2022.01.20通貨名

イーサリアムのライバル!信頼性の高い「Algorand」の特徴

イーサリアムを超えるかもしれないと話題になっている「Algorand」という仮想通貨をご存じですか?
近年、イーサリアムやビットコインなどの大手の仮想通貨の価格が下落していっているのに対して、Algorandは価格が大幅に高騰しており、大きく注目を集めています。

2022年3月30日現在コインマーケットキャップ時価総額29位、112.74円となっています。

では、Algorandがこれほどまでに注目されている理由はどこにあるのでしょうか?
ここからは、イーサリアムに代わると言われているAlgorandの特徴について見ていきましょう。

 

▶メタバースの注目プロジェクト「BLOKTOPIA」って何?

 

\国内取引所「ビットフライヤー」を使ってみる/
bitFlyer

 

Algorandとは?

Algorandとは、これまでの中央集権的な金融システムと仮想通貨を構築している分散型システムを統合したブロックチェーンのプロジェクトです。

仮想通貨はこれまでの法定通貨のように、どこか1か所で管理をするという方法を一切除外して、管理者がいなくても成り立つような仕組みとなっています。
この仕組み自体は魅力的な点もたくさんあるのですが、これまでにはない新しい仕組みなので不安に思う点も多いと言われていました。

しかし、Algorandは2つのシステムを統合して行っているため、従来の法定通貨の問題点とブロックチェーンの問題点の両方を解決することができる新たなシステムということで、さまざまな企業や国家が注目しています。

 

▶仮想通貨とは?どんな投資方法?初心者向けに徹底解説

\セキュリティが高くて安心な取引所「Houbi」で口座開設/
フォビジャパン

 

Algorandの特徴

では、Algorandはどのような特徴があるプロジェクトなのでしょうか?

 

イーサリアムのような分散型ブロックチェーン

Algorandは分散型のブロックチェーンが使用されています。
分散型のブロックチェーンというと、イーサリアムが代表的ですよね。

イーサリアムのブロックチェーンは多くのシステムに使われており、多くのNFTやメタバースのプロジェクトが稼働していますが、利用者が増えたことによってガス代の高さが問題として挙げられています。

しかし、Algorandはイーサリアムに比べて、高いパフォーマンスや手数料の安さが特徴となっているので、今後人気が高まると考えられています。
イーサリアムの魅力的な点を取り入れながらも、ネガティブな要素はしっかりと解決したシステムとなっているため、イーサリアム以上に利用者が増えてくる可能性が高いシステムだといえるでしょう。

 

▶【仮想通貨】イーサリアムって何?初心者でも分かりやすく徹底解説!

 

仮想通貨の有識者が開発

Algorandを開発したのは、マサチューセッツ工科大学のシルビオ・ミカリ教授です。
この方はさまざまな技術を開発しており、仮想通貨に関連する技術を多く世に知らしめている方です。

そのため、Algorandは新たに発見された技術をいち早く取り入れて、より高機能にするためのアップデートが行われるのではないかと期待されています。
どのブロックチェーンシステムも、問題があった時になかなか解決するためのロードマップを描けずにいる場合が多いので、より早く改善してくれるシステムだと安心感があるでしょう。

 

▶最古のアルトコイン「ライトコイン(LTC)」とは?将来性も解説!

 

独自のアルゴリズムを採用

今最も定番のブロックチェーンとなっているイーサリアムは、PoSというアルゴリズムが使われていますが、Algorandの場合はPPoSという独自のアルゴリズムが採用されています。

PPoSの1番の特徴としては、誰でもブロック承認作業に参加できるという、平等性が挙げられるでしょう。
PoSの場合はある程度通貨を保有している方でなければステーキング作業に参加することはできませんでしたが、その問題がないことによって、より多くの方が参入しやすい環境が整っているといえます。

 

\人気NO.1の取引所「コインチェック」なら初心者でも安心/
コインチェック

 

ハードウォークが起きない

仮想通貨を持つ上で、多くの投資家が気になるのがハードウォークでしょう。

ハードウォークとは、ルールが変更されることによってブロックチェーンが分岐することを指します。
ハードウォークが起こってしまうと、一時的に取引ができなくなってしまったり、取引をする上での新たな問題点がいきなり発生してしまう可能性があります。

実際に、有名な仮想通貨であるビットコインやイーサリアムもハードウォークが発生しており、最初の時点ではなかった新しい通貨が誕生しています。

ハードウォークが起きてしまうと、元々保有していた通貨の価格が変動する可能性が高いですが、Algorandはハードウォークが起きない仕組みになっているため、ハードウォークによる価格変動を気にしなくてよいという点はメリットと言えるでしょう。

 

▶イーサリアムクラシックとは?イーサリアムとの違いも解説!

