2022.03.19NFT

youtubeがNFTを検討 今後どうなる?

Twitterではプロフィール画像をNFTアートに設定できたり、メタでもNFTの作成や販売を検討していることが明らかになっています。

Adidasではメタバース向けにNFTコレクションを販売し、短期間で26億ドル売り上げています。

 

そのような中でYouTubeのCEOのスーザン・ウォジスキは、1月25日のクリエイター向けの年次書簡で、ユーチューブがNFTテクノロジーなどによりクリエイターの収益化を支援することに注力していき、市場に初めて出向くことになると述べました。

 

また、YouTubeではTikTokが競合とされており、これまでに5兆回再生されたショート動画上でリミックス機能を拡大すると述べています。

そして、YouTubeショートファンドからの支払いを受けたクリエーターの4割以上はYouTubeパートナープログラムに参加していないなかった人たちだということもわかり、NFTに関する事業が組み込まれる可能性もあります。

 

web3.0に注目しており、イノベーションのインスピレーションの源になると考えています。

ただ、NFTに関連するYouTubeにおけるテストされる時期など具体的なことはわかりません。

 

実際、クリエイターがYouTubeを通してアパレルやぬいぐるみ、コレクターズアイテムなど販売できるようになっています。

そのようにNFTもアートを紹介したりなどが考えられます。

\初めての方でもアプリで簡単!「ビットポイント」で取引を始める/
ビットポイント

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事