2021.09.24基礎知識

仮想通貨ウォレットならメタマスク!利用のメリット・デメリット

メタマスク(Metamask)とは、仮想通貨ウォレットの1つです。
最近、DeFi上に構築されたDEXやNFTなどのアプリケーションを利用するという方も増えており、より仮想通貨の魅力に注目が集まっています。

そんなさまざまなアプリケーションをより便利に使いたいという方におすすめなのがメタマスク(Metamask)です。

そこで今回は、メタマスク(Metamask)を利用するメリット・デメリットや連携して使えるサービスについてご紹介していきます。

 

\国内取引量NO.1の取引所「ビットフライヤー」を使ってみる/

bitFlyer

 

 

メタマスク(Metamask)とは?

メタマスク(Metamask)とは、イーサリアム系に特化した仮想通貨ウォレットです。

仮想通貨は実態がないので、自分が保有している分を管理する場所が必要となります。
もちろん取引所で管理することも可能ですが、万が一取引所が外部からのハッキングを受けてしまった場合、自分の持っている仮想通貨が取り出せなくなってしまったり、消滅してしまう可能性もあります。

そのため、取引所以上にセキュリティがしっかりとしているところで仮想通貨を管理する必要があります。
その場合に適切だと言われているのが仮想通貨ウォレットです。

ウォレットは仮想通貨をいれる専用の財布のような場所なので、安心して預けることができますし、取引所とウォレットの両方に資産を預けることによって、資産を分散して万が一の際に備えることができます。

 

▶初心者向けの仮想通貨とは?選び方のポイントとおすすめの仮想通貨

 

メタマスク(Metamask)のメリット

ウォレットといっても、さまざまな種類が用意されていますが、その中でどのウォレットを使ったらいいのか迷っているという方も多くいるでしょう。

そこでここからはメタマスク(Metamask)を利用するメリットについて見ていきましょう。

 

初心者でも簡単に使える

 

近年登場してきた仮想通貨ですが、その発展のスピードは著しく、たくさんの新しいサービスが常に開発され続けています。
しかし、そのサービスの多くはユーザーの利用しやすさにまでこだわれているものは少なく、仮想通貨初心者の方にとっては難しく感じるものも多くあります。

メタマスク(Metamask)は新しいサービスでありながらも、よりユーザーが直感的に操作ができるような作りとなっていますし、日本語の表記になっているので、初めての方でも使いやすいと言えるでしょう。

日本人でもメタマスク(Metamask)を使っている方は多いので、検索すれば多くの情報を閲覧することができるという点も大きな魅力です。

 

\セキュリティが高くて安心な取引所「Houbi」で口座開設/

フォビジャパン

 

Openseaと連携できる

 

Openseaとは、世界で多くの方に利用されているNFTマーケットの1つです。

NFTはデジタルデータをブロックチェーンで管理して売買することができるプラットフォームとなっており、今後より注目が集まる市場だと言われています。

Openseaではイーサリアムで取引を行うのですが、メタマスク(Metamask)もイーサリアム系のウォレットとなっているので、メタマスク(Metamask)を入手しておくことによってOpenseaを登録するとすぐに取引ができます。

Openseaに興味があるという方は、先にメタマスク(Metamask)に登録しておくといいでしょう。

 

▶「open sea」って何?最近流行りのNFTマーケットの特徴・使い方

 

無料ですぐに始められる

 

仮想通貨ウォレットにはウェブウォレットとハードウォレットの2種類が用意されています。
それぞれメリット・デメリットがありますが、1番の違いは料金でしょう。

ハードウォレットはパソコンに外付けしなければいけないため、料金が1万円前後かかるというケースが多いですが、メタマスク(Metamask)はウェブウォレットとなっているので、無料で登録することができます。

その上、ハードウォレットのように面倒な手続きを行う必要もないので、誰でもすぐに登録して仮想通貨を保有することができるという点もメリットと言えるでしょう。
日本語にも対応しているため、困ることもなく便利です。

 

