2022.09.27Move to Earn

【第二のSTEPN】Fitmintの特徴・稼ぎ方・始め方を解説!

Fitmintとは、最近注目を集めている「Move to Earn」の1つです。
Move to Earnというと、STEPNが最も有名ですが、Fitmintはリリースされた当初から「第二のSTEPN」になると話題になっています。

まだ新しいサービスなので、現在はβ版しか公開されていませんが、これまでのMove to Earnの欠点を改善して行われているので、よりよいサービスになる可能性が高いでしょう。
そこで今回は、Fitmintの特徴や稼ぎ方、始め方について詳しく見ていきましょう。

 

コインチェックの口座開設方法

まだコインチェックの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「コインチェック」の口座開設をする!"
「コインチェック」の口座開設をする

詳細はコインチェックの取引所開設をご覧ください

 

 

Fitmintの特徴

ではここからは、Fitmintの特徴について見ていきましょう。

 

Fitmintの特徴

・歩くことによって稼げる「Move to Earn」
・スニーカーの種類がたくさん用意されている
・他のアプリと一緒に使うことができる
・無料で行うことができる
・Polygonチェーンが使われている

 

ぜひ詳細をしっかりとチェックして、Fitmintを行うか検討してみてくださいね。

 

歩くことによって稼げる「Move to Earn」

FitmintはSTEPNと同じように、ウォーキングやランニングをすることによって稼ぐことができる「Move to Earn」です。
そのため、何か行う必要はなく、事前にセットしておけば生活の中で歩いたり走ったりすることによって、仮想通貨をもらうことができます

仮想通貨というと、ハードルが高い方も多くいるようですが、Move to Earnであれば普段の行動の中で気軽に取り組むことができるので、チャレンジしやすいと考えられています。

 

 

スニーカーの種類がたくさん用意されている

Fitmintでは、NFTのスニーカーを使ってゲームを進めます。
種類は大きく分けて5つ用意されており、どのスニーカーを持っているのかによって稼ぎ方が変わります。

 

Fitmintのスニーカーの種類
・Basic
・Athlete
・Pro-Athlete
・Legend
・special edition

 

このスニーカーの種類によって、決められている歩行速度や距離などの指標が異なります。
そのため、自分に合ったものを探して選んだ方が、効率よく資産を築くことができるでしょう。

 

BINANCEの口座開設方法

まだBINANCEの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

海外の取引所
「BINANCE取引所」の口座開設をする!"
「BINANCE取引所」の口座開設をする

詳細はBINANCEの取引所開設をご覧ください

 


他のアプリと一緒に使うことができる

Fitmintはスマートフォンにアプリをインストールして、ヘルスケアアプリと連動する形で行います。
そのため、他のMove to Earnゲームと連動して使うことが可能です。

Move to Earnに取り組む方の中には、複数のアプリを使って効率よく仮想通貨を稼ぎたいと考えている方もいるでしょう。
そのような方でも使いやすい仕組みとなっているので、今後人気が高まる可能性があると言われています。

 

無料で行うことができる

現在、Move to Earnは人気が高まってきており、さまざまなプロジェクトがスタートしています。
しかし、その多くが最初にNFTを購入しなければいけない仕様となっており、高額なものだと10万円程度の初期投資が必要になるので、なかなか踏み出せないという方もいるようです。

ただ、Fitmintはゲームのアカウント開設時にベーシックタイプのスニーカーを付与しています。
そのため、初期費用は必要がりません。

また、Fitmintの場合はSNS等で拡散したユーザーに大して、NFTスニーカーのプレゼントを行っています。
抽選となっているので、全員に付与されるわけではありませんが、無料でレアリティの高いスニーカーをゲットして、始められる可能性があるのは大きな魅力と言えるでしょう。

 

Polygonチェーンが使われている

Fitmintは、開発の際にPolygonチェーンが使われています。
Polygonチェーンとは、以下のような特徴があります。

 

Polygonの特徴
・ガス代が安い
・速度が早い
・いち早くNFTマーケットで採用されている

 

このようなブロックチェーンが使われているため、より低コストで素早く遊ぶことができます。
この点も、他のMove to Earnと比べて魅力的なものだといえるでしょう。

 

 

Fitmintで仮想通貨を稼ぐ方法

Fitmintでは、さまざまな方法を使って仮想通貨を稼ぐことができます。

 

