2022.09.21基礎知識

仮想通貨のコピートレードって何?メリット・デメリットを解説!

最近、仮想通貨の取引を行う方が増えてきています。
しかし、まだまだボラティリティが高くなっているので、リスクが高いと感じている方もいるのではないでしょうか?

実際に大きな損をした方もいるので、自分にもできるのか不安に感じる方もいるようです。
そんな中、人気が高まっているのが「コピートレード」です。

そこで今回は、仮想通貨のコピートレードのメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう。

 

仮想通貨のコピートレードって何?

仮想通貨のコピートレードとは、投資のプロが取引している取引を、自分の口座にもコピーして行う方法です。
プロはこれまでにもたくさんの取引を行っているため、素人の方よりも適切なタイミングで取引を行うことができます。

コピートレードであれば、自分の資産を使ってプロが取引をしているような状態なので、より効率よく資産を出すことができる方法だといえるでしょう。

 

コピートレードと自動売買ツールの違い

コピートレードと同じようなシステムの1つに、自動売買ツールがあります。
この2つにはどのような違いがあるのでしょうか?

 

コピートレード:特定のトレーダーが行っている売買を完全にコピーして自分の口座に反映させる方法
自動売買ツール:過去の価格の値動きから次の動きを予想してプログラムを組み、それによって取引を行う方法

このように、自動売買は事前に決められたプログラムをもとに取引を行いますが、コピートレードは特定の個人が行っている取引を反映させるという点が違いということになります。

自動売買だと急な値動きに対応することはできませんが、コピートレードはその時の状況に合わせて、プロのトレーダーが判断を行って取引方法を決めてくれています。
仮想通貨はまだ分からないことが多数あるので、決められた自動売買よりもコピートレードの方がメリットが大きいといえるでしょう。

 

コピートレードのメリット

コピートレードは、さまざまなメリットがある取引方法です。

 

仮想通貨のコピートレードのメリット

・初心者でも行いやすい
・仮想通貨の勉強をする必要がない
・チャートを見ている必要がない
・素人の取引よりも利益を出しやすい
・自分の好きなトレーダーを選んでまかせられる

 

そこでここからは、コピートレードのメリットについて具体的に見ていきましょう。

 

初心者でも行いやすい

仮想通貨の価格は、常に変動しています。
そのため、その価格差を利用して利益を出していきます。

つまり、価格が安い時に仮想通貨を購入して、高くなった時に売却するということです。
しかし、いつどのように価格が変動するのかは分からないので、なかなかタイミングよく取引をすることができないケースもあるようです。

コピートレードであれば、初心者でも簡単に取引をすることができるので、メリットが大きいでしょう。

 

Bybitの口座開設方法

まだBybitの取引所を開設していない方はまずは仮想通貨取引所の登録手続きをおこないましょう

海外の取引所
「Bybit」の口座開設をする!"
「Bybit」の口座開設をする

詳細はBybitの取引所開設をご覧ください

 

仮想通貨の勉強をする必要がない

仮想通貨は、近年一気に注目が集まった通貨です。
どちらかというと、ギャンブルのように何の知識もなく取引をしている方も多くいますが、そのような方法で取引を続けているとどこかのタイミングで大きな損をしているケースが多くあります。

他の投資方法に比べて、ボラティリティが高くて大きな収益を上げやすいからこそ、しっかりと知識を持って取り組むことが必要となります。
しかし、仕事をしながら投資を行う場合、なかなか勉強する時間がなく、踏み出せないという方もいるでしょう。

ただ、コピートレードは自分自身で取引をする必要がないので、そのような方でも気軽に取り組むことができますし、気づいたら利益が出ていたという状態を作ることができます。

 

チャートを見ている必要がない

先ほどもお伝えしたように、仮想通貨は日々刻々と価格が変動します。
そのため、常にチャートを見て相場変動についてチェックしておく必要があります。

しかし、コピートレードの場合はプロトレーダーが行っている取引を自分の口座に反映させるので、自動的に取引をおこなってくれます
忙しい方の場合、チャートを見れていない時間に急激に価格が変動して、大きな損を出してしまう可能性もあります。

コピートレードを使えば、そのような心配はないので、安心していつも通りの生活を行うことができるでしょう。


素人の取引よりも利益を出しやすい

仮想通貨は近年登場して、急激に価格が上がった通貨です。

 

