2021.10.26取引所

【仮想通貨】BANANAって安心して取引できる?特徴を徹底解説

仮想通貨ブームにより、多くの通貨が注目を集めている今、まだあまり知られていない通貨を使いたいと考える方は多いでしょう。
そのような方におすすめなのがapeswap(BANANA)です。

apeswap(BANANA)は最近BSCのランキングトップ10に入ったことで注目が集まっている通貨です。
BSC(バイナンススマートチェーン)とは、人気の高い海外仮想通貨取引所であるBinanceが開発したブロックチェーンのことで、今多くの通貨が開発されています。

数ある仮想通貨を差し押さえてランキングトップに入るということは、今後伸び率が高い仮想通貨だと言えます。

そこで今回は、apeswap(BANANA)の特徴と今後価格が伸びる可能性について徹底解説していきます。

 

 

apeswap(BANANA)とは?

apeswap(BANANA)とは、「ApeSwap」という仮想通貨取引所が独自に発行している仮想通貨のことです。
ApeSwapはDEX(分散型取引所)となっており、世界22位の取引高を持っていることから現在徐々に人気が高騰してきていることが分かります。

apeswap(BANANA)の公式サイトをみてみると、可愛いサルとバナナの絵が記載されており、他の仮想通貨に比べて親しみやすい柄となっていることが分かります。

BANANAはApeSwapを利用するユーザーがよりお得な報酬を受け取るために作られているリフレクトトークンとなっており、長期保有をする方に最適なトークンだといわれています。

 

\仮想通貨の利益は確定申告が必要です。仮想通通貨の税金計算でお困りの方は是非専門家にご相談ください/

税金計算にお困りの方
「税理士ドットコム」を使ってみる!"
「税理士ドットコム」に登録する

 

apeswap(BANANA)の特徴と魅力

apeswap(BANANA)は現在多くの投資家に注目されている仮想通貨ですが、どのような特徴があるのでしょうか?

 

ステーキング機能が搭載されている

apeswap(BANANA)には、ステーキング機能が搭載されています。

ステーキング機能とは、仮想通貨を保有したユーザーがそのブロックチェーンのネットワーク上にトークンを預け入れることによって、対価として報酬を得ることができるという仕組みです。

通常の仮想通貨の取引と言えば、安い時に通貨を購入して高くなった時に売り、その差額を得るというキャピタルゲインがメインとなっています。
そのため、初心者の方の中には購入するタイミングや売却するタイミングが分からずに損をしてしまうということもあるようです。

現時点では仮想通貨のボラティリティは高く、大幅に価格が推移しているため、不安に思ってなかなか投資ができないという方もいるでしょう。

しかし、apeswap(BANANA)の場合は自分が保有している仮想通貨をApeSwapに預けることで金利を受け取ることができますし、その年利も100%以上だと言われています。
現在、日本の銀行に預けてもほとんど金利がつかないので、ステーキング機能のついた仮想通貨に換えて保有することによってより大きな金利を受け取りたいと思っている方は多いようです。

 

イールドファーミングができる

apeswap(BANANA)で利益を生み出す方法は、ステーキングだけではなくイールドファーミングという方法もあります。
このイールドファーミングとは、特定の2つのペアの仮想通貨を預けることによって報酬を得ることができる方法のことです。

apeswap(BANANA)はDEXとなっています。
DEXの場合、中央集権的な取引所となっているので、取引所に一定の蓄えがなければ取引を成立させることができません。

そのため、一定の資金を預けてくれたユーザーに対してお返しに報酬を渡すという仕組みをとっています。

apeswap(BANANA)の場合、2種類の仮想通貨を預けるとLPトークンをもらうことができ、そのLPトークンを預けることでBANANAをもらうことができます。

もちろん自分で取引をして利益を得ることもできるので、apeswap(BANANA)はさまざまな方法で利益を得ることができると言われています。

 

海外の取引所
「BINANCE取引所」の口座開設をする!"
「BINANCE取引所」の口座開設をする

 

BANANAは希少性が高まる仕組みとなっている

通常、商品やサービスは希少性が高まることによって価格が大きく高騰することになります。
数が少ないと、1つ1つの価値が高くなるのです。

ちなみに、ビットコインがマイニングで得られる報酬が半額になる半減期や発行上限を設定している理由も希少性を高まるためです。
このように数を限定することによって、よりその価値を大きく伸ばすことが可能となっています。

apeswap(BANANA)でも同じように、希少性を高めるための取り組みが行われているので、今後は価格が高騰する可能性があると言われています。
BANANAはユーザーがApeSwapを使った時に使用する手数料を使ってBANANAトークンを買い戻して定期的に廃棄をしています。

