2022.12.08Move to Earn

エクササイズで稼げる!「WIRTUAL(ワーチャル)」が凄すぎる!

最近は現実世界とブロックチェーンをつなげたゲームやアプリが注目を集めています。
その中でもよく利用されているのが「Move to Earn」です。

現実世界で運動を行うことによって報酬を稼ぐことができるので、健康的な体と資産の両方を手にすることができると人気が高まっています。
そこで今回は、Move to Earnの中でも期待値が高い「WIRTUAL(ワーチャル)」について見ていきましょう。

 

Bybitの口座開設方法

まだBybitの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

海外の取引所
「Bybit」の口座開設をする!"
「Bybit」の口座開設をする

詳細はBybitの取引所開設をご覧ください

 

WIRTUALとは

WIRTUALとは、2022年3月に正式にリリースされた仮想通貨プロジェクトです。
運動をすることによって稼ぐことができることから、「Exercise to Earn」と呼ばれているようです。

最近人気のあるMove to Earnの場合、ランニングやウォーキングで一定の基準を満たすことによって仮想通貨をもらうことができる仕組みとなっていました。
しかし、WIRTUALはさまざまな運動によって仮想通貨をもらうことができたり、オリジナルの課題を作ってこなすことによって稼げるようになっているので、より自由なエクササイズで報酬を得られる点が人気となっています。

 

WIRTUALの特徴

Move to Earnのサービスは、多数公表されています。
その中でもWIRTUALは、多くのユーザーからの人気を誇っているようです。

 

WIRTUALの特徴

・さまざまな運動で稼ぐことができる
・NFTコンテンツが豊富
・無料で始めることができる
・ユーザー同士で競い合うことができる
・バーチャルスポーツのイベントがある

 

そこでここからは、WIRTUALの魅力や特徴についてご紹介していきましょう。

 

さまざまな運動で稼ぐことができる

最近、現実世界でランニングやウォーキングを行うことによって稼ぐことができる「Move to Earn」は多くリリースされています。
普段の行動で仮想通貨を稼ぐことができるので、ハマっている方も多くいるでしょう。

しかし、Move to Earnの場合は決まった運動データでしか報酬が発生しないので、他の運動をしている方の中には物足りないと感じていたようです。
そのような問題を解決してくれるのが「WIRTUAL」です。

WIRTUALはさまざまな運動に対応しているので、より多様な方法で仮想通貨を稼ぐことができるのです。
付与される仮想通貨は、「WIRTUAL coins」となっています。

 

WIRTUALで報酬が発生する運動
・Running(走る)
・Walking(歩く)
・Cycling(自転車に乗る)
・Swimming(泳ぐ)
・Dancing(踊る)
・Workng Out(筋トレ)

自分の好きな方法でエクササイズを行うだけで、そのデータを読み込んで報酬が発生するのは魅力的でしょう。

 

NFTコンテンツが豊富

Move to Earnの場合、何かしらのNFTコンテンツを保有してそれを売買することができる仕組みが用意されているケースが多いです。
レアなNFTは高額で取引されることもあるので、それで稼いでいるという方もいます。

一般的にはスニーカーのNFTのみとなっているケースが多いようですが、WIRTUALではさまざまなNFTコンテンツが豊富に用意されています。

 

WIRTUALで用意されているアバター
・Hair(髪の毛)
・Headgear1(帽子・ヘルメット)
・Headgear2(アイウェア・眼鏡・サングラス)
・Headgear3(口周りの装飾品)
・Clothes(洋服)
・Shoes(靴)
・Accessories(アクセサリー)
・Pet(ペット)
・Medel(メダル)

 

このように豊富なアイテムが用意されているので、自分のアバターを好みの形にして楽しむこともできます。
その上、レアリティが高いものをアバターにつけておくと、参加できるチャレンジの数やもらえる報酬も増えるようになっています。

 

Common:なし
Rare:毎日最大1コインを付与/毎日最大1ミッション追加
Epic:毎日最大2コインを付与/毎日最大2ミッション追加
Legendary:毎日最大3コインを付与/毎日最大5ミッション追加
Mythic:毎日最大10コインを付与/毎日最大10ミッション追加

 

 

