2021.08.24基礎知識

【初心者】仮想通貨ってどうやって取引するの?仮想通貨の始め方

最近、仮想通貨の取引をする方が多くなっています。
他の人が取引をして利益を出しているのを見て、「自分もやってみたい!」と思っている方も多いのではないでしょうか?

ただ初心者の方だとどのようにして仮想通貨をやったらいいか分からない方もいると思います。
そこで今回は、仮想通貨で取引をする方法と仮想通貨の始め方についてご紹介していきます。

 

仮想通貨で利益を出す仕組み

仮想通貨とは、インターネット上で取引する通貨のことです。

私たちが普段使っている日本円は法定通貨と呼ばれるもので、形がある貨幣となっています。
そのため、法定通貨は国や政府がその価値を調整しています。

しかし、仮想通貨は中央集権的な組織が用意しておらず、ユーザー同士での取引が価格に影響するようになっています。

では、仮想通貨で儲けている人は一体どうやって利益を出しているのでしょうか?

 

値上がり益で利益を出す

仮想通貨は価格を調整する中央集権的な組織がいないので、その時の仮想通貨の需要によって価値が変わります。
そのため、為替や株価のように常に価格の変動が起こっている状態です。

初めての仮想通貨と言われているビットコインは、もともと何も価値がないものであり、最初に使われた2008年の時ですら10000ビットでようやく25ドルのピザが購入できるほどの価値しかありませんでした。
しかし、2021年8月現在の仮想通貨の価値は1ビット=約530万円となっています。

このように仮想通貨は大きくその価値を変えてきているのです。
もし、2008年時点でビットコインを購入していて、今売ったとしたらその差額はかなり大きいですよね。

このような仮想通貨の価格の変動を利用して利益を出すのも1つの方法です。
現在は1ビットがかなり高額なのでなかなか購入できる人はいないと思いますが、ビットコインは0.001ビットのような小さな単価でも購入することができるので、より安い時に買って高い時に売れば利益を出すことができるでしょう。

 

現物取引を行う

現物取引とは、実際に仮想通貨を購入したり、売却する取引のことを言います。
そのため、仮想通貨を持っていなければ実際に売却を行うことはできません。

手元に持っている自分の仮想通貨を売ったり、新しく買うということが現物取引ということになります。

 

先物取引を行う

先物取引は、現物取引とは違って「将来に売買取引をすること」を約束する取引のことです。
先物取引は自分が仮想通貨を持っていない状態で、売却する約束をして購入することができるのです。

例えば、1ビットコインが約400万になった時に、1か月後に売ることを決めて買って、1か月たった頃に1ビットコインが450万円になっていると、50万円の利益を出すことができます。

コインチェック

マイニングで儲ける

 

マイニングとは、仮想通貨の取引の中で「取引のデータを承認する方法」という意味合いになります。
マイニングすることによって、新たに仮想通貨をもらうことができるので、稼ぐことができます。

しかし、マイニングは通常のパソコンだけでは行うことができず、高性能なサーバー等が必要となりますので、手軽に行うことはできません。
これから仮想通貨で利益を出したいと思っている場合は、仮想通貨の価格の変動によって利益を上げるという方法が現実的だと言えるでしょう。

 

仮想通貨の始め方

では、仮想通貨の取引をしたいと思った場合、どのようにしたらいいのでしょうか?

これから仮想通貨の取引を始めたいと思っている初心者の方向けに、仮想通貨の取引を始める手順についてご紹介していきます。

 

1.口座開設に必要なものを準備する

仮想通貨の取引を行うためには、まずは仮想通貨の取引所か販売所の口座を開設する必要があります。
口座を開設する時には、準備しておかなければいけないものもありますので、チェックしておきましょう。

・銀行口座
・現金
・パソコンやスマートフォン
・本人確認書類

仮想通貨用に新たに銀行口座を作っておき、仮想通貨に使う資金はそこに入れるようにしておけば、収支を管理しやすくなりますし生活費に手を出してしまうリスクを避けることができます。
また、スマートフォンで仮想通貨の取引を行うことも可能ですが、パソコンの方が使いやすい場面も多くありますので、パソコンも準備しておいた方がよいでしょう。

本人確認書類は運転免許証やマイナンバーカード、パスポート等が必要となる場合が多いです。
自分が取引をしたい取引所や販売所の必要書類を事前に確認して準備しておくと、スムーズに手続きを進めることができます。

 

2.自分が使いたい取引所・販売所で口座開設をする

必要なものをすべて準備したら、仮想通貨の取引所か販売所の口座開設を行います。

使いたい仮想通貨取引所か販売所のホームページにアクセスすると、口座を開設するというボタンが用意されており、必要な情報を入力していけば簡単に口座を開設することができるようになっています。

その際に自分の本人確認書類が必要となりますので、事前にきちんと確認しておきましょう

また、業者によっては住所の確認のためにハガキが届くことも多いです。
そのハガキに必要なコードが記載されており、それを入力しなければ口座開設ができない仕様となっているところもありますので、気を付けて書類を扱うようにしましょう。

コインチェック

3.開設した口座に資金を入金する

仮想通貨の取引を行う口座の開設が完了したら、取引を行う資金を入金する必要があります。

入金方法は、銀行からの入金やコンビニでの支払いなどが用意されている業者が多いです。
自分に合った方法で、自分が取引に必要となる資金を入金しましょう。

銀行口座によって手数料が無料となる場合もありますので、事前に確認してからお得な銀行口座を選択しておくことをおすすめします。

 

4.仮想通貨を購入する

入金をしたら、その資金で仮想通貨を購入します。
仮想通貨といっても、その数は豊富にあり、現在は2000種類以上もの通貨があると言われています。

それぞれ通貨の特徴が全く異なりますし価格も違うので、事前に確認して自分がどの通貨の取引を行いたいかを決めておきましょう。

また、販売所と取引所でも取引の方法や手数料が異なります
自分がどのような取引を行いたいかでどちらを使うのかを選択するするといいでしょう。

 

5.売却して出金する


仮想通貨の値上がり益で稼ぐ場合、買った時よりも価格が高騰している時に売れば、その差額を利益として獲得することができます。
そのようにして利益が出た場合、日本円として出金する必要があります。

日本円に変換して出金する場合、手数料がかかります
その手数料は、業者によって異なるので、チェックしておいた方がよいでしょう。

また、本人確認が完了していない状態では、取引はできても出金できない仕様となっている場合が多いので、取引を始める前に必ず本人確認を行っておくことをおすすめします。

 

まとめ

いかがでしたか?仮想通貨は今後通常の買い物でも当たり前に使われる可能性が高い通貨となっています。
投資商品としても大きな注目を集めており、大きな額を稼いだという方もいるようです。

仮想通貨は、常に価格が大きく変動するので損失が出てしまうこともありますが、よいタイミングで取引ができれば獲得できる利益は大きいでしょう。

初心者の方でも手順を踏めば、簡単に取引ができる状態を作ることができますので、興味のある方はぜひ口座開設をして取引を始めてみることをおすすめします。

コインチェック  フォビジャパン


調査員おすすめ記事

よく読まれている記事