2022.02.11GameFi+Play to Earn

【NFT✖️GameFi】Crypto Spellsの魅力を大公開

近年、楽しみながら稼ぐことができるNFTゲームがたくさん誕生しています。
そのため、実際にNFTゲームで遊びながら収益を生み出し、生計を立てているという方も増えてきているようです。

そんな中、人気が高まっているのが「Crypto Spells」です。
美しいデザインが魅力のデジタルカードゲームで、さまざまな稼ぎ方ができると言われています。

そこで今回は、Crypto Spellsの魅力について余すことなく解説していきます。

 

▶仮想通貨NFTって何?今後の世の中を大きく変える仕組みを解説

 

Crypto Spellsとは?

 

公式サイト

Crypto Spells(クリプト・スペルズ)とは、Crypt Games株式会社という日本の企業が行っているNFTデジタルカードゲームです。
NFTゲームとは、ブロックチェーンを活用して作られているゲームなので、遊ぶことによって仮想通貨を稼ぐことができる仕組みとなっていますし、自分が保有しているカードがすべて資産となっている点が特徴です。

Crypto Spellsがリリースされたのは2019年ですが、初日に約2000万円を売り上げるほど人気が高いため、現在も注目を集めています。

 

▶GameFi(Game+DeFi)がすごい!魅力と将来性を徹底解説!

 

Crypto Spellsの特徴と魅力

では、Crypto Spells(クリプト・スペルズ)はどのような特徴があるのでしょうか?

ここからはCrypto Spellsの魅力について見ていきましょう。

 

保有しているカードは資産となる

Crypto Spellsでは、お互いに持っているカードを対戦させて楽しむことができるゲームです。
通常のデジタルカードゲームの場合、どれだけ多くのカードをゲットしたとしても、サービスが終了してしまうと何もなくなってしまいます。

しかし、Crypto Spellsの場合はカード自体がNFTアイテムとなっているため、自分がゲーム内で勝利するために集めたカードは資産として保有することができます。
カードはそれぞれそのレア度が定められており、よりレア度が高いカードであればNFTマーケットプレイスで高額で取引することが可能となっています。

 

国内の取引所
「コインチェック」の口座開設をする!"
「コインチェック」の口座開設をする

 

さまざまなNFTマーケットプレイスで取引できる

NFTゲームは多数出現してきていますが、利用できるNFTマーケットプレイスは限られていることが多いです。
しかし、Crypto Spellsの場合はさまざまなマーケットプレイスで取引をすることができるので、より高額で販売することも可能ですし、リアなアイテムをゲットしやすい環境となっています。

Crypto SpellsのNFTを取引できる知名度の高いマーケットプレイスとして、「Coincheck NFT」「nanakusa」「OpenSea」があります。
Coincheck NFTであれば、コインチェックを利用している方は手軽に使うことができるので、便利でしょう。

 

▶日本発のNFTマーケット「nanakusa」ってどんな特徴がある?

 

オリジナルカードを作ることができる

Crypto Spellsでは、自分専用のオリジナルカードを作ることができる機能も搭載されています。
先ほどもお伝えしたように、Crypto Spellsのカードはすべて資産となるため、自分で作ったカードも売買して取引をすることが可能です。

ただ、オリジナルカードを簡単に作れる仕様になっていると、ゲームが成り立たなくなってしまう可能性があるため、オリジナルカードを制作する権利はゲーム内で行われる大会の賞品になっています。
そのため、自分でカードを作りたいという方は、大会で勝利する必要があるでしょう。

 

カードは別のゲームでも使うことができる

Crypto Spellsで所有したカードは、「MyCroptHeros」などの6種類のゲームで使うことができます。
今後も他のNFTゲームと提携する可能性が高いので、カードの人気が高まることが予想されています。

ただ、他のゲームで使う際には、NFTコンバーターを通すことが必要となります。

 

MCHの価格が伸びる可能性がある

Crypto Spellsでは、MCHという仮想通貨をゲームを行う中でもらうことができます。

Crypto Spellsの人気が高まった場合、MCHの価値が高騰することが予想されるため、MCHを稼ぐことによって一定の資産を得ることも可能となります。
ただ、逆に価格が下落すると資産価値が下がる可能性もあるので、注意しておきましょう。

 

国内の取引所
「GMOコイン」の口座開設をする!"
「GMOコイン」の口座開設をする

 

Crypto Spellsでの稼ぎ方

では、Crypto Spells(クリプト・スペルズ)でゲームをしながら稼ぐ方法としては、どのような手段があるのでしょうか?

