2021.10.24通貨名

【仮想通貨】avalanche(AVAX)」の特徴と魅力

avalanche(AVAX)という仮想通貨をご存じですか?

元々はあまり知名度が高くなかった仮想通貨ですが、2021年に入ってから大幅な高騰によって過去最高記録を更新しており、今後の成長も期待されているコインです。

では、avalanche(AVAX)がこれほどまでに投資家から注目を集めている理由はどこにあるのでしょうか?
そしてavalanche(AVAX)は今後どのように価格が高騰していくのでしょうか?

そこで今回は、avalanche(AVAX)の特徴や魅力と今後の動向について見ていきましょう。

 

\仮想通貨を購入できるのはココ/
コインチェック

 

avalanche(AVAX)とは?

avalanche(AVAX)とは、いろいろなアプリケーションを構築することができるプラットフォームとなっています。
DeFi環境の構築やツールの開発のために利用されることが多いです。

avalanche(AVAX)は取引にかかるスピードが圧倒的な早さとなっており、セキュリティ対策も万全に行われているため、今後avalanche(AVAX)を使ってさまざまなサービスが展開されるのではないかと期待が集まっています。

avalanche(AVAX)のメインネットが立ち上げられたのは2020年9月なので、まだ作られてから間もないサービスですが、その基軸通貨であるAVAXの価格はどんどん高騰しており、2021年になってからは大幅な高騰を見せています。

今後もより価格が伸びる可能性があるので、今から注目しておいた方がよいでしょう。

国内の取引所
「コインチェック」を使ってみる!"
「コインチェック」に登録する

avalanche(AVAX)の特徴・魅力

では、avalanche(AVAX)はどのような点が他のサービスとは異なるのでしょうか?

avalanche(AVAX)の特徴や魅力について見ていきましょう。

 

スケーリングの性能が圧倒的

avalanche(AVAX)のスケーリングの性能は、他の知名度の高いビットコインやイーサリアムと比較しても大幅に上回っていると言えます。

スケーリングとは、仮想通貨の取引が多くなればなるほど手数料が高くなってしまったり、取引完了までのスピードが遅くなってしまうことを指しています。

ビットコインは1秒に7取引が行われると言われており、イーサリアムはそれを上回る15取引が可能となっているので、その性能の高さが注目を集めていました。
しかし、avalanche(AVAX)は1秒で4500もの取引を行うことができるので、その処理のスピードは比較してみると圧倒的です。

その上、ガス代も1取引100円未満となっており、ビットコインやイーサリアムの1取引数百円~数千円という高さを負担に感じていたという方に人気が高まってきています。

これまでの仮想通貨のサービスの中でデメリットとなっていた部分をavalanche(AVAX)が改善しているため、より多くのユーザーがavalanche(AVAX)に流れてきているのだと言えるでしょう。

 

▶【仮想通貨】イーサリアムって何?初心者でも分かりやすく徹底解説!

 

誰でもNFTを発行することができる

avalanche(AVAX)には専用のウォレットがあり、誰でもNFTの発行を行うことができます。

NFTとは、最近注目を集めているサービスで、ブロックチェーン技術を応用して絵画や音楽などに価値を付与し、個人間での取引を行えるようにしたサービスのことです。

NFTをavalanche(AVAX)で発行することによって、そのデータをコンピュータ上で管理・共有することができます。
そのことにより、これまでは誰のものなのか分からなかった、ネット上にあるデジタルデータに対して保有を行うことができるため、最近注目が集まっています。

avalanche(AVAX)で発行したNFTは別のウォレットにも送ることができ、他のNFTマーケットプレイスで売買することもできます。

 

▶仮想通貨NFTって何?今後の世の中を大きく変える仕組みを解説

 

DeFi市場の拡大

avalanche(AVAX)には、エコシステムというものが用意されています。
このエコシステムを使えば、DeFiのプラットフォームを構築することができます。

DeFiとは、これまでの中央集権型の金融システムではなく、取引所や銀行がない金融仲介アプリのことを指します。

管理者がいない分、いつでもすぐに処理が行われるため、投資や取引を手軽に行うことができると注目を集めています。
その上、誰でもシステムの構築をすることができるので、avalanche(AVAX)が市場を拡大するのに一役買っていると言っても過言ではありません。

avalanche(AVAX)はイーサリアムとの互換性があるので、今後より市場拡大が行われると期待が集まっています。

 

▶GameFi(Game+DeFi)がすごい!魅力と将来性を徹底解説!

