2021.12.23基礎知識

【仮想通貨】BLOKTOPIAって何?魅力と特徴に迫る

仮想通貨業界で最近注目を集めている「メタバース」をご存じですか?

話題になることも増えているので、どんなものなのか気になっている方も多いでしょう。

そんなメタバースの中でも最近一気に知名度を高めているのが「BLOKTOPIA」です。
メタバースの機能を使いながら、自由に収益を上げたり遊んだりすることができるので、今後今以上に人気が高まる可能性があるといえます。

そこで今回は、メタバースの注目プロジェクトである「BLOKTOPIA」についてご紹介していきます。

 

 

BLOKTOPIAとは?

BLOKTOPIAとは、メタバースの中でも最近最も注目されているプロジェクトです。
メタバースとは、インターネット上に構築された仮想空間のことで、そこにある土地を売買したり、ゲームやオンラインイベントを楽しんで収益を上げることも可能となっている場所です。

メタバースに対する注目が高まると共に、メタバース関連の仮想通貨銘柄が大きく高騰していることを受けて、話題になることが増えています

BLOKTOPIAでは、$BLOKというトークンを使うことができるため、メタバースやBLOKTOPIAが人気になればなるほど、$BLOKの価格も高騰することが予測されています。

 

 

BLOKTOPIAの特徴

では、BLOKTOPIAとはどのような特徴のあるメタバースのプロジェクトなのでしょうか?
具体的に見ていきましょう。

 

ビットフライヤーの口座開設方法

まだビットフライヤーの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「ビットフライヤー」の口座開設をする!"
「ビットフライヤー」の口座開設をする

詳細はビットフライヤーの取引所開設をご覧ください

 

 

仮想の高層ビルがテーマとなっている

BLOKTOPIAでは、21階建ての仮想の高層ビルという世界観になっています。
この21階という設定は、ビットコインの発行枚数が2100万枚になっていることからとっているようです。

この21階のフロアは、それぞれ売買されており、その中に取引所やゲームができる場所などが用意されており、さまざまなコンテンツが楽しめるようになっています。
フロアを購入した企業は、今後もバラエティーに富んだサービスを提供することが考えられます。

また、21階という限られた高層ビルになっているため、フロアの価値が上がりやすいため、今後の価値高騰に注目が集まっています。

 

 

さまざまなコンテンツで楽しむことができる

BLOKTOPIAは教育と娯楽という2つのテーマによって成り立っています。
そのため、「Learn(学ぶ)」「Earn(稼ぐ)」「Play(遊ぶ)」「Create(創る)」という4つの柱でコンテンツが構成されています。

 

Learn:仮想通貨についての知識が学べる

仮想通貨は最近流行していますが、実際にどのような仕組みで成り立っているのか分からないという方も多いでしょう。
その上、仮想通貨業界は近年大幅に進化しており、それについていけないと感じている方もたくさんいるようです。

BLOKTOPIAではこのような問題を解決するために、バーチャル空間で学ぶことができるようなコンテンツを作成しています。
具体的には、現実世界にあるメディアを集めて、バーチャル空間で仮想通貨について学習ができるようになっているのです。

そのため、仮想通貨を始めて行う方にも大きなメリットがあると言えるでしょう。

 

Earn:現実世界と同様に利益が上げられる

BLOKTOPIAの世界は、現実世界と同じような空間になっています。
そのため、フロアを手にしてそこにお店を開店したり、不動産の売買や賃貸、ゲームを提供したりとさまざまなコンテンツの提供ができます。

具体的には、BLOKTOPIA内に用意されているREBLOKというテナントがNFT化されており、そこを所有することによってサービスを提供したり、売買してBLOKトークンを稼ぐことができるという仕組みです。
BLOKはガバナンストークンとなっているので、今後のBLOKTOPIAの方向性を決めることができるようにもなります。

また、BLOKTOPIAではビルの中に広告を出すこともでき、それによって自社のサービスを宣伝することも可能となっています。
ADBLOKという105個の広告スペースがあり、そこに広告を出すことによってその収益の半分を保有することができるのです。

このような方法によって、現実世界と同様に利益を生み出すことができるので、大きな収益を上げられる場所になることが期待されています。

現実世界は土地が限定されていますし、住んでいる場所や経済状況によってその効果が変わりますが、仮想空間であればどこにいても世界中の人がアクセスできるので、より自由なサービス提供が可能となる点も魅力の1つです。