ここからは、Crypto Spellsの稼ぎ方について見ていきましょう。

 

ゲームをして通貨(SPL)を稼ぐ

Crypto Spellsでは、ゲーム内で使用することができるSPLを利用してカードの取引を行います。
そのため、SPLを多く手に入れている方がお得に取引を行うことができます。

SPLを手にする方法は、以下の通りです。

・ゲーム内のミッションをクリアする
・いらないカードを換金する
・ゲーム内のマーケットでカードを売る
・イーサリアムやクレジットカードでSPLを購入する

資産に余裕がある方であれば、SPLを取引所で購入してゲームをすることも可能ですが、無課金でCrypto Spellsを使って稼ぎたいと考えている場合は、コツコツとゲームを行う必要があるでしょう。

 

国内の取引所
「ビットフライヤー」の口座開設をする!"
「ビットフライヤー」の口座開設をする

 

レアなカードをNFTマーケットプレイスで販売する

Crypto Spellsのカードには、それぞれレア度が設定されています。
よりレアなカードであれば、一定の価格で販売することが可能となっています。
そのため、自分が手に入れたレアなカードを売ることによって資産を稼ぐことも可能です。

また、Crypto Spellsのユーザーが少ないうちはレアなカードもより安い価格で取引される可能性が高いので、早めに始めてNFTマーケットプレイスで購入しておき、ユーザーが増えて価格が高騰した際に売るというのも1つの方法でしょう。

NFTゲームの場合、先行してゲームを行っている方がより利益を獲得しやすいので、早めに始めておく方がよいと言われています。

 

SPLでカードを購入して販売する

Crypto Spellsの中では、SPLを使ってカードを買うことができます。
ただ、その販売方法は在庫連動型ダッチオークションとなっているため、時間が経てば経つほど価格が下がるという形になっています。

より長い時間が経ってから購入した方が安くなりますが、その前に購入されてしまうと価格が高騰してしまうので、最適なタイミングで購入するのは難しいです。
しかし、より安く手にすることができれば、その後NFTマーケットプレイスで高く売り、利益を得ることができるので多くの魅力があると言えるでしょう。

 

国内の取引所
「ビットポイント」の口座開設をする!"
「ビットポイント」の口座開設をする

 

ゲームをしてMCHコインを保有する

Crypto Spellsでは、ゲームをする中でMCHという仮想通貨をもらうことができます。
MCHは、ギルド戦やランク戦を行うことで保有することが可能となっています。

MCHは国内の取引所に上場していないので、直接取引することはできませんが、イーサリアム等に換金することによって現金化することもできます。
そのため、ゲームをしながら資産を築くことも可能です。

 

 

Crypto Spells「CM}

まとめ

いかがでしたか?Crypto Spellsは日本初のNFTデジタルカードゲームで、遊びながらさまざまな手法で稼ぐことができるという点が魅力だと言われています。
すでに人気が高まってきていますし、カードも6種類のゲームと互換性があるため、今後はよりユーザーが増えることが予想されます。

NFTゲームの場合は先行者利益が大きいため、気になる方は早めに始めておくことをおすすめします。

 

【仮想通貨】Star Atlasが凄い!注目される理由を解説

 

国内の取引所
「DMMビットコイン」の口座開設をする!"
「DMMビットコイン」の口座開設をする

 

 

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事

著者プロフィール

NEXT FINANCIAL INNOVATION株式会社 代表取締役 菊山 敬太郎
大学在学中にカナダに海外留学を経て、その後税理士法人で勤務しながら大学院で法学研究科を卒業後、経済情報研究科にも進学し経済を学ぶ。
税理士事務所で勤務と同時に2020年6月に資金調達及びメディア運営の法人会社を設立する。

仮想通貨歴
2017年に仮想通貨の投資に参加。
仮想通貨の売買するだけではなくブロックチェーンの素晴らしさを広めたくなり2021年9月にブログを開設しました。
仮想通貨について15以上取引所を開設し、100種類以上の通貨を売買を継続中。仮想通貨、NFT、DeFi、DAO、GameFi、web3.0などブロックチェーンに関わる分野を色々調べて仮想通貨ブログを運営しています