2020.12.31基礎知識

仮想通貨ってそもそもなに?その疑問に解決

こんにちは!Next Money Innovationのブログです!

このブログでは仮想通貨についてみなさんが気になる情報を発信しています。

今回は仮想通貨とはなにか?について基本的な情報をわかりやすく解説します。

目次

仮想通貨とはそもそも何か?

仮想通貨はどこで買えるの?

仮想通貨の種類はどのくらいあるの?

□仮想通貨とはそもそも何か?

仮想通貨という言葉をニュースやネットで見聞きする機会も増え、名前は知っているけど結局、仮想通貨ってなんなの?と思っている方も多いと思います。

仮想通貨の特徴は、「紙幣など現物のお金がない」「管理している国や銀行がない」「ネット上でやりとりが出来る」などです。

仮想通貨はデジタルデータとして、世の中に存在しているので、硬貨や紙幣などが存在しません。

似ているものに電子マネーがありますが、電子マネーは日本円などをチャージして使うものなので電子マネー自体がお金の役割をしている訳ではないので、仮想通貨とはまた別物です。

そして仮想通貨は特定の国家や銀行が管理していないことも大きな特徴です。

ドルはアメリカ、円なら日本銀行が発行や管理をしていますよね。

仮想通貨は、「ブロックチェーン」という技術を使うことで成り立っています。ブロックチェーンについてはまた別の記事で詳しく書きたいと思います。

□仮想通貨はどこで買えるの?

仮想通貨は取引所を通じて、購入が出来ます。海外にも多数の取引所がりますが、基本英語で対応しなければならず、なかなか初心者には難しいのでまずは国内のメジャーな取引所を使うことをおすすめします。

日本国内には法律により金融庁に登録された仮想通貨の交換業者が提供する仮想通貨の取引所があります。

取引所によって、様々な違いがありますが、一番は「取引出来る通貨の種類」が取引所により違いますので自分が買いたい仮想通貨を扱っているかどうかをチェックしてから口座を開設することをおすすめします。

□仮想通貨の種類はどのくらいあるの?

2020年現在、世界で流通している仮想通貨の種類はなんと3,000種類を超えます。

日本では13種類の仮想通貨が購入出来ます。なかでも仮想通貨の代表的なものが「ビットコイン」です。

ビットコインは2009年から運用が開始されており、仮想通貨のなかでも歴史が古く、仮想通貨の草分け的な存在です。

現在ビットコインは237万円(2020年12月24日現在)ほどの値段がついており、1ビットコインを買おうと思うとなかなか手が出しづらい金額になっていますが、「mBTC(ミリビットコイン)」「μBTC(マイクロビットコイン)」など、少ない価格で購入出来るような補助単位も存在しています。

他にも、「イーサリアム」や「リップル」などそれぞれに特徴を持った仮想通貨がありますが、それぞれの詳しい解説についてはまたの機会に書かせていただきたいと思います。

このブログでは、仮想通貨について初歩の初歩から学べる情報や、仮想通貨の最新情報などを書いていきたいと思いますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

それでは、次回の記事でまた!

コインチェック  フォビジャパン

調査員おすすめ記事

よく読まれている記事