2023.01.07取引所

人気の海外取引所「Bybit」のメリット・デメリット

世界的に人気の高い海外取引所「Bybit」は、日本でも多くの利用者を誇っています。
最近はよくCMも行っているので、聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

しかし、どうして日本の投資家が国内の取引所ではなく、海外の取引所を利用するのか不思議に思う方もいるようです。
そこで今回は、海外の取引所「Bybit」のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

 

海外の取引所
「Bybit」の口座開設をする!"
「Bybit」の口座開設をする

 

Bybitを利用するメリット

世界的にも圧倒的な人気を誇っているBybitですが、日本人からの支持も得ています。

 

Bybitのメリット

・世界中で多くのユーザーが利用している
・取引高がトップレベル
・徹底的なセキュリティ対策が実施されている
・レバレッジが高い
・ゼロカットシステムが採用されている
・サーバーが強い
・日本語の表記となっている

 

そこでここからは、Bybitのメリットについて見ていきましょう。

 

世界中で多くのユーザーが利用している

Bybitは、現在世界130カ国でサービスを提供しています。
本拠地はシンガポールとなっていますが、香港や台湾など世界各国に支店を広げているようです。

これだけ事業展開を行っているからこそ、多くのユーザーが利用しています。
多くの人が使っているという点から、信頼できる業者だと判断する方も多くいるようです。

 

取引高がトップレベル

Bybitの取引高は、世界的にもトップ水準と言われています。
現物取引の場合は17位となっていますが、デリバティブ取引の場合は3位となっています。

元々Bybitはデリバティブ取引がメインの企業となっていたので、世界中の方が利用していることが分かります。
仮想通貨の取引の場合、取引量が多い方が自分が取引したい価格で実施することが可能になるので、魅力な点と言えるでしょう。

 

 

徹底的なセキュリティ対策が実施されている

Bybitは、設立されてからずっとセキュリティ対策に力を入れてきています。

 

Bybitのセキュリティ対策
・SLL通信
・マルチシグネチャ
・二段階認証
・コールドウォレット
・ログイン通知
・アクティビティ記録
・ハッカー潜入検査セキュリティシステム

これ以外にも、出金の際に厳しい審査が行われて1日3回までとなっているなど、その徹底ぶりは他社と比べても圧倒的でしょう。
そのため、安心して使えると感じるユーザーは多くいるようです。

大切な資産をきちんと管理したいと考えている方は、Bybitを利用することをおすすめします。

 

 

レバレッジが高い

Bybitは、デリバティブ取引を得意とする取引所です。
その理由の1つに、レバレッジの高さがあります。

 

レバレッジとは、日本語でいうとてこの原理のこと。レバレッジを使うことによって、証拠金として入金している額よりも大きな資産で取引を行うことができる。そのため、より効率よく資産を稼ぐことができる。

 

Bybitの最大レバレッジは、100倍となっています。
国内の取引所の場合、最大でも4倍となっているので、その違いは一目瞭然です。

より効率よく稼ぎたい方は、Bybitを使うといいでしょう。

 

Bybit(バイビット)は金融大国シンガポール発で世界最大級の仮想通貨取引所です。最大レバレッジは100倍で追証なしの一攫千金狙いも可能です。日本語対応ありでデビットカード対応。

 

ゼロカットシステムが採用されている

Bybitのデリバティブ取引では、「ゼロカットシステム」が採用されています。

 

ゼロカットシステムとは、レバレッジ取引を行っている時に口座残高以上の損失が出てしまった場合に、その損失分を取引所が負担してくれるという仕組み。追証がない分、積極的に利益を狙った取引を行うことができる。

 

Bybitのレバレッジは100倍となっているので、より効率的な取引を行って利益を狙うことができます。
しかし、その分一気に大きな損失を出してしまう可能性も高いです。

ただ、ゼロカットシステムが用意されていることによって、安心して取引ができると感じる方は多くいるようです。

 

サーバーが強い

Bybitは、他社と比べて圧倒的にサーバーが強いことで知られています。
その強さは、Bybitのサーバーがダウンする時には他社もダウンすると言われるほどです。

これだけの強さを誇る理由は、BybitがAmazonやGoogleなどの大手企業も使っている世界的に有名なサーバーを利用しているからです。
このことにより、自分が取引をしたいと思った時にすぐオーダーができるような仕組みが用意されています。

このサーバーの強さが話題となり、Bybitを利用するという方も多くいるようです。

 

日本語の表記となっている

Bybitは、世界130カ国でサービスを提供している取引所です。
そのため、さまざまな言語でのサービス提供を行っており、日本語の表記が実施されています。

このことが日本人にも人気が高い理由の1つでしょう。
サポートも24時間体制で日本語で行うことができるので、日本の取引所と同じように利用することが可能です。

Bybitの公式サイトでは言語を選択できる箇所があるので、そこで日本語を選択して利用しましょう。

 

 

海外の取引所
「Bybit」の口座開設をする!"
「Bybit」の口座開設をする

 

Bybitのデメリット

Bybitは魅力的な箇所もたくさんある取引所ですが、利用するにあたってデメリットになる部分もあるようです。

 

Bybitのデメリット

・出金できる回数が決められている
・円建てで取引をすることはできない
・出金手数料が高い
・日本の金融庁から警告を受けている
・金融ライセンスを取得していない

 

そこでここからは、Bybitのデメリットについて見ていきましょう。

 

