2021.12.23基礎知識

メタバースの注目プロジェクト「BLOKTOPIA」って何?

仮想通貨業界で最近注目を集めている「メタバース」をご存じですか?

話題になることも増えているので、どんなものなのか気になっている方も多いでしょう。

そんなメタバースの中でも最近一気に知名度を高めているのが「BLOKTOPIA」です。
メタバースの機能を使いながら、自由に収益を上げたり遊んだりすることができるので、今後今以上に人気が高まる可能性があるといえます。

そこで今回は、メタバースの注目プロジェクトである「BLOKTOPIA」についてご紹介していきます。

 

▶メタバースって何?仕組みやメタバースの仮想通貨について大解説!

 

\国内取引量NO.1の取引所「ビットフライヤー」を使ってみる/
bitFlyer

 

BLOKTOPIAとは?

BLOKTOPIAとは、メタバースの中でも最近最も注目されているプロジェクトです。
メタバースとは、インターネット上に構築された仮想空間のことで、そこにある土地を売買したり、ゲームやオンラインイベントを楽しんで収益を上げることも可能となっている場所です。

メタバースに対する注目が高まると共に、メタバース関連の仮想通貨銘柄が大きく高騰していることを受けて、話題になることが増えています。

BLOKTOPIAでは、$BLOKというトークンを使うことができるため、メタバースやBLOKTOPIAが人気になればなるほど、$BLOKの価格も高騰することが予測されています。

 

▶今話題のブロックチェーンゲーム「The SANDBOX」の魅力とは

 

\セキュリティが高くて安心な取引所「Houbi」で口座開設/
フォビジャパン

 

BLOKTOPIAの特徴

では、BLOKTOPIAとはどのような特徴のあるメタバースのプロジェクトなのでしょうか?
具体的に見ていきましょう。

 

仮想の高層ビルがテーマとなっている

BLOKTOPIAでは、21階建ての仮想の高層ビルという世界観になっています。
この21階という設定は、ビットコインの発行枚数が2100万枚になっていることからとっているようです。

この21階のフロアは、それぞれ売買されており、その中に取引所やゲームができる場所などが用意されており、さまざまなコンテンツが楽しめるようになっています。
フロアを購入した企業は、今後もバラエティーに富んだサービスを提供することが考えられます。

また、21階という限られた高層ビルになっているため、フロアの価値が上がりやすいため、今後の価値高騰に注目が集まっています。

 

▶ビットコイン生誕12周年!価格推移の歴史と今後の推移は?

 

現実世界と同様に利益が上げられる

BLOKTOPIAの世界は、現実世界と同じような空間になっています。
そのため、フロアを手にしてそこにお店を開店したり、不動産の売買や賃貸、ゲームを提供したりとさまざまなコンテンツの提供ができます。

また、BLOKTOPIAではビルの中に広告を出すこともでき、それによって自社のサービスを宣伝することも可能となっています。
このような方法によって、現実世界と同様に利益を生み出すことができるので、大きな収益を上げられる場所になることが期待されています。

現実世界は土地が限定されていますし、住んでいる場所や経済状況によってその効果が変わりますが、仮想空間であればどこにいても世界中の人がアクセスできるので、より自由なサービス提供が可能となる点も魅力の1つです。

 

\人気NO.1の取引所「コインチェック」なら初心者でも安心/
コインチェック

 

グラフィックが美しい

メタバースのプラットフォームはたくさんありますが、その中でもBLOKTOPIAが魅力的なのはグラフィックだと言われています。
本当にその世界にいるようなリアリティのある美しいデザインが人気となっています。

このようなグラフィックを作れるのは、BLOKTOPIAがVRのような3Ⅾデザインの開発者やゲーム開発の技術者などが多くかかわっているからだと言われています。

 

豪華な出資者がいる

BLOKTOPIAはNFTマーケット企業やゲーム内広告プラットフォームの会社、ネットセキュリティ会社など、さまざまな企業から出資を受けてスタートしています。

このことは、それだけBLOKTOPIAの今後の発展に期待が高まっているということがいえますし、お互いに相互作用が働いてより魅力的なサービスになることが考えられます。

