2022.09.30Sleep to Earn

寝て稼げる?Sleep to Earnの概要とメリット・デメリット

近年、さまざまな仮想通貨プロジェクトが登場しています。
特に注目を集めているのが、運動することによって稼げる「Move to Earn」や遊ぶことによって稼げる「Play to Earn」です。

日常の中の行動で気軽に資産を構築することができるため、人気が高まっています
そんな中でも、最近注目度が高くて話題になっているのが、「Sleep to Earn」です。

そこで今回は、Sleep to Earnの特徴やメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。
ぜひ参考にして、今後行うかどうか検討してみてくださいね。

 

【世界初のMove to Earn】 Dustlandの特徴を解説!

 

Sleep to Earnとは?

Sleep to Earnとは、寝ることによって稼ぐことができるという意味です。
これまでの「○○ to Earn」は何かをしなければ稼ぐことができませんでしたが、Sleep to Earnでは毎日当たり前に行う睡眠によって仮想通貨を稼ぐことができます。

この仕組みが画期的だと話題になり、一気に注目が集まりました。
Move to EarnやPlay to Earnほど多くのプロジェクトがあるわけではありませんが、開発に力がいれられているようです。

 

ビットフライヤーの口座開設方法

まだビットフライヤーの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「ビットフライヤー」の口座開設をする!"
「ビットフライヤー」の口座開設をする

詳細はビットフライヤーの取引所開設をご覧ください

 

Sleep to Earnのメリット

Sleep to Earnには、他のプロジェクトにはないさまざまなメリットがあります。

 

Sleep to Earnのメリット

・寝るだけで仮想通貨を稼ぐことができる
・規則正しい睡眠時間を確保できるようになる
・先行者利益で資産を構築しやすい

 

そこでここからは、Sleep to Earnのメリットを詳しく見ていきましょう。

 

寝るだけで仮想通貨を稼ぐことができる

これまでの仮想通貨プロジェクトのほとんどは、自分で何かしらの行動を行わないと稼ぐことはできません。
しかし、Sleep to Earnは寝るだけで稼ぐことができます

わざわざ何かしらの行動を行わなければ稼げないという内容であれば、面倒に感じたり、継続できないという方も多いでしょう。
ただ、睡眠は毎日必ず行うものだからこそ、魅力的に感じる方も多くいるようです。

義務感なく始めたい方には最適でしょう。

 

規則正しい睡眠時間を確保できるようになる

Sleep to Earnの多くは、睡眠時間の長さによって付与される仮想通貨の数が増えるという仕組みになっています。
そのため、より多くの仮想通貨を稼ぐためにより多くの時間、寝ようと考える方が多いようです。

このような習慣をつけることによって、規則正しい睡眠を確保できるようになるでしょう。
普段から睡眠不足の方は、取り入れることによって仮想通貨だけではなく、健康的な体を手にすることが可能です。

 

先行者利益で資産を構築しやすい

Sleep to Earnは、まだ新しいプロジェクトです。
そのため、普段から新しい仮想通貨プロジェクトを知らない方も多くいます。

このような新しいサービスの場合には、より早く参入した方が得だと言われています。
Sleep to Earnも早めに始めておけばより多くのトークンを手にすることができますし、高額な資産を構築することができるかもしれません。

 

BINANCEの口座開設方法

まだBINANCEの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

海外の取引所
「BINANCE取引所」の口座開設をする!"
「BINANCE取引所」の口座開設をする

詳細はBINANCEの取引所開設をご覧ください

 

 

Sleep to Earnのデメリット

Sleep to Earnはさまざまなメリットもありますが、デメリットになってしまう部分もあります。

 

Sleep to Earnのデメリット

・初期費用がかかる
・草コインが多い
・トークンが上場していないことが多い

 

そこでここからは、Sleep to Earnのデメリットについて見ていきましょう。

 

初期費用がかかる

Sleep to Earnのプロジェクトの多くは、最初にNFTのプロジェクトを購入する必要があります。
そのため、始める前に初期費用がかかることを負担に感じる方もいるようです。

もうすでに人気が高まっているプロジェクトの場合、NFTの価格が高騰している可能性もあります。
そのことを考えると、より早く参入した方がお得だといえるでしょう。


草コインが多い

Sleep to Earnはまだ新しいサービスです。
そのため、Sleep to Earnのプロジェクトは始まったばかりのものが多く、トークンの時価総額は低いものが多いです。

