2022.01.08WEB3.0

【仮想通貨✖️GameFi】Metaheroがすごい

Metaheroというメタバースをご存じですか?
メタバースは、ブロックチェーン上に作り出したVR空間の中で、自由に取引を行ったりゲームをして遊ぶことができる仕様となっています。
その中でも、METAHEROはウルトラHDでスキャンした自分の姿や現実世界を投影し、現実に近い世界を楽しむことができることを目指したプロジェクトとなっています。

分かりやすい例で例えるとすれば、「サマーウォーズ」ですね。
これまでは映画やゲームでしかありえなかったことが、この世界で実現することができるようになっているため、プロジェクトが始動してすぐに注目が集まっています。

そこで今回は、メタバースの一種であるMetaheroについて具体的に見ていきましょう。

 

 

METAHEROとは?

Metaheroとはメタバースの一種で、3Ⅾスキャナーを使って自分自身をアバター化し、VR空間を楽しむことができる仕様となっています。
人だけではなく、物もスキャンすることができるので、自分が住んでいる街を投影したり、行きたいと思っている場所を疑似体験的に堪能することも可能となっています。

何でもアバターにすることができるため、臨場感のあるゲームを楽しむことができたり、デジタルで美術館を作ったり、医療で使用することもできるので、さまざまな業種の企業が参入するのではないかと考えられています。

 

 

METAHEROの特徴

ではここからは、Metaheroの特徴について見ていきましょう。

 

ビットフライヤーの口座開設方法

まだビットフライヤーの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「ビットフライヤー」の口座開設をする!"
「ビットフライヤー」の口座開設をする

詳細はビットフライヤーの取引所開設をご覧ください

 

 

3Ⅾのアバターが用意できる

現在はたくさんのメタバースのプラットフォームがあり、どこもVR空間で自由な取引を行うことができるようになっています。
しかし、どこも2Dの環境になっています。

その点、Metaheroは3Dスキャナーで読み込むことができるので、より本格的なVR空間を楽しむことができます
そのため、他のメタバースとの差別化もはかれていますし、3Dの方が行いやすい業種が多く参入する可能性があるため、期待が高まっています。

 

独自トークンの価格が上がる可能性が高い

Metaheroには、独自トークンであるHEROが用意されています。
HEROはMetaheroの中での取引で使われるだけではなく、仮想空間のコンテンツであるメタスキャナーを使う際にも使われます。

METAHEROの魅力は3Ⅾであることなので、METAHEROを利用する方の大半がHEROを保有して利用する可能性が高いと考えられます。
利用者が増えれば、仮想通貨の価値が高まっていくと言われているので、価格が高騰する可能性は高いでしょう。

また、HEROは100億枚までと発行上限が決められています。
上限が決められていると、仮想通貨1枚の希少価値が上がるため、今のうちに仕入れておくと考える方も増えています。

 

 

ユーザーにHEROが付与

METAHEROは2022年に本格的にビジネスとして稼働することが決められています。

元々は利用者から手数料として利益をとるという仕組みにする予定でしたが、最近ビジネスモデルが変更されており、NFTマーケットプレイスによって売上手数料を確保するという仕組みになっています。
そのため、より使いやすい環境でMETAHEROを利用することができるようになっています。

このことにより、多くのユーザーが利用しやすい環境になっているといえます。

 

コインチェックの口座開設方法

まだコインチェックの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「コインチェック」の口座開設をする!"
「コインチェック」の口座開設をする

詳細はコインチェックの取引所開設をご覧ください

 

 

上場しやすくなっている

Metaheroの独自トークンであるHEROは、デフレトークンから手数料0%の通常トークンになっています。
そうした理由としては、流動性の高い取引所に上場しやすくなることが挙げられています。

そのため、HEROが今後上場していく可能性が高いと考えられています。
上場することによって、より多くのユーザーの目につきやすくなりますし、取引量も増えることが予想されるため、HEROの上場に注目が集まっています。

 

 

創設者が優秀

METAHEROはヨーロッパで人気の大企業であるCodewiseの元CEOであるロバート・グリーンさんが創設しています。

元々戦略的な方で、企業をかなり速い速度で成長させていましたし、最年少でフォーブス100の資産家ランキングに入っていることから、Metaheroも急速に成長を遂げるのではないかと話題になっています。

また、Metaheroを構成するメンバーも、元々Codewiseに所属していた方なので、チームワークもありますし、企業の成長としても問題ないと言えるでしょう。

 

GMOコインの口座開設方法

まだGMOコインの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「GMOコイン」の口座開設をする!"
「GMOコイン」の口座開設をする

詳細はGMOコインの取引所開設をご覧ください

 

Metaheroの将来性

では、Metaheroは今度どのようになっていくのでしょうか?