 

▶仮想通貨取引所「ビットバンク」とミクシィの提携による今後の展望とは

 

2つのプロジェクトが用意されている

BLOKTOPIAには、「BLOKPAD」と「BLOKLOK」という2つのプロジェクトを動かしています。

そこでここからは、この2つのプロジェクトについて具体的に見ていきましょう。

 

BLOKPAD

BLOKPADとは、ローンチパットのことを指しています。
BLOKTOPIAのトークンである$BLOKを預けることによって、まだ上場していない仮想通貨を手にすることができる場所となっています。

BLOKPADで購入することができるトークンの枚数は階数によって異なり、どれだけ預けているかによって変わります。
まだ上場していない通貨を早く手にしたいと思う方は、BLOKPADに資産を預けておくことをおすすめします。

 

BLOKLOK

BLOKLOKとは、BLOKLOK NFTを持っていることによって、まだ上場していない銘柄の割り当てをより多く、そしてより安く手にすることができるというプロジェクトです。

第一弾は抽選となっており、一定の条件を満たした方が参加できるようになっていました。
抽選なので必ず手にすることはできませんが、当選すればより有利に購入することができるでしょう。

 

 

\少額から取引をしたい方には「ディーカレット」がおすすめ/

 

BLOKTOPIAが注目されている理由

では、BLOKTOPIAはどうして今これだけの注目を集めているのでしょうか?

その理由について見ていきましょう。

 

メタバース銘柄が高騰している

BLOKTOPIAを含めたメタバースのプロジェクトは、近年一気に注目を集めています。
その理由として、これまで現実世界では難しかった物事を実現することができる上に、さまざまな障壁を取り除いた状態で新たに収益を上げることができるビジネスモデルを展開することができるからだと考えられています。

実際に多くの大手企業がすでに参入してきており、今後は今以上にユーザーや参加企業が集めることが予想されます。
その中でもグラフィックに優れ、土地が限定されているBLOKTOPIAは、価値が高まりやすいと言われているので、人気が高騰しています。

 

バイナンスが出店している

BLOKTOPIAの高層ビルの中には、さまざまな会社が出店しています。
その1つにあるのが、バイナンスです。

バイナンスと言えば、現在たくさんある仮想通貨取引所の中でも、世界的に最も有名で人気のある取引所と言われています。
バイナンスがBLOKTOPIAに出店しているということは、今後BLOKTOPIAのトークンである$BLOKもバイナンスに上場する可能性が高いと考えられます。

バイナンスに上場すれば、$BLOKの取引をしやすい環境が整うので、$BLOKの価値が大幅に高騰する可能性は高いですし、それにともなってBLOKTOPIAの知名度も人気も上がることが予想されます。

 

▶バイナンス(Binance)って日本でも使える?登録方法を徹底解説!

 

\取扱銘柄が豊富で自由に選べるのはビットポイント/
ビットポイント

 

まとめ

いかがでしたか?BLOKTOPIAはたくさんあるメタバースのプロジェクトの中でも、現在最も有望と言われているプロジェクトです。
21階建ての限られた高層ビルの中に自由に出店をすることができ、現実世界と変わらない環境でさまざまな取引をすることができるので、イメージしやすい形で新たなビジネスを提供することができると言われています。

すでに人気が高まってきている上に、多くの大手企業が参入してきていることから、これからもっとBLOKTOPIAのフロアやサービス、独自トークンの価値が高まることが予測されています。

BLOKTOPIAの中でゲームや仮想通貨の取引をすることもできますし、ステーキングすることによって収益を得ることもできるので、ぜひ今のうちにBLOKTOPIAや$BLOKをチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

 

メタバース情報第2弾仮想通貨銘柄が高騰!その理由と今後の関係性を紐解く

 

\今だけ!DMM Bitcoinでお得に仮想通貨取引を始める/

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事