2022.10.16Sleep to Earn

これから価値が上がる?眠って稼ぐDreamNの特徴

近年、仮想通貨業界では「○○to Earn」というプロジェクトの人気が高まってきています。
運動を行うことによる「Move to Earn」や、遊ぶことによって稼ぐ「Play to Earn」は、聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

そんな中、新たに登場したのが「Sleep to Earn」です。
そこで今回は、Sleep to Earnの一種である「DreamN」の特徴について見ていきましょう。

 

👇Sleep to Earnのメリット・デメリットはコチラ

 

DreamN(ドリームン)とは?

DreamNとは、開発途中のSleep to Earnプロジェクトです。
人気の高い取引所であるバイナンスが運営しているBNBブロックチェーンが使われており、注目が集まっています。

睡眠をしっかりととることによって、健康的な体と仮想通貨の両方を得ることができる、誰でも簡単に取り組むことができるので、すでに大きな注目を集めています。

 

👇バイナンスの特徴はコチラ

 

DreamNの特徴

では、DreamNとはどのような特徴のあるプロジェクトでしょうか?

 

DreamNの特徴

・寝ることによって仮想通貨を稼ぐことができる
・開発者の中にはSTEPの開発者もいる
・400枚のDreamNを保有することで始められる
・発行上限が決められているので価格高騰が期待できる
・iOSとandroidのどちらでもアプリが開発される予定
・BNBが付与される可能性が高い
・スマホと別にアクティビティトラッカーが必要

 

ここからは、DreamNの特徴やメリットについて具体的に見ていきましょう。

 

BINANCEの口座開設方法

まだBINANCEの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

海外の取引所
「BINANCE取引所」の口座開設をする!"
「BINANCE取引所」の口座開設をする

詳細はBINANCEの取引所開設をご覧ください

 

 

寝ることによって仮想通貨を稼ぐことができる

DreamNの1番のメリットは、睡眠をとることによって仮想通貨を稼ぐことができるという点です。
実際に寝る時にアプリを起動しておき、6時間以上の睡眠をとることによって、報酬が発生するという仕組みになっています。

DreamNの開発の目的は、しっかりと睡眠時間を確保することによって健康的な体づくりに必要となる習慣を身につけることです。
近年は、「○○ to Earn」というプロジェクトが人気となっていますが、どれも自分から能動的に行動しなければ報酬を稼ぐことができません。

しかし、DreamNは寝るだけで稼ぐことができるので、誰でも稼ぎやすい環境だと言われています。
DreamN以外にもSleep to Earnのプロジェクトはたくさん登場しているので、比較してどれがいいのか検討してみるといいでしょう。

 

👇人気のあるSleep to Earnのプロジェクトはコチラ

 

開発者の中にはSTEPの開発者もいる

DreamNは、まだ開発途中のプロジェクトとなっています。
その開発者の中には、Move to Earnの1つである「STEP」の開発メンバーが参加しています。

STEPは、多くの方に知られているSTEPNとは異なるもので、ファーミングやステーキングを行うことができるので、さまざまな手段で稼ぐことができると考えられています。

 

👇STEPの詳細はコチラ

 

400枚のDreamNを保有することで始められる

Sleep to Earnのプロジェクトの中には、NFTを保有しなければ始めることができないものもあります。
DreamNではそのような仕組みは用意されていませんが、代わりに400枚のトークンを持っておく必要があります。

2022年10月時点でのDreamNの価格は、「約8円」です。
つまり、3400円ほどの初期投資でDreamNを始めることができるのです。

他の○○ to Earnの場合、数万~数十万円の初期投資が必要となっているケースもあります。
これだけ事前に投資をしなければいけないプロジェクトだと、なかなか踏み出せないと感じる方もいるでしょう。

そのことを考えると、DreamNには大きな魅力があると言えます。

 

 

発行上限が決められているので価格高騰が期待できる

DreamNのトークンは、2000万枚という発行上限が定められています。
このように上限枚数が決まっていることによって、市場へ仮想通貨が過剰に供給することを防ぐことができます。

現在、DreamNのトークンはあまり上場している取引所がありません。
その上、Sleep to Earnのプロジェクト自体がまだ始まったばかりで、まだまだサービスを知っている方もそこまでいない状態です。

しかし、○○ to Earnへの注目はどんどん高まってきており、Sleep to Earnのリリースにも注目が集まっています。
そのため、今後より多くのユーザーが始める可能性は高いでしょう。

そうなった場合、発行上限が決められていることにより、他のトークンに比べてDreamNの価格は上がりやすくなると言えます。

 

 

iOSとandroidのどちらでもアプリが開発される予定

DreamNはまだ開発途中で、リリースはされていません。
ただ、今後はiOSとandroidの両方でアプリが作られる予定となっています。

リリースされた時には、iPhoneでもandroidでも取り組むことができるのは、大きな魅力と言えるでしょう。

 

 

BNBが付与される可能性が高い

DreamNのホワイトペーパーによると、報酬はDreamNトークンではなくバイナンスコイン(BNB)となる可能性が高いです。
バイナンスコインは、2022年10月時点では約42000円となっており、時価総額は4位となっています。

価格もかなり上がってきていますし、注目の高い仮想通貨です。
このようなBNBがもらえるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

 

👇BNBコインの特徴を知りたい方はコチラ

 

スマホと別にアクティビティトラッカーが必要

DreamNでは、スマホとは別に心拍数や睡眠の状態を把握することができるウェアラブルデバイスが必要となります。
このような端末をつけておくことによって、睡眠の状態を正確に把握して計測を行います。

DreamNを行うのであれば、必ずウェアラブルデバイスを用意しておくようにしましょう。

 

コインチェックの口座開設方法

まだコインチェックの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「コインチェック」の口座開設をする!"
「コインチェック」の口座開設をする

詳細はコインチェックの取引所開設をご覧ください

 

 

まとめ

いかがでしたか?DreamNは現在注目を集めているSleep to Earnのプロジェクトです。
睡眠を6時間以上とることによって、注目度の高いBNBコインをもらうことができる仕組みとなっています。

まだ開発途中ではありますが、今後今以上に大きく人気が高まると考えられています。
初期投資も少なく、誰でも始めやすいので、Sleep to Earnのプロジェクトに参入してみたいと考えている方は、まずはDreamNを使ってみてはいかがでしょうか?

 

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事

著者プロフィール

NEXT FINANCIAL INNOVATION株式会社 代表取締役 菊山 敬太郎
大学在学中にカナダに海外留学を経て、その後税理士法人で勤務しながら大学院で法学研究科を卒業後、経済情報研究科にも進学し経済を学ぶ。
税理士事務所で勤務と同時に2020年6月に資金調達及びメディア運営の法人会社を設立する。

仮想通貨歴
2017年に仮想通貨の投資に参加。
仮想通貨の売買するだけではなくブロックチェーンの素晴らしさを広めたくなり2021年9月にブログを開設しました。
仮想通貨について15以上取引所を開設し、100種類以上の通貨を売買を継続中。仮想通貨、NFT、DeFi、DAO、GameFi、web3.0などブロックチェーンに関わる分野を色々調べて仮想通貨ブログを運営しています