2022.01.17通貨名

【仮想通貨】Elrondが高騰する理由を解説

2021年11月に大きく価格を高騰させた「Elrond」という仮想通貨をご存じですか?

元々のスペックも高い上に注目を集めるニュースも多数流れていることから、これからも価格が大幅に高騰する可能性を秘めている仮想通貨だと言われています。
そこで今回は、今話題の仮想通貨「Elrond」について詳しくみていきましょう。

 

ビットフライヤーの口座開設方法

まだビットフライヤーの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「ビットフライヤー」の口座開設をする!"
「ビットフライヤー」の口座開設をする

詳細はビットフライヤーの取引所開設をご覧ください

 

Elrondとは?

Elrondとは、2020年7月にローンチされた新しい仮想通貨です。
ローンチされた直後から注目度は高く、9月には1000円台に上昇していましたが、そこからの伸び率も高く、2021年11月には55000円まで上がっています。

2022年3月30日現在コインマーケットキャップ時価総額38位、23,820円となっています。注目度の高さがうかがえます。

これだけ注目を集める理由としては、Elrondがスケーラビリティ問題を解決するために作られていることが挙げられます。
今の仮想通貨業界では、スケーラビリティは大きな問題となっているため、そこを解決できる仮想通貨に期待が高まっています。

 

コインチェックの口座開設方法

まだコインチェックの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「コインチェック」の口座開設をする!"
「コインチェック」の口座開設をする

詳細はコインチェックの取引所開設をご覧ください

 

 

Elrondの特徴

では、Elrondはどのような特徴のある仮想通貨なのでしょうか?具体的に見ていきましょう。

 

スケーラビリティ問題を解決できる

スケーラビリティ問題とは、仮想通貨の取引量が増えることによって手数料が高くなってしまったり、決済を行うのに時間がかかってしまうという問題です。
近年のイーサリアムは、多くのサービス開発にブロックチェーンが使われるようになり、このスケーラビリティ問題を解決する必要があると言われています。

そんな中、Elrondはスケーラビリティ問題を解決するために開発されているので、今後の課題を解決する手段となりうると考えられます。
これからはイーサリアム以外の仮想通貨も、スケーラビリティ問題が発生する可能性があるため、必ず必要な手段となるでしょう。

 

 

処理能力が高い

Elrondは、独自のアルゴリズムであるSPoSを採用しています。
このアルゴリズムを使うことによって、より高速での取引が可能となっています。

実際にPoSを使っているイーサリアムと比較してみると、イーサリアムは15TPSになっているのに対して、Elrondは15000TPSとなっています。
この違いは圧倒的だと言えるでしょう。

この処理能力の高さが注目を集めており、すでにある処理能力が遅くてガス代の高い通貨をElrondで仲介して取引することによって、より便利な環境を整えることができると考えられています。

 

MEXCの口座開設方法

まだMEXCの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

海外の取引所
「MEXC取引所」の口座開設をする!"
「MEXC取引所」の口座開設をする

詳細はMEXCの取引所開設をご覧ください

 

ステーキングも可能

Elrondはステーキングにも対応している仮想通貨となっています。
ステーキングとは、通貨を預けることによって一定の利益を得ることができるという方法です。

Elrondは現在大幅に価格を伸ばしている通貨ではありますが、価格の変動も大きいので、売買して利益を出すのはリスクが高いと感じる投資家の方もいるでしょう。
しかし、ステーキングを使えば、堅実に利益を獲得することができるため、2つの方法で分散して投資ができる点がメリットと言えるでしょう。

これからElrondの需要は大きく高まっていくことが予想されるため、長期的にElrondを保有しようと思っている方はステーキングも使ってみることをおすすめします。

 

メジャーな言語に対応している

Elrondはメジャーなプログラミング言語に対応しているシステムです。
そのため、多くのプログラマーが手軽に新しいサービスを生み出すことができます。

イーサリアムなどの多くの仮想通貨は、独自のプログラミング言語を使わなければいけないので、サービスを作れる人材は限られてしまいます。
しかし、メジャーな言語に対応していることによってサービスを作り出しやすくなるため、これからも急速にElrondの需要が高まっていくことが期待されています。

 

 

バイナンスのIEO銘柄となっている

バイナンスとは、世界で最も人気のある仮想通貨取引所です。
Elrondはそんなバイナンスによって資金調達が行われた通貨として知られています。

バイナンスが資金調達を行ったということは、それだけElrondに価値があると認められていることが分かります。
実際にバイナンスのIEO銘柄はどれも注目度が高く、大きく価格を高騰させていることから、Elrondも同様に期待値が高まると言えるでしょう。

 

BINANCEの口座開設方法

まだBINANCEの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

海外の取引所
「BINANCE取引所」の口座開設をする!"
「BINANCE取引所」の口座開設をする

詳細はBINANCEの取引所開設をご覧ください

 

 

Elrondの今後の動向

では、Elrondは今後どのような発展を見せていくのでしょうか?

