2021.12.24通貨名

DecentraLand(MANA)!注目される理由と今後の動向は?

最近注目を集めているメタバースの中でも、多くの投資家が着目しているのがDecentraLandです。
仮想空間の中でさまざまな取引ができますし、他のメタバースでは行うことができない独創的なツールが用意されているため、今後より多くのユーザーが参加する可能性が高いと言われています。

また、DecentraLandの独自トークンであるMANAは、メタバースの人気に伴って2021年に入ってから20倍まで高騰したので、そのことで知っている方も多いのではないでしょうか?

知名度も徐々に高まってきているDecentraLandですが、DecentraLandはどのような仕組みになっているか分かっていない方も多いでしょう。
そこで今回は、DecentraLandの特徴や今後の展望についてご紹介していきます。

 

▶DEXの一種「pancakeswap(パンケーキスワップ」の魅力

 

\国内取引量NO.1の取引所「ビットフライヤー」を使ってみる/
bitFlyer

 

DecentraLandとは?

DecentraLandとは、イーサリアム系のブロックチェーンを活用して作られたメタバースです。
VRによって構成されており、数多くあるメタバースの中でも大きな注目を集めているプラットフォームとなっています。

DecentraLandの中で利用できる独自トークンがMANAで、DecentraLandの知名度が上がるのに合わせてMANAの価格が高騰しているため、そのことでも注目されています。
MANAは2017年にICOを実施していたのですが、開始から35秒で約26億円もの資金が集まっていました。
このことからも、DecentraLandは投資家や企業から見ても、魅力的なサービスであることが分かります。

現時点では、国内の取引所で取り扱うことはできないので、MANAを手にするためには一度国内の取引所で仮想通貨を購入して、海外の取引所に送金して売買する必要があります。

 

▶メタバースって何?仕組みやメタバースの仮想通貨について大解説!

 

\セキュリティが高くて安心な取引所「Houbi」で口座開設/
フォビジャパン

 

DecentraLandの特徴

では、DecentraLandはどのような特徴のあるプラットフォームなのでしょうか?

 

VR空間になっている

DecentraLandは、広大なVR空間となっています。
そのため、オンラインでつくられた場所になっていますが、実際にその世界にいるような環境を楽しむことができる仕様となっています。

その上、ブロックチェーンによって構成されているため、建物やアバターなどをNFTによって自由自在に作ることができるという点も特徴です。
ユーザー自身が作成することもできますし、参入している企業が作ったものをVR空間で楽しむことも可能となっています。

 

▶GameFi(Game+DeFi)がすごい!魅力と将来性を徹底解説!

 

コンテンツを売買できる

DecentraLandはブロックチェーン上に作られているため、そこで作ったNFTのコンテンツはユーザー同士で売買することができるようになっています。
基本的には、DecentraLandの独自トークンであるMANAを使って取引が可能です。
DecentraLand以外のNFTマーケットプレイスで販売すれば、その他の通貨での取引をすることもできます。

コンテンツがNFTになっていることによって、自分で販売して売上を作ることもできますし、遊びながら収益化を目指すことができるという点が魅力と言われています。

 

▶仮想通貨NFTって何?今後の世の中を大きく変える仕組みを解説

 

\人気NO.1の取引所「コインチェック」なら初心者でも安心/
コインチェック

 

他のNFTゲームとも提携している

DecentraLandにはたくさんのゲームが用意されています。
ただそれだけではなく、その他のNFT関連のゲームとも提携しており、一部のNFTを相互利用することができます。

より自由に遊ぶことができるので、通常のゲームとは違う方法で楽しむことができるでしょう。

 

所有権が明確になっている

DecentraLandではさまざまなコンテンツを自由に作ることができます。
そのコンテンツはすべてNFTとなっているので、独自性が明確になっており、誰が保有しているのかという所有権が分かるようになっています。

そのため、インターネット上であっても安心して取引をすることができるでしょう。

 

▶「open sea」って何?最近流行りのNFTマーケットの特徴・使い方

 

DecentraLandの今後の動向

すでに多くのユーザーから需要が高まってきているDecentraLandですが、今後はより一層ユーザーが増えてくるのではないかと言われています。

そこでここからは、DecentraLandの今後の動向についてご紹介していきます。

 

多くの企業が参入している

DecentraLandは現在すでに多くの企業が参入しているプラットフォームです。
DecentraLandの中の土地は売買することができますし、自分が保有している土地に対してゲームを構築したり、NFTマーケットプレイスを作ることもできるので、自由なビジネスモデルを作り出すことができます。

企業が参入するということは、それだけ今後伸び率が高くて多くのユーザーから愛されるサービスになると判断されていることが分かりますし、多くの企業がさまざまなサービスを出すことによってユーザーが増えてくる可能性も十分にあります。
そのため、これからユーザーと参入企業が相互に関係して、DecentraLandの価値を高めていくことが予想されます。

ではここでは、いくつかの導入事例について見ていきましょう。

 

アソビシステム株式会社

アソビシステム株式会社は、世界で活躍するアーティストであるきゃりーぱみゅぱみゅさんが所属している企業です。
この企業は、DecentraLand上でメタトーキョーというプロジェクトをスタートしており、独特な文化を発信していく場所を作ろうとしています。

 

サザビーズ

サザビーズとは、ロンドンで創設されている大手美術品オークション会社です。
この企業は、DecentraLand上にバーチャルギャラリーを作っています。

そのことによって、実際にロンドンまで行かなくても、魅力的なバーチャルアートを楽しむことができますし、本当に美術館に来ているような感覚を味わうことができると言われています。

 

\初めての方でもアプリで簡単!「ビットポイント」で取引を始める/
ビットポイント

 

 

MANAの価値が高騰している

DecentraLandの独自トークンであるMANAの価格は、現在も高騰を見せています。
MANAの価値が高まれば、よりDecentraLandを利用する方が増える可能性もありますし、逆にDecentraLandの利用者が増えることによってMANAの価値が高まっていきます。

DecentraLandは魅力的なサービスですし、メタバース自体への注目が集まっているため、投資の価値を感じてMANAを保有するという方も増えてきています。

 

▶メタバース情報第2弾仮想通貨銘柄が高騰!その理由と今後の関係性を紐解く

 

Polygonでの利用が一部可能になった

DecentraLandはイーサリアムのブロックチェーン上に構築されています。
イーサリアムのブロックチェーンは最近ガス代が高くなっていることが問題視されています。
そのため、DecentraLandのサービスに魅力を感じていても、ガス代が高いという理由で利用をためらっているという方もいるようです。

しかし、2021年に入ってから、低コストで利用できるPolygon上で一部の取引が行えるようになりました。
今後もこの流れが続く可能性があるため、そうするとより新規ユーザーが増えることが予想されます。

 

▶【仮想通貨】イーサリアムって何?初心者でも分かりやすく徹底解説!

 

まとめ

いかがでしたか?メタバースへの注目が集まる今、DecentraLandへの需要も高まってきています。
実際に多くの企業がすでに参入してきており、魅力的なサービスをたくさん提供してくれています。

リアルに近いVR空間の中で、リアルではできない取引を自由に行うことができるため、今後今以上に発展する可能性が高いといえます。
問題となっていたガス代もすでに解決に向けて対策していることから、これからも何か問題があれば早急にアップデートしていく可能性があるため、期待が高まるメタバースだといえます。

 

\今だけ!DMM Bitcoinでお得に仮想通貨取引を始める/

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事