2022.06.05取引所

【仮想通貨】pancakeswap(パンケーキスワップ」使い方と方法

ここ最近、ビットコインをはじめとした仮想通貨ブームが到来しています。

そんな仮想通貨業界で注目を集めているのが「DEX(分散型取引所)」です。
これまでの取引所とは大きく異なり、中央集権が必要ない形式となっており、利用者が続々と増えてきています。

そんなDEXの中でも、最近注目を集めているのが「pancakeswap(パンケーキスワップ)」です。

そこで今回は、pancakeswapの仕組みや魅力、他のDEXとの違いを解説していきます。

pancakeswapとは?

 

pancakeswapとは、最近注目を集めているDEX(分散型取引所)の1つです。

仮想通貨の取引を行う場合、取引所を利用して商品を購入する必要があります。
取引所にはCEX(中央集権的取引所)とDEX(分散型取引所)の2種類があり、このどちらかを選択しなければいけません。

DEXの場合、投資家同士で自動で取引を行うことができるので、より低コストで高速な取引が可能となっています。
また、万が一ハッキングされた場合でも取引所全体に被害が及ばないので、安心という方もいるようです。

pancakeswapはDEXの中でもより手数料を抑えて取引を行うことができると言われており、独自トークンを使って利息を得ることもできるので、最近注目を集めているDEXということができます。

 

▶【初心者におすすめ】仮想通貨の取引におすすめの日本の取引所8選

 

国内の取引所
「Houbi」を使ってみる!"
「Houbi」に登録する

 

pancakeswapの特徴

では、pancakeswapはどのような特徴があり、他のDEXと違うのはどの点なのでしょうか?

具体的な違いについて見ていきましょう。

 

AMM形式になっている

DEXはAMM(自動マーケットメーカー)とオーダーブック形式の2種類に分類されています。

AMMとは、トークンの交換を流動性プールの中で行うという方法で、プール内にある通貨と交換することができます
それに対して、オーダーブック形式の場合はブロックチェーン外で売買のマッチングを行い、決済をブロックチェーン上で行うという方式です。

pancakeswapはAMMを採用しており、いつでも通貨を交換することができるので、取引のスピードが速いと言われています。

 

 

ハッキングで損失を出すリスクが低い

pancakeswapはDEXとなっており、中央集権的な管理者がいない状態で資産の取引ができる取引所となっています。

DEXの場合、取引に必要となる情報や資産の情報は個人の持つ秘密鍵で管理する仕様となっており、取引を行う投資家たちが分散して管理を行っています。

CEX(中央集権的な取引所)の場合、外部からハッキングをされてしまうと一度で大きな金額の仮想通貨が盗まれてしまう可能性がありますが、DEXの場合はそのリスクを限りなく少なくすることができるので、安心して取引ができると考える方が多くいるようです。

しかし、自分が保有している秘密鍵が流出してしまうと、資産が盗まれてしまう可能性もありますので注意しておきましょう。

 

▶仮想通貨取引所へのハッキング手口とは?対策方法も解説!

 

BCSを採用している

現在、多くのDEXが存在しています。
その多くがイーサリアムのブロックチェーンを採用しています。

イーサリアムは仮想通貨としての認知度も高いですし、初めてプラットフォームとして付加価値のある機能をつけた通貨と言われています。
そのため、イーサリアムのブロックチェーンを採用する企業が多いのは当然でしょう。

しかし、pancakeswapはBSCを使用しています。
BSCは大手海外取引所であるBinanceが開発したブロックチェーンのことで、最近注目を集めています。

BSCを採用しているDEXの中では、pancakeswapが取引量が最も多いと言われているので、安心して利用することができるでしょう。

 

▶バイナンススマートチェーンの始め方と口座解説方法

 

国内の取引所
「コインチェック」を使ってみる!"
「コインチェック」に登録する

 

 

取引手数料が安い

pancakeswapがBSCを採用している理由の1つに、イーサリアムブロックチェーンの手数料が高騰していることが挙げられます。

DEXを利用する際には手数料が発生します。
その手数料のことはガス代と呼ばれており、そのプラットフォームの需要が高まるほどに手数料が高騰する仕組みとなっています。