現在、どのように予想されているのかを確認しておきましょう。

 

他のプロジェクトとの競争

現在、Elrondと同じようにスケーラビリティ問題を解決するプロジェクトは多数始動しています。
それほど、今の仮想通貨業界にとってスケーラビリティ問題は大きな課題になっていることが分かります。

たくさんの競合がある中で市場を独占するためには、Elrondが他のプロジェクトと圧倒的に違う点を見出していかなければいけません。
そのため、今後はElrondがどのようにアップデートを行っていくかをチェックしていく必要があります。

 

GMOコインの口座開設方法

まだGMOコインの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「GMOコイン」の口座開設をする!"
「GMOコイン」の口座開設をする

詳細はGMOコインの取引所開設をご覧ください

 

 

使えるブロックチェーンが多い

現在あるスケーラビリティ問題を解決するプロジェクトの中で、Elrondはより多くの通貨に対応していると言われています。
多くの仮想通貨がスケーラビリティ問題を課題として抱えている今、たくさんの通貨に対応できるというのは使いやすいと感じることでしょう。

ただ、これから出てくる仮想通貨はスケーラビリティ問題を解決した上でローンチされる可能性が高いですし、今ある仮想通貨もアップデートして問題を解決することも考えられるので、そのような状況になる前にElrondも新たなサービスを提供する必要があると考えられています。

 

新しいサービスが誕生

Elrondはメジャーなプログラミング言語を使っています。
そのため、Elrondを使った新たなサービスが出てきやすい環境になっているといえます。

Elrondを使ったサービスが多く出てくることによって、Elrondの知名度や人気が高まることが予想されるので、そうすればもっとElrondの価値が高騰することでしょう。

 

ステーキングが人気になる

Elrondの魅力の1つとして、ステーキングに対応していることが挙げられています。

ステーキングに対応する仮想通貨は多くありますが、その中でもElrondはバイナンスからのサポートを受けていることから、圧倒的な信頼度を獲得していると見ることができます。
現状では、仮想通貨業界の大きな問題となっているスケーラビリティ問題を解決する仕様となっていることから、あと数年は価格が高騰すると見られているため、長期保有してステーキングをするという方は増えてくると予想できます。

ステーキングに魅力を感じる方が増えれば、Elrondの需要が高まり価格が高騰することも予想されています。

 

ビットポイントの口座開設方法

まだビットポイントの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「ビットポイント」の口座開設をする!"
「ビットポイント」の口座開設をする

詳細はビットポイントの取引所開設をご覧ください

 

 

まとめ

いかがでしたか?Elrondは今の仮想通貨業界の大きな問題と言われているスケーラビリティ問題を解決することができるプロジェクトとなっています。
そのため、多くの投資家から注目を集めており、価格も大きく高騰を見せています。

今後も価格は順調に高騰すると見られているため、長期保有を考えてステーキングしておくという方法がおすすめです。
より多くの通貨を仲介するようになったり、新たなサービスが生み出されることとなれば、より需要が高まるでしょう。

 

DMMビットコインの口座開設方法

まだDMMビットコインの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「DMMビットコイン」の口座開設をする!"
「DMMビットコイン」の口座開設をする

 

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事

著者プロフィール

NEXT FINANCIAL INNOVATION株式会社 代表取締役 菊山 敬太郎
大学在学中にカナダに海外留学を経て、その後税理士法人で勤務しながら大学院で法学研究科を卒業後、経済情報研究科にも進学し経済を学ぶ。
税理士事務所で勤務と同時に2020年6月に資金調達及びメディア運営の法人会社を設立する。

仮想通貨歴
2017年に仮想通貨の投資に参加。
仮想通貨の売買するだけではなくブロックチェーンの素晴らしさを広めたくなり2021年9月にブログを開設しました。
仮想通貨について15以上取引所を開設し、100種類以上の通貨を売買を継続中。仮想通貨、NFT、DeFi、DAO、GameFi、web3.0などブロックチェーンに関わる分野を色々調べて仮想通貨ブログを運営しています