2022.02.09WEB3.0

【仮想通貨】分散化ストレージサービス「ファイルコイン」への凄い注目度とは

ファイルコインとは、2014年にスタートした分散型ストレージサービスのプロジェクトです。
大切な情報を保存するという目的で始められており、ファイルコインの存在がIT社会を大きく変えると言われている注目の仮想通貨プロジェクトといえます。

では、ファイルコインにはどのような特徴があるのでしょうか?
今回は、そのプロジェクトの詳細と今後の予想について詳しくみていきましょう。

 

▶WEB3.0とブロックチェーンの関わりと実際のサービスの特徴

 

\国内取引量NO.1の取引所「ビットフライヤー」を使ってみる/
bitFlyer

 

ファイルコインとは?

ファイルコインとは、2014年に発足して2017年にセールが行われた仮想通貨プロジェクトです。

本格始動は2020年10月と、プロジェクトスタートからかなり時間がかかりましたが、リリースされてから半年程度で時価総額がトップ10入りを果たしており、圧倒的な注目度だと言われています。

ファイルコインでは、従来のデータ保存方法の問題点を解決しつつ、より安全に利用することができるようになっているため、今後さまざまな場面で利用されることが予想されています。

 

\セキュリティが高くて安心な取引所「Houbi」で口座開設/
フォビジャパン

 

ファイルコンの特徴

では、ファイルコインの特徴とはどのような点なのでしょうか?

ここからはファイルコインの魅力について具体的に見ていきましょう。

 

従来のデータ保存の問題を解決

WEB1.0時代のデータを保存するための方法としては、パソコン内部に埋め込んで作動させるハードディスクや外付けの装置が一般的と言われていました。
その後、WEB2.0時代になってからはクラウド化が進んだことにより、GoogleDriveやDropbox等が出現し、誰もがインターネットにつなぐことによってストレージにデータを保存したり、複数人で共有することが可能となりました。

この仕組み自体は便利なものなのですが、現在のストレージサービスにはいくつかの問題点があると言われています。
それが「データの破損と流出」です。

ストレージサービスを提供する企業は、多くのユーザーのデータを保管するためにサーバーを導入しています。
私たちがクラウド内に保管したデータは、そのサーバーで保存されています。

そのため、サーバーに何かしらのトラブルが生じた場合や外部からのハッキング等があった場合には、データを自由に利用することができなくなったり、データが破損してしまうというリスクがありました。

しかし、WEB3.0時代に生み出されたIPFSというストレージ方法を利用すれば、ブロックチェーンを使ってデータを保存することができるいので、分散して管理することが可能になりました。
このことによって、ファイルコインでは従来のデータ保存の問題点である「データの破損と流出」のリスクを極限まで減らすことができるようになったのです。

 

▶「WEB3.0」って何?「WEB1.0」「WEB2.0」との違いと歴史

 

ストレージ貸し出しでマイニングが可能

仮想通貨というと、マイニングで報酬を得ることができるというイメージを持っている方もいるでしょう。
しかし、ビットコイン等の場合、高性能な専用のマシンを並べて行わなければいけないので、費用もかかる上に専門知識も必要となります。
そのため、誰もができるものではありませんでした。

ファイルコインでもマイニングは可能となっているのですが、その方法はビットコインとは大きく異なり、自身のストレージを貸し出すこととなっています。
このことにより、ビットコインのマイニングで問題とされている費用や電力の使用等は必要なく、誰でも取り組みやすい仕様となっています。

しかし、安定したストレージを貸し出すことができなければ、その分のペナルティを受けることもあるので、その点には十分注意する必要があるでしょう。

 

▶ビットコイン生誕12周年!価格推移の歴史と今後の推移は?

 

\人気NO.1の取引所「コインチェック」なら初心者でも安心/
コインチェック

 

ファイルコインが今後伸びると言われる理由

ファイルコインはリリースから半年で時価総額トップ10に入るほど注目度の高い仮想通貨プロジェクトです。
そのため、今後より注目が集まって価格が伸びることが予想されています。

そこでここからは、どうしてファイルコンがここまでに注目を集めることができたのか、その理由について見ていきましょう。

 

ICOでは280億円以上が集まった

ファイルコインは2017年にICOを行っています。
ICOとは、仮想通貨を発行して、投資家に購入してもらうことによって資金を調達するという方法です。

ファイルコンのICOでは、適格機関投資家のみを対象としていたのですが、280億以上もの資金を集めることができていることから、上場前に大きな注目を集めました。
その上、有名な投資家が多く投資していることも話題となりました。

このことから、ファイルコインには一定の信頼度があると考えられています。

 

▶【最新】国内初のIEO銘柄「パレットトークン(PLT)」の概要と魅力

 

ビットコインを超える可能性がある

現在の仮想通貨業界で最も知名度があり、時価総額1位なのは「ビットコイン」です。
ビットコインのリリースは2010年と言われていますが、その当初から圧倒的な存在感を放っています。

しかし、2020年にアメリカの取引所であるナスダックが発表した「今後ビットコインを超える可能性を持った暗号資産3選」の1つに、ファイルコインが選ばれています。

ビットコインは世界で初めての仮想通貨なのでその知名度は圧倒的に高いですが、機能性にはさまざまな難点があると言われています。
その点、ファイルコインは他の通貨とも相性がよく、今後さまざまな場面で利用される可能性が高いため、期待が高まっていることが分かります。

 

▶【仮想通貨】ビットコインとは?ビットコインのメリット・デメリットを解説

 

 

多くの法人がマイナーとなっている

ファイルコインが安定してサービスを提供するためには、より多くのマイナーが必要だと言われています。

ファイルコインでは、より多くのマイナーを集めるために本格的な運用を行う前からマイナーを募っていました。
その効果もあり、運用が始まる際には400名以上のマイナーが集まっており、多くのストレージを確保することに成功しています。

その多くが法人となっていることから、より安定してストレージを提供することができる状態が整っていると考えることができます。
より多くのユーザーが参加していることから、ファイルコインへの期待度はかなり高いことが分かります。

 

WEB3.0がベースとなっている

ファイルコインは今後一般的になると考えられているWEB3.0をベースとして作られています。
WEB3.0とは、現在のインターネットであるWEB2.0の問題点を解決することができると言われている、次世代のインターネットのことです。

WEB3.0はブロックチェーンを使ってさまざまなデータを保存することができるので、ユーザーがより安心して使える環境が整えられると予想されています。
そのため、最近ではWEB3.0をベースとしたプロジェクトが多数誕生しています。

今後、WEB3.0がグローバルスタンダードになった場合、ファイルコインを利用するプロジェクトも多くなると考えられるでしょう。

 

▶【大注目】WEB3.0関連の仮想通貨銘柄|今後伸びるのは何?

 

\初めての方でもアプリで簡単!「ビットポイント」で取引を始める/
ビットポイント

 

まとめ

いかがでしたか?ファイルコインはWEB3.0をベースとしたストレージサービスです。
ブロックチェーンを使ってデータを分散型で保存するため、データをより安全に保管できることができる方法と注目を集めています。

ファイルコンはすでにビットコインに代わる仮想通貨になる可能性を示唆されていますし、リリース直後から一気に価格が高騰していることを見ても、今後はより多くのユーザーが投資する可能性が高いと考えられます。

WEB3.0がグローバルスタンダードとなる時代には欠かせないプロジェクトなので、今後の動向や発展に注目をしておいた方がよい仮想通貨プロジェクトだと言えるでしょう。

 



\今だけ!DMM Bitcoinでお得に仮想通貨取引を始める/

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事