Fitmintの稼ぎ方

・運動をして稼ぐ
・自分の持っているNFTスニーカーを売買する
・ステーキングを行って稼ぐ

 

そこでここからは、Fitmintの稼ぎ方について見ていきましょう。

 

運動をして稼ぐ

FitmintはMove to Earnとなっているので、ウォーキングやランニングを行うことによって仮想通貨が付与される仕組みとなっています。
付与される基準は持っているNFTスニーカーによって異なります。

どれくらいの速度で走るのか、どれくらいの距離を歩くのかという点を事前に理解しておき、自分にあったNFTスニーカーを選びましょう。
あとはたくさん運動をするだけです。

現在はまだ正式版はリリースされておらず、ベーシック版しか取り組むことができません。
ベーシック版の場合、1日15分だけ運動ができる仕組みとなっています。

屋外の運動でしか反映されないので、注意しておきましょう。
また、スニーカーを強化することによってより効率よく稼ぐこともできるので、強度を上げておくことをおすすめします。

 

GMOコインの口座開設方法

まだGMOコインの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「GMOコイン」の口座開設をする!"
「GMOコイン」の口座開設をする

詳細はGMOコインの取引所開設をご覧ください

 

自分の持っているNFTスニーカーを売買する

Fitmintでは、NFTスニーカーを使って仮想通貨を稼ぎます。
そのスニーカーによって稼げる量や効率のよさは異なるので、誰もが自分に合ったNFTスニーカーを探しています。

このような仕組みになっているので、強度を高めたスニーカーやレア度の高いものを持っていれば、NFTマーケットプレイスで高額取引を行うこともできます。
その上、今後Fitmintの人気が高まれば、NFTスニーカーの価値が高まる可能性があります。

早めに始めて強化しておけば、より稼ぎやすい環境を作ることができるでしょう。

 

ステーキングを行って稼ぐ

Fitmintの中で付与される「FIIT」というトークンを使ったステーキングも実装予定となっています。

 

ステーキングとは、自分が持っているトークンを運営側に預けることによって、利息を受け取ることができる仕組み。
この機能を使えば、自分がトークンを使わない期間でも、収入を作ることができる。
便利な機能ではあるが、対応している通貨しか行うことができないので、ステーキング対応コインを積極的に使っている方も多い。

 

長期的に取引を行いたいと考えている方の場合、ステーキングで預けておいた方が効率的に資金を増やすことができるでしょう。

また、仮想通貨の取引を行っている方の中には、ステーキングを積極的に行いたいと考えている方もいます。
そのため、今後FIITの価値が一気に高まる可能性は十分にあると考えられているようです。

 

 

Bybitの口座開設方法

まだBybitの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

海外の取引所
「Bybit」の口座開設をする!"
「Bybit」の口座開設をする

詳細はBybitの取引所開設をご覧ください

 

まとめ

Fitmintは最近人気が高まってきているMove to Earnの1つです。
無料で始めることもでき、より速度が高くてコストが安いPolygonのブロックチェーンを利用しているため、「第二のSTEPN」との呼び声も高いです。

まだ開発段階ではありますが、ベーシック版でも多くの方に利用されているため、これから需要が高まるブロックチェーンゲームと言えるでしょう。
先行者利益が強いので、早めに始めておくことをおすすめします。

 

DMMビットコインの口座開設方法

まだDMMビットコインの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「DMMビットコイン」の口座開設をする!"
「DMMビットコイン」の口座開設をする

 

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事

著者プロフィール

NEXT FINANCIAL INNOVATION株式会社 代表取締役 菊山 敬太郎
大学在学中にカナダに海外留学を経て、その後税理士法人で勤務しながら大学院で法学研究科を卒業後、経済情報研究科にも進学し経済を学ぶ。
税理士事務所で勤務と同時に2020年6月に資金調達及びメディア運営の法人会社を設立する。

仮想通貨歴
2017年に仮想通貨の投資に参加。
仮想通貨の売買するだけではなくブロックチェーンの素晴らしさを広めたくなり2021年9月にブログを開設しました。
仮想通貨について15以上取引所を開設し、100種類以上の通貨を売買を継続中。仮想通貨、NFT、DeFi、DAO、GameFi、web3.0などブロックチェーンに関わる分野を色々調べて仮想通貨ブログを運営しています