世界初の仮想通貨であるビットコインは、2010年に登場しました。
その時は1万BTCでピザを2枚買ったことが話題となりました。
そんなビットコインは、2020年には777万円まで到達しています。

 

そのため、保有していれば自動的に価格が上がるものだと考えている方もいるでしょう。
しかし、実は仮想通貨のことはちょっとしたことで大きな価格変動が行われているため、大きく損をすることもあります。

素人の取引だと損をしてしまう可能性も十分にありますが、プロだと冷静な判断ができる可能性が高いでしょう。

 

【ビットコイン生誕の歴史】価格推移の歴史


自分の好きなトレーダーを選んでまかせられる

仮想通貨のコピートレードを利用する場合、自分でどのトレーダーに取引をしてもらうのかを選択して任せることができます。
コピートレードを行っているプロトレーダーはたくさんいるので、その中から自分が行いたい取引をしている方や直近の成績がよい方などを探して、依頼するといいでしょう。

コピートレードを取り扱っている業者の多くは、成績や収益率をランキングにして表示されているので、そのような情報を参考にして自分に合ったトレーダーを探すことをおすすめします。

 

感情的になって損失を出すリスクが少ない

投資で失敗する1番の要因は、感情に従って取引を行ってしまうことです。
どれだけ知識を持っていたとしても、その時の状況を冷静に判断して適切な対応を行わなければ、損失を出してしまうことになります。

特に初心者の方の場合、少しの損失で感情的になってその時に必要な措置ができないことも多いです。
仮想通貨の取引においては、損失が出ている時に損切りを行ってできるだけリスクを減らす必要があります。
ただ、なかなかそれができない方は多いです。

このようなことを考えると、コピートレードのように経験も知識も豊富なプロの方に任せた方が、自分の感情が左右されないので、安心して取引を行うことが可能です。

 

コピートレードのデメリット

仮想通貨のコピートレードは、さまざまなメリットがあります。
しかし、コピートレードを行ったとしても投資であることには変わりありませんし、デメリットになってしまう部分もあります。

 

コピートレードのデメリット

・損をする可能性もある
・レバレッジ取引には注意が必要
・手数料がかかる
・トレーダーを選ぶのが大変
・詐欺を行う方もいる

 

国内の取引所
「ビットバンク」を使ってみる!"
「ビットバンク」に登録する

 

そこでここからは、仮想通貨のコピートレードのデメリットについて見ていきましょう。

 

損をする可能性もある

コピートレードはプロの投資家が行っているケースがほとんどなので、損をすることはないと考えている方も多くいます。
しかし、プロであっても必ず勝てるというわけではなく、予想できない相場の動きによって大きな損失が出てしまうこともあります。

特に仮想通貨はまだ新しい通貨なので、相場の動きを予想する材料はそこまで多くありませんし、さまざまな情勢の影響を受けて急激に乱高下することもあるようです。
人任せにしている状態で損をしてしまうことも頭に入れて取り組むことをおすすめします。

 

レバレッジ取引には注意が必要

仮想通貨の取引を行う場合には、現物取引だけではなくレバレッジ取引をえらぶこともできます。

 

レバレッジ取引とは?
レバレッジとは、てこの原理のこと。自分が持っている資産以上の金額で取引をすることができるので、大きな金額を稼げることもある。しかし、逆に損失が大きく膨らんで、自分の資産以上の借金を背負うこともあるので、注意が必要。

 

レバレッジ取引の場合、プロの投資家とは口座に入れている資産が違い、先にロスカットされてしまうというケースもあります。
あまり大きな損失を出したくないという方は、現物取引を行っている投資家を選んだ方がよいでしょう。

 

手数料がかかる

コピートレードを依頼する場合、出た利益の一部を委託しているトレーダーに手数料として渡す必要があります。
そのため、稼いだ分がすべて自分に入ってくるというわけではありません。

手数料は業者やコピートレードの投資家によって異なるので、事前に確認しておくようにしましょう。

 

トレーダーを選ぶのが大変

コピートレードのトレーダーは数多く存在します。
その中から自分に合った人を選ぶのは大変だと感じる方も多くいるようです。

成績がよい人はたくさんいますが、人によって取引方法は全く異なるので、事前に確認してから依頼を行うようにした方がよいでしょう。

 

詐欺を行う方もいる

仮想通貨のコピートレードを利用しようと考えている方の中には、仮想通貨初心者の方も多くいるでしょう。
コピートレードであれば、初心者で経験や知識がなくても手軽に取引を行うことができますし、何もしなくても利益を出すことも可能なので、便利だと感じる方もいるようです。

