2021.08.25基礎知識

仮想通貨初心者が陥りやすい失敗とは?よくある失敗から考える対処方法

近年、仮想通貨に大きな注目が集まっています。
もちろん仮想通貨を使って多大な利益を得た人もたくさんいますが、価格の暴落によって大きな損失を出してしまったという話もよく聞きますよね。

そのため、これから仮想通貨を行いたいと思っている方の中にも、「もし失敗してしまったらどうしたらいいんだろう」という不安を抱えている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、仮想通貨初心者の方が陥りやすい失敗とそこから学ぶ対処方法について解説していきます。

国内の取引所
「ビットフライヤー」を使ってみる!"
「ビットフライヤー」に登録する

仮想通貨初心者が陥りやすい失敗例

仮想通貨初心者の方は、同じような失敗をしてしまうことが多くあります。

そのため、他の人がやってしまった失敗を事前に頭に入れておき、それをしないようにしていれば自分が大きな失敗をするリスクを極力減らすことができるのです。

そこでここからは、仮想通貨初心者が陥りやすい失敗例についてご紹介していきます。

 

何となく仮想通貨に投資をしてしまう

最初に仮想通貨が大きな話題となった時、仮想通貨を買っておけば大きく儲けることができるというイメージを持った方は多いのではないでしょうか?
まだ多くの方に知られていない頃、仮想通貨の価値はかなり低いものだったのですが、徐々に周囲に認知されていくことによって価値が高騰し、大きな利益を獲得したという方も多くいたことでしょう。

しかし、そのようなニュースを見て、何となく仮想通貨を買えば儲かると信じ、仮想通貨のことをあまり理解することなく投資をしてしまった方は、一様に誰もが大きな損失を出してしまっています

仮想通貨は金のなる木ではなく、投資方法の1つです。
まだまだ仮想通貨を使っているユーザーの数は少なく、売買のバランスが崩れたり国からの仮想通貨の規制が入ることによって、大きく価格が下落してしまう可能性も十分にあります。

安定して利益を出すためには、しっかりと仮想通貨に関する知識をつけた上で取引をした方がよいでしょう。

国内の取引所
「Houbi」を使ってみる!"
「Houbi」に登録する

 

 

誰かの発言をすべて信じてしまう

最近は仮想通貨で利益を得た人が仮想通貨での稼ぎ方について情報発信をしているものが多くあります。
書籍やサイトはもちろん、YouTubeで顔出しをして稼げる取引方法を解説しているものもあるでしょう。

仮想通貨初心者の方の中には、「この人は仮想通貨で稼いでいるから、この人の言う通りにやっておけば自分も稼げるはず」と思うことが多いようです。

しかし、仮想通貨は投資方法の1つであり投資に確定事項はないので、「絶対に儲かる方法」はありません。
だからこそ、仮想通貨の取引をする方はチャートを見たり世界情勢を見たりして、今後仮想通貨がどのような値動きを見せるのかを予想して、取引を行っているのです。

実際に仮想通貨で儲けている人の情報を見てその通りにやったのに、全然利益を出せなかったということは多くあります。
その上、有料で情報販売をしている人もいるため、そのような商材を購入してしまった場合、本当は稼いで儲けを出したかったのにマイナスになってしまったということも考えられます。

妄信的に誰かを信じて取引を始めるのは危険だと言えるでしょう。

 

生活費まで投資してしまう

仮想通貨は価格の変動が大きい投資商品です。
そのため、仮想通貨を持っている状態で大きく価格が下落してしまった場合、もっと大きな金額を投資して負けた分を取り戻したいという感覚で取引をしてしまう初心者の方は多いようです。

ギャンブル的な感覚で投資をしてしまうと、どんどん出費がかさんでいき、最初は少額で取引をする予定だったのに毎月生活を切り詰めるほどの額を仮想通貨につぎ込んでしまっているという状態になりかねません。

生活費がかかった状態での投資は冷静な判断を鈍らせてしまうので、正確なタイミングで正しい判断をすることができず、より損失を膨らませてしまう可能性もあります。
仮想通貨を行う際には、自分が毎月どれくらいの資金であれば投資できるのかをきちんと把握しておくことが重要です。

