2022.05.17GameFi+Play to Earn

【メタバース×GameFi】元素騎士Onlinでの稼ごう

近年はさまざまなブロックチェーンを使ったゲームが登場してきています。
しかし、その大半が新しく開発されたゲームとなっています。

ただ、そんな中ですでに発売されていたオンラインゲームである「元素騎士オンライン」のメタバースバージョンの開発が発表されています。
そんな元素騎士オンラインのリリースは2022年の予定となっていますが、さまざまな方法で稼ぐことができると言われており、発売前でありながらもすでに期待度が高まっています。

そこで今回は、の特徴や稼ぎ方についてご紹介していきます。

 

▶GameFi(Game+DeFi)がすごい!魅力と将来性を徹底解説!

 

国内の取引所
「ビットフライヤー」の口座開設をする!"
「ビットフライヤー」の口座開設をする

 

 

 

元素騎士オンライン 公式サイト

 

元素騎士オンラインホワイトペーパー

 

元素騎士オンラインとは、元々日本で作られたオンラインゲームです。
ライセンス元は「Elemental Knights Online」となっており、2012年には台湾で最も売れたゲームとして賞を受賞したこともある人気の高いゲームです。

元々Nintendo Switchやスマートフォンなどさまざまな方法で遊べるゲームとなっていましたが、2021年に「元素騎士Online-META WORLD」というメタバース版をリリースすることを発表しています。
元からある人気のゲーム形式である元素騎士オンラインに、ブロックチェーンの要素が結びついたことによって、稼ぎながら楽しめるゲームになったと言われています。

 

▶メタバースって何?仕組みやメタバースの仮想通貨について大解説!

 

国内の取引所
「フォビジャパン」の口座開設をする!"
「フォビジャパン」の口座開設をする

 

元素騎士オンラインの特徴

では、元素騎士オンラインにはどのような特徴があるのでしょうか?

 

無料で遊ぶことができる

元素騎士オンラインはこれまで有料のゲームとしてさまざまな形で販売されてきました。
しかし、メタバース版は無料でアカウントを作成して遊ぶことができる形式にする予定だと発表されています。

近年、Dappsの発展によってさまざまなGemeFiが出現してきていますが、その中には初期費用がかかるものも多いです。
そのため、無料でリリースを行えば、より多くのユーザーを獲得しやすいと考えられています。

その上、元々有料でも人気だったゲームだからこそ、より多くの集客が可能だと言えるでしょう。

 

 

海外の取引所
「MEXC取引所」の口座開設をする!"
「MEXC取引所」の口座開設をする

 

 

遊びながら稼ぐことができる

元素騎士オンラインはまだその内容を詳しく発表はしていませんが、ブロックチェーンを利用しているゲームなので、収益化が可能だと言えます。
ゲーム内で保有したアイテムを売買したり、ゲーム内でゲットした通貨を保有することによって資産を構築することができるでしょう。

元素騎士オンラインの計画では、生活ができる程度の収益が出せることを目標としているため、元素騎士オンラインを使って生計を立てる人も出てくることが予想されます。

 

▶NFTゲームで稼げる仮想通貨「ALICE」の魅力とは

 

国内の取引所
「コインチェック」の口座開設をする!"
「コインチェック」の口座開設をする

 

 

ユーザー自身がコンテンツを作ることができる

元素騎士オンラインでは、ユーザーの誰もがゲーム内のアイテムを生み出すことができる仕様になると言われています。
メタバースの中で土地やアイテムを作り価値を持たせることができるため、自分で創造をすることによって収益の手段を作ることができます。

また、元素騎士オンライン内にさまざまな企業やクリエイターが参入することにより、元素騎士オンライン内での経済活動を実現することができるので、より大きく盛り上がる可能性が高いと言えるでしょう。

 

▶仮想通貨Metaheroがすごい!自分のアバターがメタバースに登場?