\人気NO.1の取引所「コインチェック」なら初心者でも安心/

コインチェック

 

メタマスク(Metamask)のデメリット

 

メタマスク(Metamask)は初心者でも便利に使いやすいというメリットがありますが、デメリットも存在します。

そこでここからは、メタマスク(Metamask)のデメリットをご紹介します。

 

使えるブラウザが限られている

 

メタマスク(Metamask)はどのブラウザでも使えるわけではありません。

可能となっているのは、GoogleChromeとFirefoxです。
普段他のブラウザを使っている方は、異なるブラウザに切り替える必要があります。

メタマスク(Metamask)は拡張機能を使って利用する形式となっているので、これに対応していないブラウザでは使用することができません。
そのため、間違えないように注意しておきましょう。

 

ハッキングされるリスクもある

 

メタマスク(Metamask)はインターネットに接続して利用するウェブウォレットです。
そのため、悪質な人がハッキングを仕掛けてくるリスクをなくすことはできません。

実際に海外での事例でいうと、2020年にメタマスク(Metamask)がハッキングされたというケースもあります。
その時には8億円相当の仮想通貨が盗まれてしまいました。

多くの資金を投入している場合には、メタマスク(Metamask)の利用の仕方を考える必要があります。

ハッキングされてしまうケースとしては、DeFi関連のサービスと連結した場合に起こることが多いようなので、安易に他のサービスと連結することなく、安全性を確認してからの方がよいでしょう。

 

▶仮想通貨取引所へのハッキング手口とは?対策方法も解説!

 

\少額から取引をしたい方には「ディーカレット」がおすすめ/

 

メタマスク(Metamask)と連携して使えるサービス

 

メタマスク(Metamask)はさまざまなDeFiのアプリケーションと連結して使うことができます。

そこでここからは、自由に遊ぶことができるサービスについてご紹介していきます。

 

クリプトスペルズ(CRYPTO SPELLS)

クリプトスペルズ(CRYPTO SPELLS)とは、日本のNFTゲームメーカーが開発したブロックチェーンを利用したカードゲームです。

自分で集めたカードは資産となるので、NFTマーケットので販売することができ、レアリティの高いカードを売買しながらゲームを楽しむことができる仕組みとなっています。

ゲームで遊びながらもマネタイズすることができるという仕組みと日本ならではの繊細で緻密なゲームの作りが人気となっています。

 

▶今話題のブロックチェーンゲーム「The SANDBOX」の魅力とは

 

アクシー・インフィニティ(Axie Infinity)

アクシー・インフィニティ(Axie Infinity)とは、2018年にベトナムで開発されたNFTゲームで、最近はフィリピンで流行しています。

ゲーム内で一定の条件をクリアすることによって仮想通貨をもらうことができたり、取得したアイテムをNFTマーケットで販売することによって、資産を築くことができると言われています。

数ある仮想通貨を使ったNFTゲームの中でもトップクラスの人気を誇っているゲームなので、ぜひ始めておくべぎゲームだと言えるでしょう。

 

PancakeSwap(パンケーキスワップ)

パンケーキスワップとは、2020年にリリースされたDEX(分散型取引所)のことです。
最近、DEXに対する注目が一気に集まってきていることから、パンケーキスワップを利用する方も多くなってきています。

パンケーキスワップでは、仮想通貨を交換するだけではなく、もらったトークンを預けることによって利息のような形で独自トークンを受け取ることができるので、取引をしなくても利益を獲得することができます。

このような仕組みにより、パンケーキスワップへの注目が集まっているため、メタマスクを利用する方も増えてくることが予想されています。

 

▶DEXの一種「pancakeswap(パンケーキスワップ」の魅力

 

\取扱銘柄が豊富で自由に選べるのはビットポイント/
ビットポイント

 

メタマスク(Metamask)を利用する方法

では、実際にメタマスク(Metamask)を使うためにはどのような手順を踏んだらいいのでしょうか?

