2022.10.14Sleep to Earn

規則正しい睡眠で稼ぐ!SleeFiの特徴や稼ぎ方

最近注目されているSleep to Earnの中でも、期待値が高いと言われているのが「SleeFi(スリーファイ)」です。
SleeFiは、規則正しく睡眠をとってより健康的なライフスタイルを送ることが目的とされています。

まだ開発途中のプロジェクトでありながら、すでに人気が高まっているのはその内容によるものでしょう。
そこで今回は、SleeFiの特徴や稼ぎ方について詳しく見ていきましょう。

 

 

SleeFi(スリーファイ)とは?

SleeFiとは。2022年4月に開発がスタートしたSleep to Earnのプロジェクトです。
まだ開発が行われている段階ですが、より充実した計画が立てられており、すでに注目されています。

創設者は日本人となっているので、公式サイトやホワイトペーパーも日本語となっており、日本人にはなじみやすい点も魅力です。

 

ビットフライヤーの口座開設方法

まだビットフライヤーの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「ビットフライヤー」の口座開設をする!"
「ビットフライヤー」の口座開設をする

詳細はビットフライヤーの取引所開設をご覧ください

 

 

SleeFiの特徴

ではここからは、SleeFiの特徴について見ていきましょう。

 

SleeFiの特徴

・速度が速くて手数料が安いブロックチェーンを使っている
・ベッドのNFTを使って報酬を獲得する
・2種類のトークンを受け取ることができる
・ミント機能が搭載されている
・毎日新たなNFTをゲットすることができる
・ステーキングを行うことができる

 

SleeFi以外にもSleep to Earnのプロジェクトはあるので、その違いを比べながら見てみてくださいね。

 

コインチェックの口座開設方法

まだコインチェックの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「コインチェック」の口座開設をする!"
「コインチェック」の口座開設をする

詳細はコインチェックの取引所開設をご覧ください

 

 

速度が速くて手数料が安いブロックチェーンを使っている

Sleep to Earnはたくさんのプロジェクトがありますが、それぞれ異なるブロックチェーンを使っています。
その中でSleeFiが採用しているのは、「Avalanche(アバランチ)」です。

 

Avalancheの特徴
・処理能力が高く、毎秒6500件の処理ができるのでスムーズな取引ができる
・手数料が安くてコストがかからない
・イーサリアムとの互換性がある

このように、Avalancheには他のプラットフォーム以上の環境が整っていると言われています。
特に処理速度は、クレジットカードのVISAを超える速度となっているため、便利に利用することができるでしょう。

SleeFiがこれだけ注目を集めている理由の1つに、Avalancheが使われていることが挙げられます。

 

ベッドのNFTを使って報酬を獲得する

SleeFiで仮想通貨を稼ぐためには、ベッドのNFTを保有する必要があります。
NFTを保有した上で毎日睡眠をとることによって、仮想通貨が付与されるのです。

このベッドNFTにはそれぞれ属性やタイプ、レベルが定められており、何を持っているかによって異なります。
その上、ベッドによって計測できる睡眠時間が異なるので、自分に合うものを選択する必要があるでしょう。

 

・Short:3~5時間
・Middle:4時間半~7時間
・Long:6時間半~9時間
・Flexible:3~12時間

レア度が高いほど多くの報酬を得ることができます。
このNFTは自分で使うこともできますが、NFTマーケットプレイスで売買することも可能なので、より効率よく稼ぐことができるでしょう。

 

 

2種類のトークンを受け取ることができる

SleeFiでは、睡眠をとることによって2種類のトークンを受け取ることができます。

 

SleeFiで付与されるトークン
・SLFT:ゲーム内トークン
・SLGT:ガバナンストークン

 

ではここからは、それぞれの特徴について見ていきましょう。

 

SLFT

SLFTとは、ゲーム内で使うことができるトークンです。
自分が保有しているベッドのNFTのレベルを上げたり、ミントに使うことができます。

毎日の睡眠で獲得することができるので、より多く集めた方がスムーズにゲームを進めることができます。

 

SLGT

SLGTとは、SleeFiのガバナンストークンです。
発行枚数は120億枚と決められており、SleeFiの今後の運営について意見を出すことができます。

SLGTを稼ぐためには、SpecialのNFTを保有するか、DEXで購入する必要があります。

 

ミント機能が搭載されている

SleeFiには、ミント機能が搭載されています。

 

ミント機能とは?
自分が保有している異なるNFTを合体させることによって、新しいNFTを作ることができる仕組み。

 

自分が組み合わせるNFTによって、よりレアリティの高いNFTをゲットすることもできます。
ミント機能を行うためには、ゲーム内トークンであるSLFTを使うので、普段から貯めておいた方がよいでしょう。

また、1つのNFTをミントできる回数は3回となっています。
それ以上は使えなくなってしまうので、組み合わせはしっかりと検討して行うようにしましょう。

 

GMOコインの口座開設方法

まだGMOコインの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「GMOコイン」の口座開設をする!"
「GMOコイン」の口座開設をする

詳細はGMOコインの取引所開設をご覧ください

 

 

毎日新たなNFTをゲットすることができる

SleeFiでは、毎日睡眠計測が終わった後に「Lucky Box」を受け取ることができます。
Lucky Boxは時間によって開封される仕組みとなっており、中からNFTが出てきます。

レアリティが高いNFTが入っている場合には、かなり時間がかかるようです。
毎日SleeFiにログインすることによって、より多くのNFTアイテムをゲットすることができるでしょう。

また、これ以外にもSleeFiはガチャ機能が用意されています。
SLFTを使ってガチャを回して、運が良ければよいNFTをもらうことができるので、効率よくトークンを稼げるようになるでしょう。

 

ステーキングを行うことができる

SleeFiでは、ステーキングを行うことも可能です。
自分がゲットしたSLFTやSLGTを預けることによって、一定の利率をもらうことができます。

寝ている時間以外にもトークンを増やせるというのは大きな魅力と言えるでしょう。
今後の開発によっては、より大きく収入を伸ばせる可能性もあります。

 

 

まとめ

いかがでしたか?SleeFiは規則正しい睡眠をとることによって、仮想通貨を報酬として受け取ることができる仕組みとなっています。
そのため、自分が何も行動していない時間で報酬を稼ぐことができます。

その上、NFTも用意されているので、よりレアなものをゲットすれば売買して稼ぐことも可能です。
より多くのNFTをゲットできる仕組みが用意されているので、今後人気が高まると予想されています。

ぜひ早めに取り組んでおくことをおすすめします。

 

👇SleeFiの詳細を知りたい方はコチラをチェック

 

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事

著者プロフィール

NEXT FINANCIAL INNOVATION株式会社 代表取締役 菊山 敬太郎
大学在学中にカナダに海外留学を経て、その後税理士法人で勤務しながら大学院で法学研究科を卒業後、経済情報研究科にも進学し経済を学ぶ。
税理士事務所で勤務と同時に2020年6月に資金調達及びメディア運営の法人会社を設立する。

仮想通貨歴
2017年に仮想通貨の投資に参加。
仮想通貨の売買するだけではなくブロックチェーンの素晴らしさを広めたくなり2021年9月にブログを開設しました。
仮想通貨について15以上取引所を開設し、100種類以上の通貨を売買を継続中。仮想通貨、NFT、DeFi、DAO、GameFi、web3.0などブロックチェーンに関わる分野を色々調べて仮想通貨ブログを運営しています