このようなコインのことを草コインと呼びます。
草コインの場合、今後価格がどのように変動するのか予想しづらいというデメリットがあります。

しかし、それほど知名度がなく、価格が安いトークンだからこそ、人気が高まって価格が高騰すると、より大きな収益を獲得することが可能です。
ハイリスク・ハイリターンとなってしまうことを理解して取り組みましょう。

 

トークンが上場していないことが多い

まだ新しいSleep to Earnのトークンのほとんどは、取引所に上場していません。
そのため、ゲームを行って稼いだトークンを換金することはできません。

ただ、Sleep to Earnは今後注目が高まると予想されているため、その際に価格が一気に高騰する可能性もあります。
賭けにはなりますが、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

 

コインチェックの口座開設方法

まだコインチェックの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「コインチェック」の口座開設をする!"
「コインチェック」の口座開設をする

詳細はコインチェックの取引所開設をご覧ください

 

Sleep to Earnの稼ぎ方

Sleep to Earnで稼ぐ方法は、複数用意されています。

 

Sleep to Earnで稼ぐ方法
・睡眠をとって稼ぐ
・NFTアイテムを売買して稼ぐ
・ゲーム内トークンをステーキングして稼ぐ

 

そこでここからは、Sleep to Earnでの稼ぎ方について詳しく見ていきましょう。

 

睡眠をとって稼ぐ

Sleep to Earnはその名の通り、毎日の睡眠を計測することによって仮想通貨を稼ぐことができるサービスです。
そのため、最も簡単に稼ぐ方法は、日々良質な睡眠をしっかりととることです。

睡眠に関連する事業を行っている会社は一般ユーザーの普段の睡眠の情報を得ることができるので、その報酬として仮想通貨が支払われるという意味になります。

サービスによっては眠りの質が関係していることもあるので、その場合にはただ長時間寝るのではなく、より深く睡眠をとれるような環境を作ることが重要でしょう。
時間帯も遅くならないよう、早寝早起きの習慣をつけておくことをおすすめします。

 

NFTアイテムを売買して稼ぐ

Sleep to Earnのゲーム内にも、NFTアイテムが用意されていることが多いです。
このNFTアイテムを扱うことによって、利益を得ることもできます。

NFTアイテムを使った稼ぎ方は、以下の通りです。

 

Sleep to EarnのNFTアイテムを使って稼ぐ方法
・最初にゲットしたNFTアイテムを成長させて売却する
・安い時にNFTアイテムをたくさんゲットしておき、価格が高騰したら売却する
・ゲームを遊んで手に入れたNFTを売却する

 

このように、NFTで稼ぐ手段はたくさんあります。
レア度が高くて人気なものはもちろんですが、より成長させたNFTも高額で取引をすることができるので、ぜひチェックして安い時に保有し、育てるようにしましょう。

 

ゲーム内トークンをステーキングして稼ぐ

Sleep to Earnのサービスの中には、ゲーム内トークンがステーキングに対応しているところもあります。
ステーキングとは、その通貨を保有することによって利息が得られるという仕組みです。

自分が稼いだ仮想通貨を使って、さらに収益を得ることができるので魅力的でしょう。
ゲーム自体の性質はもちろんですが、トークンがステーキングに対応しているかどうかも見ておくといいかもしれません。

 

 

注目されているSleep to Earnのサービス

すでにSleep to Earnをスタートさせているプロジェクトは多数あります。

 

おすすめのSleep to Earnプロジェクト

・SleeFi(スリーファイ)
・Sleep Future(スリープフューチャー)
・Sleepagotchi(スティーパゴッチ)
・Sleep ecosystem(スリープエコシステム)

 

そこでここからは、おすすめのSleep to Earnをご紹介していきましょう。

 

SleeFi(スリーファイ)

SleeFi(スリーファイ)は、日本人が仕掛けているプロジェクトです。

 

SleeFiの特徴
・ゲーム性が高いSleep to Earn
・日本語にも対応していて取り組みやすい
・ベットのNFTによって異なる指標が設定されている

 

ベットのNFTが用意されており、その種類ごとに異なる睡眠時間が設定されています。
そのため、自分に合うものを使うことによって、効率よく稼ぐことができるのです。

ただ寝ることによって稼ぐだけではなく、ゲーム性が高くてクエストやガチャがあるのは大きなメリットと言えるでしょう。
また、日本語にも対応しているため、日本人でも取り組みやすいと言われています。