現状考えられる、Metaheroの将来性についてご紹介していきます。

 

NFT市場の拡大と盛り上がり

2021年に入ってから、一気にNFT業界が盛り上がってきています。
そのため、NFTの取引をする方も増えてきていることが分かります。

Metaheroで扱っているアイテムはすべてNFTマーケットプレイスで取引することができるので、NFTが盛り上がることによって、それに伴ってMetaheroも盛り上がっていく可能性もあると言えるでしょう。

そのため、NFT市場の変動にも注目しておく必要があります。

 

 

資本力がある

Metaheroが他のメタバースでは行えないサービスを提供できている理由は、その資本力にあります。
創設者であるロバート・グリーン氏は自分の資産から10億円をつぎ込んでいますし、資本力のある投資家のみに向けてプレセールを行うなど、さまざまな手法で資金を集めています。

実際に2021年に行われたプレセールでは、約98秒で完売したことにより、3億円もの資金を集めています。
このことからも、それだけMetaheroの人気が高まっており、今後に期待が集まっていることが分かります。

豊富な資本があることにより、魅力的なサービスを提供することができるので、より豪華なサービスがスタートされる可能性は高いでしょう。

 

ビットポイントの口座開設方法

まだビットポイントの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「ビットポイント」の口座開設をする!"
「ビットポイント」の口座開設をする

詳細はビットポイントの取引所開設をご覧ください

 

 

高い3Ⅾ技術により企業の参入の可能性

Metaheroでは、高い3Ⅾ技術が使われています。
そのため、この技術を使ってMetahero内で魅力的なサービスを展開したいと考える企業が多く存在することが考えられます。

多くの企業がさまざまなサービスを作り出すことによって、それを利用したいと考えるユーザーが一気に増えることが予想されるため、今後一気にMETAHEROの需要が高まると予想されます。

Metaheroの人気が高まれば、必然的にHEROの価格も上がっていくので、楽しみながら収益を獲得することができるでしょう。

 

 

HEROの上場がキーポイント

どの仮想通貨も、上場することによって一気に価格を伸ばしています。
そのため、利用者の多い取引所に上場することによって、HEROの価格が大幅に高騰することが考えられます。

HEROは取引所に上場することも考えて作られている仮想通貨なので、ビジネスがスタートすればすぐに大手取引所に上場することも予想されています。

 

 

税金計算なら
「クリプタクト」を使ってみる!"
「仮想通貨税金計算サービスクリプタクト」に登録する

 

まとめ

いかがでしたか?Metaheroは他のメタバースとは異なり、3Ⅾスキャナーによってさまざまなコンテンツを投影することができるVR空間が特徴です。
そのため、他のメタバースではできないサービスを提供することができますし、よりリアルに近い環境を作り出すことができます。

Metaheroの独自トークンであるHEROも上場を想定して作られていますし、ユーザーに有利な通貨となっているため、2022年にビジネスがスタートすればより大きく価格が高騰する可能性が高いでしょう。

Metahero内でスキャンを行えば、HEROがもらえるようになっているので、興味のある方は試してみてはいかがでしょうか?

 

DMMビットコインの口座開設方法

まだDMMビットコインの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

国内の取引所
「DMMビットコイン」の口座開設をする!"
「DMMビットコイン」の口座開設をする

 

 

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事

著者プロフィール

NEXT FINANCIAL INNOVATION株式会社 代表取締役 菊山 敬太郎
大学在学中にカナダに海外留学を経て、その後税理士法人で勤務しながら大学院で法学研究科を卒業後、経済情報研究科にも進学し経済を学ぶ。
税理士事務所で勤務と同時に2020年6月に資金調達及びメディア運営の法人会社を設立する。

仮想通貨歴
2017年に仮想通貨の投資に参加。
仮想通貨の売買するだけではなくブロックチェーンの素晴らしさを広めたくなり2021年9月にブログを開設しました。
仮想通貨について15以上取引所を開設し、100種類以上の通貨を売買を継続中。仮想通貨、NFT、DeFi、DAO、GameFi、web3.0などブロックチェーンに関わる分野を色々調べて仮想通貨ブログを運営しています