具体的な使い方についてご紹介していきます。

 

国内の取引所の口座開設

まずは国内の取引所で口座開設を行う必要があります。
すでに口座を保有しているという方は、その国内取引所の口座を使いましょう。

まだ口座を持っていないという方は、自分で取引所を選んで口座開設の手続きを行う必要があります。
手続きの方法は取引所によって異なりますが、まずは自分の情報を入力して会員登録を行い、本人確認書類を提出したら終了です。

基本的には1日以内に完了することができます。

取引所によって特徴がありますので、まずは人気の取引所を比較して、自分の気に入った取引所で口座開設を行いましょう。

 

▶【初心者におすすめ】仮想通貨の取引におすすめの日本の取引所8選

 

日本円を入金する

口座開設の手続きが終了したら、日本円を取引所のウォレットに入金する必要があります。

国内の取引所の場合、「銀行送金」「コンビニ入金」「クイック入金」などの豊富な種類がありますので、自分が便利だと思う方法で必要な金額を入金しましょう。
入金には手数料がかかるケースが多いので、それ以外にも取引を行おうと思っている場合にはまとめて入金しておくことをおすすめします。

 

イーサリアムを購入

入金が完了したら、イーサリアムを購入しましょう。
仮想通貨取引所の中には販売所が用意されているので、そこでイーサリアムを購入します。

仮想通貨の価格変動の幅は大きく、当然ですがイーサリアムの価格も日々大きく変わっています。
そのため、購入する時にはしっかりとチャートを見て、タイミングを見計らって購入することをおすすめします。

 

メタマスク(Metamask)を入手する

イーサリアムの準備が完了したら、次はメタマスク(Metamask)の準備に移りましょう。

メタマスク(Metamask)をダウンロードするのにピッタリのブラウザはGoogleChromeです。
利用していないという方は、事前にダウンロードしておくようにしましょう。

まずはGooglechromeを開き、メタマスク(Metamask)のページにアクセスします。
そうすると右上にパズルのようなマークが表示されています。

そこは拡張機能の情報が表示されるところなので、そこをクリックし、「Download now」を選択しましょう。
次に手順に従って「Install MetaMask for Chrome」をクリックします。

GooglechromeのWEBストアに移動して「chromeに追加」を選択すると、メタマスク(Metamask)を拡張機能に追加することができます。

 

メタマスク(Metamask)を起動しウォレットの作成

メタマスク(Metamask)を起動すると、ウォレットを作成することができる画面に移行します。

手順に従ってウォレットを作成していくと、パスワードの設定を求められます。
メタマスク(Metamask)を利用する際には、このパスワードを自分で管理することが重要となりますので、忘れずに覚えておくようにしましょう。

その次に秘密のバックフレーズの設定となります。
ここでは12語の英単語が表示されます。

この内容もパソコンが故障した時等にデータを復元するのに必要な情報となりますので、必ず忘れないように管理し、誰にも教えないようにしておきましょう。

 

メタマスク(Metamask)へ送金

先ほど国内の仮想通貨取引所で購入したイーサリアムをメタマスク(Metamask)に移行します。

メタマスク(Metamask)のサイトを開き、自分のアカウント名にカーソルを合わせるとメタマスク(Metamask)用のアドレスがコピーされます。

 

次に国内取引所の画面を開きましょう。
送金のページを開き、「イーサリアムの送金」を選択します。

送金先リストに先ほどコピーしたメタマスク(Metamask)のアドレスを入力して追加します。
金額を指定し、送金をクリックすると手続きが完了となります。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?メタマスク(Metamask)とは、イーサリアム系に特化した仮想通貨ウォレットです。
取引所でも仮想通貨を管理することができますが、よりセキュリティの高いところで保管したいという場合にはウォレットを使った方がよいでしょう。

また、メタマスク(Metamask)はNFTとの相性もよいので、今後より便利に使いたいという方にはメタマスク(Metamask)がおすすめです。

 

分散型取引所のユニスワップはどうなの?特徴やメリットを解説!

 

\口座開設時にお得なDMM Bitcoinなら取引を始めやすい/

 

 

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事