2021.10.24通貨名

今注目の仮想通貨「avalanche(AVAX)」の特徴と魅力

avalanche(AVAX)という仮想通貨をご存じですか?

元々はあまり知名度が高くなかった仮想通貨ですが、2021年に入ってから大幅な高騰によって過去最高記録を更新しており、今後の成長も期待されているコインです。

では、avalanche(AVAX)がこれほどまでに投資家から注目を集めている理由はどこにあるのでしょうか?
そしてavalanche(AVAX)は今後どのように価格が高騰していくのでしょうか?

そこで今回は、avalanche(AVAX)の特徴や魅力と今後の動向について見ていきましょう。

 

\仮想通貨を購入できるのはココ/
コインチェック

 

avalanche(AVAX)とは?

avalanche(AVAX)とは、いろいろなアプリケーションを構築することができるプラットフォームとなっています。
DeFi環境の構築やツールの開発のために利用されることが多いです。

avalanche(AVAX)は取引にかかるスピードが圧倒的な早さとなっており、セキュリティ対策も万全に行われているため、今後avalanche(AVAX)を使ってさまざまなサービスが展開されるのではないかと期待が集まっています。

avalanche(AVAX)のメインネットが立ち上げられたのは2020年9月なので、まだ作られてから間もないサービスですが、その基軸通貨であるAVAXの価格はどんどん高騰しており、2021年になってからは大幅な高騰を見せています。

今後もより価格が伸びる可能性があるので、今から注目しておいた方がよいでしょう。

 

avalanche(AVAX)の特徴・魅力

では、avalanche(AVAX)はどのような点が他のサービスとは異なるのでしょうか?

avalanche(AVAX)の特徴や魅力について見ていきましょう。

 

スケーリングの性能が圧倒的

avalanche(AVAX)のスケーリングの性能は、他の知名度の高いビットコインやイーサリアムと比較しても大幅に上回っていると言えます。

スケーリングとは、仮想通貨の取引が多くなればなるほど手数料が高くなってしまったり、取引完了までのスピードが遅くなってしまうことを指しています。

ビットコインは1秒に7取引が行われると言われており、イーサリアムはそれを上回る15取引が可能となっているので、その性能の高さが注目を集めていました。
しかし、avalanche(AVAX)は1秒で4500もの取引を行うことができるので、その処理のスピードは比較してみると圧倒的です。

その上、ガス代も1取引100円未満となっており、ビットコインやイーサリアムの1取引数百円~数千円という高さを負担に感じていたという方に人気が高まってきています。

これまでの仮想通貨のサービスの中でデメリットとなっていた部分をavalanche(AVAX)が改善しているため、より多くのユーザーがavalanche(AVAX)に流れてきているのだと言えるでしょう。

 

▶【仮想通貨】イーサリアムって何?初心者でも分かりやすく徹底解説!

 

誰でもNFTを発行することができる

avalanche(AVAX)には専用のウォレットがあり、誰でもNFTの発行を行うことができます。

NFTとは、最近注目を集めているサービスで、ブロックチェーン技術を応用して絵画や音楽などに価値を付与し、個人間での取引を行えるようにしたサービスのことです。

NFTをavalanche(AVAX)で発行することによって、そのデータをコンピュータ上で管理・共有することができます。
そのことにより、これまでは誰のものなのか分からなかった、ネット上にあるデジタルデータに対して保有を行うことができるため、最近注目が集まっています。

avalanche(AVAX)で発行したNFTは別のウォレットにも送ることができ、他のNFTマーケットプレイスで売買することもできます。

 

▶仮想通貨NFTって何?今後の世の中を大きく変える仕組みを解説

 

DeFi市場の拡大

avalanche(AVAX)には、エコシステムというものが用意されています。
このエコシステムを使えば、DeFiのプラットフォームを構築することができます。

DeFiとは、これまでの中央集権型の金融システムではなく、取引所や銀行がない金融仲介アプリのことを指します。

管理者がいない分、いつでもすぐに処理が行われるため、投資や取引を手軽に行うことができると注目を集めています。
その上、誰でもシステムの構築をすることができるので、avalanche(AVAX)が市場を拡大するのに一役買っていると言っても過言ではありません。

avalanche(AVAX)はイーサリアムとの互換性があるので、今後より市場拡大が行われると期待が集まっています。

 

▶GameFi(Game+DeFi)がすごい!魅力と将来性を徹底解説!