 

 

分散性がある

avalanche(AVAX)は多数のコンピュータで分散して処理を行う能力にたけています。

1つの取引に関しても、複数のコンピュータでデータの確認を繰り返し行うので、正確性も高いですしそのスピード感も1つのコンピュータで行うよりも圧倒的に早いです。

 

イーサリアムとの互換性がある

avalanche(AVAX)は、イーサリアムとの互換性があります。
そのため、イーサリアムで利用できるプロトコルはavalanche(AVAX)上でも利用することができるということです。

イーサリアムをベースとしたプロトコルは多くあるので、互換性があることがavalanche(AVAX)の魅力と言われています。

 

ステーキングが可能

Avalancheの仮想通貨であるAVAXは、ステーキングが可能となっています。
ステーキングとは、自分が保有し続けることによって、AVAXのコミュニティに参加できるようになったり、定期的に付与されるAVAXをもらうことができるという仕組みです。

現時点では、AVAXの50%がステーキングで配布されることになっているので、かなり魅力的だと言えるでしょう。

長期保有する方の中には、ステーキングを行うことによって効率よく資産を増やしたいと考えている方もいるので、そのことが評価されてAVAXの人気が高まる可能性も考えられます。

 

国内の取引所
「Houbi」を使ってみる!"
「Houbi」に登録する

avalanche(AVAX)の価格が高騰する理由

avalanche(AVAX)の価格は今後大きく高騰すると言われています。

ではその理由はどこにあるのでしょうか?

 

運用資産が2000億円を超えている

avalanche(AVAX)は2020年9月にメインネットが立ち上げられた、まだ新しい仮想通貨です。

しかし、2021年8月にはavalancheのネットワーク上でのDeFi運用資産が2000億円を突破しています。
この数値は他の仮想通貨と比べても圧倒的で、今注目が集まっていると言えます。

 

大手のVCが投資をしている

avalanche(AVAX)は現在最も注目されている仮想通貨です。
そのため、現在多くの大手ベンチャーキャピタルがavalanche(AVAX)に資産の投資を行っています。

avalanche(AVAX)へ資産が集まれば、その機能性は余計に高まるので、需要が上がることが予測されます。。
また、ベンチャーキャピタルは将来的に高いリターンを得られると判断しなければ投資をすることはないので、それだけ期待値の高いシステムであることが分かります。

このようなことから現在も大きく価格が高騰していますが、今後もまだまだ価格を伸ばしていくことが予想されます。

 

▶仮想通貨取引所「ビットバンク」とミクシィの提携による今後の展望とは

 

国内取引所
「DMMビットコイン」を使ってみる!"
「DMMビットコイン」に登録する

 

avalanche(AVAX)の今後の展望

現在、一気に支持を集めているavalanche(AVAX)ですが、今後はどのようになっていく可能性が高いのでしょうか?

今後のavalanche(AVAX)の予想について見ていきましょう。

 

このまま右肩上がりで上がる

avalanche(AVAX)は2021年に入ってから、大きく価格が高騰している仮想通貨です。
このような動きを見せる仮想通貨の場合、どこかのタイミングで一気に急落することも多いので、いつ価格が落ちてしまうのかと心配している投資家の方も多いでしょう。

しかし、avalanche(AVAX)の場合はこのまましばらくは右肩上がりの上昇傾向が高いと言われています。
その理由として、avalanche(AVAX)はスケーラビリティ問題とインターオペラティー問題を解決していることが挙げられます。

このことにより、安心して投資をしてよい通貨だと判断することができるでしょう。

 

スケーラビリティ問題

スケーラビリティ問題とは、ブロックチェーン技術において、1つのブロックの中に書き込むことができるデータ量が限定されてしまうことを指しています。
一定量の情報が書き込まれてしまうと、一気に処理速度が落ちてしまうことがあり、このことにより大幅な価格高騰の後に急落する通貨が多いのです。