 

リリース前にMVトークンが即売

元素騎士オンラインはまだリリースされていないゲームです。
しかし、2022年1月に行われたローンチプールでは、わずか20秒たらずで1250万枚のMVトークンが完売しています。

この速度は、行ったBybitの中でも史上最速と言われています。
この結果から見ても、元素騎士オンラインに対する注目度は圧倒的に高いことが分かります。

そのため、リリースされてからは今以上にトークンの価値も高まると考えられています。

 

人気ゲームの要素が盛りだくさん

元素騎士オンラインは、元々エレメンタルナイツという人気ゲームのシリーズが採用されたものです。
エレメンタルナイツは、1日で約2.5万人にプレイされているゲームです。

このようなゲームの特徴が引き継がれているので、ゲームがローンチされる前から期待が高まっていました。
エレメンタルナイツでは、コスチュームを自由にカスタマイズすることができたり、ステータスやスキルを自由に選ぶことができるようになっています。
この自由度も、元素騎士オンラインの人気の1つと言えるでしょう。

また、元素騎士オンラインはMMORPGとなっています。
そのため、オンライン上で大人数が同時にプレイすることができるのです。

自分の知らない人ともつながって取引をすることができるので、毎回楽しむことができるでしょう。

 

アイテムをNFT化することができる

元素騎士オンラインでは、ゲームの中で手に入るアイテムや武器をNFT化することができます。

通常のゲームの場合、アイテムをゲットするためには何度もガチャを引いたり、必要な素材を探す必要があります。
そのため、実力や運がなければ自分のほしいアイテムをゲットすることはできません。

しかし、元素騎士オンラインではNFT化できるので、すべてのアイテムを唯一無二だと証明することができるのです。
そのことによって、自分の持っているゲームは自由に販売することができます。

また、人が売り出しているアイテムも仮想通貨で購入することができるのです。
この点が通常のゲームとは大きく違うポイントでしょう。

その上、元素騎士オンラインではすべてのアイテムに発行数が定められています。
そのため、ユーザーが増えても希少価値が下がることはなく、安心してアイテムを購入したり、販売することができるでしょう。

 

遊び方が豊富

元素騎士オンラインは、ただ武器や防具をそろえて戦うだけのゲームではありません。
元々ゲームで知り合った仲間と一緒の時間を過ごしてほしいという思いから作られているため、さまざまな楽しみ方があります。

誰かと一緒に大きな敵を倒す「レイド戦」や他のプレイヤーと一緒にタワーを上る「MOモード」などが人気です。

たくさんの遊び方がある分、ゲームがあまり得意ではない方でも取り組みやすいですし、飽きずに長く楽しみ続けることができるでしょう。

 

ウォレットがなくても遊べる

ブロックチェーンの場合、通常のオンラインゲームのようにIDやパスワードの入力は必要ありません。
その代わりに、他のブロックチェーンゲームの場合は仮想通貨をいれるお財布となるウォレットの設定が必須となります。

しかし、元素騎士オンラインの場合はウォレットを準備する必要がありません。
これは多くの人に気軽に元素騎士オンラインを楽しんでほしいという運営の想いから、このような仕組みになっているようです。

普段からGemeFiを扱っていない方の場合、ウォレットの設定で戸惑ってしまい、なかなかゲームまで到達できないこともあるようです。
ただ、元素騎士オンラインの場合は手軽に多くの機能を使うことができるため、気軽に楽しむことができます。

ゲームを遊んでいる中でもっと多くの機能を使いたいと思った際にはウォレットの作成が必要となります。
ウォレットの作成を手軽に済ませることができる方の場合、事前に行っておいた方がすべてのサービスを利用することができますし、その後もスムーズになるため、早めに行っておくことをおすすめします。

 

👇仮想通貨NFTとは?初心者でもわかる始め方と特徴を解説の詳細はコチラ

 

ステーキングが可能

元素騎士オンラインで遊んでいると、MVという仮想通貨をもらうことができます。
そのMVはアイテムを購入したり、資産として保有することも可能です。

それ以外に用意されているもう1つの使い道が、ステーキングです。
ステーキングとは、ゲーム内のウォレットにMVを預けておくだけで、その量に応じた報酬がもらえるというサービスです。