 

 

分散性がある

avalanche(AVAX)は多数のコンピュータで分散して処理を行う能力にたけています。

1つの取引に関しても、複数のコンピュータでデータの確認を繰り返し行うので、正確性も高いですしそのスピード感も1つのコンピュータで行うよりも圧倒的に早いです。

 

イーサリアムとの互換性がある

avalanche(AVAX)は、イーサリアムとの互換性があります。
そのため、イーサリアムで利用できるプロトコルはavalanche(AVAX)上でも利用することができるということです。

イーサリアムをベースとしたプロトコルは多くあるので、互換性があることがavalanche(AVAX)の魅力と言われています。

 

\avalanche(AVAX)の取引を始める/
フォビジャパン

avalanche(AVAX)の価格が高騰する理由

avalanche(AVAX)の価格は今後大きく高騰すると言われています。

ではその理由はどこにあるのでしょうか?

 

運用資産が2000億円を超えている

avalanche(AVAX)は2020年9月にメインネットが立ち上げられた、まだ新しい仮想通貨です。

しかし、2021年8月にはavalancheのネットワーク上でのDeFi運用資産が2000億円を突破しています。
この数値は他の仮想通貨と比べても圧倒的で、今注目が集まっていると言えます。

 

大手のVCが投資をしている

avalanche(AVAX)は現在最も注目されている仮想通貨です。
そのため、現在多くの大手ベンチャーキャピタルがavalanche(AVAX)に資産の投資を行っています。

avalanche(AVAX)へ資産が集まれば、その機能性は余計に高まるので、需要が上がることが予測されます。。
また、ベンチャーキャピタルは将来的に高いリターンを得られると判断しなければ投資をすることはないので、それだけ期待値の高いシステムであることが分かります。

このようなことから現在も大きく価格が高騰していますが、今後もまだまだ価格を伸ばしていくことが予想されます。

 

▶仮想通貨取引所「ビットバンク」とミクシィの提携による今後の展望とは

 

\DMMコインなら2000円がもらえる/

 

avalanche(AVAX)の今後の展望

現在、一気に支持を集めているavalanche(AVAX)ですが、今後はどのようになっていく可能性が高いのでしょうか?

今後のavalanche(AVAX)の予想について見ていきましょう。

 

このまま右肩上がりで上がる

avalanche(AVAX)は2021年に入ってから、大きく価格が高騰している仮想通貨です。
このような動きを見せる仮想通貨の場合、どこかのタイミングで一気に急落することも多いので、いつ価格が落ちてしまうのかと心配している投資家の方も多いでしょう。

しかし、avalanche(AVAX)の場合はこのまましばらくは右肩上がりの上昇傾向が高いと言われています。
その理由として、avalanche(AVAX)はスケーラビリティ問題とインターオペラティー問題を解決していることが挙げられます。

このことにより、安心して投資をしてよい通貨だと判断することができるでしょう。

 

スケーラビリティ問題

スケーラビリティ問題とは、ブロックチェーン技術において、1つのブロックの中に書き込むことができるデータ量が限定されてしまうことを指しています。
一定量の情報が書き込まれてしまうと、一気に処理速度が落ちてしまうことがあり、このことにより大幅な価格高騰の後に急落する通貨が多いのです。

