2022.08.01NFT

【NFTコレクション】cryptNinja Partnersが凄すぎる!

近年ブロックチェーンを使ったサービスが増えてきていることから、さまざまなNFTがマーケットプレイスに並んでいます。
有名なアーティストもデジタル商品を販売しているようです。

そんな中でも、最近注目を集めているのが「cryptNinja Partners」です。
可愛らしいデザインと日本らしい忍者の絵柄が、日本人はもちろんですが外国人にも評価されているようです。

そこで今回は、cryptNinja Partnersの魅力や特徴について詳しく見ていきましょう。

 

👇NFTについて知りたい方はコチラ

 

cryptNinja Partnersとは?

cryptNinja Partnersとは、近年国内で人気が高まっているNFTです。
NFTとは、ブロックチェーンを使ってデジタル商品を取引することができる仕組みです。
2021年に初めてopenSeaに1体目が並んでいるようです。

デザインは、日本のイメージに合致する忍者となっています。
これはインフルエンサーであるイケダハヤト氏が行っているもので、その影響力によって発売前から大きな注目を集めていたようです。

cryptNinja Partnersのコンセプトは「誰もが主役となれる里」となっており、すべてのキャラクターが個性的な雰囲気となっています。
その上、自分が保有しているキャラクターを使ってコミュニティに参加して、育てていくこともできるので、ただ保有するよりも愛着を感じることができるでしょう。

 

 

cryptNinja Partnersの特徴・魅力

cryptNinja Partnersがこれだけ人気になったのは、さまざまな魅力があるからだそうです。

 

cryptNinja Partnersの特徴
  • インフルエンサーが手掛けている
  • 1体1体に物語が決められている
  • 機械で簡単に生成することができる
  • 比較的価格が安い
  • 誰でも二次創作が可能
  • コミュニティに参加することができる
  • 独自システム「バー忍」が実施される

 

そこでここからは、cryptNinja Partnersの特徴について詳しく見ていきましょう。

 

国内の取引所
「ビットフライヤー」の口座開設をする!"
「ビットフライヤー」の口座開設をする

 

インフルエンサーが手掛けている

cryptNinja Partnersは、2021年9月に始まったコンテンツです。
これの立ち上げを行っているのは、インフルエンサーとして知名度のある「イケダハヤト氏」です。

イケダハヤト氏は仮想通貨の投資も積極的に行っているため、一気に話題となったといえるでしょう。
イラストを描いているのは、Rii2/リツ氏です。

誰もが親しみやすい可愛いキャラクターと影響力により、他の作品に比べて知名度の高いNFTでしょう。

 

1体1体に物語が決められている

cryptNinja Partnersで販売されているキャラクターは、忍者です。
しかし、それぞれに細かい設定が決められています。

 

・刃(jin):男/出身-伊賀/忍術-火遁/武器-手裏剣
・咲耶(sakuya):女/出身-甲賀/忍術-口寄せ/武器-手裏剣
・狐白(kohaku):女/出身-風磨/忍術-変わり身/武器-刀

 

細かい設定があることによって、1体1体の個性が際立ちますし、魅力的だと感じる方もいるようです。
自分のほしいキャラクターを保有することによって、楽しむことができるでしょう。

 

国内の取引所
「コインチェック」の口座開設をする!"
「コインチェック」の口座開設をする

 

機械で簡単に生成することができる

cryptNinja Partnersは、ジェネラティブNFTとなっています。
ジェネラティブとは、機械でキャラクターを自動生成することができるものです。

事前にキャラクターや配色が設定されているため、プログラムによって簡単にNFTを作ることができるため、すでに22222体が公表されています。
同じ絵柄のものはないので、1つ1つの価値は大きく高まることが予想されています。

 

比較的価格が安い

NFTマーケットプレイスが人気になった理由の1つに、有名アーティストが作成したデジタル作品が高額で取引されたことが挙げられます。
そのため、なかなか気軽に購入することができないと感じている方もいるでしょう。

しかし、cryptNinja Partnersでは1体4万円程度から購入することが可能です。
この程度の金額であれば、初めてNFTを購入する方でも手軽に買うことができるでしょう。