つまり、銀行に資産を預けた時の利子ということです。

ステーキングによる報酬は、預けられたMVの総量によって変わります。
そのため、より多くの人が元素騎士オンラインで遊べば遊ぶほど、ステーキングの量が増えるということになります。

現在はまだRONDが上場していないので、価格はついておりませんが、現在の元素騎士オンラインの人気を見る限り、高い価格がつくことが予想されます。

また、元素騎士オンラインでは10000MV以上をステーキングすることでサプライズでNFTが配当される権利が得られます。
さらに22000MV以上をステーキングすると、他の権利も得ることができるため、より多く預ければ預けるほどお得になる仕組みとなっています。

RONDを長期保有したいと考えている方は、ステーキングを利用する方がお得なので、ぜひ試してみるといいでしょう。

 

 

海外の取引所
「Bybit」の口座開設をする!"
「Bybit」の口座開設をする

 

 

元素騎士オンラインの稼ぎ方

では、メタバース版の元素騎士オンラインではどのようにして利益を出すことができるのでしょうか?

 

保有しているNFTを販売する

元素騎士オンラインはGemeFiの要素が含まれているため、ゲーム内で保有しているアイテムはすべてNFTとなっています。
そのため、保有したアイテムはNFTマーケットで販売をすることが可能です。

GemeFiの中のレアなNFTは高額で販売されることが多いため、早めに始めておくことでよりメリットを享受することができます。
また、元素騎士オンラインはリリースされていない今でも十分な人気を誇っていることから、今後アイテムの価値が高まる可能性は非常に高いと言えます。

このような理由から、元素騎士オンラインのNFTを売って稼ぎたいと考えている方は多いと考えられるでしょう。

 

▶オタク文化特化のNFTゲーム「PolkaFantasy」の人気が凄い!

 

MVトークンの販売

MVトークンとは、元素騎士オンライン内のメタバース構築に使われるトークンです。
すでにローンチプールの発売でもすぐに完売していることから、今後価値が高まると考えられている仮想通貨です。

すでにUniswapやSushiswapなどの複数のDEXでの上場が決まってきますし、ステーキングにも対応していることから、通貨としての投資価値も十分にあるということができるでしょう。

 

▶分散型取引所のユニスワップはどうなの?特徴やメリットを解説!

 

RONDの運用

RONDとは、元素騎士オンラインを遊ぶ中でもらうことができる仮想通貨です。
基本的にRONDはゲームの中で使用することができるコインになると発表されています。

元素騎士オンラインで遊ぶユーザーが増えれば、RONDの価値が高まることが予想されるため、RONDを運用することによって生計が建てられる程度の資産を稼ぐことができると考えられています。

RONDもUniswapやSushiswapでの上場が決定しています。

 

アイテムを創造して販売する

元素騎士オンラインはメタバースの要素も含むゲームになると言われています。
そうなれば、土地やアイテムなどさまざまなものをユーザー自身が作ることができるのです。

作ったアイテムもすべてNFT化することができるため、自由に売買を行うことが可能です。
より需要の高いアイテムを作ることができれば、大きな資産を構築することができるでしょう。

また、建物を作ってその場所を貸し出すことによって利益を出すといった方法も可能となることが予想されています。

 

国内の取引所
「DMMビットコイン」の口座開設をする!"
「DMMビットコイン」の口座開設をする

 

MVトークンの特徴

元素騎士オンラインの中で利用することができる仮想通貨は、MVです。
元素騎士オンラインの人気が高まると共に、MVの価値も上がってきています。

そこでここからは、MVの特徴について見ていきましょう。

 

ゲームをするだけでもらうことができる

元素騎士オンラインは、ブロックチェーンゲームとなっています。
そのため、ゲームをしていく中でMVをもらうことができるのです。

元素騎士オンラインは育てたキャラクターでモンスターを倒していくといRPGなので、ハマってゲームをしている間に気づいたらMVが溜まっていたということになる方もいるでしょう。

