2022.07.17取引所

仮想通貨取引所FTXの取扱銘柄や手数料を解説

取引所FTXとは?

FTXは2019年4月にサム・バンクマン・フリードが創設した、バハマに本社を置く仮想通貨の大手海外取引所で、日本にもFTX Japanとして運営しています。

暗号資産取引量ランキングで常にトップ10にランクインしており、グローバル版サービスでは「レバレッジトークン・ステーキング・NFTマーケットプレイス・FTX Pay」などといった様々なサービスが提供されています。

 

現物だけでなく、デリバティブ取引を中心としてサービスを提供しています。

 

入金できる通貨はビットコイン、テザー、USDなどで日本円の対応はありません。

日本語対応とスマホ対応はあります。

メールアドレスを登録するだけで取引ができ、10万USD分まで引き出しができ、本人確認の提出をすれば出金の拡大や入出金方法の追加もできます。

 

取引所FTXの特徴

豊富な金融商品と取引形態

現物取引、レバレッジ取引のほか、先物取引にも対応しており、Fractional Stocks Offerings(FSO)という株式トークンの売買もしております。

 

先物取引では仮想通貨やUSD建てで、レバレッジ取引はビットコインなどをUSDに変換してからの取引となります。

全体的に、日本円での入金ができず、仮想通貨あるいはクレジットカードでの入金対応が求められます。

 

BTC やETH などだけでなく、原油価格と連動したデリバティブ商品も展開しています。

 

最大レバレッジは2021年7月までは101倍レバレッジを効かせることができましたが、20倍まで引き下げられました。

レバレッジトークンの種類と規定倍率、対応ポジションは下記になります。

トークン名

規定倍数

対応ポジション

BULL

3

ロング

MOON

10

ロング

HEDGE

1

ショート

BEAR

3

ショート

DOOM

10

ショート

 

また、先物取引と似た特徴をもつサービスでありながら期限が設定されないパーペチュアル取引も取引可能です。

 

用途や投資戦略応じて使い分けることができる「サブアカウント機能」や、口座に入っている資金を証拠金として利用可能な「クロスマージン機能」などの機能もあります。

流動性が高く、スリッページ(注文レートと約定レートの差)が少ないです。

 

販売所と取引所のどちらも利用できます。

Fractional Stocks Offerings(FSO)は大企業の株式をトークン化したものです。

 

さらに、FTXJAPANでは現物取引において

を日本円や米ドルとの取引ペアで売買することができます。

 

その他、国内ではビットコインしか信用取引できないケースが多いのですが、レバレッジ取引ができるアルトコインの種類が多いです。

 

そして、自分で取引の売買のルールを設定して売買の自動化をすることができるクオンツゾーンも使えます。(ブラウザ版のみ)

作成したルールはおよそ15秒ごとにループし、「手動で停止する方法」と「アクションでルールを停止する方法」が用意されています。

トリガーやアクションには定義済み関数の用意がありますが、自分で変数を作成することも可能で、取引所の取引画面もさまざまな種類のインジケーターを表示させることができます。

 

ステーキングが可能

FTXが発行しているFTTトークンを長期保有することができ、報酬を受け取ることができます。

取り扱う暗号資産

FTX Japanが取り扱っている暗号資産は、2022年6月時点で以下の10銘柄となっています。(海外版は34種類)
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
エックスアールピー(XRP/XRP)
ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)
ポルカドット(Polkadot/DOT)
・ソラナ(Solana/SOL)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)
ベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token/BAT)
・FTXトークン(FTX Token/FTT)
エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)
・オーエムジー(OMG Network/OMG)

 

唯一日本の仮想通貨取引所でソラナの取引ができます。(Liquid by FTXにもソラナが上場していますがLiquid by FTXもFTX Japan株式会社が運営しています。)

 

その他

FTTを買い戻すルールがあり、それにより希少価値のキープを期待でき、バイナンスでも購入することができるため需要があるとされています。

また、株価指数のように複数の銘柄を集めてインデックス化し、それに連動するインデックストークンを取引でき、仮想通貨投資初心者で何に投資したらよいかわからない方にもおすすめできます。

さらに、2021年11月にエンゼルスの大谷翔平投手と長期的なパートナーシップを結びました。

そして、2022年2月2日に日本の暗号資産業者のQuoine 株式会社の親会社であるLiquid Group Inc.を買収しました。

そのため、Quoine 株式会社と既存のサービスであるLiquid by Quoineは、4月1日をもってFTX Japan、サービス名をLiquid by FTXに改名しています。

 

FTXは現在日本人の登録を規制・禁止している

現在FTXは日本人の登録ができません。

FTXへのアクセスはできますが、2021年9月から登録ができない状況です。

これは日本の金融庁の許可を得ていないこともあり、日本から撤退したと考えられます。

 

 

取引所FTXの手数料

取引手数料

パーペチュアル取引と現物取引の両方で以下のような手数料となります。

現物取引は受け取る通貨建てで差し引かれる仕組みでVIPプログラムなどもあります。

30日間の取引金額

maker手数料

taker手数料

0USD

0.02%

0.07%

~200万USD分未満

0.015%

0.06%

~500万USD分未満

0.01%

0.055%

~1000万USD分未満

0.005%

0.05%

~3000万USD分未満

0%

0.045%

~5000万USD分未満

0%

0.04%

ちなみにバイナンスの取引手数料と比べてもお得です。

 

日本円・暗号資産の入出金手数料

日本円入金・出金手数料は無料、暗号資産入庫手数料も無料で暗号資産出庫手数料は0.01BTC以上は無料となっています。

ちなみに、国内取引所の入出金手続きは日本円出金時にお金がかかることが多く、手続きから着金まで5時間〜5日かかる場合もありますが、FTXは非常に早いと高評価されています。

実際に銀行への日本円出金が2分ほどで完了したという声もあります。

 

また、前述した通りFTTを保有することで保有量に応じて手数料の割引を受けられ、下記が一覧になります。

 

FTT保有評価額

割引率

100USD

3%

1000USD

5%

5000USD

10%

1万USD

15%

5万USD

20%

10万USD

25%

20万USD

30%

50万USD

35%

100万USD

40%

250万USD

50%

500万USD

60%

 

取引所FTX口座開設方法

FTXの公式サイトから「Sign Up」をクリックします。

メールアドレスとパスワードを入力し、「Click to verify」とクリックしロボット否認認証に進み、これにて口座開設完了になります。

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事

著者プロフィール

NEXT FINANCIAL INNOVATION株式会社 代表取締役 菊山 敬太郎
大学在学中にカナダに海外留学を経て、その後税理士法人で勤務しながら大学院で法学研究科を卒業後、経済情報研究科にも進学し経済を学ぶ。
税理士事務所で勤務と同時に2020年6月に資金調達及びメディア運営の法人会社を設立する。

仮想通貨歴
2017年に仮想通貨の投資に参加。
仮想通貨の売買するだけではなくブロックチェーンの素晴らしさを広めたくなり2021年9月にブログを開設しました。
仮想通貨について15以上取引所を開設し、100種類以上の通貨を売買を継続中。仮想通貨、NFT、DeFi、DAO、GameFi、web3.0などブロックチェーンに関わる分野を色々調べて仮想通貨ブログを運営しています