 

金融サービスの融合を目指している

Algorandは「futureFi」というテーマを決めて始まったプロジェクトです。
「futureFi」とは、管理者がいなくても誰でも障害がなでい状態で自由に参加することができる金融サービスです。

これまで別々に分けられていた金融サービスが融合することによって、より便利に金融サービスを使える未来を目指しています。
今後、中央デジタル通貨を目指す流れが世界的に行われていますが、Algorandもすでに取り入れているため、よりデジタル通貨が世界的に浸透してきた場合に、Algorandの価値は一気に高まることが予想されます。

 

DEXの一種「pancakeswap(パンケーキスワップ」の魅力

 

Algorandの今後の動向

では、Algorandは今後どのようになっていくのでしょうか?

仮想通貨取扱通貨数600以上、日本語対応取引所(新規優良通貨を探すならMEXCGlobal取引所)

MEXC取引所の口座開設リンク

国家からの注目

Algorandでは、中央デジタル通貨の取り扱いを行うことができる仕組みとなっています。
そのことから、多くの国家や企業がAlgorandを活用することを検討しています。

実際に、国によってはデジタル決済システムや新型コロナのワクチン接種の際にAlgorandの仕組みを採用しているところもありますし、今後世界的に取り入れることを検討している国は多いと言われています。

現状では、仮想通貨が通常の決済システムとして認知されるためにさまざまな課題があると言われていますが、Algorandはこれまでの仮想通貨の問題点を解決したシステムと言われているので、期待が高まっています。

国家レベルのインフラとして採用されれば、一気にAlgorandへの注目が高まることでしょう。

 

上場する取引所の増加

Algorandは2019年に最も人気のある海外取引所であるバイナンスに上場しています。
しかし、現状では国内の取引所で仮想通貨の取引をすることができません。

ただ、今後は多くの取引所に上場する可能性があると言われています。
上場すれば、より多くのユーザーが利用しやすくなるため、Algorandの価値が高まっていくのではないかと考えられています。

 

▶バイナンス(Binance)って日本でも使える?登録方法を徹底解説!

 

イーサリアムに代わる可能性

現在、主流として使われているのはイーサリアムのブロックチェーンです。
メジャーだからこそ注目が集まっていますし、利用しているサービスも多いですが、現在はガス代が高まっていることが問題視されています。
だからこそ、イーサリアム以外のブロックチェーンを検討するという企業や国家も増えてきています。

そんな中で注目を集めているのが、Algorandです。
現状ではイーサリアムのブロックチェーンを使用しているサービスがAlgorandに乗り換えれば、よりAlgorandに対する注目度は高まりますし、そうなる未来も近いと考えられています。

現在は多くのDEXやNFTサービス、メタバースなどが誕生しているので、今後Algorandを利用して構築されるサービスは多くなることでしょう。

 

▶DecentraLand(MANA)!注目される理由と今後の動向は?

 

\初めての方でもアプリで簡単!「ビットポイント」で取引を始める/
ビットポイント

 

まとめ

いかがでしたか?Algorandはイーサリアムに代わると期待が集まっているブロックチェーンです。
これまでの仮想通貨の問題も法定通貨の問題も解決できる仕組みとなっており、多くの国家や企業が注目しています。

現状では国内の取引所で購入することはできませんが、今後需要が高まっていく可能性はありますので、保有しておいた方がよい通貨の1つでしょう。

 

ブロックチェーン「The SANDBOX」ゲームの始め方

 

\今だけ!DMM Bitcoinでお得に仮想通貨取引を始める/

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事