 

ゲームを有利に進めることができる

MVは、元素騎士オンラインの中でも利用することができます。

元素騎士オンラインではさまざまなアイテムの購入権を得るためや、自分の土地を購入するために使うことができます。
そのため、より多くのMVを持っていることによって、積極的にゲームを進めることができると言われています。

 

元素騎士オンラインのガバナンストークン

MVは、元素騎士オンラインのガバナンストークンとなっています。
そのため、保有しているMVの量に応じて、ゲームの方針に意見を出すことができるのです。

MVを保有している特権はたくさんあり、ユーザー自身が理想の環境を整えることができる仕組みとなっています。
長く元素騎士オンラインを楽しもうと思っている方は、MVをより多く保有しておいた方がよいでしょう。

 

ステーキングで運用できる

MVには、ステーキングという機能が用意されています。
ステーキングとは、仮想通貨を売らずに保有し、一定のプールに預けるというものです。

ステーキングをすればユーザーは銀行で受け取る利子のようなものをもらうことができるのでお得です。
その上、ブロックチェーン側は、MVの流通量を増やすことができるため、価値を安定させやすくなります。

現在、MVのステーキングを行うことができるのは、Bybitのみとなっていますが、Bybitでステーキングを行った場合、利回り13%という高い利率設定となっています。
長期保有を考えている方の場合、この仕組みを活用することによって、お得に資産を増やすことができます。

 

IDOは即完売している

元素騎士オンラインはすでに話題となっているゲームですが、まだ正式なリリースはされていません。
それにも関わらず、Bybitが行ったMVトークンの事前販売では、わずか20秒で完売しています。

この速度は他のトークンと比べても圧倒的に早く、史上最速という呼び声も高いです。
これだけ人気が高まっているトークンなので、今後も順調に価格を伸ばしていくと考えることができるでしょう。

 

ゲームをしなくても稼ぐことができる

先ほどもお伝えしたように、MVトークンは元素騎士オンラインのゲームを楽しむことによってゲットすることができます。
しかし、ゲットするためには一定の条件を満たさなければいけないので、負担に感じる方もいるでしょう。

そのような方でも、自分でコンテンツを作ることによってMVを稼ぐことができます。
元素騎士オンラインの中で扱うキャラクターの衣装や土地で行うコンテンツは、自分で制作することができるのです。

その上、それを販売して利益を出すこともできるので、ゲームが苦手な方でも収入を出せる環境があるというのは魅力的だと言えるでしょう。

 

国内の取引所
「GMOコイン」の口座開設をする!"
「GMOコイン」の口座開設をする

 

MVトークンの将来性

ではここからは、MVトークンが今後どのようになるのかについて見ていきましょう。

 

既存ユーザーが流れてくる

元素騎士オンラインの前身のゲームと言われているElemental Knights Onlineは、200万人以上の登録者がいる人気の高いゲームです。
ただ、前身のゲームはハードなので、これで稼ぐことができません。

そのため、今後はElemental Knights Onlineのユーザーが元素騎士オンラインに流れてくる可能性が高いと言えます。
ほとんどのブロックチェーンゲームが新しい仕様のものなので、すでに人気のあるゲームという点はかなり大きなメリットと考えることができます。

元素騎士オンラインのユーザーが増えれば増えるほど、MVトークンの価値は高まるので、今後ユーザーが増えることがキーポイントになるでしょう。

 

大手取引所への上場

現時点では、MVを扱っている取引所はBybitしかありません。
しかし、これだけ人気の高まっているゲームのガバナンストークンなので、これから大手取引所に上場する可能性は高いです。

大手の取引所に上場すると、一時的に価格が2倍以上になることもあります。
元素騎士オンラインのリリース前後でMVが上場する可能性はあるので、チェックしておいた方がよいでしょう。

 

大手企業がメタバースに力を入れている

すでにたくさんの大手企業が、メタバース事業に注目しています。
そのため、今後元素騎士オンラインと大手企業のコラボレーションが行われる可能性も高いです。

企業とのコラボによってより知名度が高まりますし、一気にユーザーが流れてくることも考えられるので、期待が高まっています。

 