実際にビットコインはスケーラビリティ問題が深刻と言われており、ブロックのサイズが1MBに限定されていることによって処理速度が遅くなってしまうことが多く、迅速な対応を求めるためにはそれ相応の高いガス代を払わなければいけないと言われています。

このような問題をavalanche(AVAX)はすでに解決しており、ビットコインやイーサリアムと比べても圧倒的な速度を維持しているため、安心して取引を行うことができるでしょう。

 

インターオペラビリティ

インターオペラビリティとは、異なるブロックチェーンによって管理されている仮想通貨をネットワークを超えて相互に交換できる状態のことを指しています。

これまでは異なるブロックチェーン同士の取引を行う場合には取引所を介して行わなければいけませんでした。
しかし、クロスチェーン取引が実現されたことによって、より簡単に異なるブロックチェーン同士の取引ができるようになったのです。

まだこの機能が搭載されていないという仮想通貨もあります。
特にイーサリアム系統の通貨の場合、イーサリアム関連の通貨が多数あるため、まだクロスチェーン技術が伴っていないことも多いようです。

しかし、avalanche(AVAX)はすでにクロスチェーンでの取引が可能となっているため、他の通貨との相互性も高く、安心して取引できる状態になっているといえます。

 

\取扱銘柄が豊富で自由に選べるのはビットポイント/
ビットポイント

 

DeFiアプリケーションへの貢献

2021年に入ってから、大きな話題となっているのがDeFiを使ったアプリケーションです。

しかし、現在はいくつかのDeFiアプリケーションが注目を集めたことにより、一気にDeFi関連の銘柄が高騰している傾向が高く、その実態をしっかりと見て投資をしているという方は少ないように思います。

ただ、これからより多くのDeFiアプリケーションが登場してきた場合、そのサービス内容が着目されるようになると予測されています。

現時点では多くのDeFiアプリケーションがイーサリアムのブロックチェーンを使って成り立っていますが、avalanche(AVAX)はイーサリアムに比べても圧倒的に高い実用性を備えている通貨なので、今後avalanche(AVAX)を使ったシステムが多く登場することが考えられます。

そうなると、大幅に価格が高騰することもあると言えるので、DeFi関連に関する進捗に注目が必要でしょう。

 

 

 

イーサリアムに代わる存在になる

現在、時価総額2位となり圧倒的に知名度の高いイーサリアムですが、イーサリアムにはまだまだ解決しなければいけない問題が多くあると言われています。
特にスケーラビリティ問題は大きな課題とされており、速度の低下とガス代の高さは投資家の中でも課題として感じている人は多いでしょう。

avalanche(AVAX)は現時点でイーサリアム以上に便利な環境が整っているため、今後はavalanche(AVAX)を利用するというサービスも増えてくることが予想されます。
そうなると、現在のイーサリアムのようななくてはならない存在となりうる可能性も十分にあるでしょう。

また、avalanche(AVAX)はイーサリアムとの互換性も高いので、他のアルトコインの競争の中でも圧倒できる可能性が十分にあると考えることができます。
今後はavalanche(AVAX)とイーサリアムの両方の動向に注意が必要です。

 

まとめ

いかがでしたか?avalanche(AVAX)は現在最も注目を集めている仮想通貨です。
多くのベンチャーキャピタルや投資家が注目しており、より多くの資金が集まることが予想されるので、今以上にその機能が向上していくと考えられます。

現時点でもスピードや正確さ等は人気の高い仮想通貨のシステムよりも大きく上回っているので、より多くの人が注目していく仮想通貨と言えるでしょう。

今はボラティリティが高いので仮想通貨初心者にとっては少し難しいコインかもしれませんが、安い時に買っておけば今後大きく価格が倍増する可能性が高いので、普段から価格の値動きに注目をしておくといいでしょう。

avalanche(AVAX)の今後に期待が高まります。

 

ディーカレット(DeCurret)取引所で仮想通貨売買

 

\今すぐ仮想通貨の取引を始める/

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事