最近は仮想通貨ブームが巻き起こっており、イーサリアムはビットコインに続いて時価総額2位と人気の高い仮想通貨なので、イーサリアムブロックチェーンの手数料が圧倒的に高騰しています。
そのため、より手数料が安いDEXを使いたいと思っている投資家は多いでしょう。

しかし、pancakeswapはBSCを採用しているので、手数料がより安くなっています。
この件がpancakeswapの知名度を一気に高めた要因となります。

 

 

仮想通貨を預ければCakeトークンを稼げる

pancakeswapには、流動性プールが設けられています。
そこに自分が持っている仮想通貨を預けることによって、利息を受けることができます。

利息としてもらえるのは、Cakeトークンです。
Cakeはpancakeswapのガバナンストークンとなっているので、預ける金額が大きくなればなるほど多くの議決権を獲得することができるようになります。

これから人気が高まると予想されているpancakeswapの議決権を多く持っておくことによって、今後の方向性に積極的に関わることができますし、pancakeswapの人気が高まればCakeの価値も高くなるので、安心でしょう。

また、Cakeには宝くじに参加することができるというユニークな機能が搭載されています。
現在は1Cakeで宝くじを行うことができ、プールされたCakeの一部を獲得することができるので、運が良ければより多くのCakeを得ることができますし、効率的に資産を増やすことができるでしょう。

 

本人確認が不要で簡単に始められる

CEXの取引所で口座開設を行う場合には、本人確認書類の提出が必要となります。

しかし、pancakeswapはDEXとなっているので、本人確認書類が必要ありません。
そのため、pancakeswapはオンラインウォレットと接続することによってすぐに取引を始めることができます。

国内の取引所
「GMOコイン」を使ってみる!"
「GMOコイン」に登録する

pancakeswapで提供されているサービス

pancakeswapでは3つのサービスが提供されています。

ここからは、その3つのサービスの詳細を解説していきます。

 

スワップ:仮想通貨の交換

スワップとは、自分が持っている仮想通貨を他の通貨に交換する機能のことです。

より稼ぎやすいコインに交換することによって、効率的に稼ぐことができるでしょう。

 

ファーミング:仮想通貨を預ける

ファーミングとは、自分が持っている仮想通貨を預けてCakeトークンを受け取ることです。
2種類の仮想通貨を預けると、その通貨ペアによって決められた量のLPトークンを獲得することができます。

そのLPトークンを預けることにより、時間の経過によってCakeトークンが付与されます。

 

シロッププール:Cakeを預ける

シロッププールとは、Cakeトークンを預けて仮想通貨を受け取ることを指します。

仮想通貨を預けて受け取ったCakeトークンをまたpancakeswapに預けることで、BSC系の仮想通貨をもらうことができるので、より効率的に資産を増やすことができると言われています。

 

国内の取引所
「ビットポイント」を使ってみる!"
「ビットポイント」に登録する

パンケーキスワップ(pancakeswap)が高騰する理由

では、パンケーキスワップ(pancakeswap)が今後大幅に高騰すると言われている理由はどこにあるのでしょうか?

具体的な要因について見ていきましょう。

 

イーサリアムからの乗り換え

現在はまだ存在する多くのDeFiアプリケーションがイーサリアムのブロックチェーンを使用しています。
しかし、最近のイーサリアムは需要の高まりによってガス代の大幅な高騰が課題とされており、多くの投資家の中で話題となっています。

そのことを考えると、今後はイーサリアム系のブロックチェーンからパンケーキスワップ(pancakeswap)に乗り換えを考えるサービスも多くなってくることが予測されます。
パンケーキスワップ(pancakeswap)は手数料もかなり安く抑えることができるので、参入者が増える可能性は十分に高いでしょう。

 

▶【仮想通貨】イーサリアムって何?初心者でも分かりやすく徹底解説!