無料で始めることができる

Move to Earnの多くは、初期費用がかかる仕組みになっています。
例えば、最も知名度のあるSTEPNの場合は始める際にNFTのシューズを購入する必要があります。
費用はだいたい10万円程度はかかるので、費用を負担に感じてなかなか踏み出せないという方もいるようです。

しかし、WIRTUALの場合は初期投資を行わなくても無料で始めることが可能です。
この仕組みであれば、気軽に始めることができるでしょう。

ただ、WIRTUALでは課金した方が効率よく稼げる仕組みとなっているので、無料だと資産を稼ぐのに時間がかかるようです。

 

Bybitの口座開設方法

まだBybitの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

海外の取引所
「Bybit」の口座開設をする!"
「Bybit」の口座開設をする

詳細はBybitの取引所開設をご覧ください

 

ユーザー同士で競い合うことができる

WIRTUALでは、1人でエクササイズに取り組むこともできますが、ユーザー同士でスピードや距離を競うことができます。
そのため、1人ではなかなか運動が継続できないという方でも、日々取り組むことができるでしょう。

楽しみながらエクササイズをしたい方にもおすすめのサービスです。

 

バーチャルスポーツのイベントがある

WIRTUALの中では、バーチャルスポーツのイベントが実施されています。
バーチャルスポーツイベントとは、それぞれ異なる場所にいる方が一緒に運動をして競うことができるシステムです。

イベントに参加するチケット代は1ドル~2000ドル(100~2万円)程度となっています。
上位になればメダルや商品などをもらうことができるので、普段からモチベーションが高い状態でエクササイズを行うことができるでしょう。

 

アクセス機能がある

アクセス機能とは、コインをたくさん持っているほど獲得できるコインが増えるという仕組みです。
コインを保有している量が多いと、追加機能をアンロックすることができるので、より効率よく稼ぐことができるでしょう。

 

WIRTUALのホルダーレベル
・Starter:100コイン
・Silver:200コイン
・Gold:500コイン
・Business:1500コイン
・Platinus:5000コイン
・Emerald:10000コイン
・Master

 

できるだけ多くのコインを稼ぎたい方は早くランクを上げることをおすすめします。

 

他のアプリと併用することができる

WIRTUALは、他のMove to Earnのアプリと併用して使うことができます。
そのため、他のものも導入して利用すれば、いつも通り運動をするだけでより多くの資産を稼ぐことができるでしょう。

 

WIRTUALとの併用がおすすめなアプリ
STEPN(ウォーキング・ランニングで稼げる)
beFITTER(睡眠でも稼げる)
Sweatcoin(無料で始められる)
RunBlox(ゲーム性が高い)
Dustland(ストーリーが楽しめる)

 

効率よく稼ぎたい方は、ぜひ他のものも利用してみることをおすすめします。

 

WIRTUALで稼ぐ方法

WIRTUALでは、いくつかの稼ぎ方が用意されています。

 

WIRTUALの稼ぎ方

チャレンジを行って稼ぐ
・NFTを売買して稼ぐ
・レベル上げを行って稼ぐ

そこでここからは、WIRTUALの稼ぎ方について詳しく見ていきましょう。

 

チャレンジを行って稼ぐ

WIRTUALでは、チャレンジが用意されています。

 

チャレンジとは、ランニングやウォーキングなどの運動を行う際に定められているクエストのようなものです。
これをクリアすることによって、報酬が得られる仕組みとなっています。

チャレンジに挑戦してクリアすれば、報酬が得られるので効率よく稼ぐことができるでしょう。
しかし、チャレンジは有料版と無料版が用意されています。

WIRTUALは無料で行うことができますが、有料版の方がより多くの報酬が得られるようになっているので、お得でしょう。
基本的に、報酬はWIRTUALコインで支払われていますが、NFTが付与されることもあるようです。

有料のチャレンジに参加する時には、事前にクレジットカードやデビットカードで参加費用を支払うようにしましょう。

 

NFTを売買して稼ぐ

WIRTUALでは、アバターに着せることができるNFTが豊富に用意されています。
NFTにはそれぞれレアリティが設定されており、レア度が高い方が受け取れる報酬とチャレンジ数が増える仕組みになっています。