 

 

Play:ユーザー同士で交流して遊ぶ

BLOKTOPIAでは、自分のアバターを作ることができます。
アバターの着せ替えアイテムもNFTとなっているので、自分のお気に入りの服等を購入すれば、自分好みの見方にすることが可能です。

その上、仮想空間で誰かと会話をしたり、一緒にゲームをして楽しむこともできます。
実際にBLOKTOPIAの中で知り合った方と、BLOKTOPIA内でビジネスをするということも可能なので、さまざまな発展の仕方が考えられるでしょう。

 

Create:アイテムを作成する

BLOKTOPIA内で使うことができるアイテムは、ユーザーの誰もが作ることができます。
専用のツールを使えばアイテムをNFT化することができるので、それをNFTマーケットプレイスで販売することも可能です。

売れればBLOKを稼ぐこともできるので、アーティストとしての収益化ができるでしょう。
実際にBLOKTOPIAの中でゲームやアイテムを作って稼いでいる方は多くいます。

これまではゲーム性の強いメタバースプロジェクトが多かったのですが、BLOKTOPIAは現実世界と相違ない経済活動が行われているため、今後より企業からの注目度が高まるのではないかと言われています。

 

コインチェックの口座開設方法

まだコインチェックの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「コインチェック」の口座開設をする!"
「コインチェック」の口座開設をする

詳細はコインチェックの取引所開設をご覧ください

 

 

グラフィックが美しい

メタバースのプラットフォームはたくさんありますが、その中でもBLOKTOPIAが魅力的なのはグラフィックだと言われています。
本当にその世界にいるようなリアリティのある美しいデザインが人気となっています。

このようなグラフィックを作れるのは、BLOKTOPIAがVRのような3Ⅾデザインの開発者やゲーム開発の技術者などが多くかかわっているからだと言われています。

 

豪華な出資者がいる

BLOKTOPIAはNFTマーケット企業やゲーム内広告プラットフォームの会社、ネットセキュリティ会社など、さまざまな企業から出資を受けてスタートしています。

このことは、それだけBLOKTOPIAの今後の発展に期待が高まっているということがいえますし、お互いに相互作用が働いてより魅力的なサービスになることが考えられます。

 

GMOコインの口座開設方法

まだGMOコインの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「GMOコイン」の口座開設をする!"
「GMOコイン」の口座開設をする

詳細はGMOコインの取引所開設をご覧ください

 

2つのプロジェクトが用意されている

BLOKTOPIAには、「BLOKPAD」と「BLOKLOK」という2つのプロジェクトを動かしています。

そこでここからは、この2つのプロジェクトについて具体的に見ていきましょう。

 

BLOKPAD

BLOKPADとは、ローンチパットのことを指しています。
BLOKTOPIAのトークンである$BLOKを預けることによって、まだ上場していない仮想通貨を手にすることができる場所となっています。

BLOKPADで購入することができるトークンの枚数は階数によって異なり、どれだけ預けているかによって変わります。
まだ上場していない通貨を早く手にしたいと思う方は、BLOKPADに資産を預けておくことをおすすめします。

 

BLOKLOK

BLOKLOKとは、BLOKLOK NFTを持っていることによって、まだ上場していない銘柄の割り当てをより多く、そしてより安く手にすることができるというプロジェクトです。

第一弾は抽選となっており、一定の条件を満たした方が参加できるようになっていました。
抽選なので必ず手にすることはできませんが、当選すればより有利に購入することができるでしょう。

 

Bybitの口座開設方法

まだBybitの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

海外の取引所
「Bybit」の口座開設をする!"
「Bybit」の口座開設をする

詳細はBybitの取引所開設をご覧ください

 

 

BLOKTOPIAが注目されている理由

では、BLOKTOPIAはどうして今これだけの注目を集めているのでしょうか?

