類です。

 

本人確認書類の例
・運転免許証
・マイナンバーカード
・運転経歴証明書
・健康保険証
・国民年金手帳
・住民票の写し
・障がい者手帳

 

事前に必要な書類を用意しておけば、スムーズに口座開設手続きを進めることができるでしょう。

bitbank

まとめ

ビットバンクは初心者から上級者の方まで、誰でも取引しやすい取引所となっています。
セキュリティ対策も万全なので、安心して資産を預けることができるでしょう。

これから仮想通貨の取引を始めようと考えている方は、ぜひビットバンクを利用してみてはいかがでしょうか?

 

国内の取引所
「ビットバンク」を使ってみる!"
「ビットバンク」に登録する

 

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事

著者プロフィール

NEXT FINANCIAL INNOVATION株式会社 代表取締役 菊山 敬太郎
大学在学中にカナダに海外留学を経て、その後税理士法人で勤務しながら大学院で法学研究科を卒業後、経済情報研究科にも進学し経済を学ぶ。
税理士事務所で勤務と同時に2020年6月に資金調達及びメディア運営の法人会社を設立する。

仮想通貨歴
2017年に仮想通貨の投資に参加。
仮想通貨の売買するだけではなくブロックチェーンの素晴らしさを広めたくなり2021年9月にブログを開設しました。
仮想通貨について15以上取引所を開設し、100種類以上の通貨を売買を継続中。仮想通貨、NFT、DeFi、DAO、GameFi、web3.0などブロックチェーンに関わる分野を色々調べて仮想通貨ブログを運営しています