実際にビットコインはスケーラビリティ問題が深刻と言われており、ブロックのサイズが1MBに限定されていることによって処理速度が遅くなってしまうことが多く、迅速な対応を求めるためにはそれ相応の高いガス代を払わなければいけないと言われています。

このような問題をavalanche(AVAX)はすでに解決しており、ビットコインやイーサリアムと比べても圧倒的な速度を維持しているため、安心して取引を行うことができるでしょう。

 

インターオペラビリティ

インターオペラビリティとは、異なるブロックチェーンによって管理されている仮想通貨をネットワークを超えて相互に交換できる状態のことを指しています。

これまでは異なるブロックチェーン同士の取引を行う場合には取引所を介して行わなければいけませんでした。
しかし、クロスチェーン取引が実現されたことによって、より簡単に異なるブロックチェーン同士の取引ができるようになったのです。

まだこの機能が搭載されていないという仮想通貨もあります。
特にイーサリアム系統の通貨の場合、イーサリアム関連の通貨が多数あるため、まだクロスチェーン技術が伴っていないことも多いようです。

しかし、avalanche(AVAX)はすでにクロスチェーンでの取引が可能となっているため、他の通貨との相互性も高く、安心して取引できる状態になっているといえます。

 

国内の取引所
「ビットポイント」を使ってみる!"
「ビットポイント」に登録する

 

DeFiアプリケーションへの貢献

2021年に入ってから、大きな話題となっているのがDeFiを使ったアプリケーションです。

しかし、現在はいくつかのDeFiアプリケーションが注目を集めたことにより、一気にDeFi関連の銘柄が高騰している傾向が高く、その実態をしっかりと見て投資をしているという方は少ないように思います。

ただ、これからより多くのDeFiアプリケーションが登場してきた場合、そのサービス内容が着目されるようになると予測されています。

現時点では多くのDeFiアプリケーションがイーサリアムのブロックチェーンを使って成り立っていますが、avalanche(AVAX)はイーサリアムに比べても圧倒的に高い実用性を備えている通貨なので、今後avalanche(AVAX)を使ったシステムが多く登場することが考えられます。

そうなると、大幅に価格が高騰することもあると言えるので、DeFi関連に関する進捗に注目が必要でしょう。

 

 

 

イーサリアムに代わる存在になる

現在、時価総額2位となり圧倒的に知名度の高いイーサリアムですが、イーサリアムにはまだまだ解決しなければいけない問題が多くあると言われています。
特にスケーラビリティ問題は大きな課題とされており、速度の低下とガス代の高さは投資家の中でも課題として感じている人は多いでしょう。

avalanche(AVAX)は現時点でイーサリアム以上に便利な環境が整っているため、今後はavalanche(AVAX)を利用するというサービスも増えてくることが予想されます。
そうなると、現在のイーサリアムのようななくてはならない存在となりうる可能性も十分にあるでしょう。

また、avalanche(AVAX)はイーサリアムとの互換性も高いので、他のアルトコインの競争の中でも圧倒できる可能性が十分にあると考えることができます。
今後はavalanche(AVAX)とイーサリアムの両方の動向に注意が必要です。

 

AVAXの価格が大きく上昇したタイミング

AVAXは上場後、順調に価格を伸ばしてきている仮想通貨です。
ただ、何度か大きく価格を高騰させたタイミングがありました。

そこでここからは、これまでにAVAXが大きな高騰を見せたタイミングの出来事について見ていきましょう。

 

Avalanche Rushの発表

Avalancheは2021年8月にAvalanche Rushをスタートすることを発表しています。

Avalanche Rushとは、DeFiを経由して通貨を預けることによって、利息を受け取ることができるという仕組みです。
いわゆるステーキングの1つであり、通貨の流動性を高めるために作られたシステムです。

自分が保有しているAVAXを預けているだけで、一定の報酬をもらうことができるため、長期保有を考えている方にとっては好条件となります。
そのため、これを高く評価した方が多く購入したのだと考えられます。

 