 

Sleep Future(スリープフューチャー)

Sleep Futureとは、世界的に知られているSleep to Earnプロジェクトです。

 

Sleep Futureの特徴
・睡眠の質によってもらえるトークンの量が変わる
・多くの睡眠に関する企業と提携している
・ステーキングもできるので、長期的な保有にもおすすめ

 

すでに多くの睡眠に関連する企業との提携を行っています。
そのため、信頼度も高くて今後のさまざまな発展が期待されているようです。

また、Sleep Futureは睡眠の質によって得られるトークンの量が異なります。
このような仕組みになっているので、より自分の健康な体を作ることができるでしょう。

すでにステーキングにも対応しているので、長期的な視点で資産を築きたいと考えている方にも最適です。

 

 

Sleepagotchi(スティーパゴッチ)

Sleepagotchi(スティーパゴッチ)とは、Sleep to Earnだけではなく、メタバースの要素も含まれているサービスです。
まだ開発が始まったばかりですが、かなり期待値が高まっています。

 

Sleepagotchi(スティーバゴッチ)の特徴
・予定している起床時間近くで就寝することができれば高い報酬がもらえる
・おしゃれなNFTアイテムで寝室をカスタマイズすることができる
・ゲーム内トークンはインフレ・デフレ対策が行われている

 

Sleepagotchiの1番の特徴は、自分が決めた起床時間に近いタイミングで寝ることができれば、高い報酬が得られるという仕組みになっている点です。
Sleep to Earnのサービスはたくさんありますが、このような仕組みになっているものはほとんどないので、かなりめずらしいといえるでしょう。

ただ長く寝るというわけではなく、自分で目標を決めてその時間に寝ることを目指すので、睡眠に対する意識を高めることができ、より睡眠の質を高める習慣を身につけることができます。

また、SleepagotchiではたくさんのNFTアイテムが用意されており、このアイテムを使って自分だけの仮想寝室を使うことができます。
レアリティが高いアイテムを使えば、獲得できるトークンの量が増えるのでお得でしょう。

 

 

Sleep ecosystem(スリープエコシステム)

Sleep ecosystem(スリープエコシステム)とは、毎日行っている睡眠をスコアに換算して仮想通貨が付与されるという仕組みになっています。

 

Sleep ecosystem(スリーブエコシステム)の特徴
・睡眠の質をスコアに換算して報酬が与えられる
・2つの仮想通貨が得られる
・Defiの要素も組み込まれている
・メタバースのこんsプとも構築される予定

 

Sleep ecosystemの1番の特徴は、Sleep to Earnだけではなく、Defiやメタバースの側面も導入される予定となっている点です。
他のSleep to Earnと違って、自由に楽しむことができる要素が多いので、今後の発展に期待が高まっています。

 

まとめ

Sleep to Earnは、寝ることによって仮想通貨を稼ぐことができるプロジェクトです。
まだ新しいサービスではありますが、日々当たり前に行う行動で取り組むことができるので、注目が集まっているようです。

すでに多くのサービスが登場しており、人気となっています。
先行者利益が大きいので、早めに始めておくことをおすすめします。

 

Bybitの口座開設方法

まだBybitの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

海外の取引所
「Bybit」の口座開設をする!"
「Bybit」の口座開設をする

詳細はBybitの取引所開設をご覧ください

 

 

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事

著者プロフィール

NEXT FINANCIAL INNOVATION株式会社 代表取締役 菊山 敬太郎
大学在学中にカナダに海外留学を経て、その後税理士法人で勤務しながら大学院で法学研究科を卒業後、経済情報研究科にも進学し経済を学ぶ。
税理士事務所で勤務と同時に2020年6月に資金調達及びメディア運営の法人会社を設立する。

仮想通貨歴
2017年に仮想通貨の投資に参加。
仮想通貨の売買するだけではなくブロックチェーンの素晴らしさを広めたくなり2021年9月にブログを開設しました。
仮想通貨について15以上取引所を開設し、100種類以上の通貨を売買を継続中。仮想通貨、NFT、DeFi、DAO、GameFi、web3.0などブロックチェーンに関わる分野を色々調べて仮想通貨ブログを運営しています