2021.08.30基礎知識

【仮想通貨】とは?選び方のポイントとおすすめ

仮想通貨というと、「ビットコイン」や「イーサリアム」を想像する方が多いでしょう。
しかし、仮想通貨は現在約2100種類もあると言われており、ビットコインやイーサリアムもその中の1つにすぎません。

そのため、仮想通貨初心者の方の中には、いざ取引を始めようと思ってもたくさんある仮想通貨の中から何を選んで取引をしたらいいのか分からないという悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、仮想通貨初心者の方向けに、自分が投資する仮想通貨の選び方とおすすめの通貨をご紹介していきます。

 

国内の取引所
「ビットフライヤー」を使ってみる!"
「ビットフライヤー」に登録する

仮想通貨を選ぶポイント

仮想通貨はたくさんの種類があるので、どれに投資をするか迷ってしまうことでしょう。

そこでここからは、どの仮想通貨に投資をするのか迷った時にぜひ考えたいポイントをご紹介していきます。

 

将来価値が上がる通貨を選ぶ

仮想通貨は、常に価格が変動しています。
その価格の変動は、その通貨の需要と供給によって決まっています。

つまり、多くの人がほしいと思う仮想通貨はその分価格が高まりやすく、いらないと判断して手放す人が多い仮想通貨は価値が下がるということになります。

より価格が高まる通貨を見分ける方法はたくさんありますが、その1つは対象の仮想通貨がどのように実用されるかどうかを考えるという方法です。
仮想通貨が日常の中で便利に使われるようになれば多くの方が求めるようになるため、価値が高まり価格が上がります

公式サイトをみると、その通貨がどのような目的で作られたものなのかやどのような企業と提携して使われているのかが記載されているので、その内容を見て今後の将来性を考えてみましょう。

 

国内の取引所
「Houbi」を使ってみる!"
「Houbi」に登録する

 

取引量が多い通貨を選ぶ

仮想通貨を取引する時に、初心者の方は価格の変動ばかりを気にしてしまいがちです。
しかし、その通貨の取引量をチェックしておくことも重要です。

取引量が多いと市場での流動性が高くなるので、適正価格で購入することができるようになります。
逆に流動性が低い通貨を購入しようとすると、注文を確定する時に自分が購入するつもりの価格で購入できないことがあるので注意が必要です。

取引量は取引板にのっているので、事前にチェックをしてから判断するようにしましょう。

 

取引所に上場している通貨を選ぶ

仮想通貨の取引所に上場している通貨は、厳しい審査を通っています
そのため、価格が上がる可能性が高く、信頼できる仮想通貨だということができます。

マイナーな草コインの方が大幅に価格が高騰する可能性はありますが、詐欺コインの場合もありますので、そのような間違った仮想通貨を選びたくないという方は上場している通貨を選ぶといいでしょう。

 

需要が高い目的の通貨を選ぶ

仮想通貨が約2100種類も作られているのは、それぞれ異なる目的のために開発されている通貨だからです。

仮想通貨は、開発段階からその使い方が定められており、その使用法に適した作りとなっています。
そのため、より多くの人に求められる可能性の高い仮想通貨を選べば、将来的にその価値が大きく上昇することを予測できるのです。

 

国内の取引所
「コインチェック」を使ってみる!"
「コインチェック」に登録する

初心者におすすめの仮想通貨

仮想通貨初心者の方の場合、最初はなかなか選ぶのが難しいと感じるでしょう。

そこでここからは、初心者におすすめの仮想通貨とその特徴についてご紹介していきます。

 

おすすめの仮想通貨①:ビットコイン(BTC)

ビットコインとは2009年に初めて開発された仮想通貨で、現在最も人気の高い通貨と言われています。

2021年8月時点では、1BTC=約530万円となっており、他の仮想通貨と比べて圧倒的に価値が高まっています。
現在は基軸の通貨として使われることも多くなっています。

 

ビットコインは決済を安価で素早くできる

ビットコインは、より安い手数料ですばやい決済を行うことが目的として作られています。
世界各国での人気も高く、すでにサービスの決済方法として導入している企業も増えてきています。

