2022.10.10Sleep to Earn

Sleep ecosystemの特徴|Sleep to Earn・Defi・メタバースが融合している・・・

最近、睡眠をとることによって報酬を稼ぐことができる「Sleep to Earn」が流行しています。
しかし、たくさんのSleep to Earnのプロジェクトが登場してきており、どれを使えばいいのか迷っている方も多くいるようです。

そんな方におすすめなのが、「Sleep ecosystem(スリープエコシステム」です。
Sleep ecosystemは、他のSleep to Earnとは異なり、DeFiやメタバースの側面も融合されているので、今後圧倒的に注目を集めると期待されています。

そこで今回は、Sleep ecosystemの特徴やメリットについて、具体的にご紹介していきましょう。

 

 

Sleep ecosystem(スリープエコシステム)とは?

Sleep ecosystemとは、毎日行っている睡眠をスコア化し、その点数によって仮想通貨が付与されるという仕組みです。
使われているトークンは「SLEEP」で世界最大のCEXと言われているバイナンスが運営しているBNB上に構築されています。

Sleep to Earnはまだ始まったばかりのプロジェクトが多く、獲得したトークンを取引で使えるというケースはほとんどありません。
しかし、Sleep ecosystemのSLEEPは、すでにDEXの1つである「Pancakeswap」で使うことができるようになっています。

 

ビットポイントの口座開設方法

まだビットポイントの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「ビットポイント」の口座開設をする!"
「ビットポイント」の口座開設をする

詳細はビットポイントの取引所開設をご覧ください

 

 

Sleep ecosystemの特徴

Sleep ecosystemは、他社のSleep to Earnとは異なる特徴がいくつか用意されていると言われています。

 

Sleep ecosystemの特徴

・睡眠時間によって算出されるスコアに基づくトークンが付与される
・2つの仮想通貨を得ることができる
・DeFiの要素が組み込まれている
・メタバースのコンセプトも用意されている
・オリジナルのNFTを売買することが可能

 

そこでここからは、Sleep ecosystemの特徴について詳しく見ていきましょう。

 

睡眠時間によって算出されるスコアに基づくトークンが付与される

Sleep ecosystemでは、今後ローンチされる専用のアプリを端末にダウンロードし、自分が寝ている時間を感知してカウントします。
それによって導き出されたスコアによって、報酬としてSLEEPトークンが得られるようになっています。

これからSleep ecosystemを使うユーザーが増えれば、SLEEPの価値が大きく上がることも考えられるので、早めに取り組んでおきたいという方が多くいるようです。

 

コインチェックの口座開設方法

まだコインチェックの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「コインチェック」の口座開設をする!"
「コインチェック」の口座開設をする

詳細はコインチェックの取引所開設をご覧ください

 

 

2つの仮想通貨を得ることができる

通常のSleep to Earnの場合、そのプロジェクトのネイティブトークンしかゲットすることができません。
Sleep ecosystemでいえば、「SLEEP」のことです。

しかし、SLEEPの保有量に応じてBUSDという仮想通貨も手にすることができます。

 

BUSDとは?
BUSDとは、世界最大の仮想通貨取引所である「BINANCE」とPaxosが発行しているステーブルコイン。
米ドルとペッグしており、ニューヨーク州金融サービス庁か承認を受けている。
現在の時価総額は、ステーブルコインの中では第三位。

 

独自トークンだけではなく、すでに注目されているコインも扱っているため、人気が高まると予想されています。

 

 

DeFiの要素が組み込まれている

Sleep ecosystemは、Sleep to Earnの機能以外にDeFiの要素も含まれています。

 

Defiとは?
日本語に訳すと、「分散型金融」という意味になる
スマートコントラクトを使って自動的に承認を行うことによって、中央の管理者がいない状態で取引ができる金融システム。

 

Sleep ecosystemで付与されたSLEEPとBUSDを一緒にステーキングすることによって、より効率よく利息が稼げるようになっています。
睡眠によって獲得した仮想通貨を使って稼ぐことができるので魅力的でしょう。

その上、今後は複数のブロックチェーンで使えるようになる予定なので、スムーズに送金をすることができると期待が高まっています。

 

 

メタバースのコンセプトも用意されている

Sleep ecosystemでは、メタバースのコンセプトも用意されており、睡眠によって稼ぐだけではなく楽しめる要素もあります。

 

メタバースとは?
メタバースとは、インターネット上に構築された仮想空間。
アバターとして自分の分身をそこに入れて、現実世界のような社会生活を送ることができる仕組み。

 

Sleep ecosystemでは、さまざまな独自のNFTアバターが用意されています。
これを使うことによって、街を拡大していくという仕組みです。

Sleep ecosystemのプラットフォームを使って遊ぶことによって、睡眠によって獲得したSLEEPを楽しみながら増やすことが可能です。
最近、メタバースも注目を集めているので、人気の高いコンテンツを2つ楽しむことができる点が人気が高まる要因だと考えられています。

ただ、メタバースに参加するためにはSleepyRabbit NFTとCloudLand NFTの2つを保有しておく必要があります。
メタバースで楽しみたい方は、事前に用意しておきましょう。

 

 

オリジナルのNFTを売買することが可能

先ほどもお伝えしたように、Sleep ecosystemではさまざまなオリジナルのNFTが登場しています。
このNFTを使って、メタバース内で楽しむことができます。

それだけではなく、よりレアなアイテムをゲットしておけば、NFTを売買して稼ぐことができるので、より収益の幅が広がると考えられています。
メタバースに参加するためには、2つのアイテムを持っていることが条件となっているので、早めに保有したいと考えている方もおり、すでに売買されています。

このNFTはバイナンスコインでの売買が検討されているので、事前に持っておくとスムーズに取引をすることができるでしょう。

 

BINANCEの口座開設方法

まだBINANCEの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

海外の取引所
「BINANCE取引所」の口座開設をする!"
「BINANCE取引所」の口座開設をする

詳細はBINANCEの取引所開設をご覧ください

 

 

まとめ

いかがでしたか?Sleep ecosystemは睡眠をとることによって報酬を得ることができる「Sleep to Earn」です。
それだけではなく、メタバースやDefiといった人気の仮想通貨プロジェクトの要素も含まれているため、魅力的だと言えるでしょう。

もらえる仮想通貨もSLEEPだけではなくBUSDもあり、安定した収益を作ることが可能です。
すでにメタバースのNFT取引も行われていますし、先行者利益が大きいと言われているので、ぜひ早めに参入してみてはいかがでしょうか?

 

DMMビットコインの口座開設方法

まだDMMビットコインの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「DMMビットコイン」の口座開設をする!"
「DMMビットコイン」の口座開設をする

 

👇Sleep ecosystemの最新情報はこちらをCHECK

 

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事

著者プロフィール

NEXT FINANCIAL INNOVATION株式会社 代表取締役 菊山 敬太郎
大学在学中にカナダに海外留学を経て、その後税理士法人で勤務しながら大学院で法学研究科を卒業後、経済情報研究科にも進学し経済を学ぶ。
税理士事務所で勤務と同時に2020年6月に資金調達及びメディア運営の法人会社を設立する。

仮想通貨歴
2017年に仮想通貨の投資に参加。
仮想通貨の売買するだけではなくブロックチェーンの素晴らしさを広めたくなり2021年9月にブログを開設しました。
仮想通貨について15以上取引所を開設し、100種類以上の通貨を売買を継続中。仮想通貨、NFT、DeFi、DAO、GameFi、web3.0などブロックチェーンに関わる分野を色々調べて仮想通貨ブログを運営しています