2022.07.28Move to Earn

最新のWeb3.0フィットネスアプリ「beFITTER」とは?

最近、自分の健康を維持するためにフィットネスに特化したアプリを使う方が増えています。
そのため、仮想通貨を構築するブロックチェーンゲームも多数公表されているようです。

その中でも注目を集めているのが、「beFITTER」です。
beFITTERとは、日常生活の行動によって仮想通貨を稼ぐことができるWeb3.0フィットネスアプリとなっています。

そこで今回は、beFITTERの特徴について見ていきましょう。

 

beFITTERとは?

beFITTERとは、自分の日常生活で行っている行動によって仮想通貨を得ることができるゲームです。
最近流行しているMove to Earnの一種となっています。

Move to Earnのゲームはたくさんありますが、beFITTERは自分で運動をするだけではなく、散歩や睡眠、サイクリングで走ることができるのです。
そのため、他のゲームよりもさまざまな要素が詰まっており、稼ぎやすいと考えられているようです。

beFITTER内でもらうことができる仮想通貨は、ガバナンストークンの「FIU」とゲーム内トークンの「HEE」の2つが用意されています。
この仮想通貨はゲーム内で利用することもできますし、FIUはすでに上場していて他の人に販売することができるので、手軽に資産を構築できるでしょう。

 

beFITTERの特徴

beFITTERは、他のMove to Earnとは違う点が多くあるので、魅力的だと言われています。

 

beFITTERの特徴

・ランニング以外でも仮想通貨を稼げる
・他のプレイヤーとの対戦も可能
NFTのスニーカーを使って運動する
・2種類のトークンが用意されている
・ソーシャル機能も用意されている

 

ではここからは、beFITTERの特徴について詳しく見ていきましょう。

 

国内の取引所
「コインチェック」を使ってみる!"
「コインチェック」に登録する

 

ランニング以外でも仮想通貨を稼げる

Move to Earnのゲームというと、ランニングやウォーキングをすることによって仮想通貨を稼ぐことができる仕組みとなっています。
しかし、beFITTERは歩いたり走ったりするだけではなく、サイクリングや水泳などでも稼ぐことができます。

健康のためにフィットネスを行う方は多いですが、誰もがランニングをするわけではないでしょう。
自分の好きな方法で稼ぐことができるという点は、魅力的だと言えます。

 

今後は睡眠によって稼ぐことができるようになる

 

beFITTERはまだ開発の途中となっており、ロードマップが公開されています。
その内容を見てみると、2022年第四四半期以降で実施されるアップデートでは、「睡眠」によって仮想通貨を稼ぐことができる機能も追加される予定になっています。

beFITTERでは健康のためには適切な運動と休息のバランスが重要だと考えられているので、このような計画が作られているのだと考えられます。

睡眠でも仮想通貨を稼げるようになれば、より自由に資産を構築することができますし、より健康的な体を手に入れることができるでしょう。

 

他のプレイヤーとの対戦も可能

通常のMove to Earnでは、個人で運動をすることによって報酬を得られる仕組みとなっています。
しかし、beFITTERでは他のプレイヤーとの対戦モードも用意されています。

この機能を使えば、なかなか1人では運動を継続して行えないという方でも、気軽に挑戦することができるでしょう。
また、週や月ごとにトーナメントの実施もあるので、楽しみながら行うことができます。

 

NFTのスニーカーを使って運動する

beFITTERでは、NFTのスニーカーが必須となっています。
このスニーカーにはそれぞれ属性が割り当てられており、属性が高いものを使うほど効率よくトークンを得ることができるようです。

 

beFITTERのNFTスニーカーの属性
・Support:トークンの獲得量
・Durability:靴の耐久性
・Luck:ゲーム内でのイベントの運に影響する
・Range:その内容は不明

