2022.10.03Move to Earn

CaloRun(カロラン)は稼げる?特徴や稼ぎ方を大公開!

カロランとは、最近注目を集めているMove to Earnの1つです。
ウォーキングやランニングを行うことによって稼げる仕組みですが、それ以外にも独自のサービスを導入する予定となっており、すでに多くの方が期待を集めています。

そんなCaloRun(カロラン)は本当に稼ぐことができるプロジェクトなのでしょうか?
そこで今回は、CaloRunの特徴や稼ぎ方について詳しく見ていきましょう。

 

ビットフライヤーの口座開設方法

まだビットフライヤーの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「ビットフライヤー」の口座開設をする!"
「ビットフライヤー」の口座開設をする

詳細はビットフライヤーの取引所開設をご覧ください

 

 

CaloRunの特徴

CaloRunはMove to Earnの1つですが、他のプロジェクトにはない独自のサービスがあります。

 

CaloRunの特徴

・ウォーキングすることで稼げる
・STEPNに近い仕組みとなっており、ゲーム性が高い
・独自のトークが2種類発行されている
・AR・VR機能が搭載される予定

 

そこで今回は、CaloRunの特徴について見ていきましょう。

 

ウォーキングすることで稼げる

CaloRunはMove to Earnとなっています。
そのため、ウォーキングやランニングを行うことによって、仮想通貨を稼げる仕組みとなっています。

普段から楽しみながら運動をすることで稼ぐことができるので、資産と健康の両方を手にすることができるでしょう。

 

 

STEPNに近い仕組みとなっており、ゲーム性が高い

CaloRunのようなMove to Earnのプロジェクトは多数用意されています。
それぞれ特徴があり、楽しみながら運動をできる要素が追加されているようです。

CaloRunのゲームの使用が最も近いのは、Move to Earnとして知名度が高い「STEPN」です。

 

CaloRunとSTEPNの似ている箇所
・NFTのスニーカーを使って運動を行う
・スニーカーごとに属性が定められており、レアリティが重要となる
・ガチャボックスでアイテムをゲットすることができる

 

NFTスニーカーがあり、その属性やレアリティによって稼ぎ方が異なるので、ゲーム性が高いと言われています。
ただ運動するだけは嫌だと感じている方には、最適でしょう。

その上、STEPNはすでに多くの方に知られており、スニーカーの価格も高くなっています。
しかし、CaloRunはまだまだ安価でスニーカーを手にすることもできるので、始めやすい環境だと言えるでしょう。

 

独自のトークンが2種類発行されている

CaloRunで取り扱われているトークンは、2種類あります。

 

・FIT Token:ユーティリティトークン(スニーカーの修理やブーストに使われる)
・CALO:ガバナンストークン(運営に対しての発言権が得られる)

 

この2つのトークンは、どちらもNFTスニーカーをレベルアップしたり、アップグレードするために使われます。
そのため、多くのトークンを獲得することによって、より稼ぎやすい環境を作ることができるでしょう。

現時点で上場を果たしているのは、CALOです。
日本の取引所には上場しておらず、「MEXC」のみとなっています。

FIT Tokenを取り扱っているのは、PancakeSwapです。
ただ、今後はさまざまな取引所で取り扱われる可能性もあるため、その動向に注目が集まっています。

 

 

AR/VR機能が搭載される予定

CaloRunが他のMove to Earnプロジェクトと異なると言われている点は、「AR/VR機能」が搭載される予定となっている点です。

 

AR機能:現実世界を主体として、そこに付与情報を与えて現実世界を拡張する機能のこと
VR機能:コンピュータ上に人工的な空間を作り出し、仮想現実を体験することができる機能のこと

 

CaloRunのロードマップを見てみると、2023年にはこのような機能が実装される予定となっています。
現時点では、AR/VR機能が搭載される予定のMove to Earnはないため、実装されると他のプロジェクトよりも大幅に差別化を図ることができるでしょう。

現時点では詳しい情報は発表されていませんが、このような機能があることによって、どこの場所でも楽しみながら運動を継続することが可能になると考えられています。

 

MEXCの口座開設方法

まだMEXCの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

海外の取引所
「MEXC取引所」の口座開設をする!"
「MEXC取引所」の口座開設をする

詳細はMEXCの取引所開設をご覧ください

 

CaloRunの稼ぎ方

CaloRunには、複数の稼ぎ方が用意されています。

 