 

トレードだけを楽しんでしまっている

仮想通貨を始めたいと思っている方の大半が、投資によって利益を得ることが目的だと思います。
しかし、実際に取引を始めてみると、仮想通貨の取引をすることが目的になってしまい、全く利益が出せていないという状態に陥る方は多くいます

仮想通貨は価格変動がかなり大きいので、取引をしている最中に大きな含み損や含み益を持つことがあります。
このような状態に一喜一憂してしまうと、含み益は大きかったけれども実際には少額の利益しか出せなかったということになりかねません。

それでは実際には元も子もないですよね。
本当に利益を出したいのであれば、自分がどれくらい利益を出しているのかをきちんと見る必要がありますが、そう簡単に毎回利益が出せるわけではないので、トレードばかりに着目してしまうことになりがちなようです。

 

国内の取引所
「コインチェック」を使ってみる!"
「コインチェック」に登録する

仮想通貨初心者が失敗を避けるための対処方法

ここまでは仮想通貨初心者が陥りやすい失敗例をいくつか紹介しました。

そこでここからは、その失敗から学ぶことができる失敗を避けるための方法についてご紹介していきます。
ぜひ参考にして仮想通貨での利益を狙いましょう。

 

仮想通貨の仕組みを学ぶ

仮想通貨の取引を行うのであれば、まずは仮想通貨はどのような仕組みとなっており、どうすれば利益を出すことができるのかという知識を学んでおく必要があります。
仮想通貨の取引自体は簡単な手続きで始めることができますが、何も知らずにすぐ始めてしまうと、知識のある方は絶対にしないような取引をして損失を出してしまうことも考えられます。

本当に利益を出したいのであれば、より多くの情報を取り入れて自分で考える時間をとるようにしましょう。

 

自分の決断で投資を行う

投資には正解がないので、儲かっている人を信じて取引をしたくなってしまう方は多いでしょう。
しかし、誰かの発言をすべて信じて投資をしてしまうと、自分の取引スキルが上がることはありませんし、大きな損失になった時に資産を失っただけの状態になります。

もちろん誰かの情報から学ぶことも必要ですが、必ず自分でその方法を再度考えて、本当にこの方法でいいのか考えてから取引を行うようにしましょう。
そのように自分で決断をしたのであれば、万が一損失を出してしまった場合でもその経験から学んで自分の取引を改善することができます。

 

国内の取引所
「ビットポイント」を使ってみる!"
「ビットポイント」に登録する

資産管理を徹底して行う

投資において資産管理は最も重要です。

資産の管理ができていなければ、一時的に儲かったり含み益を抱えている状態で利益を出した気になってしまい、実際には利益を出していないことに気づかないという方もいます。
その時に必要な正しい判断をするためには、自分が今どれくらいの資産を使って、どれくらい利益を出すことができているのかを把握しておく必要があります

また、自分が毎月使っている資産も把握しておかなければ、必要以上に資産を投資してしまい、生活が苦しくなってしまう可能性がありますので、注意しておきましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?仮想通貨を始めたばかりの初心者は同じような失敗をしてしまうことが多くあります。
そのため、これまでに失敗を経験した方の体験を生かして対策を行えば、よりリスクの低い状態で取引を始めることができます。

これから仮想通貨を始めようと思う場合、事前にしっかりと勉強や準備を行ってから始めることをおすすめします。

 

国内取引所
「DMMビットコイン」を使ってみる!"
「DMMビットコイン」に登録する

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事

著者プロフィール

criptkei
大学在学中にカナダに海外留学を経て、その後税理士法人で勤務しながら大学院に進学。
2020年に自ら代表を務める法人会社を設立する3人の子供を持つパパブロガー。

仮想通貨歴
2017年に仮想通貨の投資に参加。
仮想通貨の売買するだけではなくブロックチェーンの素晴らしさを広めたくなり2021年9月にブログを開設しました。
仮想通貨について15以上取引所を開設し、100種類以上の通貨を売買を継続中。仮想通貨、NFT、DeFi、DAO、GameFi、web3.0などブロックチェーンに関わる分野を色々調べて仮想通貨ブログを運営しています