その理由について見ていきましょう。

 

メタバース銘柄が高騰している

BLOKTOPIAを含めたメタバースのプロジェクトは、近年一気に注目を集めています。
その理由として、これまで現実世界では難しかった物事を実現することができる上に、さまざまな障壁を取り除いた状態で新たに収益を上げることができるビジネスモデルを展開することができるからだと考えられています。

実際に多くの大手企業がすでに参入してきており、今後は今以上にユーザーや参加企業が集めることが予想されます。
その中でもグラフィックに優れ、土地が限定されているBLOKTOPIAは、価値が高まりやすいと言われているので、人気が高騰しています。

 

BINANCEの口座開設方法

まだBINANCEの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

海外の取引所
「BINANCE取引所」の口座開設をする!"
「BINANCE取引所」の口座開設をする

詳細はBINANCEの取引所開設をご覧ください

 

バイナンスが出店している

BLOKTOPIAの高層ビルの中には、さまざまな会社が出店しています。
その1つにあるのが、バイナンスです。

バイナンスと言えば、現在たくさんある仮想通貨取引所の中でも、世界的に最も有名で人気のある取引所と言われています。
バイナンスがBLOKTOPIAに出店しているということは、今後BLOKTOPIAのトークンである$BLOKもバイナンスに上場する可能性が高いと考えられます。

バイナンスに上場すれば、$BLOKの取引をしやすい環境が整うので、$BLOKの価値が大幅に高騰する可能性は高いですし、それにともなってBLOKTOPIAの知名度も人気も上がることが予想されます。

 

 

今後BLOKの価格が伸びる可能性

では、今後どのようなことが起これば、BLOKは価格が伸びるのでしょうか?
また、BLOKTOPIAの人気が高まると言われる理由はどこにあるのでしょうか?

 

BLOKの上場

BLOKはまだまだ扱える取引所が少ないです。
しかし、今後注目が集まっていけば、BLOKが大手取引所に上場する可能性も高いでしょう。

人気の高い取引所に上場すると、一気に価格が高まることが多くあります。
そのため、今後どの取引所に上場するのかという点が価格を左右する重要なポイントだと言えるでしょう。

 

税金計算なら
「クリプタクト」を使ってみる!"
「仮想通貨税金計算サービスクリプタクト」に登録する

 

VR版のリリース

現在のBLOKTOPIAは、21階あるフロアをすべて埋めて経済活動を活発にすることが目的となっています。
しかし、将来的にはVR端末でビル内を見ることができるような仕組みも検討されています。

VRでの利用が可能となれば、より現実世界に近い仕様を感じることができるため、ユーザーも利用しやすくなると言えるでしょう。
そのため、VR利用への期待が高まります。

 

多くの企業が参入する

BLOKTOPIAでの経済活動が活発になれば、必然的にBLOKの価値が高騰することが予想されます。

BLOKTOPIAの経済活動の活発化に欠かせないのが、さまざまな企業の参入です。
多くの企業がはいれば、よりビル自体が魅力的になり、そこで売買が行われる回数が増えるため、より人気が高まるでしょう。

特に有名な企業の参入は、BLOKTOPIAの需要向上に大きな影響を与えると考えることができます。

 

 

まとめ

いかがでしたか?BLOKTOPIAはたくさんあるメタバースのプロジェクトの中でも、現在最も有望と言われているプロジェクトです。
21階建ての限られた高層ビルの中に自由に出店をすることができ、現実世界と変わらない環境でさまざまな取引をすることができるので、イメージしやすい形で新たなビジネスを提供することができると言われています。

すでに人気が高まってきている上に、多くの大手企業が参入してきていることから、これからもっとBLOKTOPIAのフロアやサービス、独自トークンの価値が高まることが予測されています。

BLOKTOPIAの中でゲームや仮想通貨の取引をすることもできますし、ステーキングすることによって収益を得ることもできるので、ぜひ今のうちにBLOKTOPIAや$BLOKをチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

DMMビットコインの口座開設方法

まだDMMビットコインの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「DMMビットコイン」の口座開設をする!"
「DMMビットコイン」の口座開設をする

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事

著者プロフィール

NEXT FINANCIAL INNOVATION株式会社 代表取締役 菊山 敬太郎
大学在学中にカナダに海外留学を経て、その後税理士法人で勤務しながら大学院で法学研究科を卒業後、経済情報研究科にも進学し経済を学ぶ。
税理士事務所で勤務と同時に2020年6月に資金調達及びメディア運営の法人会社を設立する。

仮想通貨歴
2017年に仮想通貨の投資に参加。
仮想通貨の売買するだけではなくブロックチェーンの素晴らしさを広めたくなり2021年9月にブログを開設しました。
仮想通貨について15以上取引所を開設し、100種類以上の通貨を売買を継続中。仮想通貨、NFT、DeFi、DAO、GameFi、web3.0などブロックチェーンに関わる分野を色々調べて仮想通貨ブログを運営しています