日本でも知名度が高く、ビックカメラでの決済で使われるなど、浸透しつつある仮想通貨です。

 

国内取引所
「DMMビットコイン」を使ってみる!"
「DMMビットコイン」に登録する

 

おすすめの仮想通貨②:イーサリアム(ETH)

イーサリアムとは、2014年に発行された仮想通貨で、ビットコインに続き知名度が高くなっています

イーサリアムはスマートコントラクトを使用して開発されており、ビットコインのデメリットにもなった発行上限や半減期が改善されているという点が特徴です。
そのため、今後もイーサリアムのマイニングをするユーザーが減少するリスクもないので、より安定して伸びる可能性が高いと言われています。

2021年8月時点でのイーサリアムの価格は、約34万円です。

 

イーサリアムは取引を自動で実行する

イーサリアムとは仮想通貨の名前でもありますが、実は独自のソフトウェアを開発できるプラットフォームの名前です。
イーサリアムにはスマートコントラクトが使用されているので、自動で取引を実行することができるようになっています。

このようなプラットフォームがより普及すれば、今あるさまざまな契約がより平等にすばやく行うことができるようになり、便利になることが予想されます。

 

税金計算なら
「クリプタクト」を使ってみる!"
「仮想通貨税金計算サービスクリプタクト」に登録する

おすすめの仮想通貨③:リップル(XRP)

リップルとは、2012年9月に発行された仮想通貨です。
2021年8月時点では約130円となっていますが、その人気は高くて熱狂的なファンが多くいます。

 

リップルは海外送金に適している

リップルは、海外送金をより安く高速で行うことを目的に作られた仮想通貨です。
現時点で多くの金融機関との実用化が検討されており、その独自の送金方法が注目されています。

実際にリップルと多くの金融機関が連携したら、より需要が高まることが予想される注目のコインです。

また、Googleの子会社であるGoogleベンチャーズが出資をしていることから見ても、その信頼度は高いと言えるでしょう。

 

おすすめの仮想通貨④:Binanceコイン(BNB)

Binanceコインとは、仮想通貨取引所として知名度の高いBinance(バイナンス)が発行している仮想通貨です。
2017年に設立された取引所ですが、世界中のユーザーから人気の高い取引所なので、信頼度が高いと言えるでしょう。

Binanceコインは、2021年8月現在は約440円となっています。

 

Binanceコインは手数料を安くできる

Binanceコインは、バイナンスを取引所として利用する方におすすめの仮想通貨となっています。
バイナンスは取引手数料が一律0.1%とかなりお得な設定になっているのですが、手数料をBinanceコインで支払えば50%オフの0.05%となっています。

その上、Binanceコインをペアとする仮想通貨の取引手数料は無料となっているので、よりお得に取引を行うことができます。

 

 

まとめ

いかがでしたか?仮想通貨は約2100種類という豊富な種類が用意されており、仮想通貨初心者の方の場合はどれを選んでいいか迷ってしまうことも多いでしょう。
仮想通貨の中には、将来的に価格が高騰する可能性が低いものもありますし、詐欺コインも存在します。
そのため、事前にそのコインの需要や取引量・普及する可能性をチェックして、より価値が高まるものを購入することをおすすめします。

今回紹介した仮想通貨は将来性があるものなので、迷ったらこの中から選ぶといいでしょう。
その他の仮想通貨を購入する場合も、今回紹介した選び方を参考にして探してみてくださいね。

 

国内の取引所
「ビットポイント」を使ってみる!"
「ビットポイント」に登録する

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事

著者プロフィール

criptkei
大学在学中にカナダに海外留学を経て、その後税理士法人で勤務しながら大学院に進学。
2020年に自ら代表を務める法人会社を設立する3人の子供を持つパパブロガー。

仮想通貨歴
2017年に仮想通貨の投資に参加。
仮想通貨の売買するだけではなくブロックチェーンの素晴らしさを広めたくなり2021年9月にブログを開設しました。
仮想通貨について15以上取引所を開設し、100種類以上の通貨を売買を継続中。仮想通貨、NFT、DeFi、DAO、GameFi、web3.0などブロックチェーンに関わる分野を色々調べて仮想通貨ブログを運営しています