しかし、そのような素人の方を狙った詐欺師の方も多くいます。
コピートレードは実際に取引を行う前にはその実態を詳しく知ることはできないため、気づかないうちに詐欺に引っかかって損失を出してしまう可能性もあります。

 

国内の取引所
「ビットフライヤー」を使ってみる!"
「ビットフライヤー」に登録する

 

コピートレードを利用する際の注意点

コピートレードは、仮想通貨取引が素人の方でも、忙しくてゆっくりとチャートを見て取引を行うことができない方でも、気軽に取引ができるので人気が高い方法です。
しかし、利用する際には注意しておいた方がよい点もいくつかあります。

 

コピートレードを利用する際の注意点

・少額から取引を始める
・優秀なトレーダーを選ぶ
・自分でもリスク管理を行う

 

そこでここからは、コピートレードを利用する際の注意点について詳しく見ていきましょう。

 

少額から取引を始める

コピートレードを実施する際には、自分が信頼できると思うトレーダーを探して取引を始めます。
その時点では、「この人に任せれば大きく利益を出すことができるかもしれない」と期待が高まっていることもあるでしょう。

しかし、そのトレーダーが本当にデータ通りの取引をできるかどうかは分かりません。
もちろんコピートレードではある程度資産が多い方が利益を出しやすい環境になりますが、大金を入金してしまうと短期間の値動きで一気に損失が出てしまう可能性もあります。

このようなリスクを避けるためにも、まずは少額の入金をして取引を行うようにしましょう。
その後、自分の判断で大丈夫と思えば、少しずつ金額を増やしていくことをおすすめします。

 

優秀なトレーダーを選ぶ

コピートレードを提供しているトレーダーは多数いて、それぞれ特徴が異なります。
取引所によっては、トレーダーとしての登録が簡単にできるところも多くあるため、あまり成績がよくない方や安定した収益を出せていない方が登録していることもあります。

このような環境の中で、仮想通貨のコピートレードを利用して利益を出すためには、優秀なトレーダーを見つけることが重要です。
取引所では、その人の取引スタイルや利益率を詳細に記載している項目があるため、その情報をしっかりと考えて自分が利用するトレーダーを選ぶようにしましょう。

 

自分でもリスク管理を行う

コピートレードは、基本的にはトレーダーに任せた状態で取引を進めることができます。
しかし、トレーダーにまかせっきりで取引をしてしまうと、いきなり大きな損失を出してしまうということも考えられます。

このようなリスクを減らすためには、自分でもリスク管理を行うことが重要です。
トレーダーによって取引スタイルは異なり、それぞれリスクを伴います。

そのリスクの部分を理解して、事前にリスクを回避するような動きを行うようにしましょう。
どれだけ優秀なトレーダーでも損失を出すことはあるので、その前に利確をしたり損切りをするようにして、損失額を抑える工夫が大切です。

 

 

まとめ

仮想通貨の取引をしたことがない方や、日々チャートをチェックする暇がないという方の場合、コピートレードを利用した方が効率的に資産を築くことができます。
しかし、コピートレードを行っても、損失が出てしまう可能性は十分にあります。

事前に誰に任せるのか、どれくらいの資産を使うのかという点をしっかりと検討して、自分に合った環境を選ぶことをおすすめします。

海外の取引所
「BINANCE取引所」の口座開設をする!"
「BINANCE取引所」の口座開設をする

 

 

フリーワード検索

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事

著者プロフィール

NEXT FINANCIAL INNOVATION株式会社 代表取締役 菊山 敬太郎
大学在学中にカナダに海外留学を経て、その後税理士法人で勤務しながら大学院で法学研究科を卒業後、経済情報研究科にも進学し経済を学ぶ。
税理士事務所で勤務と同時に2020年6月に資金調達及びメディア運営の法人会社を設立する。

仮想通貨歴
2017年に仮想通貨の投資に参加。
仮想通貨の売買するだけではなくブロックチェーンの素晴らしさを広めたくなり2021年9月にブログを開設しました。
仮想通貨について15以上取引所を開設し、100種類以上の通貨を売買を継続中。仮想通貨、NFT、DeFi、DAO、GameFi、web3.0などブロックチェーンに関わる分野を色々調べて仮想通貨ブログを運営しています