 

他のDEX等からの乗り換え

パンケーキスワップ(pancakeswap)はDEXの1種ですが、それ以外にもUniswapやSushiswapなどさまざまなDEXが存在しています。

現在、イーサリアムは時価総額2位と知名度も高いので、イーサリアム系のDEXの方が安心と考える方も多いとは思いますが、パンケーキスワップ(pancakeswap)が使用しているバイナンススマートチェーンも最近人気が高まってきています。
そのため、安心して利用できると考える投資家も増えてくることが予想されます。

実際にバイナンスは世界最高峰の仮想通貨取引所だとの呼び声も高くなってきているため、パンケーキスワップ(pancakeswap)の方が親しみやすいと感じる方も多くなるでしょう。

2020年にはパンケーキスワップ(pancakeswap)はDEXでの最高取引高を記録しているため、今後も同様に伸びていく可能性が高いといえるでしょう。

 

パンケーキスワップ(pancakeswap)の懸念点

現在、注目を集めているパンケーキスワップ(pancakeswap)ですが、心配されている点もいくつかあります。

そこでここからは、パンケーキスワップ(pancakeswap)の懸念点についてご紹介していきます。

 

先行者有利になっている

パンケーキスワップ(pancakeswap)はその仕組み上、先行者の方が有利に収益を上げることができるようになっているという点が懸念点として挙げられています。

パンケーキスワップ(pancakeswap)の利息は需要と供給のバランスによって決められています。
そのため、仮想通貨をパンケーキスワップ(pancakeswap)に預ける人が少ない時ほど利回りが高くなります。

このことから、まだパンケーキスワップ(pancakeswap)を利用する方が少ない時に仮想通貨を預けていた方の場合、大きなメリットを享受することができますが、後から参入した方の場合は不利益を被ることになってしまいます。

そうすると、後から入ってきた方は他に利回りのよいDEXが出てきた場合にはそこを利用する可能性が高く、結果的にはパンケーキスワップ(pancakeswap)のユーザー数が減ってしまうことも考えられます。
DEXにとって流通量はとても重要なポイントなので、ユーザーが増え続ける仕組みを構築していくことがパンケーキスワップ(pancakeswap)の課題だと言われています。

 

各国の規制の動き

初めての仮想通貨であるビットコインが公開されてから、さまざまな国が仮想通貨やブロックチェーンに対する対策を行っています。

実際に2021年9月には中国が仮想通貨関連事業を全面禁止にする発表を行い、仮想通貨業界全体が下落傾向となりました。
また、アメリカでも金融規制当局が仮想通貨への規制を協議しており、何かしらの対策が講じられることが予測されています。

各国の規制が厳しくなればなるほど、パンケーキスワップ(pancakeswap)を利用して取引をするユーザーは減ってしまうため、仮想通貨への投資をする際にはしっかりと各国の動向をチェックしておくことが重要だといえます。

 

ライバルの出現

DeFiは最近大きな注目を集めており、DeFi関連銘柄は大幅な価格の高騰を見せています。
しかし、その分より多くのライバルが出現してくる可能性があります。

現時点では、UniswapやSushiswapなどのイーサリアム系のDEXがスケーラビリティ問題に直面していますが、大幅なアップグレードが起こってより強力な体制になることも考えられます。

そうなると、パンケーキスワップ(pancakeswap)よりも魅力的な環境が整う可能性もあるため、DeFi関連の情報はこまめにチェックしておいた方がよいでしょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?pancakeswapはイーサリアムブロックチェーン以外を利用しており、より手数料を抑えた上で高速での取引を実現することができているDEXということになります。

現在は多くのDEXがイーサリアム系となっていますが、イーサリアムの手数料の高騰に悩んでいるという投資家が多くいるようです。
そのため、今後はpancakeswapに人が流れてくる可能性が高いと言えます。

pancakeswapでは効率的に資産を増やすことができる仕組みが多く用意されているので、魅力的だと言えます。
ぜひ今のうちにpancakeswapを利用してみてはいかがでしょうか?

 

【仮想通貨】レンディングができるcompound

 

国内の取引所
「DMM
「DMM Bitcoin」に登録する

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事

著者プロフィール

criptkei
大学在学中にカナダに海外留学を経て、その後税理士法人で勤務しながら大学院に進学。
2020年に自ら代表を務める法人会社を設立する3人の子供を持つパパブロガー。

仮想通貨歴
2017年に仮想通貨の投資に参加。
仮想通貨の売買するだけではなくブロックチェーンの素晴らしさを広めたくなり2021年9月にブログを開設しました。
仮想通貨について15以上取引所を開設し、100種類以上の通貨を売買を継続中。仮想通貨、NFT、DeFi、DAO、GameFi、web3.0などブロックチェーンに関わる分野を色々調べて仮想通貨ブログを運営しています