2022.02.09WEB3.0

【WEB3.0銘柄】The Graph (GRT)の特徴と魅力とは

近年、次世代のインターネットと言われているWEB3.0が大幅に発展してきています。
WEB3.0は仮想通貨でも利用されているブロックチェーンを使って、構築されています。

そのため、これまで以上により安全にインターネットを使うことができるようになると考えられており、WEB3.0関連の仮想通貨の銘柄が大きな注目を集めています。
その中でも人気が高いのが、2020年にリリースされたThe Graph(GRT)です。

The Graph(GRT)は2022年3月30日時点ではコインマーケットキャップ時価総額55位の58.90円となっています

では、The Graph(GRT)はどのような仮想通貨なのでしょうか?
今回は、The Graph(GRT)の特徴について見ていきましょう。

 

\国内取引量NO.1の取引所「ビットフライヤー」を使ってみる/
bitFlyer

 

The Graph(GRT)とは?

The Graph(GRT)とは、2020年にリリースされた新しいERC-20トークンです。
The Graph(GRT)がつくられた目的は、イーサリアムのブロックチェーンや分散型ストレージであるIPFSなどのネットワークの中にあるたくさんのデータを簡単に検索することとされています。

つまり、自分が必要としている情報を手軽に引き出すためのブロックチェーンだと言えます。
そのため、ブロックチェーン界のGoogleと呼ばれることもあります。

 

▶WEB3.0とブロックチェーンの関わりと実際のサービスの特徴

\セキュリティが高くて安心な取引所「Houbi」で口座開設/
フォビジャパン

 

The Graph(GRT)の特徴

では、The Graph(GRT)はどのような特徴のある仮想通貨なのでしょうか?

 

中央集権型ではない検索プラットフォーム

これまでの検索プラットフォームというと、「Google」や「Yahoo!」をイメージする方が多いでしょう。
このようなサービスは大企業が管理をして提供しているため、中央集権型だと言えます。

中央集権型の検索プラットフォームでは、私たちが入力した検索内容や行動履歴のすべてを企業側に知られてしまいます。
そのため、プライバシーの問題が大きいと言われています。

しかし、The Graph(GRT)はブロックチェーンを活用していることから、非中央集権型である点が特徴となっています。
The Graph(GRT)を利用すれば、Googleなどの中央集権型とは異なる利用方法ができると考えることができます。

このことから、インターネットがWEB3.0へ発展していく上で、The Graph(GRT)は不可欠だと言えるでしょう。

 

▶「WEB3.0」って何?「WEB1.0」「WEB2.0」との違いと歴史

 

DappsやDeFiの使いやすさが向上する

近年はブロックチェーンの登場によって、さまざまなDapps(分散型のアプリケーション)やDeFi(分散型金融)がリリースされています。
このすべては管理者のいない非中央集権型となっているため、画期的な仕組みとなっているのですが、それでも既存の企業が提供しているサービスに比べると使いやすさという点では劣っていると言われています。

しかし、The Graph(GRT)があることによって、数多くある非中央集権型のシステムの使いやすさを向上することができるかもしれないと考えられています。

現在の状態では、さまざまな条件下で検索をするという行為はブロックチェーンから不向きだと言われていますが、今後より便利に非中央集権型のシステムを使おうと思った場合には必ず必要な機能となります。
そのため、The Graph(GRT)の特性はこれからさまざまな場所で活用されることが予想されています。

 

▶【仮想通貨】Defiとは?仕組みやメリット・デメリットを解説!

開発チームに優秀なメンバーがそろっている

ブロックチェーン上では難しいと言われている便利な検索機能をつけるためにスタートしたThe Graph(GRT)には、優秀な開発チームが存在しています。

その中には、MuleSoftといった大手企業の専門家が参加していますし、Ethereum FoundationやDecentralandなどの他のブロックチェーンの専門家もいます。
そのため、このプロジェクトの成功率は高いのではないかと予想されています。

また、他のブロックチェーンと連携してサービスをスタートすることも考えられるため、より幅広く利用されるでしょう。

 

▶DecentraLand(MANA)!注目される理由と今後の動向は?

 

すでに実用されている

The Graph(GRT)は、すでに3000以上の開発者に利用されています。
The Graph(GRT)が開発された当初、分散型のインデックスやクエリソフトウェアはまだありませんでした。

そのことが、非中央集権型のユーザビリティに大きく影響を与えていることを危惧していた開発者は、The Graph(GRT)の機能に注目し、すぐに多くの場所で利用されてきました。

知名度が高いのは、DecentralandやUniswapです。
Uniswapの創業者も、The Graph(GRT)の有用性を強く主張していることから見ても、今後もより多くのサービスに利用されていくことが予想されます。

 

▶分散型取引所のユニスワップはどうなの?特徴やメリットを解説!

 

\人気NO.1の取引所「コインチェック」なら初心者でも安心/
コインチェック

 

 

The Graph(GRT)の今後の予想

では、今後The Graph(GRT)はどのようになっていくと予想することができるのでしょうか?

 

仮想通貨プロジェクトに欠かせないインフラとなる

2021年頃から盛り上がってきたDeFiやDappsのような非中央集権型のサービスは、WEB3.0の発展と共により増加してくることが考えられます。
その際に欠かせなくなるのが「The Graph(GRT)」だと言われています。

ブロックチェーンはユーザーのデータを保管しているのですが、暗号化され見えないようにされているため、表示するために存在するアプリケーションとは規格が異なります。
そのため、複雑な検索を行って必要な情報を提示するのは難しく、多大な時間がかかることもあるようです。

これが現在の非中央集権型サービスが使いづらいと言われている所以です。

しかし、The Graph(GRT)を利用することによって、ブロックチェーンが苦手としている検索と提示を代わりに行うことができます。
そのため、非中央集権型のメリットを最大限に活かしながら、現在私たちが当たり前に使っているインターネットであるWEB2.0と同じような使い勝手を実現することが可能になるということができるでしょう。

現在もThe Graph(GRT)の開発は進められていることから、より便利になることが予想されます。

仮想通貨取扱通貨数600以上、日本語対応取引所(新規優良通貨を探すならMEXCGlobal取引所)

MEXC取引所の口座開設リンク

 

非中央集権型システムも注目と共に高騰する

The Graph(GRT)は2020年に登場したまだ新しいサービスです。
しかし、2021年にDeFiやDappsが注目を浴びた際には、一気に価格を高騰させています。

そのことから、今後もより便利なサービスが登場して、DeFiやDappsへの注目が集まった時には、価格が大きく高騰することが予想されています。

 

▶GameFi(Game+DeFi)がすごい!魅力と将来性を徹底解説!

 

The Graph(GRT)を利用したサービスが増える

The Graph(GRT)を活用するサービスは今後も多くなると考えられています。
そうすると、The Graph(GRT)に対する注目度が高まり、価格が高騰すると予想されます。

そのため、The Graph(GRT)がどのサービスと提携するのかをこまめにチェックしておく必要があるでしょう。

 

\初めての方でもアプリで簡単!「ビットポイント」で取引を始める/
ビットポイント

 

まとめ

いかがでしたか?The Graph(GRT)は非中央集権型の検索プラットフォームとなっています。
そのため、これまで使いづらかったDappsやDeFiのサービスと組み合わせることによって、より便利に使うことができるようになると考えられています。

The Graph(GRT)を利用するサービスはこれから多くなってくることが予想されるため、今後もDeFi関連やWEB3.0関連の銘柄が注目を集めれば、大きく価格を伸ばすことでしょう。

 

\今だけ!DMM Bitcoinでお得に仮想通貨取引を始める/

 

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事