CaloRunの稼ぎ方

・1人で運動を行う
・プレイヤー同士でチームを組み、報酬を稼ぐ
・NFTスニーカーの売却を行う
・NFTスニーカーのレンタルを行う

 

そこでここからは、CaloRunの稼ぎ方の詳細を詳しく見ていきましょう。

 

1人で運動を行う

CaloRunでは、ウォーキングを行うことによって独自トークンを稼げる仕組みとなっています。
NFTスニーカーの保有数によってもらえるトークンの量は変わり、5分間移動するとスタミナを消費するという仕組みになっています。

NFTスニーカーの性能によっても稼げるトークンの量は異なるので、自分に合ったスニーカーを手に入れて、レベルアップを行うことが重要でしょう。

 

プレイヤー同士でチームを組んで報酬を稼ぐ

CaloRunの中には、「チャレンジモード」という機能が用意されています。
このモードでは、同じようにCaloRunに取り組んでいるユーザーと一緒にチームを組み、競い合うことができるようになっています。

一定期間内にどれくらい移動したのかによって、勝敗がつく仕組みとなっています。
そのため、1人で運動するのはなかなか継続できないという方でも、楽しみながら続けられる可能性が高いと言えるでしょう。

1人で運動を行うシングルモードと同様に、チャレンジモードでもミッション機能が搭載されており、それをクリアすることによって豪華な報酬を得ることが可能です。
その上、チームが上位に入ることができれば、レアリティの高い限定NFTスニーカーが付与されることもあるので、魅力的だと感じている方は多くいます。

より多くの商品をゲットしたいという方は、チャレンジモードも積極的に取り組んだ方がよいでしょう。

 

コインチェックの口座開設方法

まだコインチェックの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「コインチェック」の口座開設をする!"
「コインチェック」の口座開設をする

詳細はコインチェックの取引所開設をご覧ください

 

 

NFTスニーカーの売却

先ほどもお伝えしたように、CaloRunではNFTスニーカーごとに属性やレアリティが定められています。
そのため、よりレベルが高くてレアなスニーカーを持っていれば、高値で取引される可能性があります。

実際に同じようなプロジェクトである「STEPN」では、1足$1500(約15万円)ほどの価格がつくこともあったため、今後CaloRunの注目度が上がると共に価格が高騰することが期待されています。
そのことを考えると、早めに参入してより安い価格でスニーカーをゲットしておき、あとでNFTを販売して利益を上げることもできるでしょう。

 

NFTスニーカーのレンタル

CaloRunは最初にNFTスニーカーをゲットしなければ、ゲームを始めることができません。
NFTスニーカーはある程度の価格が必要となるので、参入しづらいという方もいるでしょう。

そのような方向けに、今後はNFTスニーカーのレンタル機能も実装される予定となっています。
この機能が搭載されれば、自分が持っているスニーカーを貸し出すことによって、報酬を得ることが可能です。

レンタルを行えば、自分があまり運動をしていない時でも自動的にCaloRunを稼いでくれる仕組みとなっています。

 

CaloRunのレンタルスニーカーの報酬
・貸し出した人:利益の70%
・借りた人:利益の30%

早めにNFTスニーカーを購入しておけば、今後は効率よくトークンを稼ぐことが可能です。

 

まとめ

CaloRunは現在注目が集まっているMove to Earnで、STEPNに似た要素が多いと言われています。
しかし、まだまだNFTスニーカーの価格も安いので、取り組みやすい状態です。

このような新たなプロジェクトは先行者有利となりやすいので、早めに参入しておくことによって効率よく資産を稼ぐことができるでしょう。

 

ドライブで仮想通貨が稼げる「DriveZ」の特徴や稼ぎ方

 

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事

著者プロフィール

NEXT FINANCIAL INNOVATION株式会社 代表取締役 菊山 敬太郎
大学在学中にカナダに海外留学を経て、その後税理士法人で勤務しながら大学院で法学研究科を卒業後、経済情報研究科にも進学し経済を学ぶ。
税理士事務所で勤務と同時に2020年6月に資金調達及びメディア運営の法人会社を設立する。

仮想通貨歴
2017年に仮想通貨の投資に参加。
仮想通貨の売買するだけではなくブロックチェーンの素晴らしさを広めたくなり2021年9月にブログを開設しました。
仮想通貨について15以上取引所を開設し、100種類以上の通貨を売買を継続中。仮想通貨、NFT、DeFi、DAO、GameFi、web3.0などブロックチェーンに関わる分野を色々調べて仮想通貨ブログを運営しています