ポルカドットのメリット4つ
2021.12.11通貨名

仮想通貨ポルカドット(DOT)4つのメリット

ポルカドットという仮想通貨を知っていますか?ポルカドットは、2020年8月に上場したばかりの新しい仮想通貨です。

新しい仮想通貨ですが、2021年に入った途端に急激な高騰を続け、今もなお注目を集めています。その後は大幅に下落しましたが、現在価格は上昇傾向に変化しました。

大きな注目を集めているポルカドット。その人気の理由は一体何なのでしょうか?他の仮想通貨にはない魅力が、ポルカドット大注目の秘密となっています。今回は、ポルカドットの特徴や価格推移、今後の価格予測について詳しく見ていきましょう。

ポルカドット(DOT)とは?

ポルカドットは、Web3.0の世界を実現するためのプロジェクトであり、ブロックチェーンでもあります。

Web3.0とは、ブロックチェーン技術によって実現された、分散型の新しいWebの世界を指します。

これまで、例えばGoogleのユーザーは、Googleのサービスを利用するために個人情報を提供しなければなりませんでした。

そのため、少数の企業が個人データを収集・管理する中央集権的な世界だったのです。

そのため、大企業からの個人情報流出などが起きると大きな被害が出てしまいます。

ポルカドット社の目標は、ブロックチェーン技術を用いて、個人データが分散化され、ブロックチェーン上でユーザーが管理することで、不正アクセスや侵入のリスクを軽減した、分散化のWeb3.0の世界を実現することです。

 

\国内大手ならコインチェック/
コインチェック

ポルカドットのメリット4つ

ポルカドットのメリット4つ

ポルカドットではWeb3.0の世界を実現させるプロジェクトです。

 

そのため、様々なブロックチェーンをつなげて相互運用することができる仕組みが整っています。

  • インターオペラビリティを実現
  • 誰でもブロックチェーンを開発できる
  • 円滑な取引
  • オープンガバナンス体制

それぞれのメリットを詳しく見ていきましょう。

インターオペラビリティを実現

インターオペラビリティ(Interoperability)は、「相互運用性」を意味します。

この文脈では、異なるブロックチェーンが接続して相互に作用する能力を指しています。

ビットコインやイーサリアムなど、これまでのブロックチェーンは相互運用性がなく、互いに接続することができませんでした。

ビットコインをイーサリアムに変換する場合は、取引所を経由する必要があったのです。

つまり、管理者がいて一元化されたものが必要だということです。

これまで個々のブロックチェーンが分散化されていても、中央化が必要なのです。

しかし、ポルカドットを使えば、異なるブロックチェーン同士を接続して相互運用性を実現し、完全に分散化されたWebの世界、すなわちWeb3.0を実現することができます。

誰でもブロックチェーンを開発可能

ポルカドットはSubstrateというブロックチェーン開発ツールを持っています。

Substrateでは、誰でもブロックチェーンを開発可能です。

円滑な取引が可能

ポルカドットは、取引の遅延や仮想通貨の手数料の増加など、ブロックチェーンネットワークの混雑を解消することができます。

例えば、一定期間に大量のビットコイン送金が行われた場合、その処理が間に合わず、取引の遅延が発生する可能性があるのです。

24時間いつでも送金できることが仮想通貨の魅力のひとつですが、取引の遅延や高額な手数料を防ぐことができなければ、仮想通貨の利用者を増やすことは難しいでしょう。

しかし、ポルカドットの場合は、ネットワークの混雑を心配する必要はありません。

ポルカドットはパラチェーンと呼ばれる最適化されたブロックチェーンで、取引処理をスムーズに行うことができます。

通常のブロックチェーンは単一のシリアル形式ですが、ポルカドットではブロックチェーンを並行して使用します。

これにより、仮想通貨の取引をシームレスに処理することができます。

そのため、高い処理速度が実現可能なのです。

オープンガバナンス体制

ポルカドットは、一方的な開発ではなくユーザーが共同でネットワークを開発していくものです。

ポルカドットのユーザーは、仮想通貨を保有することで経営権を得て、ネットワーク料金の設定やブロックチェーンへのユーザーの追加・削除、プロトコルの更新などに参加することができます。

ユーザーが直接、管理面に関わることができるようになったのです。

\仮想通貨取引ならビットフライヤー/
bitFlyer

現在までのポルカドットの価格推移

現在までのポルカドットの価格推移

ポルカドットは、2020年8月に上場した新しい仮想通貨です。

新しい仮想通貨ですが人気度は非常に高く、2021年12月現在でもランキングは9位。価格の高騰も続いています。

 

ポルカドットは、2020年8月に上場してから高騰し続けて翌年5月に最高値47億ドルに到達しました。

その後は下落が続き、7月には12ドルを下回っています。

しかし、急落以降は価格は上昇傾向に変化しています。

なぜ高騰したのか?

ポルカドットは、高騰を続けて最高47億ドルまでに上昇しました。

この上昇の原因は一体何なのでしょうか?大きく2つの理由が考えられます。

  • 中国の大手取引所がサポートした
  • Bitrueが取り扱った

それでは見ていきましょう。

中国の大手取引所によるサポート

2020年12月23日、中国最大の仮想通貨取引所であるBinanceは、ポルカドットのプロジェクトを支援するために1,000万ドルの基金を設立しました。

これは、BinanceユーザーにDeFiを提供することを目的とした「Binance Launchpool」と呼ばれる一連の取り組みの一環であるとされています。

Bitrueがポルカドットを取り扱う

2021年1月5日、シンガポールの仮想通貨取引所であるBitrue社は、年利7.3%の「ポルカドット」のステーキングサービスの開始を発表。

ステーキングサービスでは、対象となる仮想コインを保有し、ブロックチェーンネットワークに参加することで報酬を得ることができます。

 

他にも、DeFiの資産に保険を提供するプロジェクト「PolkaCover」でIDOがなされることが発表されたことも原因の1つだと言われています。
\DMMコインでお得に仮想通貨取引を始める/

今後の価格はどうなる?

ポルカドットは、今後も伸び続けていく可能性が高いです。

現在は急騰しているため一時的に調整局面が訪れる可能性はありますが、下がっていくことはないのではないかと言われています。

主な理由としては、ステーキングサービスが行われていることやビットコインをトークン化するプロジェクトが進行中であることが挙げられます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ポルカドットは

  • インターオペラビリティを実現
  • 誰でもブロックチェーンを開発できる
  • 円滑な取引
  • オープンガバナンス体制

といったメリットが魅力的な仮想通貨です。

とはいえ、2021年4月までは正直おすすめできる仮想通貨ではありませんでした。海外取引所は日本の法律の管理外であるため、法律による保護を受けることができなかったのです。

 

しかし、2021年5月にGMOコインに上場したことによって金融庁からの登録を受けた国内取引所でポルカドットを購入することが可能になりました。

 

ポルカドットは、将来性を踏まえても今後伸び続けていくことが予測されています。また、性能面でも非常に魅力的な仮想通貨です。気になった方は、ぜひポルカドットを購入してみてはいかがでしょうか?

ポルカドットの購入には、GMOコインの登録が必要です。登録がお済みでない方は、この機会にぜひご登録ください。

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事