ただ、人気の高いものは高額になるケースもあるので、注意しておきましょう。

 

誰でも二次創作が可能

cryptNinja Partnersは、ライセンスフリーとなっています。
そのため、ライセンスの費用を運営側に支払うことなく、誰でも二次創作を作ることができる仕組みとなります。

例えば、自分が気に入っているキャラクターをNFTにしたり、漫画やアニメを作ることもできます。
それで収益を出すこともできるので、自由な取引ができると感じている方も多いようです。

このような仕組みが用意されていることによって、cryptNinja Partnersの知名度は一気に高まりました。
こうして知名度が高まると、自分が持っているキャラクターの価値が、今後高まっていくことも考えられるでしょう。

 

海外の取引所
「Bybit」の口座開設をする!"
「Bybit」の口座開設をする

 

コミュニティに参加することができる

cryptNinja Partnersは、元々NFTを使ってコミュニティを作ることが目的として作られています。
このコミュニティは「NinjaDAO」だと呼ばれています。

すでに参加人数は3万人を超えているので、国内でも最大規模と言えるでしょう。
NinjaDAOは行動指針が決められており、cryptNinja Partnersのファンが新たにさまざまなプロジェクトが生まれているようです。

 

 

NinjaDAOの行動指針
・クリエイターの可能性を信じよう
・失敗を歓迎し、成功を喜び合おう
・他人に優しく自分にも優しく
・マイノリティでいよう

 

キャラクターを使って楽しみたいという方の場合は、「NinjaDAO」がおすすめです。

 

独自システム「バー忍」が実施される

cryptNinja Partnersでは、独自のシステムである「バー忍」が用意されています。
バー忍とは、仮想通貨のバーンアウトから着想を得た取り組みだと言われています。

バーンアウトの仕組み
発行した仮想通貨の一部を焼却すること。市場に流通している仮想通貨を減らすことによって、1つの仮想通貨の希少性を高めることができる。

 

cryptNinja Partnersではすでにたくさんのキャラクターがいますが、バーンアウトを実施すると共に新たなキャラクターを流通させるという仕組みを整えています。
実際に2022年7月31日にはこのバー忍を「出会いと別れ」を体験するイベントとして行うようです。

このイベントによってレアリティによる価値格差をなくすことができますし、永続的にそこにいいるキャラクターとの出会いと別れを体験することによって、ホルダーが保有価値を感じることができるように期待されています。

 

国内の取引所
「GMOコイン」の口座開設をする!"
「GMOコイン」の口座開設をする

 

まとめ

cryptNinja Partnersは現在国内で最も注目を集めているNFTコレクションです。
可愛らしいデザインと日本をイメージさせる忍者のような風貌が人気となっているようです。

その上、ただ保有するだけではなく、cryptNinja Partnersの中のコミュニティが用意されていたり、バー忍などの体験イベントが行われていたりと、楽しめる点がたくさんあるようです。
初めての方でも購入しやすい価格となっているので、何か魅力的なデジタル商品を探しているという方は、cryptNinja Partnersをチェックしてみることをおすすめします。

 

👇おすすめのNFTプラットフォームはコチラ

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事

著者プロフィール

NEXT FINANCIAL INNOVATION株式会社 代表取締役 菊山 敬太郎
大学在学中にカナダに海外留学を経て、その後税理士法人で勤務しながら大学院で法学研究科を卒業後、経済情報研究科にも進学し経済を学ぶ。
税理士事務所で勤務と同時に2020年6月に資金調達及びメディア運営の法人会社を設立する。

仮想通貨歴
2017年に仮想通貨の投資に参加。
仮想通貨の売買するだけではなくブロックチェーンの素晴らしさを広めたくなり2021年9月にブログを開設しました。
仮想通貨について15以上取引所を開設し、100種類以上の通貨を売買を継続中。仮想通貨、NFT、DeFi、DAO、GameFi、web3.0などブロックチェーンに関わる分野を色々調べて仮想通貨ブログを運営しています