廃棄することによって市場に流れるBANANAの数は減るので、より価格が高騰しやすくなります。

 

 

GNANAと交換することができる

名前が似ているので勘違いしやすいですが、BANANAはGNANA(ゴールデンバナナ)という仮想通貨と交換することができます。

BANANAとGNANAの交換の際の数量は同じなので、交換することによって通貨の数が増えるわけではありません。
しかし、GNANAにはBANANAとは異なる特徴があるので、魅力的だと言われています。

ApeSwapを利用しているユーザーがGNANAを保有している場合、取引を手数料を支払う毎にGNANAの保有量に応じて手数料の2%が報酬として払われます。
そのため、BANANAと違って取引所に預けなくても収入を得られるという点が特徴だと言われています。

ただ、BANANAをGNANAに変換するためには30%の手数料がかかるので、GNANAは長期的に保有したいと思う方のみにおすすめの方法です。

 

海外の取引所
「BINANCE取引所」の口座開設をする!"
「BINANCE取引所」の口座開設をする

 

apeswap(BANANA)が高騰すると言われる理由

apeswap(BANANA)は最近、大きく高騰する可能性のある仮想通貨だと注目を集めています。

その理由はどこにあるのでしょうか?

 

似ているDEXの価格が高騰している

apeswap(BANANA)はDEXという仕組みになっています。

DEXにはさまざまな種類がありますが、似たような仕組みのDEXにPancakeSwapがあります。
このPancakeSwapは、最近大きく価格を伸ばしていると注目を集めています。

現時点ではapeswap(BANANA)はPancakeSwapほどの高騰は起こっていませんが、似たような仕組みのために今後はapeswap(BANANA)も伸び率が高いということができるでしょう。

 

MVBに選ばれている

apeswap(BANANA)は大手の仮想通貨取引所であるBinanceが提供しているBSCというブロックチェーンを使用しています。

Binanceは将来有望であるDeFiアプリケーションを選ぶ「MVB」というものを選出しており、このMVBに選ばれるためには現状の取引量や将来性が必要となります。

2021年7月にapeswap(BANANA)はMVBに選出されていることから、多くの投資家が注目しています。

 

 

最高1200円を叩き出している

BANANAは2021年10月25日時点で209円という価格になっています。
しかし、2021年5月には約1200円という大きな価格を叩き出しています。

このことから、まだまだここから価格が高騰する可能性があると言われています。

 

海外の取引所
「BINANCE取引所」の口座開設をする!"
「BINANCE取引所」の口座開設をする

 

まとめ

いかがでしたか?apeswap(BANANA)はビットコインやイーサリアムに比べると知名度が低い仮想通貨ですが、さまざまなメリットのあるDEXと言われているので、現在投資家から注目されています。

大手海外取引所であるBinanceから優良な仮想通貨として認められていることから、今後より価格が高騰していくことが考えられます。

今新たに投資する仮想通貨を調べているという方は、ぜひ注目してみてくださいね。

 

\仮想通貨の利益は確定申告が必要です。仮想通通貨の税金計算でお困りの方は是非専門家にご相談ください/

税金計算にお困りの方
「税理士ドットコム」を使ってみる!"
「税理士ドットコム」に登録する

 

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事

著者プロフィール

NEXT FINANCIAL INNOVATION株式会社 代表取締役 菊山 敬太郎
大学在学中にカナダに海外留学を経て、その後税理士法人で勤務しながら大学院で法学研究科を卒業後、経済情報研究科にも進学し経済を学ぶ。
税理士事務所で勤務と同時に2020年6月に資金調達及びメディア運営の法人会社を設立する。

仮想通貨歴
2017年に仮想通貨の投資に参加。
仮想通貨の売買するだけではなくブロックチェーンの素晴らしさを広めたくなり2021年9月にブログを開設しました。
仮想通貨について15以上取引所を開設し、100種類以上の通貨を売買を継続中。仮想通貨、NFT、DeFi、DAO、GameFi、web3.0などブロックチェーンに関わる分野を色々調べて仮想通貨ブログを運営しています