ロードマップ

ブロックチェーン&NFTの経済圏を
MMORPGの世界にて実現
アイテム、ゲーム内仮想通貨、
キャラクターなど、生産、販売、流通、貨幣の仕組み
2021
12月

公式サイト公開

公式 Telegram、Discord、Twitter開設

2022
1月

IDO(TrustPad)

MV(Polygon)上場(Bybit、Quickswap)

第1回オシャレ装備NFTオークション

NFTタイアップ発表

→今後様々なNFTブランドとのメタバース空間での協業を開始

2月
3月

MV(Polygon)上場

→ Tier1のCEX仮想通貨取引所に上場

NFTタイアップ発表

→複数のNFTブランドとのメタバース空間での協業先を追加

MV(ERC20)のステーキングを開始

4月

MVの全総数を発行して
Vesting Contractを作成

5月

クローズドαテスト

RONDの総発行数の96%を
BurnしてVesting Contractを作成

6月

MV(ERC20)Tier1のCEX

仮想通貨取引所に上場

7月

クローズドβテスト

第2回オシャレ装備NFTオークション

正式版リリース

8月

ROND(Polygon) (ERC20)
複数のCEX仮想通貨取引所に上場

第1回ランドNFTオークション

10月
仮想世界の権利を
NFTに順次移行
UGCの表現、土地、建物、仮想空間の
細部に至るまで各種権利のNFT化

NFT Viewer 公開

11月

第3回オシャレ装備NFTオークション

(ブランドとのNFTタイアップ版)

UGCオシャレ装備NFT開始

12月
中央管理システムを
Dappsへ移行
メタバース世界構築の大本をブロックチェーンに移して
完全なDAO(分散自律型組織)を実現
2023
3月

第2回ランドNFTオークション

MEMBER

  • CEO
    MAXI KUAN
  • ADVISOR
    CAPTAIN-RICKY
  • ADVISOR
    KEVIN HOO
  • ADVISOR
    上保 徳彦
  • ADVISOR
    KUNCHOU TSAI
  • ADVISOR
    加藤 雅樹
  • ADVISOR
    森川 亮
  • SUPPORTER
    水嶋 ヒロ

 

▶メタバースの注目プロジェクト「BLOKTOPIA」って何?

 

国内の取引所
「ビットポイント」の口座開設をする!"
「ビットポイント」の口座開設をする

まとめ

いかがでしたか?元素騎士オンラインとは、元々さまざまなハードで発売されていましたが、2022年にはメタバース版がリリースされることによって話題となっているゲームです。
メタバースとGemeFiの両方の要素があるのでさまざまな方法で稼ぐことができますし、無料で始めることができることから多くのユーザーを獲得できることが予想されています。

早く始めることによって先行者利益を獲得することができるため、今後のリリースに注目が集まります。

 

【メタバース】仮想通貨銘柄が高騰!将来性紐解く

税金計算なら
「クリプタクト」を使ってみる!"
「仮想通貨税金計算サービスクリプタクト」に登録する

 

 

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事

著者プロフィール

NEXT FINANCIAL INNOVATION株式会社 代表取締役 菊山 敬太郎
大学在学中にカナダに海外留学を経て、その後税理士法人で勤務しながら大学院で法学研究科を卒業後、経済情報研究科にも進学し経済を学ぶ。
税理士事務所で勤務と同時に2020年6月に資金調達及びメディア運営の法人会社を設立する。

仮想通貨歴
2017年に仮想通貨の投資に参加。
仮想通貨の売買するだけではなくブロックチェーンの素晴らしさを広めたくなり2021年9月にブログを開設しました。
仮想通貨について15以上取引所を開設し、100種類以上の通貨を売買を継続中。仮想通貨、NFT、DeFi、DAO、GameFi、web3.0などブロックチェーンに関わる分野を色々調べて仮想通貨ブログを運営しています