よりレア度の高いNFTスニーカーをゲットすれば、効率よく稼ぐことができるでしょう。

国内の取引所
「GMOコイン」を使ってみる!"
「GMOコイン」に登録する

NFTスニーカーの売買でも稼げる

beFITTERのNFTスニーカーは、ゲームの中で使われているだけではなく、NFTマーケットプレイスでも取引されています。
そのため、よいスニーカーをゲットしたらマーケットで販売して利益を出すこともできるでしょう。

スニーカーは自分でフィットネスを行うことによってRPGゲームのキャラクターのように育てることができます。
獲得したポイントは自分の好きなステータスへ割り振ることができるので、よりよいスニーカーを育成することをおすすめします。

 

2種類のトークンが用意されている

beFITTERでは、「FIU」と「HEE」の2つのトークンを発行しています。

 

FIU:ゲーム内でのレンタル使用料やチャレンジモードの参加費用に使う
ガバナンストークンなので、保有していることによってゲームの内容を変更することができる
HEE:NFTのレベルアップや修復に使われる

 

beFITTERでもらえる2つのトークンについては、ホワイトペーパーに稼ぎ方や使用用途が記載されています。
このことから、安心して投資できるという意見も多くあるようです。

ゲームを使って運動をすることによって得られるので、より多くの資産を築きたい方は積極的に運動を行うといいでしょう。

FIUトークンはBybitに上場している

beFITTERのガバナンストークンである「FIU」は、すでにBybitに上場しています。
そのため、ゲームの中で手にいれたトークンを取引所で売買して利益を作ることもできるのです。

現在、多くのMove to Earnゲームがリリースされていますが、まだまだ上場していないトークンが多くなっています。
どれだけゲームをしてトークンを得たとしても、現金化することができないかもしれないので、不安に感じてなかなか積極的になれない方もいるようです。
そのことを考えると、beFITTERは安心して取り組むことができるでしょう。

また、FIUが初めてBybitに上場した時には、価格が20倍にも高騰しました。
これほどまで価格が上がったことを考えると、今後他の仮想通貨取引所に上場した際にはより大きな収益を作ることができるかもしれません。

 

ソーシャル機能も用意されている

beFITTERでは、ソーシャル機能も用意されています。
そのため、自分の友達を招待してフォローすることによって、パーソナルネットワークを構築することができる点も魅力です。

その上、beFITTERでは「ヘルスクラブ」と呼ばれるサークルのような集まりもあります。
例えば、朝の散歩や犬の散歩、水泳クラブなどが用意されているため、その中で誰かと一緒に励まし合いながらフィットネスを行うことができるでしょう。

1人ではなかなか継続できないと感じている方におすすめです。

国内の取引所
「ビットポイント」を使ってみる!"
「ビットポイント」に登録する

まとめ

いかがでしたか?beFITTERは、最近流行しているMove to Earnの1つです。
他のサービスとは異なり、ランニングだけではなく水泳やサイクリングでも稼ぐことができる仕組みとなっています。

今後は睡眠でも仮想通貨をもらうことができるようになるため、より健康的な体を作りながら資産を築くことができるでしょう。
生活のさまざまな部分でMove to Earnを楽しみたいと考えている方は、beFITTERを利用してみることをおすすめします。

国内の取引所
「ビットフライヤー」を使ってみる!"
「ビットフライヤー」に登録する

 

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事

著者プロフィール

NEXT FINANCIAL INNOVATION株式会社 代表取締役 菊山 敬太郎
大学在学中にカナダに海外留学を経て、その後税理士法人で勤務しながら大学院で法学研究科を卒業後、経済情報研究科にも進学し経済を学ぶ。
税理士事務所で勤務と同時に2020年6月に資金調達及びメディア運営の法人会社を設立する。

仮想通貨歴
2017年に仮想通貨の投資に参加。
仮想通貨の売買するだけではなくブロックチェーンの素晴らしさを広めたくなり2021年9月にブログを開設しました。
仮想通貨について15以上取引所を開設し、100種類以上の通貨を売買を継続中。仮想通貨、NFT、DeFi、DAO、GameFi、web3.0などブロックチェーンに関わる分野を色々調べて仮想通貨ブログを運営しています