250億円もの資金調達に成功

2021年9月に、Avalanche Foundationはさまざまな企業や投資家から、約250億円資金調達に成功したことを発表しています。

運営側の資金が増えると、より新しいサービスを開発したり、現状の問題を解決することができるので、ここからの発展が大きく加速することが予想されます。
それに期待した投資家が多くいたことによって、AVAXの価格が高騰したのだと考えられます。

 

デロイトの導入発表

2021年11月に、大手監査法人のデロイトは、Avalancheのブロックチェーンを活用することを発表しました。

今回の導入の目的は、災害時に州や地方の職員が災害補償申請の処理をよりすばやく正確に行うことができるようにということです。
Avalancheのブロックチェーンを使うことによって、低コストでより正確な管理を行うことができると発表しています。

デロイトは世界的にも知名度が高いため、大きく価格が高騰しました。
今後も、このように知名度のある企業がAvalancheのブロックチェーンを活用すると、AVAXの価格が高騰するということも考えられます。

 

Avalancheの最新の注目ニュース

ではここからは、Avalancheの最新のニュースについてご紹介していきます。

仮想通貨はさまざまな要因によって大きく価格が変動しますし、急速にシステムの進化が行われています。
そのため、普段からAvalancheのニュースはチェックしておくことが重要です。

 

Avalanche Multiverseを開始

2022年3月に、Avalancheは最大400AVAX(約340億円)規模のインセンティブプログラム「Avalanche Multiverse」をスタートしたことを発表しています。

今回のAvalanche Multiverseは、サブネットの機能や普及・発展させることが目標とされており、最初はブロックチェーンゲームやDeFi、NFTといった領域をサポートすることを発表しています。
すでに決まっているのは、ブロックチェーンゲームである「DeFi Kingdoms」に参加することです。

今後も様々な動きを見せると考えられているので、しっかりとチェックしておく必要があるでしょう。

 

Avalancheの投資信託がローンチ

アメリカの仮想通貨投資企業であるValkyrie Digital Assetsは、2022年5月にアバランチの投資信託の提供をスタートさせています。

この投資信託ではアバランチのみを運用しており、AVAXのステーキングを活用することによって、投資家が報酬を得られるようになっています。
必要な資産は約320万円となっていますし、専門的な知識や経験を持っている適格投資家のみと制限はありますが、投資信託に参入したという点は高く評価されているようです。

このようにAvalancheに投資しやすい環境が整っていけば、今以上にAvalancheへの注目が集まり、流動性が高くなると考えることができるでしょう。

 

 

税金計算なら
「クリプタクト」を使ってみる!"
「仮想通貨税金計算サービスクリプタクト」に登録する

 

まとめ

いかがでしたか?avalanche(AVAX)は現在最も注目を集めている仮想通貨です。
多くのベンチャーキャピタルや投資家が注目しており、より多くの資金が集まることが予想されるので、今以上にその機能が向上していくと考えられます。

現時点でもスピードや正確さ等は人気の高い仮想通貨のシステムよりも大きく上回っているので、より多くの人が注目していく仮想通貨と言えるでしょう。

今はボラティリティが高いので仮想通貨初心者にとっては少し難しいコインかもしれませんが、安い時に買っておけば今後大きく価格が倍増する可能性が高いので、普段から価格の値動きに注目をしておくといいでしょう。

avalanche(AVAX)の今後に期待が高まります。

 

【仮想通貨取引所】ディーカレット(DeCurret)で仮想通貨売買

国内の取引所
「GMOコイン」を使ってみる!"
「GMOコイン」に登録する

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事

著者プロフィール

criptkei
大学在学中にカナダに海外留学を経て、その後税理士法人で勤務しながら大学院に進学。
2020年に自ら代表を務める法人会社を設立する3人の子供を持つパパブロガー。

仮想通貨歴
2017年に仮想通貨の投資に参加。
仮想通貨の売買するだけではなくブロックチェーンの素晴らしさを広めたくなり2021年9月にブログを開設しました。
仮想通貨について15以上取引所を開設し、100種類以上の通貨を売買を継続中。仮想通貨、NFT、DeFi、DAO、GameFi、web3.0などブロックチェーンに関わる分野を色々調べて仮想通貨ブログを運営しています