出金できる回数が決められている

Bybitは、しっかりとセキュリティ対策が行われています。
その1つに、出金申請の審査を手動で行っているという点があります。

このような仕組みになっているため、安心して利用できるという声もありますが、そのために出金回数が制限されている点はデメリットと言えるでしょう。

 

出金申請のタイミング:1日3回(日本時間の1時・9時・17時)

 

出金をしたいと思った時には、この時間帯に実施するようにしましょう。

 

 

円建てで取引することはできない

Bybitでは、円建てでの取引はできません。
最近日本でもBybitの知名度は高いので、海外取引所だと気づいていない方もいて、日本円で入金できないことに驚く方もいるようです。

クレジットカードであれば日本円で入金することができますが、レバレッジ取引の場合には仮想通貨での入金が必要となります。
Bybitでレバレッジ取引をしたい方の場合、国内の取引所から送金しなければいけません。

この手続きが面倒に感じる方もいるようです。

 

出金手数料が高い

Bybitの出金手数料に関して、高いと感じる方もいるようです。
通貨ごとに出金手数料は異なる仕様となっています。

 

通貨ごとの出金手数料
ビットコイン(BTC):0.0005BTC
イーサリアム(ETH):0.01ETH
・テザー(USDT):2USDT

この費用を日本円に換算すると、だいたい2000~4000円となります。
この手数料の高さはBybitも理解しているようですが、現在の最適な取引環境を維持するためにはこれだけの費用がかかってしまうようです。

確かに手数料の高さは大きな負担となりますが、処理速度は早いので、どちらがよいのか検討しておくようにしましょう。

 

👇おすすめの海外取引所をチェック

 

日本の金融庁から警告を受けている

Bybitは、2021年5月に日本の金融庁からの警告を受けています。
この警告の内容は、日本の金融庁へ登録を行うことなく、日本人向けのサービスを提供しているからだと記載されています。

このような事実を知ると、不安に思う方も多いでしょう。
しかし、Bybitはあえて日本の金融庁からの認可を受けずに運営されています。

日本は世界的に見ても規制が厳しく、これまでBybitが提供しているような取引環境を実現することができなくなってしまうのです。
そのことを考えた上で、あえて日本の金融ライセンスを取得しないという選択をしているようです。

もちろんこの警告を受けているのはBybitなので、ここを利用しているからといってユーザーが何かを負担しなければいけないということはありません。
そのため、特に問題なく取引を行うことができます。

ただ、同じように日本の金融庁から警告を受けた大手取引所バイナンスは、一時的に日本から撤退しています。
このようなことが起こった以上、Bybitも同じように急に日本からの撤退をする可能性は十分にあるでしょう。

万が一の際にも日本の金融庁が法律で守ってくれるわけではないので、その点は理解しておく必要があります。

 

金融ライセンスを取得していない

海外取引所の場合、運営企業の信頼度や安心感もなかなか分からないため、どれくらい安心して利用できるのかを判断する方法として、金融ライセンスを利用している方もいるでしょう。

金融ライセンスとは、企業が拠点を置いている場所の政府から受ける営業認可のことを指しています。
ライセンスの審査は国によって異なるので信頼度は大きく変わりますが、金融ライセンスを取得していることによって一定の信頼があると判断することが可能です。

しかし、Bybitは現時点で金融ライセンスを取得していません。
そのため、本当に安全な環境なのか不安に感じる方もいるでしょう。

ただ、Bybitは日本でもある程度の年数の運営を行っており、日本人から高い評価を受けています。
その上、ここまでの運営で不正や怪しい行動等は一切ありませんでした。

このことを考えると、安心して取引できる環境は整っているといえるでしょう。

 

Bybitの取引が向いている人の特徴

ここまでご紹介したように、Bybitにはメリット・デメリットの両方があります。
そのため、利用するのが向いている人と向かない人がいるようです。

Bybitの利用が向いている方は、以下の3つに該当する方です。

 

Bybitが向いている人の特徴
・レバレッジを使った取引を行いたい方
・セキュリティ対策が万全なところを使いたい方
・丁寧なサポートを受けたい仮想通貨初心者

 

このような方はぜひBybitで取引してみてくださいね。

 

まとめ

Bybitは世界中で人気のある海外取引所です。
日本語表記にも対応しているので、日本人でも利用している方は多くいるようです。

Bybitはサーバーも強く、自分のやりたい取引を実現することができる環境が整っています。
そのため、より便利な環境で取引をしたい方には、Bybitがおすすめです。

 

海外の取引所
「Bybit」の口座開設をする!"
「Bybit」の口座開設をする

 

 

フリーワード検索

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事

著者プロフィール

NEXT FINANCIAL INNOVATION株式会社 代表取締役 菊山 敬太郎
大学在学中にカナダに海外留学を経て、その後税理士法人で勤務しながら大学院で法学研究科を卒業後、経済情報研究科にも進学し経済を学ぶ。
税理士事務所で勤務と同時に2020年6月に資金調達及びメディア運営の法人会社を設立する。

仮想通貨歴
2017年に仮想通貨の投資に参加。
仮想通貨の売買するだけではなくブロックチェーンの素晴らしさを広めたくなり2021年9月にブログを開設しました。
仮想通貨について15以上取引所を開設し、100種類以上の通貨を売買を継続中。仮想通貨、NFT、DeFi、DAO、GameFi、web3.0などブロックチェーンに関わる分野を色々調べて仮想通貨ブログを運営しています