少なくともレア以上のアバターが必要となるので、より希少なものを保有しておくと稼ぎやすくなるでしょう。

 

レベル上げを行って稼ぐ

WIRTUALでは、ホルダーレベルが用意されており、これを上げることによって有利に進めることができる仕組みとなっています。
レベルは8段階で設定されており、自分が保有しているWIRTUALコインが増えれば増えるほど、レベルが上がるようになっています。

 

WIRTUALのレベル
・Starter(スターター):最大0.5WIRTUALコイン/日
・Silver(シルバー):最大1WIRTUALコイン/日
・Gold(ゴールド):最大1.5WIRTUALコイン/日
・Business(ビジネス):最大2WIRTUALコイン/日
・Platinum(プラチナム):最大2.5WIRTUALコイン/日
・Emeraⅼd(エメラルド):3WIRTUALコイン/日
・Master(マスター):未定

 

このように、レベルが上がれば上がるほど、1日で獲得できるWIRTUALコインの量は多くなります。
そうすることによって、同じ時間運動を行ったとしても、多くのコインを獲得することができるので、お得でしょう。

 

WIRTUALの将来性に関する考察

WIRTUALは、将来的に期待できると考えられています。

 

WIRTUALの将来性

・Move to Earnが人気となっている
・明確なロードマップが公表されている

 

そこでここからは、WIRTUALの将来性について考察していきましょう。

 

Move to Earnが人気となっている

WIRTUAL以外にも、近年は運動をして仮想通貨を稼ぐことができるMove to Earnのゲームが人気となっています。
その代表格として挙げられるのが、「STEPN」です。

すでに芸能人の方が実施していると公表していたり、STEPNのNFTシューズが高額で取引されている等のニュースが発表されており、注目度が大きく高まっています。
しかし、人気のSTEPNは初期投資が必要となるので、なかなか気軽にはじめるのは難しいでしょう。

そんな中、注目を集めているのが、無料で始めることができるWIRTUALです。
他にも無料でできるMove to Earnはいくつかあるので、このようなサービスが人気になればWIRTUALの需要も高まることが予想されます。

 

明確なロードマップが公表されている

WIRTUALはまだ開発中のサービスです。
しかし、すでに2022年度の詳しいロードマップが公表されており、それに沿った開発が実施されています。

その内容を見てみると、現在すでに提供されているサービスの向上はもちろんですが、多言語に対応する用意や健康ハードウェアの販売、AR技術の導入、メタバースへの参入など、詳しい情報が掲載されています。

すでにMove to Earnのサービスは豊富に登場していますし、人気になっているものも多くあります。
そのどれもが開発途中となっており、中にはすでに淘汰されてしまったものもあります。

このような移り変わりの激しい環境の中で勝ち残っていくためには、より具体的な計画が立っていることが重要です。
その上、詳しいロードマップが公開されていれば、今後も発展していくという期待からユーザー数が増えることも予想できるでしょう。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?WIRTUALは無料で始めることができるExercise to Earnとなっています。
ランニングやウォーキングだけではなく、さまざまなエクササイズで仮想通貨を稼ぐことができるので、より自由に楽しむことができるでしょう。

他のサービスとも併用できるので、ぜひ利用してみてくださいね。

 

海外の取引所
「Bybit」の口座開設をする!"
「Bybit」の口座開設をする

 

 

 

フリーワード検索

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事

著者プロフィール

NEXT FINANCIAL INNOVATION株式会社 代表取締役 菊山 敬太郎
大学在学中にカナダに海外留学を経て、その後税理士法人で勤務しながら大学院で法学研究科を卒業後、経済情報研究科にも進学し経済を学ぶ。
税理士事務所で勤務と同時に2020年6月に資金調達及びメディア運営の法人会社を設立する。

仮想通貨歴
2017年に仮想通貨の投資に参加。
仮想通貨の売買するだけではなくブロックチェーンの素晴らしさを広めたくなり2021年9月にブログを開設しました。
仮想通貨について15以上取引所を開設し、100種類以上の通貨を売買を継続中。仮想通貨、NFT、DeFi、DAO、GameFi、web3.0などブロックチェーンに関わる分野を色々調べて仮想通貨ブログを運営しています